佐藤寛子vs愛川ゆず季

佐藤 寛子 > それで副会長・・・・・この「臨時生徒会長選挙開催願い」を取り下げるなら、今のうちだけど?(生徒会正式コスチュームはワンピース水着に身を包んだ佐藤寛子。学園の生徒会長である。制服にしては胸元に谷間が・・・・・ワンピース水着は、ビキニやツーピースなどより、会長の身体の線を露にする。きゅっと締まった腰が・・・・しかも、その肉体は、生徒会長としけ鍛えられたものだ。生徒手帳にはこうある。校則第12条3項「現職生徒会長に対して、任期中に「臨時生徒会長選挙開催願い」が提出された場合、生徒会長は拒否できない。ただし、ルールは「アイクイットマッチ」とする」そして、寛子はすでにリング上に立ち、向かい合って立つ相手を見つめている。)

続きを読む

スポンサーサイト

ソフィアvsディアヴォルーナ

ソフィア > (帝国からはるか離れたクレッセント砂漠の中、広大なオアシスの中に聳え立つ華麗な都市ディスティア、そこは誇り高く屈強の砂漠の戦士たちに守られた砂漠の王国の首都。様々な国々との交易により栄える王国は強大な軍事力を誇る帝国とは同盟を結び表向き対等の付き合いをしているがその文化は隔絶しており民一人一人の豊かさは帝国をはるかに上回る。その華麗な王国を治めるのは代々女性で女王として王国に君臨すると同時に砂漠の戦士たちを率いる女将軍であり、武道特にボクシングに秀でた最強の女ボクサーでもある。国民も戦士たちもそんな女王に敬意と熱狂的な信奉を捧げている。その王国に一人のレディーミノタウルが招聘される。

続きを読む

ヴァレンティナvsディアヴォルーナ

ヴァレンティナ > ズバゴォオオオ!!!ヒュッ!ズババババァァアア!!!(リング上で華麗に舞う屈強の女子ボクサー、その拳が描く血みどろの地獄絵図に歓声は上がっているが観客たちは切ないため息をつく。鍛え抜かれたマッチョな女子ボクサーの肌はコーヒー色の鮮やかな褐色、整ったそれでいてパーツの一つ一つが強調された妖艶な美貌といいまさしく砂漠の女戦士。対するボクサーもこれまた屈強な肉体を誇っているが、その肌は白磁のような透き通る白、まごうかたなき帝国人だ。交易による経済力で栄え華やかな文化とそれを守る屈強の戦士団を誇る砂漠の民は帝国にとって屈折を感じさせる対象以外の何者でもない。その砂漠の戦士と思しきボクサーに左将軍を勤める屈強の帝国騎士がなす術もなくサンドバックにされている光景は決して心の浮き立つものではない。今や肉の塊と化し容貌の見分けもつかないほど殴られた左将軍は帝国騎士の意地で必死に食い下がってきたがそれも明らかに限界に達していた。痛烈な連打に血反吐を撒き散らしながらロープを突き破り観客席に飛び込んでいった。)カンカンカンカ~~ン!!(鳴り響く鎮魂歌のようなゴングが砂漠の戦士のこの闘技場での何十回目かの勝利を讃える。彼女は今や闘技場のチャンピオンにもっとも近い位置に立つ事になったのだ。)

続きを読む

ディアヴォルーナvsコルセア・レヴェル2

ディアヴォルーナ > (血の匂いもかぐわしいコロシアムでの花形はボクシングである。特に、激しいデスボクシングが帝国市民のお気に入り。しかし、兵士の実戦訓練として、そしてバックヤードでのファイトとして、バーリトゥードのプロレスも実はひそかに人気がある。さて、コロシアムの女王、レディーミノタウルのディアヴォルーナ専用のリングルームでは、美しく鍛え上げられた拳闘騎士がプロレスを行っていた。

