スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハニー・ローズvsルシフェル=レィナ

(悪の秘密結社『パン=サー=クロウ』。その実態はようとして知れないが、謎の科学力によって生み出された化学麻薬の密売から武器密輸に人身売買と世界に闇を蔓延らせている。世界の治安機関が壊滅に乗り出すも果たせないのは、根の深さと、その科学力で生み出される強化戦士たちの戦闘力ゆえ。そんな悪に対抗できる一筋の希望は・・・正義のヒロイン、ハニー=ローズのみ!表の顔は、最近大人気の女子プロレスラー「キューティ穂乃果」。ある意味では世を忍ぶ仮の姿でも真の姿でもヒロインといえるだろうか。特に、ネオ女子プロレスの二大団体である『レスリングキューティ』と過激なファイトで売る『ブラッディ=ファング』の抗争戦で活躍する穂乃果の姿は、まさにヒロイン。激しい抗争は、ついに両団体のチャンピオンによる決戦=ネオ女子プロレス統一女王決定戦が行われ、熱気溢れる激戦の末・・・キューティ穂乃果が勝利!闇の血まみれマスクウーマン、ブラッディ=美香をリングに沈めたのだった。もちろん、闇とか血塗れとかは「ギミック」に過ぎないと誰もがわかっているのだが?しかし、タイトルマッチの行われたその夜・・・・『ブラッディ=ファング』の本拠地でもある『ヘル=アリーナ』で、本当の正義と悪の闘いが行われたことを、誰も知らないのであった。)
ハニー・ローズ > (抗争の末、ネオ女子プロレス統一女王の座についたキューティ穂乃果。だが、あまりに激しく写る試合の数々ですら、密かに行われる闘いに比べれば・・・。決戦の夜・・・そう気合いを入れ、勇敢にも単身で『ヘル=アリーナ』に乗り込んだ穂乃果・・・いや、正義のプロレスヒロイン『ハニー・ローズ』を出迎えたのは、マスクを脱ぎ捨て、獰猛な笑みを剥き出す『ブラッディ=ファング』の幹部、『ブラッディ=ミカ』だった・・・・)・・・幹部なんて言っても、こんなもの?!昼の私が本気だったなんて、とんだ自惚れね・・・(かくして、『ブラッディ=ファング』の強化戦士たちが見つめ、何人かの幹部も各々映像で眺めるなか幕を開けた本当の正義と悪の闘いは、気付けばハニーがミカを翻弄し、圧倒していた。・・・力比べから始まり、ロープを駆使したハニーのラリアット。倒れ込んだミカへの強烈なストンピングと、拷問のような角度と重さを誇る片逆エビ固め・・・早くも流れを掴んだハニーがミカグラウンドで消耗させ、表のタイトルマッチと同じようにベアハッグに捕らえていた。圧倒的、と思えるほどに表以上に強化されたハニー・ローズのプロレス!・・・昼のタイトルマッチを彷彿とさせる状況。キューティ穂乃果としてブラッディ美香にトドメをさしたのは、電光石火で繰り出される、伝家の宝刀『キューティ・ボム』だったが・・・)さあ・・・覚悟はいい?・・・『V・ローズ・スープレックス』!!!(ギュッギュチィ!という音が聞こえるほどのベアハッグを解き、今度は、腕ごと抱え込む。ミカの身動きを封じて繰り出したのは、ハニー・ローズの必殺技である『ヴィクトリー=ローズ=スープレックス』幾多の敵を沈めてきた必殺技を幹部相手に惜しげなく披露する!)
ブラッディ=ミカ > (ハニー・ローズを待ち構えていたのは『ブラッディ=ファング』のレスラーたち。しかしその雰囲気は昼間の「ギミック」とは違う。よく見れば国際手配中の犯罪者もちらほら・・・しかし、「アンタたち、手を出すんじゃないわよ。」という声とともに、悪の強化女戦士たちの間から現れたのは、ブラッディ=美香。マスクを脱ぎ捨て、ツインテールのブロンドも解いた姿だが、その肉体には悪の力と怒りがはち切れんばかりに詰まっていて・・・そして始まるのは、正義と悪のプロレスバトル!ミカの示す敵愾心は、昼間のリベンジマッチというところか。「さあ、本気でやってやるよ」というセリフは昼はお遊びだったといわんばかり。禍々しいデザインと異常に頑丈に作られたリングで始まるのは裏のタイトルマッチか。悪の秘密結社が誇る科学力で強化された肉体がヒロインに襲い掛かる・・・・が!?)んぎぃいいいいあああ~~~~!!!!(ハニー・ローズのベアハッグ!昼のタイトルマッチと比べても圧倒的な試合内容!ハニーの猛攻にギュチギチと悪の強化肉が軋みを上げる!ハニーの豊かなバストがミカの乳肉にめり込んできて上半身が反らされて、腰に回された腕で半分に折り曲げられ・・・!?悲鳴を上げる『ブラッディ=ファング』チャンピオンにして悪の女幹部、ブラッディ=ミカは、さらに両腕ごと拘束されて!)(ッビュゴ・・ズガシャアアア!!!!)んびゅぐううう!!!!!(『ヴィクトリー=ローズ=スープレックス』!顔面からマットに叩きつけられ、聞き苦しい声が上がった!ハニーが腕を開くと、マットに突き刺さった悪のレスラーが崩れ落ち・・・リングを囲む女戦士たちも唖然。決まった・・・・・?)んぶ・・・ふ・・・ぐぅう・・・ま・・だ・・・ぁ・・・・(倒れ込んだミカの肉体がググ・・と持ち上がり、その瞳は紫色の光を放っている。ここはハニー・ローズの処刑場・・・他の幹部やボスが監視カメラの向こうで見ている・・ブザマを晒せば消されるのみ・・・!『キューティ・ボム』でスリーカウントを奪われた屈辱もミカの憎しみを燃え立たせ・・・ロープに走って思いっきり反動を得ると!)ブラッディ=ボンバァああああ~~~!!!!!(咆哮しながら右腕を振り上げ、ハニー・ローズに襲い掛かる!唸りを上げ、紫色のオーラを噴き上げる豪腕!殺人ラリアットがヒロインに襲い掛かる!)
ハニー・ローズ > (包み込み、真正面から潰しにかかるような正義のベアハッグ!その威力と圧倒的な肉質に、さしものミカも声を上げずにはいられない・・・そこから腕を巻き込んで顔面をマットに叩き付けられる『V=ローズ=スープレックス』は、迫り来る悪の悉くを粉砕し、地に這わせてきたハニーの必殺技!周りの女戦士の何人が、ミカの敗北を悟ったか・・・まともに受ければ、起き上がることは愚か、意識を保つことも難しい必殺技・・・・・だが!!ブラッディ=ミカもただの強化女戦士ではない!女幹部という、選ばれた精鋭中の精鋭・・・今までハニー・ローズが沈めたどの戦士より上位の敵!)・・・・・っ・・・!?(ハニー自身、勝利を確信しかけたところに、地鳴りのように響く「まだ」の一言!血走った目でハニーを睨み・・・一心不乱に叫びながら豪腕を振り回す圧倒的な迫力!・・・怒り・・・憎しみ・・・恐怖・・・その全てを禍々しいオーラに変えた、全力の右腕がハニー・ローズに迫る・・・!ミカが持てる全ての力を込めて放った『ブラッディ=ボンバー』!!・・・・・だが、ハニー・ローズはそれに対し・・・)・・・・・ふぅううっ!!!(ミカの動きをしっかり捉え、タイミングを合わせてその場で一回転!・・・回転の遠心力が加わったアックスボンバー!二人の腕が互いの喉元に突き刺さる・・・!!)・・・ぅ・・ふぅ・・・・まだまだ、ね・・・!(交差するように繰り出された互いの腕・・・その力比べに勝ったのはなんと・・・ハニー・ローズ!!全身全霊を込めたミカの『ブラッディ=ボンバー』に打ち勝ったのだ!・・・・そして、打ち勝ったミカの右腕を掴んで引き起こし、頭の位置を下げさせる!・・・抱え込んで持ち上げれば、タイトルマッチで美香にトドメを刺した『キューティ・ボム』の体勢に・・・・・だが、電光石火の勢いはなく、持ち上げたままゆっくり回り、四方に見せ付けていく!!)・・・・私の新しい必殺技、こんなところでお披露目なんて思わなかったけど・・・特別に見せてあげる!!(・・・持ち上げたミカを勢いよく振り落とす!!だが、その先にあったのは・・・・ロープ!バネのように高く跳ね上がったミカの肉体!!その力に身を任せ、ハニーも高々とジャンプ!!!そして・・・・)『パーフェクト=キューティ=ボォム』!!!!(落下途中で大きく身体を反らし、ミカを後ろに振り回す!・・・そして、ロープとジャンプによる高さと勢い、反らし上げた身体をくの字に折り曲げる一瞬の力を全て乗せ、ミカの肢体を降り下ろす!・・・これが『キューティ=ボム』の力を最大限に増した新必殺技・・・『パーフェクト=キューティ=ボム』!!)
ブラッディ=ミカ > ッ!!!!・・・舐めるなァあああ!!!(迎撃の態勢・・・それもラリアット合戦の動きを見せたハニーにさらに怒りを放つブラッディ=ミカ!そして・・・交錯する二つの肉弾!)(ズガッシャアアアアア!!!!!)ぐぼぉおおおおッ!!!!????(衝撃音の次の瞬間、聞き苦しい声を上げたのは・・・ブラディ=ミカ!ハニー・ローズのアックスボンバーに喉元を抉られ、逆にミカの必殺『ブラッディ=ボンバー』弾き返された!?正義の斧に一撃されて、ギュルゥ!!!と一回転した悪の肉体は、マットに激突!ラリアット合戦で完全に粉砕されてしまったのだ!四肢の方向も乱してマットに叩き付けられたミカはビク・・ビク・・と痙攣しているが、そんな悪のレスラーをベビーフェイスらしく腕を掴んで引き起こすハニー。ただし、示されるのは苛烈なヒロインの意思・・・新必殺技の宣言!ミカのムッチリボディパワーボムの体勢に捕らえていくと、これはタイトルマッチでも試合を決めた『キューティ=ボム』?しかし、ハニーが放ったのは!)・・・・ぅあぇ・・・??(マットではなくロープに叩き付けられ、高く跳ね上がったミカ。高い位置からの光景にわずかに意識を取り戻して・・・ただしその腰は、ヒロインの両腕にガッチリと捕らえられている!空中で美しい肉体を反らせたハニーが叫ぶ『パーフェクト=キューティ=ボム』!!!)っひ・・・?(ビュゴウウウ!!!・・・・ズガグシャアアアア!!!!!)(急速落下!恐怖の声をわずかに零すのみで悲鳴も上げられずに叩き付けられた高高度パワーボム!衝撃が響き渡って・・・収まると、そこにはエビ固め状態でマットにめり込んだ元チャンピオンの姿が・・・豊かなヒップを突き上げ、四肢がビク・・ビクン・・と痙攣するのみで、自分の股の間から白目をひん剥いた悪の女幹部レスラー。)
ハニー・ローズ > (ムッチリとしたミカの肉体がマットに叩き付けられた轟音は・・・観戦していた強化女戦士たちの数人の腰が砕けてしまうほどの迫力!頑丈に造られているリングが地響きを立てて揺れ・・・映像でしか見ていなかった面々にも、ハニー・ローズの新必殺技の凄まじい威力が伝わったか・・・!?)・・・・んっ♪(目に見えるほどの痙攣を起こし、昼のタイトルマッチに続いて、二度もパワーボムで沈められたミカ・・・対するハニーは、尻餅をついた際に身体に響いた衝撃に、うっとりとした満足気な表情を浮かべている!・・一応フォールの体勢ではあるが・・・カウントを数えるまでもなく、ミカはしばらく立ち上がれないだろう。・・・・豊満な身体を丸め込まれたままの敗者を見下ろすように立ち上がるハニー。完全アウェイの中、右腕を高々と挙げ、さらにはミカの尻肉に軽く足を乗せて勝利を誇示!!・・・挑発・・ともとれるが、『ブラッディ=ファング』のチャンピオンであり、『パン=サー=クロウ』の女幹部の一角でもあるブラッディ=ミカをパワーで捩じ伏せた・・・というだけで、並の戦士では挑もうとすら思えないか・・・!?肝心のハニーはというと・・・アピールしながらも、瞳は真っ直ぐ監視カメラを向いている。)・・・・どうせ、どこかで見てるんでしょう!!このチャンピオンじゃあ私を止められないってこと・・・さすがに分かったんじゃない!?そろそろ、姿を現してリングに上がる気になった・・・?それとも・・・ここにいる全員を倒したら、さすがに気が変わる??(カメラを指差したハニーが叫んだ言葉は・・・真正面からの宣戦布告と挑発!!これまでは地道に強化女戦士たちを相手にしてきたハニーだったが・・・・ついに、悪の組織の根本を断ち切るということか!?四面楚歌・・・多勢に無勢を諸ともしない完全無欠のヒロイン!ハニー・ローズ!!ブラッディ=ミカを圧倒したように・・・リング周辺を取り囲む強化戦士たちを倒してしまえば、黒幕も姿を現さずにはいられないだろうと・・・。勝ち誇ったような挑戦的な笑みで宣言して見せた。
(「キューティ穂乃果」がネオ女子プロレスの二大団体『レスリングキューティ』と『ブラッディ=ファング』、両団体の頂点に立つ統一王者となったその日の夜。『パン=サー=クロウ』の「ブラッディ=ミカ」という本性を現した悪の強化戦士レスラーを「ハニー・ローズ」が粉砕!圧倒的な正義の力を誇示するヒロインに、監視カメラの向こうから幹部たちの動揺が伝わってきてしまいそうだ。容赦のないフィニッシュシーンと白目を剥いて負け痙攣するミカの姿にリングを取り囲んでいる強化戦士たちもすっかり気圧された状態。さらにハニーは、本当の黒幕の存在を察知しているようで、まだ出てこないなら、この場の女強化戦士レスラーたちを全滅させてやろうか?とばかりに挑発!これには、表の顔は『ブラッディ=ファング』のネオ=プロレスラーである女戦士たちも屈辱と怒りに顔色を変えて・・・)レディ=ファング>調子に・・・乗るんじゃないよ!!!! ヘルハウンド=マリア>「ハンディキャップマッチ」で嬲り殺しにしてやるわ・・・・!(魅惑の肉体を悪に染めた強化戦士たちが、ハニーローズ目掛けて次々に襲い掛かる!!・・・・しかし!!??)
