スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠咲愛vs紗耶その2

(さて、タイトルホルダーは『まいぷりん』こと仁志田麻衣。その豊満な肉体に優しげな笑みが浮かぶが、紗耶との試合も大きく評判となって勢いに乗る愛に対して厳しい表情を見せる。先に入場した愛の前にピンクのコスで肉を包んで入場したチャンピオンは「可愛がってあげる」と言い放つのだったが?)
(ゴングが打ち鳴らされるや、紗耶を打ち砕いた勢いがさらに増したかのように襲い掛かる挑戦者!舐めるなとばかりに麻衣の必殺技の『まいぷりん=スラム』(パワースラム)も炸裂するが、カウント2.5でバツン!!と愛の肉弾ブリッジが返す!呆然とする麻衣の腕を取ってハンマースルー。自分も反対側のロープに走った愛の腕が唸りをあげて、『ブロッサム=ラリアット』!首を刈り飛ばされて二回転半してマットに突き刺さるまいぷりんボディ!さらに麻衣を引きずり起こすと今度はコーナーへと放り込み、コーナーポストに磔にした麻衣に向かってリング中央から突進すると、ボディアタック!ジューシーで果実滴る愛ボディとコーナーポストの間で肉弾圧殺処刑。コーナーでぐちゃりと崩れ落ちたまいぷりんの右足首を掴んでリング中央まで引きずって行き、またがって両手で負け乳肉を押さえ込んだ篠咲。肉谷間を観客に見せつけながら「フォールで~す♪」とアピールする。こうして、フレッシュヘビー級チャンピオン、篠咲愛が誕生したのだった。まいぷりんがリングから引き摺り下ろされて担架で運び出される一方、燦然と輝くベルトを腰に巻いた愛はマイクを要求して・・・・)初めての防衛戦の相手は~紗耶ちゃんを指名してあげようかなって思います♪なんか、負けてない~とかリベンジしてやる~とか言ってるらしいじゃないですか~?(っくす♪)ただし、『完全決着デスマッチ』で良ければですけど。さ~やちゃんが逃げないで挑戦してきてくれるのを楽しみに待ってま~す♪(衝撃の発表は可愛いワガママにも見えるが、逆指名も王者の権利。挑戦権を賭けた試合で叩き潰して谷田とはいえ・・・ジュニア時代から100年にひとりの逸材と言われてきた紗耶がアレで終わるわけがない。それに、ジュニア時代に喫した敗北と「卒業試合」でのDKO・・・あの屈辱!一度叩き潰したくらいでは気が済まない。つまりは・・・・徹底的に格付けして潰してやろうというのだ!)
紗耶 > ふふふっ…言ってくれるじゃない!でも、私をあの時の私と一緒だとは思わない方が身のためよ…!(篠咲愛が仁志田麻衣とチャンピオンベルトを掛けた戦いを繰り広げ、そしてその『まいぷりん』ボディを潰すことでさらなる成長を遂げたころ…紗耶はまだ屈辱の中にいた。あの決定的な敗戦のあと、チャンピオンに挑戦する権利すら与えられなかった紗耶は新人相手の試合に駆り出され、格下相手のプロレスを繰り返す屈辱的な日々を送っている。そんな相手で魅力的な試合が行われるはずもなく、紗耶は愛に観客の動員数、写真集の販売数、ファンの数、そのすべてで水をあけられる始末。『かつてのライバル…篠咲愛と紗耶はどこで差がついたのか!』そんな記事を見たときは新聞を破り捨てたりもしたものだ……しかし、この屈辱が紗耶を成長させた。いつか、愛に復讐するため、愛にこの惨めな思いを味わわせるため、紗耶は己の肢体とプロレスの技を鍛え続けたのだ。そして、その機会は思いのほか早くやってきた…あの愛の方から、紗耶に試合を申し入れてきたのである! 完全決着デスマッチ…3ラウンド制、ノーレフェリーで争われる試合はカウントの引き延ばしによる拷問合戦、ギブアップ無視の凌辱合戦が頻発する危険な試合だが、紗耶からすれば望むところ…この前の借りを、万倍にして返してやる!)この間の借り、きっちり返させてもらうわよっ!(だから http://i.imgur.com/2FehN.jpg リングに現れた紗耶は確かに以前の紗耶とは違っていた。白いビキニ風コスチュームに包まれた紗耶乳は明らかに迫力が上がっており、もともと大人っぽく鋭かった顔もドスが効いてる。ゆっさゆっさと肉を揺らしリングインするその姿に、観客たちが息をのむのが伝わってくる)
篠咲愛 > (下馬評ではチャンピオン篠咲愛が優位。しかし試合当日、リングに上がった紗綾の肉体と表情、そしてオーラに観客の目の色が変わる!そして、紗耶の入場曲が消え・・・フレッシュヘビー級チャンピオンの入場!オーロラビジョンには新チャンピオンの紹介動画として、前チャンピオン・仁志田麻衣が圧殺されるシーン、そして負け肉を押し潰してフォールする新チャンピオンの姿が大写しに。さらに愛の「イタズラ」か、チラッとだけだが『ラブリー=ハッグ』を決める愛と白目をひん剥く紗耶の姿も挿入されている。ジュニア時代からのファンたちに送られたエメラルドブルーの豪華なガウンを羽織り、幼さの残る笑顔でファンに応えながらの入場。リングインすると、紗耶の存在に始めて気づいたかのように視線を送り・・・・)へぇ・・・・(見せ付けられる肉体が、短期間の間にも威力を増しているのをはっきりと感じ取る。そして・・・肩にかけたベルトを返還すると、ッバサア!!!とガウンを脱ぎ捨てる!)