続きを読む

篠崎愛&紗綾vs佐藤聖羅&鬼頭桃菜

篠崎愛&紗綾 > (抜群のアピール力を誇示した勝利。翌朝の『日刊グラビアアイドルプロレス』を手にした紗綾と篠崎愛が、厳しい顔つきで一面を睨み付けていたとか。グラドルは肉体的魅力とリングでの実力がすべて。ゆえに敗北を喫したグラドルたちに同情心はないが、SKEにここまで良いようにされるなんて・・・・「逃げるなら今のうち」「踏み台」せぇらとももにゃの繰り出してきた挑発が飛び交い、報道もヒートアップするなか、ついに篠崎愛&紗綾『プラチナ・デュオ』vs佐藤聖羅&鬼頭桃菜『プレシャス・ガールズ』、メインイベント時間無制限一本勝負の当日がやってきたのだった。そして、控え室に入った二人に伝えられたのは、『プラチナ・デュオ』が青コーナー、『プレシャス・ガールズ』が赤コーナーというグラビアアイドルプロレス・コミッションの決定。これを聞いた二人は無表情に視線を合わせてから・・・・ふっと微笑を浮かべて体をほぐし始める。)愛>ん~~~これはちょ~っと本気出しちゃおっかな~ 紗綾>だよね~・・・・ぶっ潰しちゃう~?(そんな剣呑な準備運動が行われるのを面白がって見つめるのは「プラチナ世代」の盟友、佐山彩香。今日はセコンドなのだが、普段ならセコンドなんて面倒なことは嫌がる彩香が、今日は自分から引き受けたとか?)

続きを読む

『プレシャス・ガールズ』グラドルプロレス参戦2

谷澤恵里香>あまり調子に乗らないことね!(ここで立ち上がったのはアイドリング!!!出身のトランジスタグラマー、「ヤザパイ」こと谷澤恵里香であった。そして、一緒に立ち上がり、隣で腕組みしているのは田代さやか。大手事務所に所属する二人は、グラドルのなかでも中堅クラスと言っても良い。すでに篠崎愛&紗綾との試合が決まっているわけだが、その前に自分たちがグラビアアイドルプロレスの厳しさを教えてやる、ということだろうか?)田代さやか>甘ったるいだけのアイドルかと思ったけど、なかなかやるじゃない。篠崎愛と紗綾になんて、任せておけないわね。
鬼頭桃菜 > (『プレシャス・ガールズ』の対戦募集に乗ってきたのは谷澤恵里香と田代さやか。愛と紗綾に任せないと言わんばかりに名乗り出た2人を見た聖羅と桃菜はお互いの顔を見つめると)鬼頭桃菜>どうする・・・?(と恵里香とさやかでは納得がいかないと言わんばかりの表情を浮かべると)佐藤聖羅>ももにゃ、でも、私達の実力はグラドルプロレスの前座では終わらない事を証明できるチャンスよね。(と大人の対応を見せる聖羅は)私達の実力が単なるアイドルの遊びレベルでないことを証明するには絶好のチャンスです!!!田代さやかさん、谷澤恵里香さん!!!申し訳ないのですが、あなた達を踏み台にして篠崎愛と紗綾とのタッグ戦に向かわせていただきます!!!(とさやかと恵里香を踏み台にすると宣言。これには会場からも大歓声が沸き起こる)

続きを読む

『プレシャス・ガールズ』グラドルプロレス参戦1

佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (とある日のグラビアアイドルプロレスリングのリング。2代目ドロリッチガールズの岸明日香と亜里沙×SKE48の佐藤聖羅と鬼頭桃菜のタッグマッチ一本勝負が行われていた。158cmと身長は低いもののGカップのグラマラスボディで人気を呼んでいる明日香と多くのグラドルレスラーを輩出したサンズ・エンタテイメントの秘蔵っ子亜里沙。一方、日本の芸能界を席巻しているAKB48の姉妹ユニットSKE48からはグラビア志望の強い佐藤聖羅と鬼頭桃菜はグラビアアイドルプロレスのデビュー戦を迎えた。しかし、SKE48内で行われているSKEプロレスリングでは最強タッグと言われている2人。グラビアアイドルプロレスで知名度を上げてグラビア界を席巻しようと狙っている)