ハニー・ローズ > へぇ・・・・・(目の前で圧倒的な実力を見せ付けられた直後だというのに、ハニーの挑発に牙を剥き出しにして襲い掛かってくる『ブラッディ=ファング』のレスラーたち!その姿に、意外にも感心したような声を漏らすハニー・・・仲間意識などというものは薄いだろうが、挑発に勢いよく喰らい付く程度のプライドは、まだ残っていたらしい。レディ=ファング・・・ヘルハウンド=マリア・・・表でも活躍し暴れまわっている二人のレスラーを筆頭に、次々にハニーに襲い掛かる・・・!)・・・・少しはッ!・・・根性のあるッ!・・・連中みたいね・・・ッ!(だが、ただの強化戦士にとって、ハニー・ローズの壁は高い。リングインと同時に向かってくる一人のレスラーに・・・低空ドロップキック!!・・・起き上がり直後を狙うもう一人に、起き上がりついでのフランケンシュタイナー!!・・・あっという間に二人をリング外へと追いやると、両脇から同時に組み付いてくる双子のタッグレスラー!)・・・次から次へと・・・退屈しないわねッ!!(ダブルブレーンバスターで投げ飛ばそうとする双子を、逆にブレーンバスターで投げ飛ばす!・・・その後も、ラリアートなどの打撃を中心に、チキンウイング・・・ヘッドロック・・・飛び付き式腕ひしぎなど、流れるように対応していく・・・。そして、コーナーから見下ろし、パワー自慢のレディ=ファングに狙いを定めてミサイルキック!!強化戦士の中では一際大きな肉体を吹き飛ばす!)ふふ・・・面白くなってきたわ!・・・んっ・・くう・・・ッ!(快活な叫びをあげていると、すかさずヘルハウンド=マリアが足四の字をかけてくる!グラウンドでベビーフェイスを甚振るのが得意な彼女に捕まってしまうが・・・?)・・・それぇッ!!(一瞬表情が曇ったかと思えば、次の瞬間には裏返しに!あまりのはやさに、寝ているハニーに襲い掛かることも出来ないほど。しっかり悲鳴を絞りだし、マリアの足を破壊すると、悠々と立ち上がって辺りを見回す。・・・その瞳は、「こんなものなの?」と言っているようだ。)
ハニー・ローズ > (ハンディキャップを諸ともしない圧倒的なハニーの蹂躙に、残りの強化戦士たちもたじろいでいる様子。すると・・・)ヘルハウンド=マリア>・・・ま、まだ・・・・まだ・・やれる・・わよ・・・(足を壊されて起き上がることも出来ないはずのマリアが、ハニーの足をグッと掴む!必死に起き上がろうともしているが、さすがにそこまでの力はないか・・・?だが、一撃で沈まなかったのはマリアが初めてで、ハニーの口元がサディスティックに歪む!)やれば出来るじゃない・・・・ほらッ!あんたたちも、少しは・・・見倣いなさいッ!!(掴まれた足を持ち上げ・・・手の甲を踏みつける!響く悲鳴も気にせず起こすと、足った状態でのスリーパーホールド!!回りに見せ付けながら、しっかり食い込ませていく!よく見れば・・・身長差と反りあげで、マリアの足が完全にマットについていない!処刑・・・といって差し支えないスリーパーで、最後の瞬間まで緩ませようとしない!・・・この処刑が挑発となって強化戦士たちの背中を押すか、恐怖となって重みに変わるか・・果たして・・・・?)
(悪のプライドを刺激されてリングに押し寄せた『ヘル=アリーナ』の住人達!いくらハニー・ローズとはいえあまりに多勢に無勢・・・かと思われたが。迎え撃ったハニー・ローズは余裕を見せ、むしろ状況を楽しんですらいるかのよう。)「おごおおお!!」「ひぎいい!!??」(次々に上がるのは『パン=サー=クロウ』の呻き声!低空ドロップキックにボディを抉られ、フランケンシュタイナーに錐揉み回転しながら場外に投げ出され、叩き付けられる!レッド&ブルーの『ジェミニ・シスターズ』はさすがの連携で同時に組み付くが。)「「なぁああああッ!!!???おごおおおお!!!!」」(逆に二人まとめてブレーンバスター葬!驚愕の声を引きながら硬いマットに激突させられてKO!さらに砕かれ、千切られていく女戦士たち・・・・)レディ=ファング>ごぶぇええええ!!!!(豊かな乳肉をミサイルキックで抉り抜かれ、そのまま場外にまで吹き飛ばされるパワーレスラーの巨体!ここでやっとハニーをマリアが捕らえるが・・・)ヘルハウンド=マリア>あっは・・このまま脚を・・・ぉおおお!!!??ひぎゃああああ!!!(捕らえたと思いきや、すぐさまひっくり返される!プロレスでは定番お返し技だが、マリアのサブミッションテクニックをものともせずに返してきた。逆に悲鳴を上げるマリアとその美脚。あっという間に戦闘力を奪い取られて・・・・それでも、悪のプライドで食い下がる地獄の番犬。それを見下ろしたハニーの笑みに、マリアの背筋がゾクンと震え・・・)
マリア>っひぎゃぁあ!!??(あっさりと振り払われると、手の甲を踏み躙られる!そこから引きずり起こされ・・・)マリア>あぶ・・・ぇ・・・え・・・・ぉごおぉおおおお~~・・・!!!(まだ残る女戦士たちに見せつけるようにして、スタンディングスリーパー!ハニーのむっちりした腕が食い込んできて、さらに背後からも押し付けられるハニーボディ。その圧倒的な存在感と腕と首の間に指も入れさせてもらえなかった処刑状態に、マリアはほとんど無意識のうちにハニーの腕を叩いてギブアップ・・・というか、命乞い?しかし。)マリア>ぅぎゅ・・・ぇええ・・・ぎ・・・ぎ・・ぎゅ・・ら・・あ・・・ぴゅ・・・ぅう・・・・・・ぉぎゅえ・・・ぇ・・・!!!!(悪に施される慈悲はない。両足が宙に浮いた処刑スリーパーに、ヘルハウンド=マリアが白目を剥いて失神KO!ベビーフェイスレスラーを関節技地獄で嬲り殺しにして、最後は締め落とすのがマリアお得意の展開だったが・・・・こうして、リング内外に転がっていく敗者の肉体。ビクビクと痙攣するもの、白目を剥いたもの・・・どれも完全に沈められている!)「「「っひい・・・・!!!!」」」(マリアを見習って・・・もっと楽しませろ、とでもいうかのようなヒロインに、悪の残党が喉を引きつらせる。どうやら、戦意を完全に砕かれた様子で、ジリジリと後退して・・・・)
ルシフェル=レィナ > ????>「ふふ・・・ふふふふ・・・・・♪」(不気味な薄暗さの中に浮かぶ、強烈なカクテルライトを照射された超強化リング。そんな『ヘル=アリーナ』に、突如として妖艶な笑い声が。それは、ハニーも声だけは聞いたことがある・・・『パン=サー=クロウ』の黒幕の声!)????>思った以上にやってくれるじゃない?さすがチャンピオン、といったところかしら?(その声音はずいぶんと楽しそうで、リングで繰り広げられたヒロインの圧勝劇を見ていなかったのかと聞きたくなるほど。すると当然、青コーナーに続く花道がゴゴゴゴ・・・!!!二つに割れて、地下から床がせり上がってくる!そこには人影があって・・・・)????>そんな統一王者ハニー・ローズに挑戦したいってコがいるんだけど・・・・チャンピオンなら、いつ何時、誰の挑戦でも受けてくれる、わよね?(からかうような口調で言うと、現れた人影が頭からすっぽりかぶっていたローブを脱ぎ捨てる!そこに現れたのは・・・なんと、ハニーも良く知る人物。リングネームは「エンジェル玲奈」。かつて期待のホープとして「キューティ穂乃果」と並び称された…ライバル。ジュニアベルトがかかった試合で穂乃果に敗れ、失踪した・・・その玲奈が・・・ただし、その肌はかつてと違う褐色となり、豊かな肉体を誇示するようなコスチュームは妖しく光るバイオレット。うつむき加減だった顔を上げると・・・不敵に笑って。)久しぶりね。
ハニー・ローズ > ・・・だらしのない連中ね・・・(さっきまでの殺伐とした勢いはどこへやら・・・ハニーが吐き捨てるように呟いていると、その場に不相応とも思える笑い声がリングに響き渡る・・・。)この声・・・そう・・やっとお出ましってことね・・・!?いいわよ!!・・・誰の挑戦でも受けてあげる!(聞き覚えのある声と、せり上がってくる地下からの花道!その先にいたローブ姿を睨み付けながら、首の辺りに指をあて、力の源でもある「ハートストーン」で、体力・・・傷・・・消耗した全てを回復していく!・・最終決戦・・・ハニーだけでなく、戦意を失った強化戦士たちもそう思ったことだろう。・・・だが!)・・・ッ!!?・・れ・・・玲奈・・・!?(挑戦的な姿勢から一転・・・想像もしていなかった挑戦者の姿に、唖然!禍々しい褐色の肌と、ヴァイオレットのコス・・・だが、間違えなく「エンジェル玲奈」タイトルマッチ以降姿が見えなかったライバルを見つめること十数秒・・・少しだけ状況を理解したようで・・・?)・・ふんッ・・・玲奈に何をしたかしらないけど、仲間だからって手を抜いたりしないわよ!?・・・それに・・・表でも裏でも「チャンピオン」の私に、本気で勝てると思ってるのッ!!?(エンジェル玲奈とキューティ穂乃果のジュニアタイトルマッチ・・・デビュー時からライバルとして五分と五分の勝敗・・・互角の競い合いを繰り広げてきた二人だったが、タイトルマッチより少し前からは、穂乃果が常に優勢だった。ハニー・ローズとしての活動が穂乃果を急成長させ、結果として、玲奈との埋めることの出来ない差が出来てしまったのだ・・・。単純なパワーの差はもちろん、華麗なロープワークから繰り出される強烈な打撃に玲奈は付いてこられず、序盤のコブラツイストですら上手く脱け出せずに消耗し・・・粘りはしたものの、終始穂乃果のペースで進み、『キューティ=ボム=スペシャル』(餅つき式パワーボム)で勝敗が決した・・・。「一度完敗したのに・・・さらに成長してブラッディ=ミカさえ圧倒してみせた私に勝てるのか」と叫びながら、足元に転がっていたミカの足首を掴み、玲奈の足元に投げつける!「これが今の私の実力!」・・・そう伝えるように玲奈を睨み付けるチャンピオン、ハニー・ローズ!)
ルシフェル=レィナ > (視線をかわすことしばし。トップレスラーへの片道切符をかけたタイトルマッチで完敗した玲奈。埋めがたい差を肌で味わったレスラーに、悪がささやいた・・・レスラーは力を渇望し・・・語らずとも事情を察した穂乃果=ハニーは、むしろ挑発するように口撃!さらにリングに沈んで負け肉を晒すブラッディ=ミカの足首を掴むと、花道の「挑戦者」の足元へ投げつける!ドシャアアア!!!!と音を立てて落下した豊満な悪の肉体。ヒロインのパワーが改めて誇示される。すると褐色の肌となった玲奈は、足元のミカを少し見つめてから…フン、と鼻を鳴らし、その肉を踏み越えて、リングへと歩み寄っていく。途中、戦意を砕かれた強化戦士たちとすれ違いながら、視線も向けずに。)アンタたちの「処分」は後からね。(そう宣告する声音に、悪のレスラーたちが「っひ・・・」と小さな悲鳴を漏らす。そしてリングサイドから・・)ッヒュ・・・ッズッダアアン!!!(一息にジャンプしてリングイン!鮮やかに着地していくと、改めてハニー・ローズと向き合う。すると、『ヘル=アリーナ』の巨大オーロラビジョンに「『ヘル=アリーナ』デスマッチ時間無制限一本勝負 チャンピオン:ハニー・ローズvs挑戦者:ルシフェル=レィナ」の表示が現れる。そう、堕天使の名を冠したそのダーク=ネームこそ、いまの玲奈の正体だ。しかし、『ハートストーン』の特殊能力で回復したハニー・ローズ。完全無欠のヒロインに死角など見当たらないが!?)「準備運動」は十分みたいね?この瞬間を待ちわびたわ・・・・やっとアナタと闘える力を得たこの肉体・・・・疼いて疼いて・・・たまんない・・・(自分の体を抱きしめながらハニー・ローズに流し目を送る。妖艶で強力なオーラがその肉体から漂い始め・・・・)カーン!!!!!(ついに打ち鳴らされるゴング!そういえば、ミカとの一戦の前にはゴングはならなかったような。この闘いこそが、メインイベントだというのか!?)
ハニー・ローズ > (ミカの姿を見て怖じ気付くでもなく、肉と化して辺りに無惨に転がるレスラーたちにも見向きもしないレィナ・・・。「興味ない」と言わんばかりのその視線は、ただ一点・・・リング上のハニーを見つめている!ゆっくり・・・静寂に包まれた『ヘル=アリーナ』を進み・・・なんと!助走もなしにトップロープを飛び越え、豪快なリングイン!それ自体に驚くことはないが、ジュニアタイトルマッチ当時の玲奈にはまず不可能だった芸当・・・黒幕に改造を施されているのは間違いないと、自然と向き構えるハニー・・・)・・・・ルシフェル・・・レィナ・・・(ビジョンの表示を見ながら、思わず呟いてしまうのも仕方がないだろう・・・。黒幕があれほど自信を持って送り出したことから、強敵であることは間違えないだから。それに、「レィナ」・・・というのは、ハニーの知っている「玲奈」とは別物・・・そう言っているようでもあり・・・)そう・・・でも生憎、私はこんなところで闘いたくはなかったわ・・・ふふ・・(激しすぎるほどのハニーの蹂躙を「準備運動」と形容してみせたのは、地に膝を屈した強化戦士たちには信じられなかっただろう。だがハニーは・・・レィナの肉体から滲み出るように漂うオーラに気付き・・・「面白い」と言わんばかりの笑みを浮かべていた・・・そして、メインイベント開始・・・・初めに仕掛けたのは、ハニー・ローズ!!)・・・この身体・・・受け止める度胸はある!?(ロープでグッと力を溜め、勢いよく身体でぶつかっていく・・・ショルダータックル!強化戦士を二人まとめて吹き飛ばしても余りあるほどの威力だが、ハニーにとっては様子見・・・。豊かな肉が弾けるような力強い音を立てながら、成長に成長を重ねた正義のヒロインのパワーを真っ向からぶつけていく!)
ルシフェル=レィナ > こんなところで闘いたくはなかった・・・?くす・・・♪嘘ばっかり。(レィナの褐色ボディとオーラを前に、ハニーの瞳が好戦的に閃いたのを、その美しい肉体がピクリと反応したのをレィナは見逃していない。打ち鳴らされるゴングに続いて静かな立ち上がり・・・かと思いきや、ロープに走ったのはハニー・ローズ!紅き肉弾と化して襲い掛かってくるショルダータックル!その迫力を前にレィナは・・・!)・・・・来なさいよ!!!!(ッドゴォオオ!!!)ごふぅおッ!!!!(正面から食らった!ハニーの挑戦のセリフにまともに答えるという悪の女戦士にはあるまじき!?ハニーの肩がミチミチとレィナの褐色肉に食い込むと同時に、その密度をハニーに伝え返す。その肉質は・・・かつての玲奈とは比べ物にならない・・・!それでも、耐えていたレィナの肉体が後方に吹き飛ばされ・・・!?)ッビイイン!!!!(吹っ飛んで背後のロープに激突するルシフェル・ボディ!しかし次の瞬間、ギチギチと軋んだロープの反動も得て・・!)ッバツンン!!!!(肉弾と化して発射されるレィナ!ショルダータックルダメージにしかめられていた表情もにやりと不敵な笑みに変わって!)お返しよ!!!(ズッダアアン!!!と驚異の跳躍を見せて、ドロップキック!ハニーの巨乳を目掛けて一直線!すさまじい迫力に加えて、そろえた美脚を捩じり込むような回転をかけるドリル式だ!)
ハニー・ローズ > (多少強くなったところで関係ない・・という気迫と勢いが乗ったヒロインの容赦ないタックル・・・だが・・?)んっ!?・・・ぇ・・・?(目を見開いたのはハニーのほう!触れて初めて分かる、レィナの肉質・・・それは、ハニーにも劣っていない!厚く重いレィナの肉体に、一瞬「受け止められた」と錯覚してしまうほど!・・・だが、さすがは完全無欠のヒロインということか・・レィナの身体を勢いよく吹き飛ばす!しかし、レィナはロープしっかり止まって勢いをつけ・・・・!)ぐふうぅあ!!!!(槍のように鋭く重いドリル式ドロップキック!!一瞬の間に巨乳を何度も踏みにじられたような感触を覚えながら、ハニーもまたロープまで吹き飛ばされる!!・・・・そんな、互いの身体を肉弾と化して何度もぶつけ合った序盤が終わる・・・最後は同時にアックスボンバーを放ったが、二人ともが弾かれ、打ち付けた肉の感触だけが残っていた・・・)はあ・・・ッ・・ふ・・・ふふふ・・・・(まだまだ闘えるとはいえ、さすがのハニーも消耗している。だがその表情は・・・笑っている!?ハニーの急速な成長についてこられるものは表裏共にいなかった・・・つまり、全力で闘っても「壊れない」ほどの相手は、レィナが初めて!それだけで、ハニーの闘志は漲り・・・紅いオーラが膨れ上がる!そして、中盤になるや否や・・・・)(ガシッ!!)せぇえやあッ!!(ロックアップから素早く背後をとって投げっぱなしジャーマン!「力」中心の攻防だった序盤とは違い、「技」で勝負しようということか・・・!?立ち上がり直後を狙ったダブルスレッジハンマー!・・・チキンウイングフェイスロックと流れを掴み・・・・)(ギュチィイ!!)(極めつけはコブラツイスト!!肉と肉が密着し、侵食していく拷問技の一つ・・・並みの戦士なら一瞬でハニーの肉の質に溺れるだろうが・・・?)
ルシフェル=レィナ > かは・・・・ッ!!!(互角の序盤戦の最後はアックスボンバー相討ち!互いの乳肉を抉らんとする斧撃は、互いに重い感触を残して弾き合った!)くふぅうう・・・・(「間」が生まれてにらみ合う両者。するとどうだろう。ハニー・ローズが楽しげな笑みを浮かべてくる!そしてその存在感が目に見えて大きくなって・・・!)コイツ・・・!!(それがまた、レィナの闘争心を刺激!再びぶつかり合う二つの肉弾!正面からがっちり組み合って・・・と、次の瞬間!)っくぅ・・・!!!(一瞬のテイクバック!流れるような動作で投げっぱなしジャーマン!)(ドゴオオォ!!!)ッがは・・・!!!!(マットに叩き付けられ・・・というより、ヒロインの鋭いスープレックスと超人的パワーで突き刺さる、といった方が良い。そしてこのジャーマンがヒロインの猛攻の狼煙であった。叩き潰すようなハンマー!レスリングテクニックを駆使するチキンウイング!腕と顔面をギシギシといわされながら、完全に極まるポイントを何とかずらすレィナ・・・互角の序盤戦から一転、ハニー・ローズの猛攻!さらに繰り出されるのは・・!)んく・・ぁ・・・ん・・・ぐぅうう・・・・!!!(紅きヒロインの肉体が絡みつくコブラツイスト!ギュチギチと軋みが上がれば、絞り出される呻き声。悲鳴を飲み込もうとして零れるうめき声なわけだが、パープルのコスチュームに包まれた肉体から、ジワリとダメージの汗がにじみ出す。玲奈の失踪につながったジュニアタイトルマッチで、玲奈を散々に苦しめたのも穂乃果のコブラツイストであった・・・・威力は段違いであるが、その記憶がレィナの脳裏によみがえるのは、肉で闘うプロレスラーなら避けがたいことで。それでも、密着してきたハニーボディの支配力にはっきりと抗うルシフェルボディ。)ん・・・っぎ・・くふ・・ううう・・・こん・・なコブラ・・なん・・・て・・・!!効かない・・・のよ!!!(言葉でも抗いながら、隙あらば腰投げ、あるいは逆転してコブラをかけ返そうと身を捩るレィナ・・・だが?)
ハニー・ローズ > くふう・・・!・・んふッ・・・そうこなくっちゃ・・・ねッ!(序盤こそ互角だったが、やはり「場数」の差か、レィナの一歩先を行くハニー!だが、ハニーのオーラがさらに膨れ上がる一方で、レィナの禍々しいオーラも一層深く妖しく・・・膨れ上がっている。ジワリと伝わるレィナの肉の震え・・・それは押し込まれることなく、抗い続けている!ハニーと互角の肉質・・・というだけで、口元が緩み・・吊り上がっていく。ヒロインとは思えない底知れない支配欲を理性で抑え付けながら・・・・)でも・・・まだ足りないかなァ・・・・ちょっと、コブラに囚われすぎ・・・??(ハニーからすれば率直な感想だが、レィナにとっては挑発に聞こえるか・・・?ハニーの隙をつくろうとレィナが腰を捻った瞬間・・・急にコブラツイストが解かれる!・・・結果としてレィナがコブラを克服できなかった、という事実が残るが・・・それはさておき。解放されたレィナの身体が半回転し、ハニーと向かい合わせに・・・もちろん逃がさない!両腕を巻き込んで腰をフックする!!・・この体勢は・・・!)ヴィクトリー=ローズ=スープレックス!!!(必殺技の一つ・・・『V=ローズ=スープレックス』!一撃でブラッディ=ミカをグロッキーにし、あわや勝利かと思わせたハニーの投げ技!必殺技をあっさり披露したところを見るに・・・それだけレィナを強敵と認め、ライバルと再認識したということか・・・!?)
ルシフェル=レィナ > ッな・・・・!?(密着コブラツイストの状態=耳元で砕けた口調の「率直な感想」を聞かされたレィナ。そのコメカミがビキ、と怒りを浮かべてしまうあたりにも、ハニー優勢が現れて?そして、レィナの抵抗に合わせて技がスイッチ!密着していた肉体が離れた・・・と思った直後。)んぐぅうう・・・ッ!!!(向かい合って両腕ごと拘束される!魅惑の谷間を形作る4つの乳球がミチミチと押し付け合われてさらに肉谷間を深くして・・・ベアハッグ状態にギシリと軋みが上がって、ハニー・ローズ第一の必殺技が襲い掛かってくる!)ズガシャアアア!!!!(頭部から叩きつけられるルシフェル=レィナ!やはり降臨した最強ヒロインに死角はないのか!?轟音が響いてリバウンドし、もう一度ズダアンン!!とマットに叩き付けられるリベンジャー!ただ・・・ミカを仕留めきれなかったこの技で試合が決まるとはハニーも思っていないだろう。ということは・・・?)
ハニー・ローズ > んッ・・・・ふふふ・・・今ので終わりなはず・・・ないよねッ!?(僅かな時間とはいえ締め付けられる苦しさと、気を抜けば一瞬で「楽」になれる電撃のような投げ技!試合中にも成長しているというのか・・・ミカに放ったとき以上の威力で顔面から叩き付けられたレィナ!・・・鈍い音を立てながらマットを揺らし、倒れ込むチャレンジャーだが・・・「まだ楽しめるだろう」と、手段はともかく自分と同じ舞台に帰ってきた・・・這い上がってきた好敵手の腕を掴み、引き起こす!・・・まさか!さらに追撃をしようというのか!?・・だが、『V=ローズ=スープレックス』以上のハニーの技といえば・・・・)そのまさかよ!!・・・強い相手には相応の勝ちかたをしないと・・・ねッ!!(二連続の必殺技・・・・想像しただけで誰もが身震いしそうな宣言をし、レィナの頭をムッチリとした太ももで挟み・・・締め付ける!その状態でリフトアップし・・・・)初めての防衛戦の相手として・・ライバルとして、私の本気・・・余すことなく味合わせてあげる!!・・・パーフェクト=キューティィ=ボォォオオムッ!!!!(勝利を確信した声音で、誰とも知らない相手に叫ぶと・・・・勢いよく振り下ろす!!だが、その先にあったのはもちろん・・・・ロープ!!ミカ戦よりさらにパワーアップした勢いで高々と・・・・ロープの勢いとヒロインの脅威の跳躍力で飛び上がり、肢体を全力で反らし上げる!!・・・・このまま全力で振り下ろす・・・誰もがそう思っただろうが、その一瞬・・・ハニーの口元がニィッ・・と歪む!!なんと、空中で反らし上げたバネを利用し・・・回転し始めたのだ!!・・・あまりにも長く感じる滞空時間の間に・・・どれほど回転しただろうか?持てる力の全てを注ぎ込んだ超必殺技!!!・・・ハニーの猛攻のメインディッシュに、レィナは果たして・・・・?)
ルシフェル=レィナ > っはあ・・っはあ・・っはあ・・・!!もっと・・・ガンガン来なさいよ・・・!(髪ではなく腕を掴んで立ち上がらせるのは、やはりベビーフェイス式といったところか。引き起こされたレィナはダメージを示しながらもぎらつく目つきで睨み返し、ハニーの視線と火花を散らす!お望み通りとばかりのハニーにくの字に前かがみにさせられ・・・)んぎゅむぅ・・・!!!(ムッチムチの太ももに頭部を挟み込まれる!定番の必殺技を繰り出すのはヒロインレスラーの必須条件!本気で叩き潰してやると宣言しながら、ついに繰り出された『パーフェクト=キューティ=ボム』!ロープもフルに使った派手なモーションで空中高くリフトアップされたルシフェル=レィナの肉体!しかもハニー=ローズの恐ろしさは試合の中でも成長するということ!不敵な笑みとともに、ミカを粉砕した時にはなかった強烈な縦回転!そこから、完全勝利に向けて垂直落下。ハニーだけではなく誰もがそう確信した・・・その時。)・・・・・調子に乗りすぎる悪いクセ・・・相変わらずね。(妙に落ち着いた、しかしどす黒い声がハニーの聴覚に響く。この状況で、そんな声が聞こえるはずがない・・・・しかし、確かに聞こえた!?そして次の瞬間!)ッギュチギチイイイ・・・!!!!!(逆肩車状態でリフトアップ+縦回転を敢行していたハニーの頭部を、レィナの太ももが強烈に圧迫!万力のような…という表現も生易しく、みっちり詰まった太もも肉がヒロインの顔面を締め上げる!ハニーの猛攻の前に弱まっていた紫のダークオーラがッボ・・・・!!!と燃え上がると、レィナの強靭な腰がドライブ!空中回転の主導権を、一気に奪い取っていく!縦回転も逆方向に回転!)ギュルギュルギュルギュルギュルウウゥウ!!!!!(さらに唸りを上げて、横に斜めにと複雑な軌道を描いて回転!ハニー・ローズを竜巻に巻き込んでいきながら!)『エンジェルフォールッ!!!!シュタイナァアアアアア~~!!!!!!!』ギュォオオオオオオオ!!!!!!!!(豪速で落下!神の使いすら堕天させる、ルシフェル=レィナの必殺技!そう・・・『パーフェクト=キューティ=ボム』を・・・悪魔のような狡猾さで待ち構えていたのだ。)
ハニー・ローズ > ・・・・・ぇあ・・・!?(ハニー・ローズの最強のパワーボム・・・それがさらに成長し・・進化させた必殺技。慢心がなかったわけではないが・・・いや、誰でも勝利を確信してしまうだろう。・・・なによりヒロインとして、『パーフェクト=キューティ=ボム』を逃れることは許されない・・・・だが、ルシフェル=レィナ相手には、反ってそれが仇となった・・・絶対的優位な状況にあってなお、心を震わせるどす黒い呟き・・・ハニーが感じたのは、間違えようもなく・・・恐怖・・・・)んぎゅぃいいいいいい!!!!!(何が起きたのか、ハニー自身も理解しきれない!禍々しい紫のオーラにハニーの紅いオーラが飲み込まれたのが、周りからは見えただろうか!?・・・首を押し潰され、へし折られるような凄まじい圧迫!急激に訪れた衝撃に・・・空中での回転の制御が出来ない!・・・それを、力付くで奪い取るレィナ・・・・ハニーの『パーフェクト=キューティ=ボム』以上の速く複雑な回転!それはつまり・・・ハニーの知らないレベルの技・・・・!)んぎゅう!!・・・・おッ・・・むぅうごぉぉぉおおおおおッ!!!!!!(リング上空に発生した竜巻に巻き込まれ・・・・吸い込まれるようにリングに叩きつけられる!!!・・・エンジェル=シュタイナー・・・二人の実力が拮抗していた当時、穂乃果のキューティ=ボムに対抗した玲奈の必殺技として、幾度となくマットに叩き付けられてきた技だったが・・・・それを昇華させ、悪の圧倒的オーラを纏って繰り出された『エンジェルフォール=シュタイナー』に、くぐもった悲鳴を上げてマットに沈む完全無欠のヒロイン・・・・このまま、一瞬で優劣をひっくり返したレィナの勝利となるのか・・・・?)
ルシフェル=レィナ > ズッガシャアアアア!!!!(二つの見事な肉体から見合うようにして落下。その実、堕天使によって空中の支配権を奪われたヒロインが引きずり堕とされたのだが・・・硬い超強化リングに、ハニー・ローズの脳天を突き立てたルシフェル=レィナ。頭部をがっちり締め付けた太ももに手ごたえが伝わって・・・・)あふぅ・・・・♪(すさまじいばかりの快感。しばらく突き立ってから、グラリ・・・ズシャアア・・・!!とリングに沈むヒロインに対して、リベンジャーは・・・)ッグギュム・・・・・!(そのまま、フェイスシット=フォールを決めてしまう!ハニーの美貌をヒップで敷き潰して、両肩をがっちりとマットに押さえ込んだ状態。)あ・・は・・・♪まったく穂乃果ってば、このパターンで何度沈められたら理解するのかな?キューティ=ボムなんて、わたしには通用しないって♪(興奮した様子でライバル時代の名前で呼び、尻肉で顔面の感触を味わう圧倒的な支配の快感に身を委ねる。技もキューティ=ボムとエンジェル=シュタイナーではないが・・・必殺技を必殺技で完膚なきまでに打ち破ったことは事実。)ふふふ・・・ほら・・・ワン!!・・・・・・ツー!!(ゆっくりとしたペースでカウントを入れ、人差し指、次に中指と立てていくレィナ。『ヘル=アリーナ』デスマッチにスリーカウントやテンカウントが意味を持つのかどうか不明だが・・・・)
ハニー・ローズ > ・・・ぉ・・ぐぉぇ・・・・(グロッキー・・・などという表現が生易しく感じるほど、壮絶な呻きと表情・・・堕天使とヒロイン。真に空中を制すのがどちらかを、肉体に教え込まれた形に・・・。さらに、突き立てられた先はハニーやレィナの必殺技でも砕けることのない頑丈なリング!ミカ戦の時以上に成長していなければ、今ごろ白目を剥いていたことだろう・・・。そして・・・)ぉぶッ・・・ぅ・・ぇぇえ・・・・(翼を砕かれ地に落ちたヒロインに与えられる、屈辱のフェイスシット=フォール!!・・・暢気に「忠告」するレィナだが、今のハニーはそれどころではない。・・・・それに、「キューティ=ボムが通用しない」というのは、何度も聞かされ・・・身をもって思い知らされたこと!それでも使い続けたのは、穂乃果なのだから・・・・そういえば、ジュニアタイトルマッチでは終始使っていなかったが。・・・・ゆっくりと数えられるカウントが意味するのは、敗北への距離・・・必殺技が破られただけで誇れるような勝ちではないが、スリーカウントはハニーにとって・・・例えルールが適用されずとも、「敗北」したのと同じこと・・・。それだけは・・・・)んッ・・・ぁ・・・・ぅ・・ふうぁあああ!!(それだけは絶対に避けなければならない!!・・・気力を振り絞り、右手を天井へと突き上げる!!・・まだ屈していない・・・まだ負けていないという思いを乗せた右腕で、カウント2,8で返していく!ゆっくりなカウントに救われた形だが、敗北に比べれば・・・と、ずっしりと重さを感じさせるレィナの堕天使ヒップを退かそうと力を込める!)
ルシフェル=レィナ > ふぅん・・・?(尻の下から聞こえるうめき声に、失神してないのか、とちょっと不満げな声を零す。ただ、考えようによっては・・・失神していない方が精神的なダメージは大きい。それに・・・「楽しみ」も増える。そして、翼をもがれたというのに、それに実際の勝敗とは関係ないにもかかわらず、ハニーが必死にカウント2.8で返してくる!肩は上げれたが、まだ尻の下という状態からレィナを押し退けようともがくヒロイン・・・すると、褐色肌のヒールはにいっとわらって腰を上げる。一度解放する・・・と見せかけて。)ほぉらッ♪(ッグシャア!!!)フォール!!!!(ヒップドロップ!再び顔面を押し潰して高らかにフォールを宣言!プロレスは「心を折る格闘技」とも言われるが・・・スリーカウントを絶対拒否するヒロイン=プロレスラーのプライドを逆手に取る責め!)ほら、さっさと返してみなさいよ。(などと言いながらのギュグイイ・・・!!と魅惑のヒップで押し潰しフォール。逃れようともがくハニーにみっちりと負荷をかけ、スタミナを搾り取る効果も発生。再び必死のスローカウント2.8。ただしこれも・・・レィナが演出する地獄の一丁目にすぎない。肩は上げたがすぐに立ち上がれないハニーを髪を鷲掴みにして引きずり起こしながら。)・・・・たっぷり嬲り殺しにしてあげる。(れろ・・・とハニーの首筋に舌を這わせながら囁く。その声音に『エンジェル=玲奈』の面影は全くない。そして、引き起こした獲物にくれてやるのは、グラップルからハニーの腰のあたりも掴んで真っ逆さまにリフトアップしてブレーンバスター!強烈に叩き付けて大の字ダウンのところに片膝フォール。むっちりした太もも・・もとい、片方の膝でハニーの乳肉を押さえつけ、今度は2.5で掴んだ髪を引っ張って肩を上げさせ、カウントを強制停止。「この程度で終わらせてもらえると思うな」というメッセージでもある。)
ルシフェル=レィナ > (そしてお次は、ハニーのカモシカのような両足を脇に抱え込み、じっくりひっくり返していくボストンクラブ。ここにきて、やけに基本的なプロレス技であるが、レィナの意地悪気な笑みと、ハッとしたような表情からやけに嫌がる素振りで抵抗するハニー。その抵抗も楽しみながら最終的にはステップオーバーしてしまい、ハニーボディを反り返らせる両逆エビ固め!どっしり腰を落としてギチギチと絞りながら・・・)まだこの技、苦手なんだ…?(くすくすと笑いながらギュイ!!ギュイ!とさらに絞る。そして定石どおりに片足をリリースすると、もう片方の足をむっちりとした太ももを抱え込むようにして引き絞って・・・・片逆エビ固めに移行。)思い出すわよね~~??(ッグギュギチイイ・・・!!!!)(悪の女戦士のパワーで繰り出される片逆エビは、そのヒップをハニーの後頭部に据えて上半身を押し潰し、えげつない角度のCの字にヒロインの肉体を反り繰り返らせていく!しかも、技のえげつなさに加えて・・・)デビュー戦で・・・この技で泣き叫びながらギブアップしたの、誰だったかなぁ~~??(ッギュチイイ・・・!!!ッギチギチギチ・・・!!!)そのあとも、何回コレでギブアップさせてあげたっけ?3回?4回?ねえ・・・(ッギュギュギュグゥ・・・!!!)今日もギブアップしちゃう??逆エビ負けの穂乃果ちゃん♪(ッギュギチ・・ィイイ!!!)(緩急もつけながら絞り上げるように折り曲げる!肉と言葉で同時に責め立てるレィナの逆エビ地獄!ルックスでもプロレスでも注目されていた玲奈と穂乃果のデビュー戦。激闘を制したのは玲奈の片逆エビ固め。新人らしい技であるが、初めてのリングで浴びた腰へのダメージは激痛と共に苦手意識を刻み込んだ。チャンピオンとなった今、当然克服しているはずのプロレス=トラウマを、暴き立てて抉るようなレィナのプロレス!)
ハニー・ローズ > ・・・・ッはぁ・・・ぁ・・むぎゅぅぉおおお!!(一度フォールを返したところで、脱け出せなければ逆効果・・・かえってレィナに蹂躙され、心まで音を立てて軋むほど・・・最後の瞬間まで絞り上げられ、美味しく平らげられるのみ!・・・それがわかっていながら抗いきれないのは、ヒロインの宿命か・・・。ムッチムチの堕天使肉尻に潰され続けたハニー・・・あとどれほどの体力が残っているか・・・。)・・ぉおうぅ・・・ッぐぶぅおお!!(・・・だが、悪に堕ちたレィナに慈悲はない。むしろハニーが苦しむほど、激しさと残酷さが増している!硬いマットに叩き付けられた直後のフォール・・・肩が上がらないと見るや、レィナ自身が引き起こす!ハニーの心が折れそうで折れない辺りを的確に攻めてくる・・・それほど、彼女が心身ともに「ヒール」に染まっているということでもある。)・・・・ッ!?・・ッはぇ・・・逆・・・エビ・・・・!!!(レィナの僅かな準備動作からでも、この技だけは容易に察知できる!『ルシフェル』となり・・・狡猾さと意地の悪さが跳ね上がってからは尚更。・・・必死にマットに手をついて抵抗するハニーだが、執拗なフォール攻めの後で体力はない・・・!)・・ッあ!!?・・・ッひ・・い・・・んぎぃぃいいいぁあああああ!!!!(そして完成する、逆エビ固め!・・・さらに、すかさず片逆エビに移行し・・・レィナのヒップが後頭部を・・・ハニーの上半身をマットに縛り付ける!!悪の力が加わっているとはいえ・・・いささか動揺しすぎているようにも見えるが・・・・?)・・なんて・・・こと・・・ッ・・・ッ!!!・・い・・言うなぁぁあああああ!!!!(その理由は、レィナの口から告げられる!!・・・デビュー戦・・・スパーリングとは比べ物にならない腰への負荷に、耐えることもままならなかった・・・それ以降、しばらくの間はことあるごとに腰を狙われ・・・特に逆エビ固めの類いは、穂乃果の最大の弱点とされていた・・・。「逆エビ負けの穂乃果」という不名誉な二つ名までつけられたトラウマ・・・度重なる練習で克服したと言われていたはずだが・・・?・・・チャンピオンといえど、苦手意識は簡単には拭えない・・・(片)逆エビ固めは克服できても、「レィナの(片)逆エビ固め」は、結局克服しきれていなかったのだ!それを見抜き・・・穂乃果自身も記憶の奥底へ追いやったトラウマを掘り起こしたルシフェル=レィナ!極上の尻肉と強化マットで板挟みにされ・・・無意識に片手で腰を抑えながら這い進もうとするハニー!今すぐにでもタップしてしまいたい痛みと屈辱・・トラウマに最後まで抗ってやろうと、健気な一面も見せるが・・・その壁は遠い。)
ルシフェル=レィナ > (必死に過去の汚名を拒絶しようとしながら、レスラーの本能でロープに向かって這い進もうとするハニー。ロープブレイクをレィナが認めるとも思えないが、ロープを掴んで振り払う、というムーブは可能か。深く腰を落としたレィナ尻のプレッシャーとハニーの這い進もうという動きの競り合い・・・ギュチギチと軋みを上げる強烈な片逆エビ固めは、ハニーの腰に着実にダメージを蓄積させる。「レィナの逆エビ地獄」に必要以上の恐怖を感じてしまう=精神的ダメージ+スタミナを無駄に消費。それでも、ヒロインとなったハニー・ローズはジリジリと這い進み、もう少しで腕が届く・・・・)っくす・・・・(そんな希望を見た瞬間、ハニーの耳に悪魔の含み笑いが聞こえてくる。次の瞬間、レィナが腰を上げるや!)ダ~~~~メ!!!(ッズザザアアアアア!!!!!)逃がしてあげない。(ッズンン!!!・・・ッギュチイイ!!!!)(ハニーの足を掴んでリング中央へと引きずっていく!一気に遠ざかるロープ!その距離は、絶望そのもの!再び地獄へと引きずり込んで、悪のヒップが後頭部を押し潰して片逆エビ固め続行!)んん~~♪(抱え込んだハニーの美脚。その感触を抱きかかえて楽しみながら・・・・)ッギュギチギチィ~~~!!!!(後ろに倒れこむようにして引き絞る!リング中央。Cの字がOになってしまいかねない、そんなえげつなさ!ほ~~ら!!!ギブアップ!!??(降伏を迫る掛け声も、ハニーの心に突き刺さるかのよう。)
ハニー・ローズ > (レィナの尻の圧迫に抗うには、相応の力と時間が必要・・・自分で自分の首を絞めていると理解できていない・・・冷静な判断力が失われているのは、やはりトラウマがあるからだろうか?・・・・後先考えずにマットを這ったハニーは、ついにロープに手がとど・・・・)・・・ぇ?・・ッあ!!あぁぁあああ~~!!!・・・ぎぃぃぁああああああ!!!!(尻のプレッシャーを跳ね除けるように顔をあげ、ロープに伸ばした右手は・・・・空を切る!!ロープに夢中でレィナの含み笑いを聞き逃していたハニーは・・・「レィナの逆エビ地獄」の本当の恐ろしさが、頭から抜けてしまっていたのだ!何度ロープに辿り着いても、決して届くことのない・・・拷問のような逆エビ!当時ですら、逆エビの角度・・中央へ連れ戻すタイミングは、ヒールレスラー以上だったというのに。スパーリングも含めれば、同じような苦しめられ方を何度されたかわからない・・・。そこに悪の力が加わったとなっては・・・ハニーにとってはまさに天敵!・・・上を見上げれば、後ろに体重をかけているレィナ・・・そして、レィナに引き絞られているハニー自身の脚が見えることだろう・・・。)・・・ぐぅぇぇぁあああ!・・・ッ・・・・ノー!・・・ノーギブ・・!!(・・・ギブを問い掛けるタイミングすら、ハニーの心中を覗き見しているかのように絶妙。キューティ=穂乃果として、表のリングに上がっていたならば、今の問い掛けでギブアップしてしまっていたかもしれない・・・。だが、『ヘル=アリーナ』でのデスマッチ・・ギブアップすら許されないようなその状況が、ハニーの屈服を押し止める!体力が限界なのか、徐々にレィナの尻のプレッシャーに負けたようにマットにめり込んでいくハニーの肉体だが・・・まだ屈服はしていない!・・そうアピールするように、這い進めないまでも、手でマットを引っ掻くように抗う意思を示す!・・・ハニー・ローズの心は、過去のトラウマに引きずり込まれて尚、折れていない!)
ルシフェル=レィナ > ふふふ・・・ノー?なかなか・・・しぶといじゃない!(ッギュギチイイイ~~~!!!)(思いっきり絞り上げるレィナの口元には、「そうこなくちゃ」と言わんばかりの笑みが浮かび、獲物の味を堪能して舌なめずり。そしてやっと、ハニーの脚を手放して腰を上げていく。ハニーの肉体には、改めて、そしてさらに深く、「レィナの逆エビ地獄」への苦手意識が刻まれただろうか・・・・)ッドゴォ!!!!(立ち上がりざま、腰へのストンピング!散々痛めつけた腰への容赦ない追撃は定番ながら強烈。腰を抑えて悶絶するハニーに・・・)ほらほら・・・!!試合中に転がってたら、踏み潰すわよ!(ドガァ!!!ガツ!!ッドゴォ!!!)(ボディに、バストにと次々に突き刺さるストンピングの雨!嬲るように蹴り抜いていく。まさに「嬲り殺し」と言って良いようなレィナの責め。髪を鷲掴みにして引きずり起こす動作ひとつでも、髪に激痛を与え、優劣を刻もうとするかのよう。そして、引き起こしたハニー・ローズを!)ッガシィ!!!ッギュググゥウ・・・!!!(正面から、両腕ごと抱きしめるベアハッグ。レィナのパワーが示され、豊かな乳房同士が密着。試合の優勢を示すかのようにレィナ乳がハニー乳に食い込んでいって・・・そしてこれは、ただのベアハッグではない。正面からにいっ邪悪な笑みを見せつけて。)キル=ローズッ!!!=スープレ~~~ックス!!!!!(一気にジャンプ&ブリッジ!当然『Ⅴ=ローズ=スープレックス』の掟破り!ローズ殺しの反り投げ『キル=ローズ=スープレックス』!)ビュゴゥ・・・グシャアア!!!!(ハニー=ローズを顔面から叩きつける!その激しい手応えにレィナの背筋に電流のような・・快感が走って、腕を開いてハニーを崩れ落ちさせると、自分の肉を抱いて「ハア・・・・」と熱い吐息を零す。リベンジの快感がこんなに気持ちいいなんて。)今日ここで壊しちゃうのがもったいないくらい・・・・
ハニー・ローズ > ・・・ッんは・・ぁ・・・・ッはぁ・・・ぅぃぎぃい!!・・・うぐぁあ!・・・ひっぐぅうう!!(耐えきった・・・という形ではあるが、それは単に、レィナが逆エビでの嬲りに満足した・・・というだけ。ハニーはトラウマを乗り越えるどころか、さらに深く・・・残酷なトラウマを刻まれたのだから。・・・腰破壊の逆エビ地獄からようやく開放されたハニー・・・立てないまま腰を抑えて悶えていると・・・・降り下ろされる容赦ないレィナの足!明らさまな弱点と化したハニーの腰を中心に、足裏に力強く叩かれるハニーの肉!・・・そこから強引に引きずり起こされ・・・)んぅぁああああ!!?・・・ぃあぁぁああぁああ!!!(正義と悪の乳肉が潰し合い・・・今の展開を如実に表すように徐々に歪に歪められていくハニーの乳肉!・・・そして、腕を巻き込んだベアハッグというこの体勢は・・・!)・・・んごぉおぶぅぅううおおおおお!!!!!(掟破りの『キル=ローズ=スープレックス』!!・・・ハニー・ローズを処刑するために作られた「薔薇殺し」がハニーに襲い掛かり・・・・顔面を強打!自分の技の威力・・恐ろしさを身を持って味わわされたハニーの肉は・・・ピクッピクッ!と痙攣を始めている!・・・マットに転がされたまま、僅かな呻きと、手足を無意識に彷徨わせるのみ!・・紅いオーラもかなり弱く、レィナとの差は既に埋められないか・・・。必死に踏ん張り、耐え続けてきたハニー肉も限界近い・・・まさに絶体絶命のハニー・ローズ!・・・ここまでなのか・・・・?)
ルシフェル=レィナ > ふふふ・・・(ッガキ・・・!!!)もう終わりかしら?(ッグリ・・グリィ・・・!)(薔薇殺しの投げ技にうつ伏せグロッキーダウンのヒロイン。その後頭部を踏みつけ、踏み躙っていく悪の戦士…褐色の肌には玉のような汗が浮かんでいるが、ゆらりと立ち上る紫のオーラは力強く、むしろドミネートの歓喜に沸いているかのよう。『V=ローズ=スープレックス』から『パーフェクト=キューティ=ボム』を敢行したハニー・ローズであったが・・・堕天使の辞書に「容赦」や『慈悲』の項目があるはずがない。)もっと楽しまsて欲しかったけれど…ま、仕方ないわね。ふふ・・・後から肉奴隷にしてオモチャにするって手もあるし、ね。(サディスティックな笑みを浮かべたレィナが、また髪を引っ掴んで引きずり起こす。いよいよ・・・処刑の時。頭を下げさせたハニー・ローズの頭部をムチムチの太ももで挟み込んで締め上げるのは気付け代わり。そこから・・・!)さあ!!フィナーレ、よ!!!(ッグンン!!!!・・・ッヒュゴゥッドゴオオ!!!!)(パワーボム!強烈に叩き付けたが、これは「予備動作」にすぎず!)っせぇえええあああ!!!!(振り下ろして叩きつけたハニーの肉体を、そこから空中へ放り上げていく!レィナの美しい肉体がミチミチと軋むのは、最大のパワーを発揮しているため。そして次の瞬間にはロープに飛び乗り反動も得てジャンプ!驚異の跳躍で上空に放り投げた獲物=ハニー・ローズに追い付いていくと、パイルドライバーの体勢に捕らえてしまう!そこから垂直落下していけば、処刑技『エンジェルフォール=ドライバー』だ!)オワリよ・・・ハニー・ローズ!!!
ハニー・ローズ > ・・・んぐぅぇぇええ・・・・!(表のハニーを知り尽くしたといってもいいレィナだからこそ出来る返し技や拷問技の数々・・・そしてダーティなスタイル・・・もう自力で起き上がることすら難しいほどハニーを徹底的に破壊しようとしていながら・・・リベンジとは別に、純粋にハニーと互角以上に闘えることを歓び、自らのその肉体に浸っているようで。・・・そしてハニーの後頭部を踏み潰しながらも、レィナの瞳の奥には・・・「まだ足りない」という色が見てとれる!・・そして、妥協案としてレィナが呟いた残酷な末路に・・・ビクンッ!・・とハニーの肉が震えたことに気付いただろうか?・・・)んぎゅうぉぇええ!!(圧倒的なルシフェル肉の感触で意識を取り戻すなか、着々と行われていく処刑の準備!そして・・・)・・・・んぶぉぉおおおおお!!!(強烈なパワーボム!だが・・・やはりまだまだ終わりではない!フックをそのままに・・・高々と投げ付けられ・・・)・・・ぅぇぇぉぉおおおお!!?(空中でバランスをとる余裕もないハニーには、何をされるかすらわからない!・・そこに追い付き、空中で処刑技の形に持ち込むレィナ!・・・・このまま叩き付けられれば、意識を保つのは不可能・・・本能的にそれを察してしまったハニーは、キュッと目を瞑り・・・)・・ま・・・まだ・・・私は・・負けない・・・・こんなところ・・で、負けられ・・・・ないッ!!!(「敗北」が音を立てて迫る中・・・ハニーの肉が、心が・・・全てが、それを全力で拒む!!こんなところで負けていいはずがないと・・・。その強い想いに応えるように、眩しく光輝く赤のハートストーン!!・・・そこから止めどなく溢れ出るオーラがハニーを包み込み、勝利をもぎ取るための力を与えていく!!)はぁぁあああああッ!!(・・・その間に落下が始まり、処刑へのタイムリミットが迫り続けるが・・・なんと!『エンジェルフォール=ドライバー』に捕らえているレィナの堕天使肉を・・・ググゥッ!と押し返す!・・・そして!)ふぅぁああああッ!!・・・せぇえええぁあああッ!!!(引き剥がし、弾き返すハニーのオーラ!処刑技からの脱出しただけでも十分だが・・・空中で縦に半回転!姿勢を安定させ、さらにもう一回転!・・・弾いて同じように落下するレィナの乳肉に、踵落としを放っていく!!・・そしてハニーは、そのまま両足で優雅に着地・・・)・・・・まだよ・・まだ終わりじゃないわ!・・ルシフェル=レィナ!!(さっきまでのピンチはどこへやら!仁王立ちでレィナを指差すハニー!その肉はさっきまでとは格段に光輝き、纏う紅いオーラも・・・レィナ以上!!)
ルシフェル=レィナ > (空中の獲物をがっちりと捕らえると、ヒロインの肉体に褐色肉がみちりと食い込むのがわかる。勝利の快感は肉で味わうに限る。あとは真っ逆さまに落下すればハニー・ローズの脳天は硬いマットに突き刺さり・・・?)(ッドクン・・・!)・・・・ぇ?(次の瞬間だった。褐色肉で征服したはずのハニーの肉体から力の脈動を感じると、瞬く間に力が、光が、あふれだしてくる!褐色肉が押し返される感触…全く予想だにしない出来事に、レィナは小さく戸惑いの声を漏らすのみ。そこにヒロインレスラーの裂帛の気合い!完全に支配下に置いたはずのハニーボディがバツンンッ・・・!!!と弾ける音を立ててレィナボディを振り払う!)な・・・ぁあ!!!???(ビュゴゥ!!!ッドゴォオオオ!!!!)っふぎぃいいいい!!!!????(反撃の空中回転踵落とし!レィナの豊かな乳球に踵がめり込み、ミチミチと肉の軋む音を聞かされ・・・撃墜される!)(ズドダダアアン!!!!)か・・っはぁあああ・・・!!!!(マットに激突し、歪められた乳肉のダメージとともに悶絶することとなるレィナ。処刑技『エンジェルフォール=ドライバー』が破られたのだ!さらに、華麗に着地したヒロインが人差し指を突きつけ、輝く肉体を見せつけてくる。胸元を抑えながら・・・屈辱にギリギリと歯噛みしながら立ち上がっていくレィナ・・・憎悪の視線をハニーに叩き付け・・・)まったく・・・どれだけズルいんだか・・・・(ぼそりと呟く。ハニー・ローズとしての活躍とともにネオ=プロレスラーとして玲奈を引き離していった穂乃果。闇の力を手に入れて追い込んでみれば、ハートストーンはまだこんな力を・・・)いいじゃない!!まだ喰い足りなかったところよ。闘志も肉もハートストーンも!!完全に砕いてやるわ!!!!(燃え上がる紅いオーラを前に、紫色のオーラを湧き立たせる!)
ハニー・ローズ > (『エンジェルフォール=ドライバー』が完成するまでの僅かな時間・・・処刑間近にまで追い詰められたハニーの、まさかの反撃!・・ハートストーンに生かされた、とでも言うべき状況に、突き刺さるようなレィナの忌々しげな視線。)・・・砕かせたりしないわ!力づくで、その力と決別させてあげる!!(憎悪と憤りの理由を感じとりながら・・真っ向から立ち向かう姿勢を見せる!闇の力を・・褐色肉から最後の一滴まで搾り取る・・・そう宣言してみせる!!)来なさいッ!!レィナ!!(そして襲い掛かる、紫色のオーラ!一切の加減もなく、怒りに身を任せて正面からぶつかってくる褐色肉!!鋭いスピアがハニーの腰を捕らえ・・・・?)んッくぅうう!!・・・そぉれぇぇえええッ!!!(ハニーの肉を貫くには至らない!!眩いオーラがレィナの一撃を受け止め、その奔流を持って飲み込み・・押し返していく!・・・逆にガッチリレィナの腰を捕らえたハニー・・・マットから大樹を引っこ抜くような力でレィナを抱き抱え・・・・スパインバスター!!!肉で肉を圧し潰す豪快な投げ技・・・ハートストーンのオーラで強化されたヒロイン肉の感触を、しっかりレィナの肉体に叩き込む!!)まだ終わりじゃないわよッ!!(レィナが起き上がるよりはやく・・・ハニーはロープで反動をつけ、戻ってくる!・・そして起き上がり直後のレィナへ・・・ヒロインのタックル返し!!・・・序盤のような打ち合いの応酬・・・?・・いや!!)(ググッ!シュルル・・・キュッ!ギチィギュチッ!!!)(組み合った瞬間・・・一瞬でハニーの肩上に担がれる、ルシフェル=レィナ!!うつ伏せに乗せたレィナの肉体・・・それを肩上で器用に回転・・・アルゼンチン=バックブリーカーに!!!)フィニッシュの瞬間まで・・・しっかり味わいなさい!!(・・・・レィナも理解しているだろう・・起死回生にハニーが狙う技がただのアルゼンチン=バックブリーカーのはずがない!!・・・初めはゆっくり・・上下に揺すりながら、ルシフェル肉と首を軋ませて絞り上げていたが・・・突然!リング上を駆け回り出す!繰り返しのロープワークで勢いを増していく姿は・・・レィナの重さや担いでいることをものともしない!!・・・・反動での加速がしばらく続き、超高速でリング上を舞うハニー。・・・その動きに、ついに変化が・・・!・・・・一際強く反動をつけ、駆けていった先は・・・・コーナー!そして、ぶつかる直前、捻りを加えてマットを力強く蹴り上げ!・・・セカンドロープを足場に、バネを加えてさらに高く跳躍!!・・近く・・・ではなく最も遠いコーナーに降り立つ!)今度こそ・・・これで終わりよッ!!!(目に見るほど急激に・・・ハニー・ローズの紅のオーラが膨れ上がる!・・それはみるみる炎を形作り・・・本当に燃えているよう!・・・真紅に包まれる中、アルゼンチン=バックブリーカーに捕らえたレィナの肉体を、さらに強く絞り上げる!!・・ガッチリと極まり、決して離さないように・・・そして!!)はぁぁぁあああああああッ!!!クリムゾォオン・・・バックッ・・・・ブリ~~カァァァアアアア!!!!!(咆哮を上げながら大跳躍!!!その勢いや高さは、『パーフェクト=キューティ=ボム』を仕掛けた時以上!・・・圧し掛かる抵抗をレィナを盾に払いのけ、ついに天井が・・・というところでようやく勢いが止まる!・・『ヘル=アリーナ』の天井に届くほど高く飛び上がった二人の肉体は・・・当然そのまま落下していく!!・・だが!超高所からの落下もハニーが怯えることはない。・・このままレィナをどうするのか・・・叩き付けるか・・投げ捨てるか・・・ハニーが選んだ新必殺技は・・・・・そのまま着地!!アルゼンチン=バックブリーカーを解くことなく、両足で轟音を響かせながら踏ん張る!!・・・そこへ、足裏から伝わる痺れと衝撃!その衝撃をレィナの腰、背中、首へと伝えて全身を巡らせる・・『クリムゾン=バックブリーカー』!!・・・さらに技をかけたのと同時に、燃え盛り膨れ上がった真紅のオーラがレィナの紫のそれに食らい付く!!包み込む・・などという生易しさはなく、四方八方から逃げ場のない衝撃をレィナに叩き込む!!!ハニー自身、ハートストーンの力を最大限引き出せなければ足が砕けてしまう・・・究極の処刑必殺技!足にかかる負荷は凄まじい諸刃の剣だが・・・威力は言うまでもない!)・・ッはぁ・・・はぁッ・・・ッあ・・ふぅぁああッ!!!(今にも崩れ落ちそうな中・・・レィナをマットに叩き付ける、駄目押しのボディスラム!・・肩上のルシフェル肉を落としたからか、少し身体が軽くなる。・・・足裏は依然として痺れて痛むが、それを感じさせない堂々とした態度でレィナを見下ろし・・・・仰向けのチャレンジャー・・リベンジャーの乳肉を、右足で踏みつける!!フォール・・・とでもいうつもりか?・・ベビーフェイスとして、パフォーマンスの一環ですることのあるフォールだが・・・明らかに力の入り方が違う!体重をかけ、潰そうかというほどの力強さで踏み躙る!!・・・・ハニーの起死回生の『クリムゾン=バックブリーカー』で、ついに・・・ルシフェル=レィナVSハニー・ローズの闘いも決着か・・・・?)
ルシフェル=レィナ > (ッドゴォオオオオ!!!!)ぉごおおおおおッ!!!!!!!(紫の肉弾が繰り出したのは、一直線に襲い掛かる猛烈なスピアータックル!しかし結果は、完全に組み止められてスパインバスター!タックルで激突の瞬間、絶体絶命の状態から不死鳥のように立ち上がった真紅の肉体が、その強靭さと密度を増しているのを体感して瞳を見開いたレィナ。その驚きの表情のまま、豪快に叩き付けられ・・・!)(ッメリメリ・・ッミチ・・ギュチィイイ・・・!!!)っか・・・・は・・・・・ッ!!!!!(圧し掛かってめり込んでくるヒロインボディ!褐色肉が悲鳴のように軋んで、肺から空気を叩きだされたレィナが残った空気をも吐き出さされる。しかし・・・まだ終わりではない。立ち上がったハニーに続いて、咳き込んで空気を貪りながらも立ち上がるレィナ。ハニーを憎々しげに睨みつける・・・そんなレィナに。)ぐぼぇえッ!!!!・・・ん・・な・・・ぁあああ・・・~~~・・・(真紅のタックルが突き刺さったかと思えば、不思議な浮遊感。戸惑いすら覚えるレィナだが、そのまま担ぎ上げられるにとどまらず、一気に・・・!!)(ガキイイイイ!!!!!!)んッぎぃいいあぁあああ!!!!!(アルゼンチンバックブリーカーの体勢に!顎と太ももにハニーのグリップが食い込むのをはっきりと感じ、褐色の肉体が反り返らされていく!)
ルシフェル=レィナ > ぉごえッ・・・!!!っふぎぃいい!!!!・・ぉうッ・・!!!おごッ・・!!!っぐぎぃいいい・・・!!!!(ハニー・ローズがリング上を駆け巡る!シューズがマットを蹴る音も勇壮に、担ぎ上げられた褐色肉は反り返らされて店に突き出された巨乳ごと、強烈な上下動に突き上げられ続ける!さらには、アクロバティックな動きで青コーナーから大ジャンプすると、自らのコスチュームと同じ色のチャンピオンコーナーに降臨。言うまでもなく、その両肩の上にでは全く緩まないアルゼンチンの拘束で、ギュチギチと軋むライバルの褐色肉が。)ぅごお・・・ぇえええ・・・ほの・・かァ・・あああ・・・・~~!!!!!(うめき声を絞り出されながらライバルの名を口にするレィナに、ヒロインレスラーはフィニッシュ宣言!ついに最大の跳躍をもって、カクテルライト輝く天井近くにまで高く高く舞い上がると、繰り出されたのは覚醒ハニー・ローズの新必殺技『クリムゾン=バックブリーカー』!!!!)ッビュゴウウウウゥウ!!!!!!ズガッシャアアアアアアア!!!!!!!(凄まじい速度の落下!そして着地=インパクト!褐色のルシフェルボディがそれまで以上に折り曲げられた!すさまじい衝撃に「っか・・・・・・」(と小さく喉から音を零れさせるのがせいぜいのレィナ・・・しかし、0コンマ0001秒遅れて。)ッ・・・!!!ッッッ!!!!!!!ッひぎゃぁああああぉおおぅうおぇええええええ~~~~!!!!!!(燃え上がる真紅の炎!着地したハニーボディから突き上がってきたすさまじい衝撃に加えて、紫のオーラごと褐色肉を焼き尽くさんばかり!レィナのムチムチの四肢、そして突き上げさせられた乳肉が激しい振動と痙攣。ピッチリと悪の肉体を包んでいたコスチュームすら、弾け破れる!)
ルシフェル=レィナ > ・・・ぉ・・・・うぇ・・・・ぅぶ・・・ぇ・・・・・(新必殺技を放ち切ったハニーも辛そうな呼吸。その方の上、首から力が失われて完全に仰け反ったレィナの瞳は白目を剥いて・・・何の因果かきわどい部分は残った紫のコスチュームだが、全裸よりもズタズタの状態がかえって無残・・・さらにはダメ押しのボディスラムでマットに叩き落されると・・・踏みつけフォール。ベビーフェイスらしからぬ演出であるが、ライバルのスローカウント2.8の繰り返し+フォール途中で引き起こし、という責めへの、意趣返し屈辱フォールか・・・?さらに踏みつけに強い力が込められれば、ほとんど剥き出しとなった褐色乳がギュニィ・・・と歪んで、レィナ肉がビク・・・ビクン・・・!と被虐に痙攣。この時、上から見下すハニー・ローズは気付いただろう。コスチュームが弾け破れることで露わになった巨乳の谷間・・・鎖骨の交わる下あたりに、ダイヤ型で紫色の石が埋め込まれていることに。これこそ、ハートストーンと同じくルシフェル=レィナに凶悪な力を与えているもの。『エヴィルストーン』とでも呼ぶべきだろうか。その石の放つ光も今や淡く・・・・)
ハニー・ローズ > ・・・ワン・・・ツー・・・・スリー!!!(オーラまで最大限に駆使したハニーの新必殺技・・・その破壊力が、ついにルシフェル=レィナの白目を剥き出しにさせる!!意趣返しのフォールとカウント・・・・デスマッチらしからぬスリーカウントの宣言・・・これで少し気が晴れたのか、乳肉を踏みにじっていた足裏を上げる。)・・・ッ!・・ふぅん・・・・?こんなものに頼ったんだ・・・・(グリィイ!グィイッ!!)(・・・そして、見つけてしまった!玲奈を堕天させ、ルシフェル=レィナとしての力を与えた根源・・・『エヴィルストーン』!!ハニーも見たことのないほど大きく、『ハートストーン』に対抗し得るだけの悪の力を秘めた・・禍々しい邪石!・・・一度退けた右足・・その踵をレィナの胸の谷間にあて、エヴィルストーンを踏みつける!しっかり体重をかけ直し、あわや砕いてしまおうかという姿勢を見せる!)・・・そんなに悔しかったの?私に追い付けなくなるのが・・・ふふふッ・・・団体のエースの椅子も奪われて・・キューティ=穂乃果に呑まれた駄天使なんて言われて・・・さッ!!(力強い足の圧力!淡い光を放つだけとなったエヴィルストーンが軋み・・・その重みは当然レィナをも圧迫する!・・・だが、急にその力が弱まり・・・・?)デスマッチの決着・・・もう着いちゃったけど、今はまだ・・・この石は砕かないでいてあげる♪・・だってエヴィルストーンがないと・・・玲奈ってば相手にもならないんだもん♪(足での圧迫が止まったかと思えば、事も無げに降り注ぐ煽りと侮蔑の言葉!!意地の悪い笑みでレィナを見下し、「事実でしょ?」と首を傾げてみせる!・・・そして、クルッと踵を返し・・・首から上だけをレィナに向けてニイ・・と笑い・・・)またいつでも挑んで来ていいよ?・・どうせまた・・・返り討ちだけどッ♪(ヒロインとして・・・というよりライバルとして、慈悲はあっても遠慮はしないと・・・嘲りながらレィナから視線をそらす。・・・ゆっくり・・勝利の余韻に酔いしれながらロープへと向かい・・・・ゴングは鳴らされていないが、必要ない・・・という態度でリングから・・『ヘル=アリーナ』から立ち去ろうとする。)
ルシフェル=レィナ > (ついに奪われるスリーカウント!そして、褐色乳の次は闇の力の源「エヴィルストーン」がハニーの踵に踏み躙られる。ミシィ・・・と音を立てるのは石、そしてレィナの肉体・・・マットにめり込みながら。)ひぐ・・・・ッ・・・・!(ビクン・・と再び痙攣。喉が鳴ったが、意識を取り戻す様子はない。そのまま「エヴィルストーン」を踏み砕こうと・・・・しかし、加えられるプレッシャーが緩んだ。代わりに加えられるのは、ライバル=ネオ=プロレスラーからの口撃!そのセリフは、耳で聞こえていなくとも肉体に突き刺さり、レィナの精神に直接響いていく。勝ち誇る穂乃果=ハニー・・・「玲奈なんて相手にならない」・・・ストーンは砕かずに見逃してやる・・・いつでもかかってこい・・・・また叩き潰してやる・・・・それらのセリフがレィナの心をへし折らんばかりに責めるたびに、「エヴィルストーン」が明滅。ハニーには炎が消えかかっているようにしか見えなかっただろう。勝利のオーラに身を飾り、敗者を放置してリングを去ろうとするハニー・ローズ。リングアウトしようと、その手がロープにかかった・・・その時。)・・・・・・・待ち・・・な・・・・さい・・・よ・・・・・・・!!!(途切れ途切れながら、はっきりと聞き取れる玲奈=レィナの声がハニーの背中にぶつけられる!ハニーが振り返るとそこには、汗だくの褐色ボディにズタズタのコスチュームのレィナが、なんとか立ち上がろうと体を起こしている!まさか、まだ立ち上がれるなんて!?苦しげに豊かな胸を上下させながらハニーを睨みつけるレィナ。その胸元の・・・「エヴィルストーン」が紫色の炎を上げている。精神力を力に変える、という意味ではハートストーンもエヴィルストーンも同種のもの・・・ふらつきぐらつき、内股になりながらもレィナが立ち上がると、石の部分だけだった紫の炎が、ッゴゥ・・・!!!と火勢を増して、褐色肉全体に燃え広がっていく!)はあ・・・っはあ・・・なに勝手に・・・・ん・・ふぅうう・・・・・勝ったつもりに・・っはあ・・・んく・・・ふううう・・・なってるのかしら?(この闘いが始まってからも見たこともないオーラの強さ・・・!ふざけるな・・・良い気になりやがって・・・「エヴィルストーン」を手に入れたからには条件は互角・・・・負けない・・負けるはずがない・・・絶対に叩き潰す・・・!へし折られかけて、それでも屈しなかったレィナの精神力が、「エヴィルストーン」を覚醒させたのだ。ムチィ・・ミチィ・・・と音を立てて力を取り戻した褐色肉は、その張りと弾力でズタズタのコスチュームを引き千切ってしまいそう。)
ハニー・ローズ > ・・・・・ぇ・・・?(リングアウト寸前・・・ハニーの足を止め、思わず振り返らせたのは・・・絞り出されたようなレィナの声!!そして視界に映るのは・・・細かく痙攣を起こしている褐色の肉体を、歯を食い縛って起こそうとしている姿!あまりに予想外の状況に声が出ないハニー・・・「あり得ない」と驚愕している瞳が見つめているのは、紫色の炎を勢いよく放つ「エヴィルストーン」!!・・・さっきまでは明滅し、光を失う寸前だったように見えたが・・・?)そう・・・ッ・・私の真似事までして・・・意地でも追い付いてくるのねッ!!!(立ち上がって全身に紫炎が伝わった姿は・・・今のハニーと綺麗に対をなしている!覚醒によって異様に膨れ上がった炎・・・そして、力強さと質を取り戻し・・さらに一段と増した褐色肉!!その姿を見るや、レィナ目掛けて一気に駆け出していくハニー!!)今さらそんなの見せ付けられたところで・・・・怖じ気付くはずない・・でしょぉぉおお~~~!!!(・・・レィナとぶつかる直前!・・ハニーのヒロイン肉がバウンッ!と弾む!・・・一歩でレィナの脇すり抜けるように身体を傾け・・・レィナの背後のロープへ!これでもかというほどの反動をつけ・・・・肉弾・・フライングボディアタック!!!肉の力強さと質・・・そしてオーラの炎で圧倒し、捩じ伏せるつもり!)
ルシフェル=レィナ > (熱い・・・・初めてエヴィルストーンを肉に埋め込まれたとき、全身を灼熱に包まれたかのような地獄にのたうち回った。その地獄に肉と精神が耐えられずに死に至る確率は「非常に高い」と聞かされたが・・・もしかしたら、今感じている熱はその時以上。目の前のキューティ穂乃果=ハニー・ローズの存在が熱力を激増させているのは間違いない。)追い付く・・・・??(どこまで上から目線なのか・・・・怒りで・・・・笑みすら浮かんでしまう。一方、驚愕を禁じえないハニー・ローズだが、一見、立ち尽くしているかのようなレィナの脇を走り抜け、強力なロープワークから、フライングボディアタック!真紅の炎をまとった肉弾で、今度こそすべてを押し潰してやろうというのか!?それは・・・!)ッドゴオォオオオ!!!!!!(重い衝撃音とともに真正面から食らった!両者のオーラが、肉体が、激突!せめぎ合い、せめぎ合って・・・・・!!)ッガチィイイイ!!!!(衝撃に耐えきって受け止めた!!レィナの両腕がハニーの肉に食い込むようにホールドして・・・)ふぐぅうううおぉおおおおお~~!!!!!(ギュルウゥッ!!!!・・ズガシャアアア!!!)(切り返しのパワースラム!褐色肉を大きく捩じると、回転力には激突してきたハニーの物理力も加わる。豪快な回転から落下させるときには思い切りボディを圧し掛からせた!つまりは・・・切り返し&圧殺パワースラム!)っはあ・・はあ・・・(ッメリイ・・・・・!!)ふうう・・・ふふふ・・・♪(ハニーを組み敷いて笑みを浮かべたレィナ。荒い呼吸で肉が動けば、そのたびにハニー肉に食い込むかのよう。急激に上昇した熱い体温もハニーに伝わって・・・)
ハニー・ローズ > ・・・なッ!!?・・そん・・・なぁぁあああああああ!!!!(構える様子すらないレィナの背後から、強烈過ぎるハニー肉が叩き付ける・・・はずだったが・・・それを真正面から食らい、受けきったレィナの褐色ボディ!!他を寄せ付けないほどの圧力の籠った「炎」ですら・・・レィナのそれとせめぎ合い、圧し勝てない!!・・・さらに!ハニーの肉体をホールドし、踏ん張ることも許さないパワースラム!!)んぐぅぅぉぉおおお!!!ぉごぉぉおおおああああ!!!!!(超高速で叩き付けられるパワースラムに、褐色肉による圧殺!!・・硬い強化マットから跳ね上がることも許さないレィナの肉圧迫に、覚醒ハニー肉が圧し潰されていく!!)ぁぁあああッ!!あッ!・・・アツ・・・・ごぉぉぁあああああ!!!(レィナの肉体が上下する度に、さらに深く沈み・・・埋まっていくヒロイン肉!!・・・だが、ハニーを苦しめているのはそれだけではない!!「エヴィルストーン」から直接力を得ることの代償・・・地獄の業火で灼かれたような、異常な熱!!レィナの体内に比べれば、ハニーに伝わってくるそれはまだまだ弱い。・・・が、ハートストーンの「適性」・・つまり、ハートストーンに「選ばれた」だけで代償なく力を得たハニーにとっては・・初めて感じる熱!圧しかかるレィナの肉に、下から暴れるように肉を何度もぶつけ・・・地獄の圧殺から脱け出そうともがく!)
ルシフェル=レィナ > んくふッ・・・!!・・んぅッ・・!!・・・あ・・・はふ・・・んんんぁッ・・・♪(組み敷かれた状態から、そしてレィナの肉が発する熱=業火から逃れようとハニーボディが暴れ、ぶつけられてくるたびに、ハニーボディと褐色ボディ、真紅の炎と深紫の炎がせめぎ合う!必死のハニーと対照的に、ぶつかり合うたび、心地よさそうな声を零すレィナ。紅と紫はいまだ拮抗しているように見えるが・・・・)わかる・・・??(ッグイ・・ッギュグゥウ・・・!!!)(褐色肉の下から逃れようとするハニーの背中について、スリーパーホールド。)わたしがどんな思いをして、この力を手に入れたか・・・(ッシュル・・・・ッグギュ・・・・ッグギュウゥウ・・・!!!)(ボディシザース。胴締めスリーパーホールドで絡みついてしまう!ハニーの背中に押し付けられる乳肉・・・胴を絞り上げる太もも肉・・・!地獄の業火でヒロインを焙ってやろうとでもいうのか?)ねえ、穂乃果?ふふふ・・・でも、全然後悔してない・・・こんな気持ちいいプロレス、生まれて初めて・・・・(ハニーの耳元で囁きながら、比喩表現ではなく熱い吐息を吹きかける。逃れようとハニーが左右に転がるが・・・)ほら、もっと必死で逃げなさいよ…オとすわよ?(褐色肉はさらに絡みついて密着するばかり。スリーパーはあえてチョークではなく、確実に脳の血流を絞り、胴締めは内臓を締め潰し、横隔膜の動きを阻害してえも言われる苦しさを与える。そんな密着胴締めスリーパー地獄で・・・・)んん・・・・ッ♪(ハニー・ローズの肉体をしゃぶるようにして味わう。)
ハニー・ローズ > んぁあああッ!!・・・ッはぁ・・・ぐぎゅぅぅうおおお!!!(熱と肉の二重攻めからの脱出・・・肉が圧し潰されているとはいえ、オーラの炎も互角・・・力を振り絞れば十分に可能だが・・・・逃れた獲物を逃がさない、レィナの胴締めスリーパー!!)ぎゅぐぅぅううう!!ぶぅぉおおおお!!!・・・・ぎゅッ・・うぅぅぉぉぉぉ・・・!(ミッチリ密着して離さない絡み付き!太もも肉が胴を絞め潰し・・・空気が体内に溜まらない!さらに、密着したことで伝わる熱も相変わらずハニーを蝕んでいく!!・・・必死にもがくヒロイン肉を嘲笑うようなしつこく辛い胴締めスリーパー・・・レィナにヒロイン肉の感触と抵抗を堪能されながら、なんとか脱出・・・もしくはロープにと、身体を左右に傾け・・揺らし続ける!・・・地獄のような灼熱+力と技を兼ね備えたしつこいサブミッションで、ハニーの体力が削られ・・・視界が不自然に揺れ動いていく・・・。)
ルシフェル=レィナ > この程度の技から逃げられないの???・・・・だらしないチャンピオンね。(「この程度」という表現が適用される胴締めスリーパーではないが。必死に抗いながらも朦朧とした表情を浮かべ始めたハニーの耳元で喉を鳴らすようにして囁いてから、統一王者をリリース。もはやギブアップ?と問うこともなかった胴締めスリーパーを解放すると、当然のようにハニーを引き起こしにかかる。紅い髪を鷲づかみにするレィナは、鼻歌でも歌いだしそうなほど楽しげ。ハニーを立ち上がらせて前かがみにさせると、その腰にぎっちりと食い込むレィナの両腕。破滅から逃れられないことを教えるかのように絞り込み・・・)さあ・・・いくわ・・・よ!!!!(ヒュゴウ・・・ズガシャアアア!!!!)(パワーボム!叩きつけられたハニー・・・の胴体が、ギュチイ!と再び絞られると!)まだまだこれからよ!!(グンン・・・ッドゴオオ!!!!ッギュグウ・・・・ズガッシャアア・・ビュゴゥ・・ッドゴォオオ!!!)(パワーボムパワーボムパワーボムパワーボム!!!!かつてのタイトルマッチで、玲奈を沈めたのは『キューティ=ボム=スペシャル』=餅つき式パワーボムであった。『エンジェル=シュタイナー』を警戒したキューティ穂乃果が、玲奈を完全グロッキーに追い込んでから仕掛けた決め技。それと重ねているのか…しかし、リフトアップの迫力、炸裂する威力、弾ける肉弾と衝撃音!いずれをとっても、あの日の『キューティ=ボム=スペシャル』の比ではない。)んふふ・・・・・ふふふ・・・♪あっはははは!♪!♪(一撃するごとに自身の肉体に跳ね返ってくるハニーボディの手応え。エビ固め状態のライバルを何度も見下ろすことになる激しい肉餅つき大会に楽しくなってしまったか、声を上げて笑うルシフェル=レィナ!しかし、これは予備動作にすぎない。次のリフトアップで・・・)そぉおおおおっらぁあッ!!(思いっきり空中へ投げ上げる!レィナの美しい肉体に力が漲って、天井近くまで放り上げる!ハニーにしてみれば、激しい連続パワーボムの衝撃から不気味な浮遊感。そして・・・)ッガチイイイ!!!!(空中、カクテルライトに晒されながら逆さまの状態で拘束されるまでを長いと感じたか短いと感じたか。体の向きは向かい合わせ。レィナの太ももと股間でハニーの頭部がギュッチリと締め上げられ、胴体も再び拘束。そこから・・・!!!)エンジェルフォ~~~ルッ!!!!パニッシュメントぉおおおお!!!!!!(宣言されると同時に、ギュルギュルギュルゥウゥウ!!!!!と恐るべき唸りを上げて回転!真紅と深紫の炎が渦を巻き、竜巻と化して・・・・堕天!)ギュルォオオオッ!!!!ッズガゴシャアァアアアア!!!!!(インパクトの衝撃に竜巻は吹き飛び、ヒロインレスラーの脳天をマットに捩じり込む!衝撃は脳天からつま先まで一気に貫き・・・・)んくぅう・・・・♪(レィナの褐色肉にも響いて、すさまじい快感。激震したリングの揺れが収まるまで、突き立てた獲物を抱きしめていた堕天使が腕を開くと・・・仰向けに倒れこんでいくハニー・ローズ。)
ハニー・ローズ > ・・・ぉご・・ッ・・・ぅぇ・・・ぐびッ・・・い・・・ぃぶぅうう!!(拷問のような胴締めスリーパー解放され、呻きながら起き上がれないハニー!・・・それを強引に引き摺り起こし、しっかり腰を抱え・・・ハニーが何度も繰り出してきたパワーボム!一撃だけでも、表ならば試合を決められるほどの威力だが・・・・?)ぎぃぁあああ!!・・・はッぐぅぉおお!!・・ぇぐぉぉおおおお!!・・・ふごッ・・ぉぉおお~~!!(・・・ハニーの腰をフックしたまま・・連続パワーボム!ハニー・・いや穂乃果が、ジュニアタイトルマッチで玲奈を沈めた技・・・。威力も迫力も段違いだが、何より違うのは・・立場!玲奈のパワーボムをまともに受けてこなかった穂乃果は、レィナの餅つき式パワーボムの激しさ・・・そして勢いに、完全に翻弄され、グロッキー!!硬いマットと空中を行ったり来たりの繰り返しは、スリーパーで血が上った脳を激しく揺らして・・・・)ぎゅごぉぉおおおおおお!!!・・・ッ・・ぇぁ・・・・(一際強く叩き付けた次の瞬間・・・投げ捨てられるように遥か上空に飛ばされ、何も理解できずに戸惑いの声をあげる!・・・・間髪いれずの連続パワーボムの直後だったためか、何処までも飛んでいくような錯覚を覚え・・・長く感じられた浮遊感に、突如として訪れる肉の報せ!逆さに抱えられたハニーの頭部を、圧殺するように締め付けるレィナの強靭な下半身!!)ぎゅぐぐぅうッ・・ぅぅぅぅううううごぉおおおおおお!!・・・ッッッッ!!!!!(そのまま真っ逆さま・・・ではなく、恐ろしいほどの腰の捻りと横回転!!渦を巻く二つの激しい炎が交わり・・・マットに突き刺さる!!!・・・・ハニーの脳天が硬いマットに捩じ込まれ、抉っていく!!着床の瞬間に足指の先まで電撃のような衝撃が走り・・・レィナに抑え込まれ、余すことなくハニーの肉体に衝撃が響く!全身を真っ直ぐに硬直させ、ツームストンパイルドライバー・・・『エンジェルフォール=パニッシュメント』の衝撃に白目を剥く顔が、レィナの尻肉と股肉に圧し潰され・・・・コスチュームも、レィナ以上に際どく破れ散る!!!・・・・ドサァアアアッ!と仰向けに崩れ落ちるハニー・・・無慈悲なレィナの処刑技に意識はなく、全身から痙攣が治まる気配もない・・・・!!)
ルシフェル=レィナ > (パワーボムで強かにぶちのめし、高高度スクリュー落下式脳天杭打ちツームストンドライバー・・・・・・まさにパニッシュメント=処刑。倒れこんだハニーの傍らで立ち上がるレィナは・・・・・)・・・ついでだから、わたしの「新必殺技」も食らってみる??ふふ・・・遠慮なんてしないでいいのよ。アナタとわたしの仲じゃない?(親友に話しかけるように親しみを込めた声音。しかし内容は恐るべきもの。瞳は爛々と不気味に輝き、口元には好戦的な笑みが浮かんでぬらりと舌なめずり。そして、リング上を駆け出してしまうルシフェル=レィナ!ロープワークでさらに加速!隣の側面のロープへ、また次の隣のロープへ、と反動を得るたびに加速するスーパー・ロープワーク!そして最後には…)ッズッダッダッダ!!!ガカッ・・・ズダンン!!!!(赤コーナーのコーナーポストに向かって跳び上がると、一足で頂上に着地!両腕を組んだ姿勢で高い位置からをダウン状態のハニー・ローズを見下ろせば、両腕で持ち上げられた双乳球の豊かさ強調され、深い谷間を見せつけることに!胸元のエヴィルストーンは禍々しいまでに発光して・・・一瞬、間が空く。傲然と見下ろす視線をハニーボディに突き刺しながら・・・小さく宣言。)フィニッシュ。(次の瞬間、ググゥ・・・と魅力的な肉感の下半身が溜めを作ったかと思えば、そこから驚異的な跳躍!再び天井近くまで飛び上がりながら、縦に!横に!斜めに!とあらゆる角度に錐揉み回転!複雑にして華麗な空中乱舞を見せつけながら、その肉体に膨大な物理力をため込んでいく!これこそ、失踪前にエンジェル玲奈がひそかに開発していた「新必殺技」。タイトルマッチでは繰り出す機会も掴むことができなかったが・・・・かつてと身体能力は桁違い、そしてなにより堕天使と化した今のレィナだが・・・その空中乱舞は天使のように美しい。ハニーの上に影が差すと、唸りを上げた褐色の肉弾が・・・!!!!)ッグッシャアァアアアアアアアア!!!!!!!!(降り注いだ!!!!全身全霊でハニーボディを押し潰していくレィナボディ!ハニーのグラマラスな肉体に、究極の褐色肉弾がめり込んで、その肉が纏った深紫のオーラまでもがヒロイン肉に殺到!当然、背後のマットに折り重なった二つの肉体がめり込み・・・「ッメキャア・・・・!!!」とついにリングが崩壊を始める音が上がる!そんななか、極至近距離で玲奈が、穂乃果にだけ聞こえるように教えてやる・・・この技の名前。)これが、『エンジェル=スプラッシュ』よ。
ハニー・ローズ > ・・・・・ッ・・・!(起き上がることのないハニーを見下ろすレィナ・・・今度こそ、ついに試合終了のゴングが・・・・?だが!・・そんな空気など構いもせず、新必殺技宣言!!親しみのある声音がまた恐ろしさを助長・・・意識のないハニーも、本能からか肉が拒むようにビクンッ!・・と脈打つ!・・・・だが、そんなハニーすら無視して走り出すルシフェル=レィナ!ハニー・ローズを完全に処刑するべく、幾重にもロープワークを重ね・・・飛び上がって着地した赤コーナーから、「獲物」を見下ろす・・・!そして・・肉の軋む音を立てて溜めた力で、跳躍!!紫色の炎が尾を引くほど速く・・・高い跳躍!)・・・・・ぁぇ・・・ぇぉぉ・・?・・・ッひ・・・ぃ・・・・(コーナーを強く蹴った際の振動がハニーを大きく揺らし、僅かに目を開いて意識が回復・・・・が、視界の先にいたのは、闇の炎巻き込みながら錐揉み回転で信じられないほどのエネルギーを溜め込んだレィナの褐色ボディ!!複雑な回転で起こる気流で纏った紫炎をがさらに複雑に・・・幾重にも重なったようになり・・・ハニーの瞳には龍が真上から見下ろし今か今かと「処刑」の時を伺っているように見えたかもしれない・・・その紫の邪龍が、アリーナを大きく揺さぶる轟きと共に・・ついに急下降の体勢に・・・!)・・・ッれい・・・・・ッッッッ!!!!!!(・・・凄まじい勢いで降り注ぐ褐色肉の紫龍!!・・・極限まで力を溜め込んだ肉の圧殺と、オーラの圧迫による破壊力!!・・・ハニーを度重なるピンチから救い、勝利のために力を与えてきたハートストーンに・・ビキビキィイッ!!・・大きな亀裂が!!?砕けこそしなかったが、レィナの紫炎による圧迫は、ハニーの力の根幹にまで響いたということか・・・。そして・・・それまであらゆる必殺技、処刑技にも硬い感触でびくともしなかった強化マット・・・それが、ついに崩れ・・破壊されていく!!レィナの新必殺技がそれほどの威力ということだが・・・ハニーの耳元で告げられた技の名前は、意外なもので・・・?・・串刺し処刑・・・そして圧殺処刑と受け、完全に白目を剥いて恐怖と衝撃に苛まれているハニーの耳には届かなかったが、無意識に肉に刻まれたことだろう・・・。・・・結果として、堕天したエンジェル=玲奈・・・ルシフェル=レィナに、完膚なきまでの敗北を喫したハニー・ローズ!!
ルシフェル=レィナ > (一瞬、穂乃果が誰かの名前を口にしかけたような・・・・?直後、悲鳴を上げることも許さなかった褐色肉弾圧殺処刑!レィナの肉体がハニーボディをフルボディー・ピンの状態で組み敷き、寝物語の如く・・・)ワン・・・・・ツー・・・・・・(カウントを聞かせていく。肩を付けるべきリングすら大きくへ込んで壊れた状態・・・リング中央に向かって崩れて、ロープも数本千切れ、コーナーポストも内側に大きく傾いている。そんな状態の中でも・・・ツーとスリーの間にたっぷりと間をあけながら、重ね合わせて押し潰し続ける肉で、はっきりと優劣を確認。それを象徴するかのようにレィナ乳がハニー乳にめり込み歪め・・・・フォールを返す様子など微塵も見せないハニー・ローズに。)スリー。「カンカンカンカンカンカンカンカンカ~~~~ン!!!!!!」(はっきりとスリーカウントを刻んでいく。すぐさま乱打される試合終了のゴング!このあたり『ヘル=アリーナ』もなかなか気が利いた演出をする。ゆっくりと体を起こしていくレィナ。)っはあ・・・・はあ・・・はあ・・・・くふぅうううう・・・・♪(その口から熱い熱い吐息が零れ、体を伸ばせば、るるんっと褐色乳が勝利に揺れる。立ち上がったレィナは、もはや真紅のオーラも雲散霧消した敗者の髪を掴み、片腕で持ち上げていく。白目をひん剥いたハニーの顔を堪能し・・・そして、ここではじめて気づく。『エンジェル=スプラッシュ』をさく裂させたときに聞こえてきた、何かがひび割れるような音の正体に。)あっははは♪ご自慢の「ハートストーン」が割れちゃってるじゃない。ちょっと・・・やりすぎちゃったかな??(おどけるように言いながら、その石をもっとよく見せろとばかりに髪を掴んで吊り下げた敗者の首筋に顔を近づけ・・・なにを思ったか。)くちゅ・・・・(ひび割れたハートストーンに口づけ。この時、「さあ、これで満足だろう・・・殺せ」と『ヘル=アリーナ』に首領の声が響いてくる。しかし、レィナは一向に従う様子もなく、穂乃果の肉体を抱き寄せると、その耳元で。)帰って来たわよ穂乃果・・・・これからもよろしく・・・ね?(つまりは、ここで砕いたり殺したりして・・・楽にはしてやらないということだ。)
ハニー・ローズ > (レィナの究極の褐色肉のプレッシャーに、横たわるのみのハニー肉が圧し込まれ・・・侵食されていく!!・・・そして、フォール!!中盤にハニーを嬲り抜いたヒールのフォールではなく、紛う事なき決着へのボディピンフォール!!)・・・・ッぉ・・・ッ・・・!(半壊したリングで、ゆっくり・・・ハニー肉の奥深くまで優劣を刻み、立場を理解させていくような力強いカウント!!・・・・そしてついに、レィナがスリー!と叫び・・・間髪いれずに打ち鳴らされるゴング!・・・巨大オーロラビジョンには、ご丁寧に「デスマッチ勝者!挑戦者:ルシフェル=レィナ」の文字が映し出されている!・・・そんな中・・・・)・・・ぁ・・・ぇぉ・・ぉ・・・(髪を掴んで敗者の負け顔を堪能する勝者=レィナが、ハニーの首筋の変化に気が付く!・・・リング崩壊の音と重なって分かりにくかったが、至近距離で見逃すはずがない!・・・亀裂の入ったハートストーン・・・蓄えられていたハニー=オーラを消費しきり、力の欠片も感じられないそれをレィナは・・・唇で堪能する!!文字通り味わい、回りからの声など聞く耳も持たない!・・・そして、親友・・・ライバルである穂乃果に呟いた、「これからもよろしく」・・・。触れあったままの肉でその意味を理解し・・・理解してしまい、恐怖に震える敗者=ハニー・ローズ!・・・その恐怖に、ハートストーンの亀裂が僅かに広がったのは、気のせいだろうか・・・?こうして・・・あまりにもけた外れ力を誇示し、壮絶なカムバックを果たしたレィナ=玲奈であった。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(36)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(7)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。