http://livedoor.4.blogimg.jp/himasoku123/imgs/1/9/19872527-s.jpg
篠咲愛 > (そして現れた新チャンピオンの肉体!王座につく肉体はこういうものだ、とばかりに見せ付けられる肉弾グラドルボディ!ガウンを脱ぎ捨てる勢いにゆさゆさゆさッ♪るるるんッ♪と弾ける巨乳に巨尻。むしゃぶりたくなる腰つき!いったいどういう速度で成長しているのかと驚嘆するばかりだが、コスチュームも甘い童顔にアンバランスなのが逆に良いブラックのボンテージ風。白にこだわる紗耶と好対照でもあるが、これから始まるのは「処刑」だと宣言しているかのよう。リング上で向かい合う肉体・・・激突する視線。)逃げないで来たんだ~?ふふふ♪それにその魅力的なグラドルボディ♪・・・・今日の試合で完全に潰しちゃうのがもったいないかも♪(試合前の握手、も両者ともに手を差し出そうとしない。もしかすると、これから始まるのは、試合ではなく潰し合いなのか・・・・そしていよいよ、ゴングが打ち鳴らされる!序盤、いきなりの逆水平合戦で互いの巨乳を打ち合う愛と紗耶!やはりチャンピオンの勢いは凄まじいか、紗耶をロープに追い込んでいく!)
http://stat.ameba.jp/user_images/20120320/10/hihioo3/8d/05/j/o0327056611862681132.jpg
紗耶 > んくぅ…!…っ!…ぐぅぅっ…!?(ゴングと同時に観客席を埋め尽くす男たちから猛烈な歓声が上がる。愛派も紗耶も関係ない…双方がグラビアアイドルとして育ちに育てたフレッシュで肉感的なヘビー級のむっちりバストをバチンバチンと音を立てて叩き合い、そのたびにその巨乳が跳ねまわる!童顔気味の愛と少し大人びた紗耶というそれぞれが異なる魅力を持つその顔を苦痛にゆがめ合うさまもそそられる…!しかし、試合序盤の叩き合いはすぐに愛の優勢に傾き、紗耶は屈辱の表情を浮かべながらロープを背にするまで追い込まれてしまう!)んぐふぅぅっ!?…んぁぁあああっ!(紗耶のFカップのむちむちバストに、愛の腕が丸々めり込んで見えなくなる!愛らしい顔をして、余裕のすまし顔…自分のGカップバストにだって紗耶のチョップを叩き込まれてるのに、やはりチャンピオンの優勢に揺るぎはないのか?紗耶が、愛に破れた屈辱をばねに鍛え上げてきた肢体も技も、愛には敵わないという事なのか?…あの敗戦で、受けた屈辱をばねにしたはずなのに…それでも届かないというのか!?…いや)こんのぉぉぉぉおおおお!!(紗耶は水平チョップの連打で追い込もうとする愛を前に、そのヘビー級ボディの耐久力とパワー任せに強引に身体をぶつけ…肉と肉が鬩ぎ合う中、抵抗する愛を汗だくになりながら前屈させて…その頭を、太い腿肉で万力のように締上げる!…ミチミチミチミチィィ!!!…愛の顔に、紗耶の太ももが食い込んで…胴周りに腕を回してクラッチ!そこから愛の身体を反転させながら自らの頭上まで跳ね上げる! 大きく揺れる、紗耶と愛のバスト、そして尻肉…いかにも重たそうなヘビィ級ボディである愛のグラドルボディが紗耶の身長という高さから猛烈な勢いで落下していく!)完全に潰れるのは貴女の身体の方だったようねっ!!…やっぱり、私のグラドルボディの方が上なのよぉっ!!!(パワーボム!リングに叩きつけられる愛の背中!反り返った身体、上に掲げる様に突き出された愛の尻肉を、紗耶のバストが上から敷き潰し制圧するような強烈無比なその一撃!が…そこから続くフォールを、愛がカウント2.5くらいで跳ね返す!ノーレフェリーの試合で3カウントを取るものはいないが…彼女のプライドが負けではないにしても3カウントを許さない!)
紗耶 > (グラドルとしてバストサイズもヒップサイズも超ヘビー級な愛と紗耶…その圧倒的な肉弾ボディは圧倒的な破壊力を誇るのだが、その重たさゆえに自重がダメージに直結する技、まさにパワーボムのような攻撃にはダメージを2倍にも3倍にも受けてしまう…しかも、愛はこのパワーボムで自らのグラドルボディによる重みと、上から押しつけられた紗耶のグラビアボディの二重の重みを直撃させられた。それでも起き上がったのは、チャンピオンとしての意地か、紗耶には負けたくないという対抗心か。いずれにせよ、愛が立ったことでそこから先は…それこそ地獄のようなという形容しか浮かばない死闘となった…)ぎゃぁぁあああああっ!!?!(愛もまたそのムッチムチの太ももで強引に紗耶の頭をホールド!抵抗する紗耶をものともせずに、その重ったいグラドルボディをリフトアップ…お返しのパワーボムを叩き込み返す!紗耶は背中をリングに叩きつけられ、折れ曲がった腰、突き出した尻の上に愛自慢のバストをのせて敷き潰され…腰にかかるダメージはあまりに大きく、そのままフォールの体勢に!しかし)んぁぁああっ!(気合い一閃…紗耶も同じ技で自分だけが3カウントフォールを食らうわけにはいかない!渾身の力で跳ね返す!…これには、愛も意外だったのか少し顔を引き締める中、紗耶はまたしても太ももで愛の頭を挟み込みパワーボム!愛はそれを食らってリングに叩きつけられるが、愛もそれを跳ね返す!跳ね返した愛は紗耶の頭をまた太ももで挟み込みパワーボム!紗耶の腰にダメージが蓄積され悲鳴を上げるが、まだ跳ね返す!…二人のグラドルレスラーは「自分のグラビアボディのほうが上だ!」それを相手に思い知らせるために、パワーボムの投げ合いを始めていく!交互に打ち付けられる二人の肢体!交互に上がり続ける悲痛な叫び声!ムチムチボディがきしむ音がリング上に響き渡り…そして)うがぁ…ぁ…!?(完全に消耗しきった二人は紗耶のパワーボムを最後に、もはや双方が起き上がれなくなるまで消耗しきってしまい…!)…っ……ぅぅ…!(その肢体を押し重ね合ったまま動けなくなってしまうのだった……試合は、その後、双方が攻撃を仕掛けられないため時間切りによる引き分けと判断される。完全決着の試合がまさかの引き分け……1ラウンド目とはいえ、チャンピオンである愛は土をつけられた屈辱で紗耶への憎しみを増幅させ、対する紗耶も復讐を誓った相手と共倒れとなる結果に納得がいくはずがない…!しばらく時間がたって、ようやく試合ができるくらいに回復した二人の睨み合いは1ラウンド目が始まる前とは桁違いの迫力で)
篠咲愛 > (チャンピオンの実力を見せ付けるべく逆水平で追い込んでいった愛。しかし、タックル、と言うよりも肉弾体当たりと言った方が良い紗耶の逆襲!押し返されて後ろによろめく愛であったが、すぐさま紗耶に掴みかかられ・・・・)んぎゅぶぅうう・・・・ッ!!!???(ムッチムチの太ももの感触が顔面を襲う!そして!)んへぁああああ~~!!!???(ズガッシャアアア!!!!!)んぎゅぇおおッ!!!!(パワーボム!愛の肉弾ボディをリフトアップする紗耶肉も紗耶肉なら、叩き付けられた衝撃とリングの激震はパワーボムの威力を!愛の肉弾がどれだけヘビー級なのかを如実に示している!強烈に叩きつけられ、衝撃とダメージに肉を震わされる愛の脳裏には、ジュニア時代、同世代に始めてリフトアップされ、パワーボムを食らわされてスリーカウントを奪われた記憶がよみがえる。もちろん、相手は、紗耶。トびかけた意識のなかで、自分の太ももの間から見上げる対戦相手の得意げな顔・・・尻肉を乳肉で押し潰される感触・・・ジュニア時代の敗戦と、現在の紗耶の強烈な逆襲がダブって・・・・)いやぁああああ~~~~!!!!(カッと肉の奥で熱いものが燃え上がった愛は、甲高い声を上げてキックアウト!カウント2.5までしか許さずに紗耶を跳ね除けた!そして始まる・・・前代未聞のパワーボム合戦!)(スガッシャアアア!!!)フン!!調子に乗らないでよねっ!!!(逆襲のパワーボム!リングを激しく震わせながら紗耶を見下ろすが、これがさらに紗耶の闘志に火をつけることに!肉弾に汗と声が弾けるパワーボム合戦!)
篠咲愛 > んっごぉおおお!!!!(ついに四発目のパワーボムをぶち込まれた愛!巨乳を晒しながらムッチリした両腕が開き、指先がビクン!!と痙攣したのは肉体の反射的な反応。それでもグラドルの本能がフォールを返そうとし・・・一方の紗耶もフォールする余力までパワーボムにつぎ込んだのか、押さえ込もうとして下半身が崩れて二つのグラドルボディが折り重なることに。)んふぇ・・あ・・・んぎぃ・・ど・・きな・・さい・・よぉ・・・・!!だらしな・・・・ぃ・・ッぜえ・・っぜえ・・・はあ・・・はあ・・・!(汗だくで圧し掛かる紗耶を押し退けようとするが、もうズルズルに絡み合った状態。フォールも満足に出来ないのか、だらしのない肉を押し付けてくるな、と言ってやりたいところだが舌が回らない。肌で感じる紗耶の存在に、怒りと闘争心ばかりが燃え盛ってもどかしい。)カンカンカンカンカ~~ン!!!!!(そして、両者立ち上がれないままにゴング!ダブルノックアウトの判定だ!)ちょ・・ま・・・(と自分は立てるんだ、何かってにゴングを鳴らしてるんだと頭に血が上る愛だが、完全決着デスマッチのため、掴みかかって抗議する相手=レフェリーもリングにはいない。愛と紗耶はそれぞれセコンド4人がかりでコーナーまで戻され、これも異例のインターバル。)
篠咲愛 > はあっ・・はあっ・・はあっ・・・!!!(汗が流れ落ちるのを拭うこともなく、コスチュームはすでに汗を吸って肌にぴったりとくっついている。それでも、セコンドの助けを振り払ってコーナーにもたれ、そこからロープを掴んで這い上がるようにして立っていく愛。)ふざ・・けない・・でよ・・・!(チャンピオンは自分なんだ。それを、第一ラウンド引き分け?冗談じゃない!ジュニア時代の屈辱は、多感な時期の記憶だけに鮮烈。それを一度は払拭した女子高生時代も、遺恨の残る相打ちだった。挑戦者決定戦での勝利だけでは全然満足できない。だからこその逆指名の完全決着デスマッチ!ロリータフェイスが凄まじい視線で紗耶を睨みつける姿は上気しきった肉の魅力とともに観客を大興奮させる。そして。)カーン!!!!(第二ラウンドのゴング!)ズッダッダッダッダ!!!!(コーナーを飛び出す肉弾!あのパワーボム合戦の後だというのに・・・これがスーパーヘビー級のグラドルボディの耐久力!?二つの肉弾は見る見るうちに距離を縮めて!)ビュゴウ・・・・!!!(双方、同時に豪腕を振りかぶって!!)せぇええええぁああああ~~!!!!!!(グワシャアアアアアア!!!!!)(豪腕ラリアートで激突!互いの肉巨乳にめり込み合うラリアート!)んぃぎぎぎぎぃいいいい・・・・ッ!!!!(激突の瞬間に飛び散った汗!紗耶のラリアットが乳肉にめり込む音と感触に愛のまなじりからじゅわりと涙が浮かび・・・ながらも!!!)しぃいいいずぅううめぇえええ~~~!!!!(ッメリメリメリ!!!ミチイイ!!!!・・・・ゴシャアアアア!!!!!!)(愛の肉体がムチムチィ・・・!!!漲るのは、闘争心かチャンピオンのプライドか!?そして強引なまでに振りぬかれていく愛の豪腕ラリアット!女子高生プロレス『卒業試合』でのラリアット合戦相討ち・・・その屈辱を打ち砕こうと!?)ッズッドダダダァアアアアン!!!!!(リングに激しく叩きつけられる紗耶!一方の愛も振りぬいた勢いに倒れこむという激しさ。それから、荒い呼吸に巨乳を揺らしながら立ち上がった愛は紗耶のラリアットに歪められた上乳をパンパンと払いながら振り返り・・・)はあ・・はあ・・!!ほら・・・(ッムズ・・・!!)まだ・・終わりじゃ・・ないんだからね!!立ちな・・さいよ!!!(紗耶の髪を憎憎しげな鷲づかみにして、引き起こしにかかる!)
紗耶 > はぁぁぁあああああぁあああっっ!!!!!ああああぁぁああっっ!!!!!!(第二ラウンドのゴングとともに、二人のグラドルレスラーは猛烈な勢いで突進を開始した。跳ねまわる巨大な乳房、それに劣らぬ大きく丸い尻、淫肉をピチピチの肌に詰め込んだ重量級グラドルボディの質量は、それそのものが凶器。リングを踏み鳴らし、走行先にあるものすべてをなぎ倒し粉砕するという意思を…お互いの肌がビリビリ感じるほどに叩きつけ合い…そしてそのまま激突する!)(ドガァァァァァアアアアアッッ!!!!!)(暴力的な質量と質量のぶつかり合い!二人のラリアット合戦は、学生時代の正面衝突の比ではない!成長したグラドルボディの重量と、ムッチムチの太ももが生み出す突進力で繰り出したラリアートは互いの乳肉に着弾!決して歪められることを良しとしないグラドルの武器であり象徴である乳房に剛腕がめり込み合い…二人の身体から汗と涙が飛び散った!…が…)うがぁぁっ…ぁぁぁあああっっ?!?!!(ミチミチミチミチィィッッ!!!!  愛の剛腕は、そのまま紗耶の乳房を完全に潰し切り、その感触がろっ骨にまで到達する。対して、紗耶の渾身のラリアットは、愛のロリータフェイスからは想像もつかないグラドルの意地とプライドが詰まった超肉感的なバストによって押し戻される!慌て、自分だけが潰されるなんて絶対に嫌だとラリアットを振りぬこうとしても、愛の乳房の弾力は紗耶の剛腕すらものともしない!腕全体に感じる極上の感触、柔らかくて、ムチムチしてこんなに気持ちいいのに…敵わないという現実を突き付けてくる!そして、互いのラリアットを振りぬこうという意地と意地の張り合いは、愛の圧勝…かたや紗耶は乳房を潰され、愛は乳だけでラリアットを押し戻し、そのまま思いっきり振り抜かれる!)あぎぃっ!?!?!! (スガァァァァァァアアアアアアアアアッッ!!!!)んぎゃぁぁぁああああああああぁぁぁっっ!?!?!!!
紗耶 > (勢い余った愛がリングに突っ伏すほどのラリアットが直撃した紗耶…!叩きつけられた肢体がリングの上でバウンドするほどの威力、無残に潰された乳が力なく跳ねまわり…紗耶はリング上を転がり、止まった姿勢は哀れなもの。自らの上半身で自慢だった乳房を押しつぶし、尻をリング上のカクテルライトに掲げるような恰好だ。しかも、紗耶は)あ…が……っ……ぁぁ……(ラリアットの相打ちで失神していた。たったの一撃、その一撃で乳を潰され、意識を刈り取られたのだ。悔しい、屈辱だと思うますら与えられなかったのは不幸中の幸い……が、そんな幸いを愛が許すわけがない。失神し、すでに闘う気力のない紗耶の髪はつかみあげられ…紗耶は観客たちに、そして愛に、無様な失神顔を晒される羽目に!)
篠咲愛 > (愛が紗耶の髪を掴んで上半身を引き起こす。するとそこには・・・白目を剥いた紗耶の顔が!ジュニア時代から脚光を浴び続けてきたアイドルのブザマすぎる失神顔!それを見下ろす愛の口元は自然に綻んで、ラリアット合戦で見せた激しい表情から一転してアイドルスマイル。)んっふふふふふ♪なにその顔~♪・・・・でもまだ・・・・「カンカンカンカンカンカ~~ン!!!!」えっ???(オーロラビジョン用のカメラに紗耶の顔を向けて晒し者にしながら、ここからさらに試合続行のつもりだった愛。しかし、打ち鳴らされたゴング!ノーレフェリーの完全決着マッチで外部からの唯一の介入とも言える「失神KO認定」が下されたのだ。一瞬、驚いたような表情を浮かべる愛は、そこから不満そうに口を尖らせる。「第二ラウンド、勝者!篠咲愛!!!」のコールがかかるとしょうがないなとあきらめるしかない・・が。)あ~~あぁ~~紗耶がだらしなく失神しちゃうからラウンド終わっちゃった。トップグラビアアイドルの~ジュニア時代からみんなの天使のさぁやちゃんの顔、みんな見てあげてよ~~~♪(不意に「いいこと思いついた」な意地悪げな表情の愛は、ゴングと歓声と髪の痛みにやっと意識を取り戻し始めた紗耶をリング上で引きずり回す!四方の観客に紗耶の負け姿をさらに晒して周る!)
紗耶 > あ、ぁぁ……っ!?!?!!!(紗耶が気が付いた時には、すでにゴングが打ち鳴らされていた。髪の激痛で自分が愛に敗れ、髪を引っ張られてこの惨めな失神白目顔を観客中の晒しものにされているのがわかってしまって…)あくっ……み、みるなぁっ……!んぎぃぃぃぃいいいっ!!?(もはや、ぼろ泣き状態。紗耶はそれでも許されず、リング上を一周、犬の散歩のように引き回される。全方位の観客に惨めな負け姿を晒し、劣った乳を見世物にされて、グラドルレスラーの自尊心をズタズタにされる。でも、紗耶だって、まだ第三ラウンドを残して絶望するような女じゃない)んはぁっ…んはぁっ…!んぐぎぎぎぎぎぎぃぃぃっ……!!ふざ、けるんじゃないわよぉぉぉっ!!!(愛の腕を振り払うと、涙目で愛を睨みつける、その目に宿っているのは復讐心!)ま、だ…負けてないのよっ!!次よ!次の第三ラウンドで、この私が味わった以上の屈辱を味わわせてやるわ!絶対にっ!絶対によっっ!!!
篠咲愛 > (紗耶の肉を揺らしながらのボロ泣きがリングを異常な興奮空間に変えていく!)あっ!?(それでも、腕を振り払ってきてさらに修羅のように睨みつけてくる紗耶!すると愛は・・・にっこりと笑みを浮かべて視線を返すと。)そうだよね、まだ第3ラウンドがあるんだよね~♪(愛のグラどうボディも闘いの興奮に「出来上がった」状態。火照った肌は上気して、ムチミチと音が聞こえてきそうな肉体。ブラックのコスははち切れんばかりで、乳房の先端部分も・・・)地獄はここからなんだからね。楽しみにしてね?さぁやちゃん♪(ジュニア時代の愛称で呼びかけるあたりは長年の因縁か?それにしても、アイドルスマイルとは裏腹の発言。そして、回復のためのインターバルを挟んで・・・)カーン!!!(いよいよ最終ラウンドのゴングが鳴った!)
篠咲愛 > (そして第3ラウンド。汗を散らし肉弾を激しく激突させていく両者!紗耶のエルボーが愛の乳肉に食いこんだかと思うと、同じく愛のエルボーが逆襲!肉と肉でガッチリ組み付きあってせめぎ合う姿で観客に唾を飲み込ませて、そこから愛のブレーンバスター!豪快にリフトアップして紗耶をマットに叩きつける!のた打ち回る紗耶であるが、引き起こしにかかった愛からバックを奪い、バックドロップ!今度は愛がのた打ち回る番であった。お返しとばかりに髪を握りつけて引き起こす紗耶が太ももを弾けさせるニーリフト!これには愛の肉体が跳ね上がり、さらにお返しのブレーンバスターを仕掛ける紗耶だが・・・これを耐える篠咲愛!そして、逆に紗耶を抱えあげ返して!)っいっけぇええ!!!(ズドダダァアアアン!!!!)(ブレーンバスター!さらに叩き付けた紗耶のムッチムチの両足を持ち上げて抱え込むと、仰向けの紗耶に「ふふふふ♪」と笑みを向けてから。)ッグイイイイ~~!!!!・・・ッギュギチイイイ!!!(ステップオーバーして両逆エビ固め!紗耶の肉体をCの字・・・よりさらにえげつない角度!しかも恐るべきことに、愛のグラビアヒップがグイグイと落とされていき、紗耶の背中を、さらに後頭部にまで圧し掛かっていく!拷問逆エビ!)ほ~ら・・・!!(ッギュギチイ・・・!!)ほらほら♪(ッギチギチギチイイイ~~!!!)ギブアップ?・・・ギブアップ!?(意外とオーソドックスにギブアップを迫るが、この女がこれくらいでギブするわけない・・・というかしてもらっては困る、といったところか。それでも「ギブアップ!?」のセリフが場を盛り上げ、愛のピッチピチの桃尻が紗耶の背中を、さらに後頭部を押し潰そうと。そんな、ライバルを尻で潰す感触がなんとも言えず・・・)んふぅ・・・♪(気持ち良い。)
紗耶 > そんなセリフを吐いてられるのも今のうちよっ…!!!(愛とは対照的に、もはや余裕を取り繕うことも忘れ憎々しげに吐き捨てる紗耶。第一ラウンドを引き分け、第二ラウンドで屈辱の失神KO…かつては互角だった相手に、自信のあったラリアットで正面から打ち負けたという事実は紗耶のプライドをひどく傷つけていた。絶対に愛に勝ってやる、勝って、愛にも自分が受けた屈辱と同等、いやそれ以上の屈辱を味わわせてやらないと気が済まない!)カァァンッ!!!(その憎しみが、紗耶に普段以上の力を与えたのは確か…愛と紗耶はそれぞれのグラドルボディ、プロレス技術のすべてをぶつけ合って、お互いの身体を投げ飛ばし、リングに叩きつけ合った。そのたびに、二人の美女のうちの片方が悲鳴を上げて、悶絶する様は観客たちをヒートアップさせるのには十分な光景。第三ラウンドに入って、観客たちのヴォルテージも最高潮だ。双方のファンがあげる、「愛」「紗耶」のコールの量はほぼ互角!)
紗耶 > (しかし、絶対に勝ちたい、負けるわけにはいかない…そう、どれだけ強く願っても、力の劣るものは劣るもの。思いの力なんて嘘っぱちで、勝ちたいと強く願っていてもあっという間に屈服させられてしまうのだ…)やめっ…!っ!?だ、だめっ…そんなのもらったらっ…!!?…あ、あ、あ、あああっ…!?!(ブレーンバスターを堪えられ、屈辱のブレーンバスター返し…それを、愛は堪えることのできたそれを、紗耶は堪えることができなかった。投げ飛ばされ、屈辱で涙が滲み、そこを捉えられる。すでに屈辱なら受けている!だったら、お返ししてやりたい、今度は自分の番だ!そう思うのに、現実には紗耶だけが一方的に追い詰められ、責め立てられる。両逆エビ固め…説明不要の拷問技!)いぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁあああっっ!!?!?!(紗耶の身体が、Cの字にひん曲がる!さらには愛の大きなヒップを落とされ…そのふにゅん♡とした極上の柔らかい感触を感じた次の瞬間には、すさまじい重量が紗耶の身体を、後頭部を押しつぶしてきた!)ふぎゅほぉぉぉぉおおぉぉぉおおおおおおぉっっ!!?!?!(肺の中の空気が、全部搾り出される!)
紗耶 > (愛の方は大きな乳房を観客にアピールするかのように身体を軽く反らせるだけ!ただそれだけの動きで、紗耶の身体はエゲつない角度に折れ曲がって声を搾り出すかのように絶叫!少し大人びた美貌が、愛の尻肉よって潰され、自慢の胸にいたっては、自らの身体によって潰してしまっている。その痛みを前にしては…一瞬、無意識に、グラドルレスラーの本能でロープを目指そうとして這いかけた紗耶も、リングを手のひらで叩いて悶え苦しむだけになってしまう!)あがぁぁぁあああぁぁあああっっ!?!?!!(愛も、楽ができているわけではない。腰骨を折られそうになっている紗耶の抵抗、暴れっぷりもまたすさまじく、その太ももが胴を締め上げようとする力も万力のよう…並のグラドルレスラーなら、紗耶の暴れる力に抵抗できずに振り落とされているところだが…愛に、死角はない。しっかりと尻を落とし、後頭部を押さえつけて反り返させることで、抵抗を許さない!愛の身体からも、汗が吹き出し、もとより汗だくで悶絶する紗耶と相まって、汗まみれのてらてらと光る身体が絡み合うかのような光景。生々しい肉体のぶつかり合い……このまま、誰もがまた紗耶が失神するまで続くかと思ったのに、それをやめたのは愛で…紗耶はこの拷問から唐突に解放される)んがはぁぁっ!?!んはぁぁっ!!!んはぁぁぁっ!?!んはぁぁぁ!!
篠咲愛 > 逃・が・し・て・あ・げ・な・い♪(一文字づつ発生して、そのたびにギュチイ!!ギチイ!!と逆エビを絞り上げる!暴れる抵抗、そしてロープに這い進もうとする紗耶を尻で押し潰す拷問逆エビ!巨乳を揺らしながらキめる愛はキラキラと汗を散らして笑みを浮かべ、激しいプロレスの最中とは思えないほど。その尻の下で、悲鳴を上げて押し潰されるグラドルがいるわけだが。)ギブアップしないんだ~??(くすくすと笑った愛が・・・不意に腰を上げる。えげつないCの字状態の紗耶肉はやっとまともな姿勢を許されるが、ダメージに反り返った状態はすぐには元に戻らない。久しぶりに肺に流れ込んだ新鮮な空気を貪る紗耶・・・)っはぁ・・っはあ・・・っはあ・・・・ふぅううう~~♪(その傍らで、愛が巨乳を揺らしながら息を整え、コスの尻の部分を直してパチィン!!と音を立てる。)
篠咲愛 > ほら、立ってよ。(ッグイィ・・!!)ふふ・・・また失神して終わりなんて・・・そんなに優しくしてあげないんだから。ほら、立って・・・よ!(紗耶を無理やりにも引きずり起こしていく。その引きずり起こしのシーンだけでも、試合の優劣がどちらに傾いているかを観客に見せつけるもの。そして、立ち上がらせた紗耶の背後に回りこむと・・・)ッギュチ・・・ッミュチイ・・・!!(まず、紗耶の右太ももに愛の太ももがかけられて密着。さらにわきの下から肉体を割り込ませるようにしていくと、紗耶肉を捻るように・・・そして反対側の先の下で愛の手が組み合わされると。)ッギュチギチギチギチイイイ!!!!!(コブラツイスト!ただしそれは、普通のコブラツイストとはわけが違う。かけ方としては同じだが・・・みゅっちりと喰らいつくようにして密着した太もも。深く絡みついて紗耶肉を捻り、そこからムッチムチの両腕で抱き寄せて乳肉同士も密着させてしまう。肉の優劣を徹底的に教え込もうとでも言うのか、愛は肌を擦りつけながらじっくりと絞り上げていく。)んんんんんぅ~~ッ♪(その紗耶肉の感触ときたら。プロのリングでも、まだこれ以上の肉とはめぐり合っていない、そんな極上の対戦相手。そんな極上クラスを征服していく感触ときたら・・・このためにグラドルレスラーになったようなもの!そしてこの拷問技のキモは、全身で密着することに加えて・・・)・・・ね。この技、覚えてる?懐かしいよね~?(顔が至近距離にあることだ。強烈な絞り上げで紗耶の顔を覗き込む角度に追い込んで、歌声も評価されている愛が紗耶の耳元で囁くかのよう。吐息を耳にかけられる方の屈辱はさらに増すか?コブラツイストは、ハイスクール時代に負けなしだった紗耶を愛がギブアップさせた思い出の技・・・・お互い成長してプロになって、タイトルマッチ・・・いま極められている肉弾密着拷問コブラツイストは、ハイスクール時代の比ではない!)どうかなぁ??チャンピオンになったわたしの拷問技♪(ミュチイ・・・ッギッチ・・ッギュッチ・・ッギチイイイ・・・・!!!)(桁違いに成長した紗耶肉をしゃぶるように責め立てる。密着しあって淫靡に歪む両者の肉体・・・その実、肉と魅力がたっぷりはち切れんばかりの愛肉が紗耶肉にめり込み、歪めている?そして紗耶耳に熱い桃色吐息をかけながら、潤んだ声で囁きかける。)ほら、ギブアップ?・・・ギブアップ?さぁやは愛ちゃんに勝てません、降参しますって言ってよ。(ミュチギチミチイイ~~~!!!)
紗耶 > んぁぁぁああああああっぁあああっっ!!?!?(汗ばんだ体で少し息を乱しながらも楽し気な声を上げる愛。それに対して、紗耶のほうはもはや悲鳴を上げるのみ…拷問密着コブラツイスト…ハイスクール時代の屈辱すら思い出させて、ハイスクールでも、そしてグラドルになってもお前は絶対に叶わないんだと、精神すら痛めつけるかのような技だった。 しかし、はたから見る、観客たちにとってはこれ以上ないくらい『美味しい技』。双方が極上のサイズと張りを持つ乳肉を密着させ、その艶めかしいムチムチの太ももを太ももに巻き付け、股間とお尻も密着…全身のほとんどを密着させて、グラドル同士がその淫靡な肉を直接擦り合って潰し合うさまは、観客たちを大いに興奮させる!露出度の高いリンコスだから、汗ばんだ肌が直接擦れ合うさまも劣情を抱かずにはいられない!)あが、が、が、が、ががががっっ……!?!!…まけ、負けないっ…負けなっっ…っ!!んぐぁぁぁぁああああっぁあああっっ!!?!?(そんな煽情的な光景とは裏腹に、紗耶の肢体にかかるダメージ、負荷はとんでもない…!体中がミシミシと軋み音を上げ、とにかく、その痛みを表現すれば…身体がねじ切れそうな痛みとしか言えない!そのうえ、厭味ったらしく、愛は己の身体の優位性を誇示するように乳や尻、体中の肉を押し込んできて…それに対して、紗耶の身体はそのすべての部位で敗北…屈服して、体中のアピールポイントが陥没して、愛の肉をめり込まされる…!…もはや、これまでだった…。愛に負けるわけにはいかない、絶対に負けたくない……紗耶だってこんな極上の身体を持つ、愛のようなレスラーを屈服させるためにレスラーになったというのに、これではあまりにも惨めすぎる……けど、これ以上続けたら、グラドルレスラーでいられなくなる。肢体を壊され、乳も尻も、グラドルレスラーの象徴ともいうべきむっちりボディが屈服してしまう。…)~~~~~~~~っっ!!?! ぎ、ぎぶよっ……も、もう無理っ…これ以上されたら、私、引退することにっ……っあ、愛ちゃんには、かないません……っ!んぐぅっ…くぅぅ…
紗耶 > (その宣言は、紗耶のプライドが確かにへし折れたという宣言。悔し涙がボロボロこぼれ出す……しかし)っっ…!!?ぎ、ぎぶよっ!?!ぎ、ギブアップッ…ギブアップっっ!!!!?~~~~~~っっ!?!?!!あ、あぁぁぁあああああぁぁあっ!?!?!んぎひぃぃいいいいいいいぃぃぃいいいっっ!!!?!?!~~~~~~っっ!!?!?!  カンカンカンカンカンッッ!!!!(愛の息遣いを耳で感じる。こんな距離で聞こえないわけがない!…レフェリーのいないこの試合…!ギブアップ宣言から、ゴングが打ち鳴らされるその瞬間までのわずかな間に、愛はゴングが鳴るまではとギブアップ宣言の紗耶に最後の締め付け! 今まででもっとも強く絞り上げたそのコブラの激痛!紗耶は、失神した……力なく、垂れ下がる、手足、そして大きいながらも垂れていなかった胸も、張りのあったお尻も、垂れ下がった。そして、愛が手を離し、崩れ落ちる)あ、ぁぁ、ぁぁ……
篠咲愛 > ・・・・くす♪(ッギュチギチギチイイ~~!!!!)んんんん~~~♪(紗耶のプライドがへし折られ、降参のセリフが搾り出される。それが耳に響いてきて深い満足が愛の肉に染み渡る・・・が、「これで解放される」と紗耶が思った瞬間、少し緩めかけていたコブラを、締め上げる!混乱気味に悲鳴を上げる獲物に愛の肉弾が密着!嬲るようにして紗耶の肉と喉をむせび泣かせる拷問は「ギブアップしたくらいで許してもらえると思ったの?」といったところか。ギブの連呼と悲鳴を堪能して・・・・)おやすみ、さぁやちゃん♪(ギチミチイ!!!と悲鳴も途切れるほど締め上げると、ついに回線が焼き切れるように紗耶が白目をひん剥く。慌てたように乱打されるゴングと白目を剥くのはどっちが早かったか・・・・そして、技が解かれると、力を失ったグラドルボディがぐちゃっとかどちゃっといった水気を含んだ音を立てて崩れ落ちる。ビク・・ビク・・と痙攣して、悲鳴の余韻か喉が震える音をこぼす敗者。そして勝者には輝くチャンピオンベルトが授与される。)あ~~~・・・楽しかった♪(勝者と敗者の見事なコントラストにカメラのフラッシュが降り注ぐ。こうなるとグラビアアイドルはサービスたっぷりに撮影に応じるのが当然。「順番でお願いしま~す♪」などと言いながら、四方のカメラマンに視線を送りながら、足元の紗耶肉を踏みつけにするポーズ。汗だくのグラビアボディから魅力を振りまきながら、仰向けにした紗耶に馬乗りになってその乳肉を押さえつけるフォールポーズから、最後は紗耶の顔面に腰を下ろしてフェイスシットポーズまで!こうして、完全決着デスマッチが終了・・・しかし、グラドルたちのプロレス物語は終わらない!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(36)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(7)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。