続きを読む

ティナ・アームストロングvsラ・マリポーサ

ティナ・アームストロング > (世界有数の財閥であるDOATECが近年開催した近未来型エンターテイメント…その名もDOAプロレス,前身はその名のとおり同社が開催していた格闘大会DOA…しかし,その人気から定期的な開催を望んだ観客と主催者の思惑が合致したのがプロレスという興行スタイルであった.その目論見はさらに多くの観客と,腕自慢の格闘家たちをDOAプロレスの舞台に呼び込む事となった…世界的に見てもレスラーの質,量共にNo.1プロレス団体となったDOAプロレスのリングは常に10万人以上の観衆で埋め尽くされている…しかし,今日はそのリングを渦巻く熱気の中に異様な雰囲気が混ざっている…それもそのはず,数々のレスラー達の頂点に立つチャンピオン,ティナ・アームストロングの持つベルトに久々の挑戦者が現れたからだ.)フッ!…シュッ!…ヨーシ今日も絶好調~♪…でも,あんなポッと出の新人がいきなりアタシのタイトルに挑戦だなんてGMも何考えてるのかしら?…まぁ,ヒトミや綾音辺りはもう何度もこのリングで潰してるし,相手がいないっていうのも正直なところなんだけど(赤コーナーサイドで軽く屈伸やシャドーボクシングなどの準備運動をこなしているのはチャンピオンであるティナその人…スーパーモデルをこなすほどの均整の取れた肢体ながら,94センチのバストを誇り,プロレスラーとして脂肪を肉体の表面に伸せ,深い青色のチューブトップと同色のスパッツに肘/膝用のサポーターにブーツというプロレスラーとしてもシンプルに感じられる衣装は,ムチムチで肉感的な彼女の魅力的で破壊的な肉体をさらに強調している.そんなティナの口から呟かれるのは相手に対する不平不満の様だが,これから始まるであろう自分の圧倒的なドミネートショーに対する期待も抑えられない様子…通常ならばチャンプの入場は後というのがセオリーであろうが,自信たっぷりで入場してくる獲物をじっくりと観察するというティナの日課によって会場は挑戦者の入場を待ち構えている)
ラ・マリポーサ > ガシャン!!!!(突然、照明が落とされて、スポットライトが花道に当たる。そして、次の瞬間には激しいビートのラテン音楽が会場に響き渡ったかと思うと!)ッダアンン!!!!(何か、いや、誰かが花道から飛び出した。豊かな肢体を、ラメの入ったワンピースーといってもところどころ露出しているがーコスチュームに身を包んだ魅力的な姿を見せる助走。そして・・)ッダン!!ダンダンダンッ・・・ッダァアン!!!!(アクロバティックな宙返りで花道を駆け抜けると、最後は大きくジャンプして・・・・)ッダダン!!!!(リングに着地!空中を舞いながら、キスを飛ばしたルチャドーラ。その美しさは、鮮やかに観客の目に焼き付けられて・・・・・)ハァイ♪お待たせ。(ティナにも投げキスの分け与えながら、褐色のマスクウーマン=ラ・マリポーサがリングインしたのだった。)

続きを読む

村上友梨vs中村静香

中村静香 > (グラドルプロレス。今日のメインイベントは中村静香×尾崎ナナのアジアグラドルプロレスヘビー級王者決定戦時間無制限1本勝負。王者の静香は尾崎ナナの肉弾ファイトに苦戦を強いられたが、最後は必殺技のドラゴンスープレックスでナナから3カウントを奪い、4度目のベルトを獲得した静香は表彰式後のインタビューで)次は、ちょうど区切りの5度目の防衛戦になりますが、私は戦いたい人がいます!!!(と次の防衛戦の対戦相手を逆指名する静香は)最近、グラドルプロレスフレッシュヘビー級王者に輝いた若手有望株の一人、村上友梨ちゃんです!!!(とグラドルプロレスフレッシュヘビー級王者の友梨を逆指名すると)おお~~~~~っ!!!!(と歓声が沸きあがる)中村静香>グラドルプロレスの頂点を目指すなら私を倒さないとね?友梨ちゃん、いるんだったら、出てきなさいよ!!!(と友梨がリングに上がるよう迫る静香)

続きを読む

tag : グラドルプロレス

村上友梨vs鈴木ふみ奈

鈴木ふみ奈 > グラドルプロレス、本日の試合はグラドルプロレスフレッシュヘビー級ベルトタイトルマッチ60分1本勝負が行われた。王者鈴木ふみ奈に挑むのは元AKB48メンバーの成田梨紗との試合。ふみ奈の初めての防衛戦に挑んだ梨紗は映画のロケでセクシー女優を演じたものの、AKBプロレスリングで戦っていた時と比べて迫力あるボディで序盤は互角の戦いを強いられていたふみ奈だったが、167cm、そしてHカップという恵まれた身体をいかしてのラリアートで梨紗をマットに沈めた後、その後はトップロープからのフライングボディアタックで梨紗をプレスしてからはふみ奈が優位に試合を運ぶ展開に。

続きを読む

tag : グラドルプロレス

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(37)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(8)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント