近未来プロレスタッグマッチ戦線

(魅惑的な肉体と演出で美しくも苛烈に彩られる近年の女子プロレス。雑誌や新聞でも多く取り上げられているのが、その人気具合を物語っている。・・・青春期においての女子学生の身体的な成長がより盛んになってきたのも相俟って、ひときわ魅力と激しさを増しているのも人気の理由か。デビューしたばかりのルーキーが連勝を重ね、そのままベルトにまで上り詰めることも珍しくない時代だが、やはり先輩レスラーにも意地がある。大物ルーキーが現れる度に、我こそはと潰しにかかるのがお約束・・・新人や若手レスラーへの洗礼として多いに盛り上がるわけだが。その中でも最近最もアツいと言われているのが、タッグマッチ。リング上・・・時に場外で四つ肉がせめぎ合う激しい魅力・・・ツープラトンに代表される大技の迫力が見るものの心を掴んで離さない。より過激なタッグマッチ・・・そこに新人タッグの躍進が加わったとなれば、絶大的な人気も納得か・・・。)
フローラ椿&アンジェリク悠里愛さんのプロフィール > デビュー以来注目を浴び続ける新進気鋭のタッグレスラー。新世代ボディでリングを駆ける二人が、ついにチャンピオンタッグに牙を剥く!?
フローラ椿&アンジェリク悠里愛 > デビューして二ヶ月あまり、先輩タッグ相手に無敗の連勝を重ねているフレッシュタッグ『グロリア=ブロッサム』。清楚な容姿の椿は年齢にそぐわない豊満で相手の猛攻を受け止め、投げや関節技を主体に組み立てるオールラウンドが魅力のパワフルレスラー。一方の悠里愛は攻め一辺倒、文字通りリング中を暴れまわる快活レスラー。ちょっとだけ好戦的なお年頃なのか、降りかかる火の粉は火種ごと潰しにかかるが、視界に入っているのは頂点のみ。
(次々と先輩タッグを撃破してヒロインロードを突っ走るかのような『グロリア=ブロッサム』!次にその前に立ち塞がったのは、褐色の肉壁・・・もとい、姉妹タッグ『インフェルノ』であった。インフェルノ朱音(姉・ロングヘア)とインフェルノ赤音(妹・セミロング)は珍しい双子タッグとして知られ、さらに下克上盛んなこの時代に「フレッシュ=イーター」としても知られていた。二人そろって小麦色の健康ムチムチボディは、息もぴったりのツープラトンの破壊力。成長期真っ盛りのルーキーを捻り潰しちゃったのも2度や3度や4度ではなく、最近は運営がフレッシャーズとカードを組まないほど。しかもその実力は、タッグベルト『ベスト=オブ=ジェミニ』に最も近いと言われている。つまり裏を返すと、『グロリア=ブロッサム』の快進撃は、カードを組むならもう『インフェルノ』か、そうでなければ・・・チャンピオンかというレベルに達しているということ。運営には、「はあ?潰れない程度に手加減できないならもうルーキーとはカード組まないんじゃなかったわけ?」「つーかタイトルマッチが先でしょ」とゴネた『インフェルノ』であるが、それは口先だけ。リングで『グロリア=ブロッサム』と向き合えば、その敗北を知らない肉体を視線を絡めながら舌なめずり。)インフェルノ赤音>あはっ♪そこそこ楽しませてくれそうじゃん。 インフェルノ朱音>散々可愛がってから、業火で焼き尽くしてあげるわ。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=57922306
フローラ椿&アンジェリク悠里愛 > 悠里愛>嫌になるくらい楽しませて・・・逆に蒸し焼きにしてあげる♪ 椿>お手柔らかにお願いします~。(無敗のままに先輩タッグを蹂躙し、返り討ちにしてきた『グロリア=ブロッサム』。近年の発育の暴力を体現したかのようなニュージェネレーションボディは並み居る先輩たちと比べても劣るどころか勝っているか。そんな二人の前に立ち塞がる『インフェルノ』!「フレッシュ=イーター」の噂は当然知っているはずだが、さすがは勢いに乗るルーキー。怖じ気付くどころか、逆に喰らってしまおうという気概が窺える。・・・そして、鳴り響くゴングが試合開始を告げる!早速飛び出したアンジェリク悠里愛!対してインフェルノ赤音も向かってくるが・・・・・?)悠里愛>んふう~~♪・・・まだまだ行けるよね??・・・ねッ!?(・・・試合開始から約十分。リング上には、熱い吐息を弾ませる悠里愛と、全身から汗が吹き出ている赤音の姿が!?三連続のブレーンバスターで叩き付けた赤音を引き起こし、背後から肉を密着させてコブラツイスト!シンプルな技が続くが、新世代ボディの名に劣らずの悠里愛肉が褐色肉を侵食していく様は凄まじい迫力!・・・・一方の椿はと言えば・・・)椿>もう終わり・・・なのッ!??業火って、案外緩いんですね~~!!!(場外マットの上。朱音の褐色肉を絡めとり、しっかり密着したSTFで絞っている椿の姿が・・・。悠里愛以上のボリュームを誇る肉体はほんのりと滴る汗で彩られ、上気した肌肉が擦れて体温を伝えていく。肉と肉の鬩ぎ合い・・・だったはずが、いつの間にかルーキー主導の拷問技へと変わっていった。)
赤音>っげほ!!ぅげほ・・・ッ!!!ぅえあはぁあ・・・・・!!(こんなバカな・・・!もう貴方たちの時代は終わりとか何とか言って襲い掛かってくるフレッシュボディに褐色肉が身の程を教え込む、それがインフェルノのプロレスのはず。しかしどうだろう。ブレーンバスターで豪快に、そして激しくマットに叩き付けられたのは褐色肉の方!肉に響き渡った衝撃、肺から空気をたたき出された苦痛に悶えて口の端から糸を引いてすら・・・「こんなバカな」脳内に自分のセリフが繰り返された赤音は、さらに引きずり起こされて…!)んぃいいぎぃいいい!!!!!・・・あ・・あたり・・・ま・・・んぉえぇッ!!!!ふぎぃいいい~~~!!!(密着した太ももが、全身を捩じられながら押し付けられる乳肉が!褐色肉にめり込んで攻め立ててくる!当然、まだまだこれから、と言葉を返そうとするも、さらなるプロレスをねだるようにして絞り上げられて「鳴き声」を上げてしまう妹。ほとんど無意識に姉のカットを求めて視線をさまよわせる・・・が。)朱音>っひぎゃ!!!!んぎぃいいいぇあぁあああ~~!!!!!(まず耳に飛び込んでくる聞きなれた声…の悲鳴。視線の先には、場外のマットの上で絡み合った二つの肉体。安全用の場外マットの上で、STFに捕らわれた朱音の姿!シングルマッチではセコンドについた姉妹がしれっと入れ替わって相手をからかってかき回して、といったこともお手の物。双子らしく褐色の肉体は完全に同じ性能で、タッグでは抜群の連携性を誇るはずが・・・リングの内外に完全に分断されている!下には安全用とはいえ硬くて薄いマットの感触。背後から密着してくる巨乳に押し潰されながら、頬骨を引き絞られる激痛に悲鳴が絞り出される!ロングヘアを広げながら組み敷かれ、耐えるためなのか場外マットを乱打している。掌が開いていればタップとも解釈できるが…どちらにしてもここは場外。)赤音>・・・ぁ・・・っひ・・・っくひぃいい・・・・!!!(姉が拷問される姿を見てしまった妹は、瞳に驚愕すら浮かべながら鳴き声を一オクターブ高くしてしまう。)
フローラ椿&アンジェリク悠里愛 > 椿>・・パートナーが助けを求めてますよ??姉なのにみっともない姿を見られて・・・ふふふッ!!(苦痛にマットを叩き続ける朱音・・・その耳もとに囁く椿の声は、清楚さとは真逆のサディスティックなもの。組み敷かれて逃げることも出来ない褐色肉を、白のリンコスに包まれた新世代肉で抑え込む!・・・これまで数多くのフレッシャーズを貪り、喰らってきた『インフェルノ』だが、喰いきるどころか、逆に食い散らかされる!?・・・と、リング上は・・・)悠里愛>・・・あっ!・・今の声良かったかも♪(などと無邪気に笑って見せる悠里愛。肉と関節のあっぱくが赤音から悲鳴を絞りだし・・・)悠里愛>・・・椿ぃぃいいいッ!!!!(妹の恐怖が肌から伝わるほど強くなったのを感じて、コブラから解放・・・リングに放ったまま、ロープに走る!暴力的な肢体をしならせ、急加速からのジャンプ!トップロープを軽々と越え・・・?)(ドッッパァァァアアアアン!!!)(いつの間にかSTFを解かれていた朱音に降り注ぐ!!!褐色肉を押し潰し、先輩の肉を貪るフレッシュボディ!!そして・・・・)椿>赤音先輩もですよッ!!(リング上へと戻ってきた椿が、赤音を引き起こす。・・・遅れて朱音を抱えた悠里愛がリング上へ。互いに先輩をロープに押し付け・・・・?)悠里愛>双子なんだし、最後は二人仲良く・・・!!! 椿&悠里愛>潰してあげるッ!!!!!(ドッッゴオォォォォオオオオ!!!!!)(リング中央へ勢いよく先輩タッグを振り・・・・それを追いかけるニュージェネレーションタッグ!ぴったりと息のあったタイミングで中央へと駆け・・・四つの肢体が重なったかと錯覚するほど、パワフルに挟み潰すツープラトン=ラリアット!!!)
朱音>ひぃいいぎいいい・・・ッ!!!(ッバンバンバン…!!!)(マットを叩く姉の瞳にジワリと浮かんだ涙がついに頬を伝い…)赤音>っきひ!・・っひぎぃ!!!んびぃいいい~~~ッ!!!!(恐怖を感じてしまったプロレス肉など・・強者の慰み者に過ぎない。最近のコの発育暴力が褐色肉にさらにめり込んで、いやいやと首を振って鳴くインフェルノ妹にゴング前の威勢はない。このままギブアップか白目をひん?くか・・・しかし突然、悠理愛が拷問コブラを解放!ドシャリとマットに崩れ落ちた汗だくの劣勢褐色肉を残して・・・ニュージェネ娘が駆ける!このとき場外では、STFから解放「してもらった」朱音がふ~ふ~!!と憎悪のこもった視線で椿を睨み付け、何とか立ち上がろうとして…いたところに、背後からマットを蹴る音とともに、何かが迫ってくる!?思わず振り返ると、そこにはすでに空中に飛び上がった白ムチ肉とそれによく合うレッドのコスチューム・・・避ける暇などなく。)(グッシャアアア!!!!!)朱音>ぐびゅぇれッ!!!!(場外ボディプレスに潰される!悠里愛の天使の肉体には、妹褐色肉と全く同じの心地よさが広がったかも?)赤音>・・・・っひ・・・!!??(残酷なことに、コブラツイストから解放されてグロッキーダウンの妹が、押し潰される姉の肉体。衝撃に跳ね上がる四肢が、力なく落ちるところまで、目撃してしまったことだ。そしてフィナーレ・・・先にリングに上がってきた清楚なホワイトコスの椿に叱りつけられて引きこされる妹。悠里愛に担ぎ上げられてリングに戻されてくる姉。二人は無理にでもロープに押し付けられ、フレッシュなパワーでハンマースルー!もはや足腰の定まらない二人だが、『グロリア=ブロッサム』のパワーに振り回されるようにしてリング中央=処刑場に放り込まれる。足がもつれた『インフェルノ』姉妹は、くるりと180度回転して背中をぶつけ合わせる。)赤音&朱音「「ぁ・・あ・・・や・・や・・めぇ・・・」」(自然と同じ言葉が姉妹の喉から漏れる。どちらからともなく両手を握り合わせてしまうのは…迫りくる暴虐へのせめてもの・・・・)(ドッッゴオォォォォオオオオ!!!!!)赤音&朱音「「っぐびゅりゅッ・・・・・・!!!!!」」(背中合わせの褐色肉を、モノが違うニュージェネ=ボディが押し潰す!直撃の瞬間に握り合った手も弾け、喉元と乳肉を抉り抜かれた先輩褐色肉・・・「フレッシュ=イーター」が、ついに喰い散らされた瞬間だ。肉弾ラリアットに挟み潰される衝撃は逃げ場もなく、瞬間的に往復してインフェルノボディの芯まで砕く。当然。)赤音&朱音「「・・・ぐびゅ・・・ぇ・・・・ぇぶ・・・れ・・・」」(それぞれの正面にあるフレッシュボディに挟み潰されたまま、背中合わせで白目をひん剥いて痙攣。内股状態で倒れる自由すら奪われている。)
フローラ椿&アンジェリク悠里愛 > 悠里愛>あっはッ♪双子って感触まで同じなんだ~。 椿>最後、二人で手まで繋いじゃって可愛かったな~・・・・って、そんなことより・・・♪(ドッシャアアア!!・・・ギュムゥゥウ!!)(挟み潰したまま片腕ずつで双子を支える『グロリア=ブロッサム』。椿の合図でようやく離れ、二つの褐色肉が崩れていく・・・・そして余韻に浸りつつ、椿が赤音の、悠里愛が朱音の乳肉をそれぞれ踏み躙り・・・フォール!!!食い散らされた褐色に返す力があるはずもなく・・・)カンカンカンカンカ~~~~ン!!!!(勢いの止まる気配のないフレッシュタッグの勝利を告げるゴング。マイクを手に取る二人の足下には、相変わらず褐色の乳肉が転がっているが・・・)椿>「フレッシュ=イーター」?なんて言われてたみたいだけど、思ったより食べ応えなかったかな~・・・旧世代にしては悪くなかったけど♪ 悠里愛>わたしたちを止めようなんて馬鹿なこと考えるから~♪大人しく道を譲ってくれたら、こんなとこ晒さなくて良かったのにッ♪(・・・・「少し過激」なマイクパフォーマンスを済ませて控え室に戻っていく二人・・・タンカで運ばれる敗者=朱音&赤音の横で勝利と褐色肉の余韻に浸りつつ・・・たまにツンツンと突つきながら廊下を進んでいくと・・・・?)
フローラ椿&アンジェリク悠里愛 > 悠里愛>ん・・・・?あれって・・・。(肉の気配を感じ取ったのか、遠く離れた反対側から向かってくる二人組みを指差す悠里愛・・・椿も同様に感じ取っていたのか、近付くに連れてその気配は強く濃く・・・二人の肉を昂らせる。顔を見ずともわかる王者の存在感が、離れていても伝わってくるほどだが・・・・?)悠里愛>こんなとこで会えるなんて・・・手間が省けてラッキー♪ 椿>愛莉々先輩と希海先輩・・・ですよね??(好戦的な雰囲気を隠すつもりもない二人だが、まずは椿が礼儀正しくご挨拶。敗者ならまだしも、闘ってもいない先輩にいきなり無礼を働くほど子供ではない。・・・といっても、すでに挑戦的な目線で舐め回している辺り、欲望を抑えきれてないようだが。・・・・と、ここでチャンピオンタッグ『トゥインクル=ハート』の視線が、タンカに乗せられた褐色肉に・・・その瞬間、フレッシュタッグの口角が吊り上ったのは気のせいか・・・?)椿>さっきまでこの先輩方と試合してたんですけど~・・・話に聞いてたよりぜんッぜん手応えがなくて~~♪ 悠里愛>こんなのがベルトに挑戦出来るなんて、信じられないよねッ♪(椿が表向き丁寧に説明しているところへ、悠里愛が割ってはいる・・・愛莉々の瞳を射貫きながら、一歩・・また一歩と近付き・・・)悠里愛>あ、でも・・・今日わたしたちに負けたってことは、挑戦権剥奪??・・・だったらそれ・・・わたしたちが貰ってもいいんじゃない~??(乳肉と乳肉がミチィッと潰れ合うほど密着・・・ニュージェネレーションボディにも押し込まれることなく、むしろ押し返さんばかりのチャンピオン肉にまた昂っていき・・・「あっ!ずるい♪」と椿も希海に乳肉を押し付ける!やる気満々のフレッシュタッグにチャンピオンタッグの反応は・・・・?)悠里愛>せっかくの練習がムダにならないように・・・・ッさ?♪ 椿>お二人なら・・・あの双子よりも楽しませてくれそうですしぃ・・・?♪(食欲旺盛なのか、グイグイと深く煽っていくフレッシュタッグ。試合でかいた汗と、チャンピオンタッグが練習で流したであろう汗が乳肉の吸い付きを何倍にも高め・・・言葉と肉で挑発していく『グロリア=ブロッサム』!)


シルフィーヌ愛莉々>あ~汗でベッタベタ・・・だから最後のスパーは10分にしとこうって言ったのに・・・それに最後とか、プロレスじゃなくなってたし! ミスティック希海>えへへへ~~♪(そんな会話を交わすのは、タッグチャンピオンの称号『ベスト=オブ=ジェミニ』のベルトを保持する『トゥインクル=ハート』の二人。ファンからは「のぞえり」とも呼ばれる彼女らは、ひそかに「付き合ってる?」とかきっと事実無根のはずの噂まで流れるほど、ぴったりの相性。キラキラしたブロンドに碧眼と見事なプロポーションのシルフィーヌ=愛莉々(えりり・本名「綾瀬」)は、美しい飛び技と投げ技にこだわりがある。パートナーのミスティック=希海(本名「南条」は、紫髪に包容力のあるむっちりボディでパワフルファイトが得意。おっとりとしているように見えて意外と大胆で、ブレーキをかけるのは意外と愛莉々だったり。新人の頃はヤンチャもして、御多聞にもれず先輩を食ってタイトルを奪取したが、最近はチャンピオンの風格と落ち着きが出てきたとか?試合会場に隣接するトップレスラー専用のトレーニング施設で汗を流した二人は、試合への出場選手と共用のシャワールームに向かっているところだった。試合を終えた四人・・といっても、そのうち二人は褐色負け肉と化して担架で運ばれているので実質二人。楽しげな勝者はだいぶ距離のある段階で王者に気づき、のぞえりはだいぶ接近してから「んん?」と気付く。)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > (下はスパッツタイプにスポーツブラというコスにTシャツを来て裾を結んだ練習着姿の愛莉々。とても豊かな肉体を競泳水着タイプのコスに詰め込んで、おそろいのTシャツを着こんだ希海。ハードな練習と最後の30分スパーリングで火照った肉体はTシャツまでびっしょりの汗だくで・・・・そんな姿のチャンピオンを前に、悠里愛と椿が自重できるはずもないし、自重する必要をかけらも感じていないだろう。)愛莉々>そーだけど?アンタたちは… 希海>はじめまして、やねぇ♪(『トゥインクル=ハート』も話題のニュージェネレーションは知っている。と、あいさつの交わした後に担架の上の二人に気づく。ゆがんだ褐色乳は形を取り戻さず、肉体のあちこちに「刻まれ」ているのが見て取れる。しかもまだ白目を剥いたままで・・・すかさず浮かんだ悠里愛と椿の不敵な笑み。ちなみにこのあたりから中継がオーロラビジョンに繋がって、試合の興奮冷めやらぬ観客たちにも伝わっていく。タイムラグがあってバックヤードにも観客のどよめきと歓声が響いてきて・・・さて、バックヤードでの危険な遭遇。新世代の旗手が狩った獲物を見せつけながら、距離を詰めてきて・・・・なんと!まず悠里愛が愛莉々に!続いて椿が希海に!バスト=トゥー=バストで乳肉を押し付けた!しかも、全然軽くではない。女子プロレスラーにとって肉体的な接触は戦闘開始の合図にもなりうる危険な行為。悠里愛乳と愛莉々乳は垂涎のフォルム、椿乳と希海乳はむしゃぶりつきたくなるボリューム。バックヤードでの見事な乳肉同士の接触も中継されていて、観客たちは唾を飲み込んだ後に歓声を上げてしまう。ちなみに『トゥインクル=ハート』とは、愛莉々と希海のときめく心、という意味と、見るものをときめかせずにはいられない、という意味がある。ときめかせる相手には、当然対戦相手となる他の女子レスラーも含まれているわけで。と・・・?)愛莉々>へぇ~~。今日試合だって聞いてたけど・・・っぷ♪小娘ちゃんたちにやられちゃって。だらしないの。 希海>えりりんってば容赦ないんやからぁ。・・・妹さんはちょっと心のダメージ大きそうやけど、ま、潰され方は甘いみたいやから2週間くらいで復帰できるんやない~?(正面、密着する肉と至近距離からの視線にまるで気づかないかのように褐色負け肉の方を向いてパートナーと言葉を交わす。そうしている間もグイグイ押し付けられてくるフレッシャーズボディを、こともなげにみゅっちり、受け止め続ける。そして、今気づいた、と言わんばかりに後輩タッグに視線を戻して。)希海>なぁに?『インフェルノ』に勝ったから「いい子いい子」してほしぃん??(小首をかしげながら、にっこりと微笑む希海。)愛莉々>どいてくれる?シャワーの前だったから、かろうじてセーフってことにしてあげるから。(アウトだったらどうなってたのか。「安い挑発ね」と言わんばかりに鼻であしらう。)
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52641775
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > 椿&悠里愛>・・・ッ。(肉・・・それも乳肉を押し付けるというのは、宣戦布告ともとれる過激な挑発・・・なのだが、先輩タッグは意に介さずパートナーに語りかける。・・・これまで、言葉での挑発を無視されたことは少なからずあったが、乳肉を重ねて何も反応を示さなかった相手はいない・・・。女子プロレスラーであれば本能的に肉が反応してしまうニュージェネレーションボディの魅力と誘惑・・・それに事も無げに抗って見せたチャンピオンタッグ。強者の威圧感とは別種の異質さに、言葉を失い硬直するが・・・。)悠里愛>・・・・セーフ??そんな虚仮威しで退くと思ってるの~??(恐れを知らないのもまた、フレッシュタッグの魅力の一つ。道を開けるどころか、さらに乳肉を深く押し付けるように一歩踏み込む!タダでは通さないという強い意思を持った瞳がチャンピオンに向けられる。「潰し方が甘い」という希海の感想も、フレッシュボディに火をつけたか・・・心なしか、押し付ける乳肉・・ニュージェネレーションボディの質が上がっているような・・・?)椿>お預けなんて酷いですよ~??こんなに滾っちゃってるんだから・・・我慢なんて出来るわけないじゃない♪(相変わらず肉体で挑発しながら、無邪気に笑いかける後輩タッグ。チャンピオン肉から離れようとしない乳肉フレッシュ肉は、『インフェルノ』との試合とは比べ物にならないほど熱く、強さと魅力を増している。・・・相手が強ければ強いほどに肉が研ぎ澄まされていくのがニュージェネレーションボディの特徴でもあるのだが・・・その肉の変化は、実際に触れ続けている愛莉々と希海が最もよく理解していることだろう。)椿>どうせ、他にわたしたちの相手なんていないんだし・・・チャンピオンとして、挑戦を受けてもらえれば満足ですからぁ♪ 悠里愛>ベルトを獲られるのが怖いなら、スパーでもいいけど・・・みんな期待してるんだし、逃げられないのは分かってるでしょ?(『インフェルノ』に勝ったことの意味は、言うまでもないだろう。他に相応しい相手がいないのであれば、マッチメイクされるのは当然のこと・・・注目度の高いルーキーであれば尚更だ。・・・仮に他のタッグに挑戦権が渡っても、タダで引き下がるようには見えない。乱入でもなんでも、チャンピオンタッグとの試合を味わい尽くすためならやりかねないだろう。そんな、ちょっぴり危険な香りを滲ませながら、肉と視線、そして言葉で迫る椿&悠里愛タッグ。)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > (ッミチイ・・・!!とさらに食い込んでくる肉挑発。ますます温度を上げ、オーラを放ってくる挑戦者二人に、希海はへえ?と小首をかしげる。一方の愛莉々も「スパー」でもいいとか「逃げられない」とか言ってくる可愛い後輩に、うっすら笑みを見せて・・・バックヤードマッチも上等のプロレス業界なわけだが。)愛莉々>オッケー。実力で挑戦権もぎ取ってきた後輩に、挑戦権をプレゼントしてあげるわ。 希海>ん。バックヤードで挑んできたトコもカワイイ♪(チャンピオンタッグがタイトルマッチに同意。フレッシュ=ニュージェネタッグがデビュー以来の負けなしの快進撃で、タイトルへの挑戦権を獲得した瞬間であった。椿も悠理愛も「挑戦」だけで済ます気はまったくなさそうだが・・・やっと別れた後に、タッグチャンピオン二人が瞳を閃かせ、軽く舌なめずりする表情は見なかったことだろう。そして、あれよあれよという間にタイトルマッチ当日。マスコミ報道も過熱するなか、熱気に包まれた会場にゴングが鳴り響くのであった。)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > (序盤から『グロリア=ブロッサム』の猛攻!一番手となった悠里愛がこれまで何人もの先輩レスラーを喰った攻め一辺倒!なのはお約束ともいえるが、バックヤードで希海と肉を合わせてもう我慢できないと言っていた椿も肉弾で激突してくる!これにはリングアナの実況も。)「勢いが止まらない『グロリア=ブロッサム』!デビュー以来負けを知らない新世代ヒロインが、ニュージェネボディでチャンピオンまで喰ってしまうというのか~~!?」(などと叫ぶ始末。しかし、その猛攻を技の一つ一つはみっちり妻た肉体と受け身で、さらにタッチワークも駆使して主導権を完全には渡さない『トゥインクル=ハート』。対戦相手を一方的につぶしてきた椿と悠理愛には「凌がれる」という初めての経験か。そして試合時間が15分を過ぎたころには・・・)希海>まだまだ!!!(椿のハンマースルーを切り返し、逆にロープに振っていく希海!そしてロープの反動で帰ってきた椿を待っていたのは、希海に加えていつのまにか肩を並べる愛莉々!「「ズッダッダッダッダ!!!!!」」マットを蹴り駆ける音も重なって!)希海&愛莉々>っはぁああ!!!(ヒュゴ…ッズッドオオオ!!!!)(椿の育った乳肉。その左乳に希海のドロップキック!右乳には愛莉々のドロップキック!ツープラトン=ドロップキック!さらに、この事態にロープを飛び越えて入ってくる悠理愛・・・を待ち構えて捕まえて。)希海&愛莉々>そお・・・っらぁあ!!!(正面から二人がかりでリフトアップ!ダブル特有の抜群の安定で真っ逆さまに抱え上げた悠理愛を・・・)ッダン!!!・・・・ドゴオオオオ!!!!!(ピッタリ息の合ったチャンピオンタッグは、軽くジャンプするオプションもつけて悠理愛を後方に叩きつける!ツープラトン=ブレーンバスター!)希海>っふう・・・♪なかなか良いプロレスやけどぉ、まだまだヤれるんよねぇ? 愛莉々>もっと楽しませてよ。(立ち上がったチャンピオンタッグが、ツープラトンをぶち込まれた挑戦者を見下ろす。気持ちよさそうにかいた汗が柔肌に浮いて流れ・・・バックヤードであった時と比べ物にならないオーラを発している。バックヤードでは練習後の汗だくシャツにスパッツというそれはそれで魅力的すぎる格好の二人であった。リングコスチュームに着替えた今は、ファッション誌の専属モデルでもあるシルフィーヌ愛莉々のメリハリ・パーフェクトプロポーションはスカイブルーのツーピースコスチュームで彩られ、ポニテのブロンドも眩く光る。ミスティック希海はといえば、タッグコスということで愛莉々とデザインを合わせたツーピースで色はホワイト。みゅっちりとコスから零れ落ちそうな巨乳だが、上も下も、はち切れそうでこぼれないのがプロ仕様のコスチュームか。愛莉々に「またおっきくなったんじゃない?」とか言われて否定していたが?)
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > (遂に始まった大注目のタイトルマッチ!本能のまま・・・肉の求めるままに攻め込む悠里愛と椿。いつにも増して積極的なフレッシュタッグのペースで試合が進んでいくかと思われたが・・・そこはチャンピオンタッグ、先輩らしい「受け」を巧みに使ったプロレスで勢いに乗らせない。5分・・10分・・・15分と重ねる毎に焦りが見え始めるフレッシュタッグ・・・経験不足がここにきて仇となったか?攻め続けても技が極まり切らないもどかしさが、フレッシュボディの体温を上げ、必要以上の消耗に繋がっていく。そして、それまで主だった攻めに出ていなかったチャンピオンタッグに、遂に動きが・・・・。)椿>ッあ・・・・う、うそッ!!!?・・・ぐぶぅぅぅうううッ!!!(ハンマースルーを返されたまではまだ想定内・・・逆に勢いをつけてカウンターを・・・と、ロープ際で身体を反転した瞬間!視界に飛び込んできたのは、二人並んで迎撃準備万全の希海&愛莉々!!・・・二人分の足音が重なって、椿の感じる迫力は数倍!そして・・同時に繰り出されるドロップキック!!綺麗に揃った足先が、椿の純白の胸元・・・情熱の赤と清らかな白で悠里愛と揃えたコスチューム越しに、乳肉を踏み躙る!!・・プロレスに関しては容易に歪むことのないフレッシュ乳肉が、ミチミュチィ・・・!!と音を立てて形を変える。反動をつけたロープまで押し戻された椿は、乳肉に残る痺れと、続けて跳ね返されたことで無意識に崩れ落ちる。)悠里愛>・・・ッ椿!!!(すかさず悠里愛が飛び出す辺り、二人の仲の良さと信頼が感じ取れるが・・・)悠里愛>くふぅぅう!!?・・・そ、そんな・・・・ッびゅぐぶぅぅううう!!!(それを待ち構えていたチャンピオンのツープラトン=ブレーンバスター!!思いっきりマットに叩き付けられた衝撃はもちろん、カットの瞬間を狙いすまされた一撃は悠里愛にとってもショックが大きいか・・・?バックヤードよりも上・・・どころか、椿や悠里愛が肉を重ねてきた誰よりも・・ニュージェネレーション肉を含めた誰よりも圧倒的なオーラが二人を押し潰し、嫌な汗が流れ落ちる。)
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > (新人タッグの勢いを一蹴した連続ツープラトン。双子タッグ『インフェルノ』にも劣らない息ピッタリのコンビネーションは流石の一言か。序盤の肉弾の猛攻を受けてなお余裕を持って見下ろすチャンピオン・・・その大きすぎる壁を前に、遂にフレッシュタッグが膝を折ることになるのか!?)椿>・・・・ふう・・ちょっと油断しちゃった・・・。 悠里愛>何いってるの・・・これからが楽しくなるのに・・・ッさ♪(崩れていた二人の肉体に、ググッ・・・!と力が込もる。今ので吹っ切れたと言わんばかりに不敵に笑い、汗で艷っぽく彩られた肉体が存在感を増していく。「スイッチ入っちゃった・・・♪」と呟く二人の肉は、バックヤードの時よりもさらに強く・・・一段どころか数段迫力の増したオーラを纏っている。・・・相手が強く、気持ちが昂るほど著しく成長するのはニュージェネレーションボディの基本。が、試合中にここまで滾るのも珍しいか。)悠里愛>チャンピオンなんだし・・・ちょっとやり過ぎても問題ないよねッ!!(ッダン・・・!!強い踏み込みで飛び出す悠里愛・・・消えたと錯覚するほどの早さで希海に向かって一直線。瞬く間に放ったのは延髄斬り!!・・・が、さすがにチャンピオン。ガードに腕を上げて・・・?)椿>・・ッあは♪本命はこっち・・・ッ!!!(蹴りの直前でピタッ!と止まる悠里愛の脚。空中で・・! ?と驚愕の希海だが、悠里愛の片足は地についたまま。延髄斬りと遜色ない動きで繰り出された、悠里愛の十八番ハイキック!!それを囮にしてその陰・・・死角から飛び出した椿が、悦に入った声とともにサイドタックル!!そのまま圧倒的なパワーを活かして押し込み・・・いや、希海もまたパワーファイトが売りのプロレスラー。序盤と同様に上手く受け流されてしまうか・・・?)椿>歯痒いのはもうお腹いっぱいだからッ!!! 悠里愛>っと・・・いかせないよ。(希海が立て直すより早く、担ぐようにその肉体を持ち上げる。スイッチの入った新世代肉は、迫力や存在感だけでなく、パワーやスピードも格段に上がっていて・・・?持ち上げたチャンピオン肉が暴れる感触を楽しみながら、ロープ際から場外マットへボディスラム!!シンプルな技だが、高度から叩き付けられた衝撃はかなりのものか。一方の悠里愛は、間に入って愛莉々を牽制・・・なのだが、今にも飛び出しそうな辺り、本能的な昂りまでは抑えられないか。)椿>お待たせ・・・♪(希海と愛莉々の分断・・・とはいえ希海もすぐに戻ってくるだろうか。だが二人は、そんなこと気にもしていない様子・・・何より、愛莉々という獲物を前に昂っているのもあるのだろう。美しくもパワフルな飛びや投げ技を繰り出す引き締まったチャンピオン肉・・・その魅力に、スイッチの入った二人が我慢できるわけもなく・・・。)悠里愛>ん。じゃあまず一人・・・早いとこ味わっちゃおうか!!(標的を愛莉々に絞ったフレッシャーズは、我先にと競うように突き進み、瑞々しい汗を飛び散らせながら肉で激突!・・かと思えば、息の合った打撃のコンビネーションと、感覚だよりの猛攻。いつも打撃は悠里愛に譲ってサポートに回る椿も、肉質を増した身体でぶつかっていく。荒々しい打撃戦・・・類を見ないほどの勢いで食い掛かる二人のプロレスに、さすがのチャンピオンも辛いか・・・?)悠里愛>ッん~~!!イイ感触ぅ♪ 椿>まだまだッ・・・楽しみ足りませんよ!!!(先が詠みづらい本能的なコンビネーションに、チャンピオンの動きが鈍くなる。その一瞬を貪欲に前に出た悠里愛が見逃すはずもなく・・・豪快なソバットが一閃!一回り多く回った分、愛莉々の乳肉を蹴り抜いた力は凄まじい。・・・と、悠里愛が蹴り技の余韻に浸っている間もフレッシュタッグの猛攻は続く。たまらず下がった愛莉々の腰に、肉々しい腕が巻きホールド!ミュッチリとしった肉の心地を感じた瞬時に抱えられ・・・?)(ッヒュゴ!!ドッゴォォオオオッ!!!!)(電光石火のジャーマン!!衝撃と轟音がマットを揺らし・・・次の瞬間には、椿自らフォールを解いている!まだチャンピオン肉を存分に味わえていないと言わんばかりの二人だが、じっくり楽しむだけの余裕がないのも事実。)悠里愛>・・・ま、もう一人残ってるんだし。 椿>こっちは落としちゃおっか♪(無邪気に笑う新人タッグだが、愛莉々に向けられた獰猛なオーラは、ニュージェネレーションボディの中でも格別か。バックヤードでの邂逅時と同程度かそれ以上の汗を噴き出しているチャンピオンボディを、純白に包まれたむっちり椿肉が正面から重ねられる・・・パワーファイターのベアハッグというのは、それだけでキツいものだが・・・?)悠里愛>そっらぁあッ♪・・・こっちも忘れてないよね~!!?(マットから足が離れ、腰を中心に反り返った愛莉々の後ろ、気合いの掛け声とともに飛び上がる悠里愛。その場飛びとは思えないジャンプ力を見せる悠里愛の両足が愛莉々の頭に迫り・・・・。)(ッギュチィイ~~!!)(強く強く締め上げる!太ももがガッチリと愛莉々を離さず、上半身は重力に従ってだらりと落ち・・・・きる直前に、両腕が愛莉々の脚をホールド!ロープを介さないタランチュラ・・・身体が反り返り、腰を折られ、頭を絞られ・・・そして何より、前後からニュージェネレーションボディが挟み捕らえる。二人分の体重を腕二本で支えている椿の表情には余裕はないが、正面から・・・最も美味しくチャンピオン肉を味わっているのだから、満足だろう。学生時代、非公式の場で一度だけ使われたこの技は、『グロリアス=プリズン』と名付けられ、椿の負担が大きいこと以上に危険すぎるということで以後使われることはなかったとか・・・。急成長した今のニュージェネレーションボディ、そしてチャンピオンボディ相手ならば心配はいらない。文字通りの必殺技を持ち出し、前後からチャンピオン肉を食らう二人・・・怒濤の展開に観客も言葉を失っている様子。)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > (チャンピオンタッグが繰り出したのは基本と言ってもよいツープラトン。しかし基本だからこそ地力の高さが威力となってニュージェネボディに響いたか。その重厚感ある反撃に、挑戦者の勢いに酔っていた観客からも歓声が上がる。ただ、それでも。不敵な笑みを浮かべて立ち上がってくる挑戦者。これに、愛莉々と希海は魅力的な肉体を見せつけながら「クイクイ」と手招きポーズ。これがデビュー以来最高潮に昂った『グロリア=ブロッサム』に最終スイッチを入れてしまったか。)希海>っきゃ♪ウチ狙いなん?(ギュンン!!!と風切り音が聞こえてきそうなスピードで迫る悠理愛!繰り出されたのは頭部の急所を狙う蹴り技!この一撃に意識を借り飛ばさして秒殺KO!という場面も披露してきた悠理愛であるが・・・・のんびりしてそうな希海もリングに上がれば超一流レスラー。反射的にガードが上がる・・・が?)希海>ッ・・!?ふぐぶぅううッ!!!!(ガードに手ごたえが来るはずだった瞬間。ハイキックは寸止めのフェイント!代わりに来たのは白ムチ肉弾タックル!食い込んできた椿の肉弾に・・それでもなぎ倒されはしないのぞみんボディ!序盤はこれで希海が組み止めて・・という展開だったが、火のついた椿は今回は止まらない!?)希海>っふぁああ!?・・・・んぐぅうううう!!!! 愛莉々>希海ッ!(思いっきりリフトアップさせるというのもちょっと久しぶりだったりする希海は、なんと場外へと投げ捨てられる!ロープ越しに放り出されるさすがの高さ。薄い場外マットに叩き付けられる希海!そしてこれは言うまでもなく、分断!)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > 愛莉々>っふふん・・・二人掛かりっていうのはいい判断ね!(まるで獣のごとく襲い掛かってくる挑戦者タッグの打撃!レスラー肉がベストプロポーションの流線型を形作る愛莉々は、打撃も嫌いじゃない。椿と悠理愛の打撃を受け流し、捌き、食らえば防御力を示す。2vs1にも椿を掌底で打ち返し、悠理愛にはローキックをお見舞いするのだが…切れ目なく殺到してくる『グロリア=ブロッサム』の計算度外視の勢いには舌を巻く。ジリリ…と下がるのも見逃されず。)んぐぶぅッ!!!!(遠心力も加わった悠理愛のローリングソバット!えりりん乳にメリイッと食い込む!肺から空気を奪われて・・・姿勢が崩れたところに!)愛莉々>っくぁ・・・・っがはぁあああ!!!!(椿のパワフル=ジャーマンスープレックス!愛莉々の腰に鈍い感覚を残すほどがっちりしたホールドで叩き付けられたジャーマンは試合を決める威力すらあるが、椿はあっさりリリース。無邪気な笑みを浮かべる挑戦者が仕掛けてきたのは・・・)愛莉々>くぅあ・・・おぅ・・・んぐぅううう・・・ッ!!!(まずは椿のベアハッグ。ホワイトコスチュームに包まれた巨乳が襲ってきて、パワータップリにリフトアップされて強制的に反らされる。そしてそこに!)っむぶぅうう・・!!!!(飛ぶに飛び乗られた!?むっちりと太ももでも締め上げられた愛莉々は、さらにそのままさらに反らされることに!椿のむっちりした両腕をロープに見立てたドッキング=タランチュラ!?)実況「これはなんと~~!!!幻の!『グロリアス=プリズン』ッ!!!!女子高生時代にあまりに危険と封印された拷問技が!!!チャンピオン愛莉々に喰らいついた~~!!!」(実況が叫んでいる間にも、ミチギチと軋みを上げて反り返らされる愛莉々ボディ!正面からは椿のベアハッグと圧し掛かてくる白ムチ巨乳。背後から絡みついた真紅の毒蜘蛛!太ももで絞り上げられながら両足も捕らえられて…)愛莉々>ぅんむぅうううッ!!!!・・・お・・っんぐ・・んんんんッ~~~!!!(まずは愛莉々を喰ってしまおうという挑戦者!正面から襲ってくるベアハッグと巨乳・・・スカイブルーのコスに包まれた肉体は、食い込まれながらもその抜群の質感を返して耐えている。反り返らされて強調されるプロポーションは、悠理愛に極上の反発力を持つ肉発条の存在を伝える。しかし『グロリアス=プリズン』でそれらが屈服するのも時間の問題・・・椿と悠理愛はそう考えただろう。と、そこに。)希海>えりりん!!(エプロンに上った希海。カットに入ろうとロープをくぐってリングイン。)
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > (チャンピオンらしい「受け」を見せ続けてきた愛莉々も、猪突猛進な最高潮フレッシュタッグの猛攻は捌き切れないか。瞬く間に挑戦者の攻勢から拷問技へ!それも、密かに暖め続けた危険なとっておき。これ以上ないタイミングで繰り出された『グロリアス=プリズン』が、愛莉々の肉体を飲み込み、食らっていく。)椿>っんんふぅ~~♪この感触・・・癖になりそう♪ 悠里愛>前が良かったけど、後ろでもこんなにイイのは初めてかも。(などと軽口を叩けるのも、この拷問技への自信故。絞り出される愛莉々の悲鳴も極上だが、痛みと苦しさに震えるチャンピオン肉の感触もまた絶品・・・このままオちるまで堪能していたいほどだが・・・それを許してくれないもう一人のチャンピオン!いいところで希海がリングインしてくるのを、椿は横目で・・悠里愛は耳と感覚で察知。二人揃って口を尖らせ・・・。)悠里愛>黙って見てればよかったのに・・・今イイトコだったのにさ。 椿>放っておいたらオちちゃうんだし、気持ちはわかりますけど・・・。(不機嫌そうな口振りだが、椿の視線は熱く希海を捉えている。・・・二人の苛立ちと高揚は愛莉々で発散されるわけで・・それはもう前後から強すぎるほどの締め上げを受けることになるのだが。・・・そうこうしているうちに希海が椿に襲い掛かり・・・?)椿>余計なことしないで欲しい・・・ッな!!!!(希海が近付く直前・・・両腕の肉を隆起させて、悠里愛と愛莉々の身体ごと横殴りに振り回す!!無茶にも思える力業だからこそ、希海の隙をつくる・・・と思っていたのだが、軽く身を退いて避ける希海。・・・このまま遠心力で背を向ければ、どうしようもない隙となるが・・・。)悠里愛>まだまだッ!!・・・潰れろおッ!!!(椿で駄目なら悠里愛が!愛莉々の脚から腕を離し、腹筋を使って起き上がり・・・・バネを使ってベアハッグから愛莉々を引っこ抜き、リバース=フランケンシュタイナー!!愛莉々肉を希海肉に叩き付け、押し潰す!!・・・『グロリアス=プリズン』から解放してしまった結果に・・っち。と舌打ちするが、すでに過ぎたこと。)悠里愛>・・・・っあは♪フォール!!!(叩き付けた愛莉々の肉体・・・下敷きの希海肉ごとそれを踏み躙り、フォール!まだ希海肉を味わい足りない気持ちはあるが、チャンピオンになればリベンジマッチの機会もあるはず・・・そこでもっと美味しく食らえばいいかといったところ。・・・何より、昂りすぎて熱く成長したフレッシュ肉・・・このままでは「やり過ぎる」てしまうかもしれない。これほどの極上の肉体・・・一度で壊して味わえなくなるのはもったいない。)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > (愛莉々肉を責め立てるのに夢中の挑戦者たち。デビュー以来初めての極上の対戦相手に昂り切って、『グロリアス=プリズン』は苛烈になるばかり。そこにお邪魔な、といってもタッグマッチなら当然のなのだが、希海のカットイン。これに対して!)希海>っふあ!!!(二人分の肉体が椿のパワーで振り回される!おっとりしているようで勘のいい希海は大きな質量をとっさに避けるが、これは驚きを禁じ得ない。さらにそこへ!)愛莉々>ふぐむぅうううッ!!!!(横Gがかかったかと思えば、顔面への締めあげが強まって椿のベアハッグから引っこ抜かれる愛莉々!しかも跳ね上げられて叩き付けられた先は!)希海>っきゃ・・・うぐぶぅうううう!!!!(ズガシャアァアア!!!!とパートナーの肉体を真正面から叩き付けられた希海!愛莉々乳と希海乳がばっちり正面衝突してしまい、ミュチイッと潰し合う。妙に激しいスパーリングで知られる愛莉々と希海は肉の相性もいいらしいが・・・?折り重なって潰されてしまったチャンピオ!それを笑顔で踏みにじってフォール宣言の悠理愛!コケティッシュな魅力も全開に、内心の心残りも、一回で喰い壊さずにリベンジを挑ませて、また美味しく食べればいいなどと考える傲慢。いや、もはや一気にチャンピオンへと駆け上がったニュージェネレーション=タッグにとっては実力に見合った食事プランと言えるのか?)「ワン!!!!・・・・ツー!!!!」(進むカウント。『グロリアス=プリズン』からの展開に声を失っていた観客も歓声を上げ、新チャンピオン誕生の瞬間・・・・と、誰もが思った次の瞬間。)???>ぅうん・・・もぉ~・・・(下の方からの声。そして折り重なりダウンで肉の魅力を晒していたはずの『トゥインクル=ハート』が、正確には、一番下にされていた希海の肉体に力が籠り・・・)希海>えりりんってば、ウチまで巻き込んでぇ・・・!(ッググググウゥウウ…!!!!)(なんと、しっかりとしたブリッジでフォールを返していく。人間橋の上には一段目がシルフィーヌ愛莉々の肉体。その上にはフォールしていたアンジェリク悠理愛。それをしっかりとブリッジで持ち上げる!両肩がマットから離れればカウントが止まるわけだが。)愛莉々>パートナーがそんなコト言わないでよ。(押し付け合われた二人の乳肉。ブリッジで反らされた希海乳が「ほらどいて」と食い込んでくれば「そんな冷たいこと言わないで」と愛莉々乳がすり寄って・・・そんな風にすら見えたり。遅まきながら愛莉々が体を揺すって悠理愛を振り落とし、立ち上がっていくタッグチャンピオン。)愛莉々>んんん~~・・・ッ!!けっこうキいたぁ~こんなの久しぶりかも♪ 希海>あ、ズルいんやからぁ。でも確かに・・・ 愛莉々&希海「「ちょっとホンキ、だしちゃおっか・・・?」」
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > 悠里愛>っふふん・・・♪(勝ち誇った自信顔の悠里愛。『グロリアス=プリズン』と豪快な振り回しの消耗で出遅れた椿は、「あ、ずるい!」と口を尖らせる。・・・カウントが進み、興奮から震えが止められない悠里愛だが・・・ふと、下の方から声が・・・?)悠里愛>・・え・・・?・・う、うあッ!!?(耳を疑った悠里愛だが、確かに希海の声が・・・呆気に取られている間に、ブリッジでカウントが止まる。確かに、希海はまだまだ余力が残っているだろうが・・・・『グロリアス=プリズン』まで持ち出して絞り上げた愛莉々もまた、何事もなかったかのようにパートナーと戯れる。「潰し足りなかった・・・?」と自問するが、確かに感触はあったはず。ということは・・・・。)悠里愛>・・・ッヤバ。(ッドクン!ッドクン!と脈打つ鼓動が回りにも聞こえそう。さすがに驚愕のあまり固まっている椿もまた、同じ感覚を抱いていることだろう。・・・全力でぶつかり、潰しにかかっても「壊れない」相手。・・・実力以上の力で挑み、二人がかりでも「壊せない」相手。初めてが重なって、高揚と恐怖とが鼓動を早くする。膝が震えるのを止めることもできなければ、肉が熱くなるのも止められない。)悠里愛&椿>・・・・ッ!!(・・・だが試合中、それも目の前でイチャつかれては、プロレスラーとして流すわけにもいかない。無意識にも思えるが、確かな挑発・・・それに対する怒りが、竦みかけた足に確かな力を与え、肉の熱により火を着ける!)椿>・・もういいや。難しいこと考えずに・・・壊しちゃお。 悠里愛>賛成。・・・・徹底的に潰して、病院で好きなだけイチャイチャさせてあげる!!(挑発に燃える辺りは、やはり二人ともプロレスラー。悠里愛はもちろん、椿もそこは例に漏れない。っぽん、と悠里愛の肩に手を置く椿・・・パートナーの熱を感じとり・・・。)(ッダン!!!!・・・ヒュッ!!!)(寸分違わぬタイミングでマットを蹴るニュージェネレーションタッグ!悠里愛は愛莉々、椿は希海に狙いを定め・・・二人同時に後ろ回し蹴り!!互いが外回りに回転蹴りを放つことで、チャンピオンタッグの間を別つことが最大の狙いか。熱にキレを増した打撃が、肉体が・・・チャンピオンタッグに牙を剥く!)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > (女子高生時代からデビュー後まで、完全に未経験な対戦相手。立ち上がって目の前でイチャつく先輩女子プロレスラーを前に、椿と悠理愛は完全に炎上!恐るべき瞬発力で突入してくるダブル=スピニングバックキック!襲い掛かって来る蹴撃に、愛莉々と希海はアイコンタクトをとったかと思うと。)愛莉々>っふ・・・!!!(ヒュゴッ・・・ッガキイイイ!!!!!)(トンッとタイミングを取って、えりりんの迎撃=後ろ回し蹴り!拷問技を受けた後とは思えないキレは、その肉体にアドレナリンが充填されているからだが…ともかくも。流麗なフォームで肉の発条から繰り出されるカモシカのような美脚!悠理愛の蹴りとⅩに交錯!剣戟のごとく同じ技を叩き付けて止めた!そして隣では希海が。)希海>んふぐぅううう!!!!!(「ズッドオオオ!!!!」と椿の、パートナーの蹴りと比べればキレでは劣るが重さでは上回る後ろ回し蹴りを、たゆたう巨乳で受け切る!ミチリと食い込んできた威力に色気たっぷりに喘ぐ希海であるが、椿の蹴り足にみっちりと密度の高いモノの感触が帰ると、乳肉の耐久力と弾力が蹴りの威力を吸収しきって、押し返し始める。本能に突き動かされながらも再び分断しようとした挑戦者の攻撃を、それぞれの方法で受け切ってしまうチャンピオンタッグ!)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > (慌てて蹴り足を引こうとする椿だが。)希海>ダメ~~♪逃げられないんよ?(椿の太ももを抱きしめるようにとらえると、軸足の方も捕まえてしまう!こうなると、うつぶせ状態の椿の両足を脇に挟みこんだ体勢で・・・!)希海>っそおおおおれぇえええ!!!!(ぶん回し始める!上下リバースのジャイアントスイング!ただ振り回しているだけ?いや、みっちりと太ももに食い込む希海のロック。それに凄まじいGがかかって脳に血が集まってしまうのは結構危険。しかも希海は楽しげに回転数を増大させていく!そして隣では)愛莉々>ふふ・・・♪なかなかイイ蹴りじゃない。(ッグギギギ・・・・!!!)(言いながら、まるで脚線美と力強さも比べ、差を見せつけるかのように、交差して鍔迫り合いの悠理愛の蹴り脚を押し下げていく愛莉々。十分に押し下げたところで…ふっと蹴り足から力が抜かれると次の瞬間。)ズパアアン!!!(切れ味鋭いローキック!これにすぐ倒れ込まない悠理愛に。)っふ!!!(ッズドオォオ!!!!)(ミドルキック!胸もふくらみを魅力的に揺らしながら、止まらない愛莉々発条は。)ッヒュゴゥウ!!!!(唸りを上げるハイキック!ポニテが跳ね上げ、鮮やかなコンビネーションキック!悠理愛の後頭部を巻き込むように蹴り抜いて・・・)ッビタァア!!!!(いく直前の寸止め!パーフェクトなハイキックの姿勢をフレッシャーに見せつけながら。)ッチッチッチッチ。(人差し指を立てて左右に振って見せる。これはフェイントへの意趣返しでもあるのか?蹴り足をスッと引いた愛莉々・・・その直後。)希海>パートナーとご対面やよ~~!?(ビュゴウゥウウ!!!!)(何度目かのスイング中の椿を、棍棒のように振り回して悠理愛にぶち込んでいく!)
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > 悠里愛>んぐふぅううッ!!! 椿>ッ重い・・・!!?(勢い勇んで喰い掛かった二人であるが。悠里愛の蹴り足を引き締まった肉太刀が迎撃!そのまま鍔迫り合いに入っていくわけだが・・・相殺の衝撃と、肉太刀の研ぎ澄まされた感触が悠里愛の脚に鈍い痛みを残し、怒気一色に近かった威勢にストップをかける。・・・一方、希海に喰い掛かった椿はといえば、厚く重すぎる肉の・・乳肉の壁に、重量感たっぷりの蹴りを受け止められる!押し込む感触はあるが、それも希海肉の浅いところで完全に防がれる。・・・どころか、押し込んだ分だけ希海乳の弾力が脚に伝わり・・・?底知れない肉厚と乳密度!「喰いきれるのか!?」と疑問に思うほどボリューミーなそれに本能的な危険を感じ取る。)椿>・・・ッひ!!・・・ふあぁぁあああ~~~!!!(が、ここでも希海が上手。パワーファイターとしては申し分ない判断とスピードだが、チャンピオン相手には通じない。蹴り足を引こうと軸足の意識が疎かになった瞬間!あっという間の早業で気付けば希海に持ち上げられ・・・両足も完全にロック!リバースジャイアントスイングが椿に恐怖を与え・・・安定感抜群のパワフルチャンプの力業!太ももをロックされて回転を増していく一人肉弾メリーゴーランド。頭を押さえて耐えようとする椿であるが、楽しげな希海の声が椿の恐れをさらに掻き立てる。)悠里愛>っ誉められるのは嫌いじゃないけど・・・上からなのがムカつくッ!!!(一方、クロスすることでより魅力的な愛莉々と悠里愛の脚!モデルとしても活躍する愛莉々はもちろん、悠里愛の鍛え上げられたそれも目を見張る美しさ、汗で艶やかに映えるわけだが。・・・そして、ギシギシと音を立てて下げられていく蹴り脚・・・鍔迫り合いが解けた一瞬が勝負であると言うことは、口端を吊り上げる愛莉々の顔を見ればわかるというもの。それを真正面から挫いてこそのフレッシャーズの下剋上!)悠里愛>・・・・ッせあ・・・!!(愛莉々と同時・・・蹴り脚から一瞬で力を抜き、目にも止まらぬスピードで目一杯の力を叩き込むローキック!!・・が放たれるよりはやく・・・。)ッぎっぁぁ・・・!!?(愛莉々のローキックが悠里愛の軸足にヒット!!一瞬で軸足から全身に伝わるような痺れ・・・顔を歪めながら、直撃したにも関わらず踏ん張って見せる悠里愛だが・・・。)・・・ッぶぐぅうう!!!(間髪入れずに放たれるミドルキック!チャンピオンの容赦ない二連撃だが、これにも耐え・・・・。)・・・・ッ!!!??・・・・このォッ!!!(三撃目のハイキック!!完璧に悠里愛の側頭部を蹴り抜く・・・はずが、寸前で蹴り脚が停止!!決まっていればダウンは必至、中半以上仕留められていたからこそ、退かれたことへの屈辱も大きい。挑発だとわかった上で無視できない愛莉々の侮辱に、一歩・・力強く踏み出し、強烈な蹴りを・・・・。)椿>・・・・ッユリ、アァァ~~!!! 悠里愛>ツバ・・・ッキィ!!?・・ふぶぅぅうううう!!!!(見舞うはずが、パートナーの肉体に阻まれる。愛莉々しか目に入らないほど夢中になっていたため、椿肉を受け止めることなどできないまま・・・二人重なって倒れるというのは、さっきの『トゥインクル=ハート』と同じ・・・目の前で希海と愛莉々のイチャイチャを見せつけられた結果となったが・・・・。)椿>ご、ごめん!!・・・大丈夫・・!? 悠里愛>・・っ、ツバキ・・・大丈夫だから、退いてくれる?・・・ちょっと重い。(イチャイチャ・・・とは呼べないが、愛莉々の挑発に冷静さを欠いていた悠里愛には、ちょうどいい息抜きにもなったか。・・・椿を上から下ろした悠里愛が先に立ち上がり、頭を押さえて千鳥足の椿を支える。鋭敏な動きは望めないであろう椿を庇うように前に出るあたり、『トゥインクル=ハート』にも負けず劣らずの睦まじさか。・・・とはいえ悠里愛の脚も、愛莉々の蹴りの痛みが残っているのだが。)悠里愛>さっきの借りもあるけど・・・・やっぱりまずはツバキの分・・・返さなきゃね!!!(愛莉々と希海に背中を向けて飛び出した悠里愛!ロープ、ロープ・・・速く巧みなロープワークで、ニュージェネレーションボディの発条を最大限活用。肉弾と化しながら、アクセル全開で力を溜め・・・。)悠里愛>いっけぇぇええええッ!!!!(・・・・ロックオンした希海へ向かい、一気に解放!真正面から小細工抜きの超速タックル!!肉を貫かんほどの鋭さは、肉の弾丸にして槍の様相をも成しており・・・常に進化し続ける新世代肉の本領発揮!尋常でないスピードで放たれる肉槍の一撃が、一流のパワーファイターさえ凌駕する威力を以て襲い掛かる!)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > 希海>睦まじきことは美しきことやね♪(自分の巨乳を抱くようにして腕組みして、うんうんと頷くのぞみん。スイングしてパートナーを叩き付けたのはこの人なのだが。さて、やはり遠心力による脳へのダメージは軽くないか、椿より先に立ち上がったのは悠理愛!希海に向かって襲い掛かる凄まじいタックル!こうなるとスピードも威力に変換されて・・!)んふぐ・・・!!!(ズッドオオオオ!!!!!)(希海の肉体に突き刺さる!くぐもった声がこぼれ、肉弾激突の音がリングに響いて…!)ッガチイイ・・・!!!!!(ズシンン・・・ッ!!!!)(次の瞬間に表れた構図は、腰を落とした希海が、悠理愛のタックルをがっちりと組み止めているの図。ニュージェネボディに返るのは、未経験の密度に詰まった肉の感触。その肉が、悠理愛渾身のタックルの衝撃を吸収しきって・・・代わりに、わずかな身動きすら許さないようなグラップルと押し潰さんとする重圧。)ふふ・・・仮にもパワーファイターのウチにぃ~ちょっと甘く見すぎやないかなぁ~?(言いながら、悠理愛の背中に乳肉を押し付けると、むにゅんと柔らかい感触に続いて、増大する重圧。もう組んでいるだけで・・・ニュージェネボディをギシギシと軋ませる。さて一方。そんな「捕まった」パートナーを立ち上がった椿が目撃するわけだが。)ガシイ!!!(背後に表れた愛莉々。唾の腰に腕を回して。)お返しね?(耳元で一言囁いてから、椿の重心を臍の上に乗せて美しいブリッジワーク!その完璧なモデル・プロポーションは発条の塊。研ぎ澄まされたテクニックと角度を誇るぶっこ抜きジャーマンスープレックス!)ズガシャアァアアア!!!!!!(そして響いてきた衝撃音は。)じゃあこっちそろそろ~~・・・・せぇえええの!!!(下への重圧から一転、リフトアップ!あっという間に悠理愛を逆肩車まで抱え上げてしまうと、そこから急転直下!)ビュッゴウゥウ!!!!(パワフル=パワーボム!)
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > 悠里愛>ッぐぅぅうううう!!!?(貫かん勢いで希海肉に突撃した悠里愛であったが、返ってきた衝撃に目を見開く。見た目相応の柔らかさがありながら、確かな芯が通っている希海肉・・・筋肉の壁とも違った、重すぎる肉体・・咄嗟に身を退いて・・・と動き出した瞬間、何かにガッチリ固定されたように悠里愛の動きが停止する。)悠里愛>・・っこれ・・・か、身体が・・ッぐぁぁぁ・・・。 椿>・・・ユ・・リア・・ッ!?・・・いつの間・・・ッにぃぃぃいいい!!!?(全く動かせない、「捕らえられた」現状に動揺を隠せない悠里愛・・・背中に覆い被さる希海乳の重圧にどんどん押し下げられ・・・・そんなパートナーの危機に、椿が黙っているはずもない。首を振って脳のダメージを払拭し、いざ助けに・・・という絶好のタイミングで、背後から腰に巻き付く腕!不意を突かれた投げ技にも腰を落として抵抗する椿だが、普段から希海とのスパーをこなす愛莉々にとってはまだまだ軽いか。勢いよく引っこ抜かれ、綺麗なアーチを描く椿肉・・・。)椿>ひッぐぅぁあああああ!!!!!(脳にダメージが残っており万全ではなかったとはいえ、それを差し引いても愛莉々のテクニックが勝っていたと感じざるを得ないジャーマン!ジャイアントスイングの負荷に追い討ちをかける脳天への一撃が椿の肉体を貫き・・・愛莉々にホールドされた肉を数度弾ませる。)悠里愛>ッツバキ!!・・・こ、のぉぉ・・・・いい加減、にぃぃいい!!!・・・ひぇッ!??(そんな椿の悲鳴を、希海に抑え込まれたまま・・・ただ覆い被さられているだけにも関わらず、何もさせてもらえないまま聞き届ける悠里愛。屈辱と怒りで一気に持ち上げにかかるが、やはりパワーの差が著しいか・・・そう思った瞬間、不意に身体が軽くなる・・・・否、悠里愛の持ち上げる力をも利用され、一瞬で持ち上げられる!・・・パワーファイターの代名詞たるパワーボムは、相手にとっては切り返しのチャンス。悠里愛も散々練習してきたはずだが・・・?)悠里愛>・・・ッ!?・・ま、また・・・ッ・・・・ひぎゅぶぅうううううう!!!!!(本能的に切り返しを狙った悠里愛であるが、希海にホールドされた足腰はピクリとも動かない。暴れることもできず、ただ降り下ろされる瞬間を待つ恐怖の処刑=ボム!硬いマットに叩き付けられ、勢いよくリバウンド!リバウンドの衝撃だけで並のパワーファイターのボムに匹敵する迫力と衝撃。・・・ニュージェネレーションタッグ揃って強烈な一撃に悶絶!タフネスにも並み以上の自信がある二人であるが・・・一撃で崩してしまうさすがのチャンピオンタッグ。)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > (ニュージェネタッグに叩き込まれたチャンピオンの技!ジャーマンで突き刺した愛莉々は、ホールドで衝撃を椿に閉じ込める。ただ、フォールは目的ではなく、すぐに解いて立ち上がった。椿は、連続の脳へのダメージに崩れ落ちるしかないか?一方の悠理愛は投げっぱなしで叩つけ・・・いや、叩き潰されて、濁った声を上げながらリバウンドしてもう一度叩き付けられる羽目に。切り返しの動作が全く通用しなかたことも精神に大ダメージか。結果、リング上には挑戦者の肉体が二つばかり横たわることに・・・)ッパン・・・!!(そして、無言のうちにパートナーとハイタッチする2人のチャンピオン。息がぴったりなところを見せながら、目くばせしあう。その意味は、「次はどうする?」そうね・・じゃあ・・・」そんな言葉のいらないやり取りで決定されたのは。)愛莉々>確かに、わりと奇麗な足だよね~?蹴りにも自信あるんだ?(そんなことを言いながら悠理愛の脚を取り・・・足4の字固めに絡め捕っていく。ギチリと絡むのは、やはり愛莉々の美脚。美しく、それでいてカモシカのような力強さもある愛莉々の脚が、密着しながら悠理愛脚を軋ませて・・・サブミッションでも凶器であることを示していく。そして、足4の字固めで気付けしてから。)ッグイ…ッギュギュギュグウゥウ…!!!!(続いて頭部を捕まえるのは、希海の首4の字固め!むっちむちに魅力たっぷりにのぞみんふとももが、首を絞めるというより頭部を挟み潰す!?)せっかくやん。ウチらの合体技も味わってね?(太ももの間に埋もれてしまう悠理愛の顔を覗き込み、にっこり。4+4=8・・・合体技『ウロボロス=ホールド』!両足に激痛を与えてのけ反らせては、その動作も頭部への締め上げで抑え込み、それをちょっと緩めてから今度は頭部を絞り上げ、意識が遠のきかけたら両脚への激痛で気付け!そんな具合の地獄の合体技。)
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > (必殺と言って差し支えない威力の込もった技だったが、チャンピオンにとってはただの繋ぎ技。・・・散々タッグリングを荒らし、破竹の勢いで突き進んできたフレッシャーズを大人しくさせたチャンピオン・・・悠里愛は恐怖に肉を震わせながら朦朧とした呻き声をあげ、椿に至っては意識があるかもあやしいところ。そんな、見るからに満身創痍な挑戦者を見下ろした二人は、軽く視線を交わし・・・・?)悠里愛>・・・ぃぎッ!!?・・・ッが・・ぁあっ、あっ、ぁぁあああ!!!!!(まずは愛莉々の足四の字!蹴りで存分に見せつけられ、刻み込まれた美脚が、容赦なく関節を蝕んでいく!・・・打撃、サブミッションと脚同士が鬩ぎ合う展開が続くが・・・。)ッぎぃぁあああ!!!・・・んぶぅうう!!??むぐぅぅうううう!!!!!(悠里愛も椿も満身創痍・・・全てを出し切った挑戦者にチャンピオンが慈悲を見せるはずもなく・・・たった一つの逃げ道である裏返しを妨げる、希海の首四の字!愛莉々の細いながらに力強い脚とは違い、希海の脚は見るからに凶器。首と言ってはいるが、もはや頭部全体を呑み込み、締め上げる肉脚!・・・ものの数秒で朦朧としてきそうな締め上げだが、そこに足四の字の痛みが加わり・・・・。逃げることは愚か、意識を手放すことも許してくれない『ウロボロス=ホールド』!意識を失いかけては、強制的に目覚めさせられる地獄技に、なけなしの体力を搾られていく。両手足が痺れて感覚が薄れていくのに、足四の字の痛みは無くならない・・・希海のむっちり太ももを撫でることしか出来ない手がわずかに持ち上がり、重力に従って希海肉に落とされる。・・・・これは、タップ・・・?)椿>・・ぁ・・・ゆ、ユリア・・・ッ!!(一方の椿。脳天への追い討ちで意識を半分手放していたが、ようやく四つん這いに起き上がり・・・。肉蛇の地獄技に捕まったパートナーの姿に、頭を押さえながらも這うように進んでいき・・・息も絶え絶えな中、希海の首四の字を止めさせるべく、のし掛かるようなボディプレス。悠里愛を地獄から引き摺り戻すために、ウロボロスに折れかけの牙を剥く。)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > 希海>ふふふ~~くすぐったいんよ♪(ふとももにかかってきた、悠理愛の弱弱しい手。その弱り具合と肌を撫でるような動きにかわいらしさを感じるか、頬を緩める希海。そう、ずいぶん生意気に噛みついてきたニュージェネたちだが、チャンピオンの対応はあくまでも「可愛がり」。新人ちゃん達にはちょっとキツいかもしれないが。と、そこに・・・なんとか立ち上がった椿がカットのボディプレス!)希海>んんッ!!・・・ん・・ふふ・・(ッグイィ・・!!)なぁに?椿ちゃんもかまって欲しいん?寂しがり屋さんやね♪(先輩レスラーを押しつぶしてきた椿ボディだが、それを優しくもがっちりと、逆に捕まえてしまう希海。これでは、飛んで火にいるなんとやら?ただ、もう失神寸前、というか、調節次第でいつでもオとせる悠理愛から首4を外すと、捕まえた椿をスリーパーホールド。一方で、首4は外したものの・・・)ッズシイ…!!ッムギュグ・・・ッギュチギチ・・・!!!(悠理愛の顔面は騎乗位で確保。つまり・・・お尻では悠理愛をフェイスシッティング、乳肉はスリーパーで捕まえた椿の背中に押し付けて二人にトップレスラーの肉感を教え込む。)愛莉々>壊しちゃ可愛そうだしっと。(足4を解いた愛莉々は立ち上がる。目の前には、尻で敷かれ、スリーパーで捕まったフレッシュタッグがいて・・・もう希海一人に任せてもよさそうだが。)愛莉々>ツープラトンでやってくれたよね?(にいっと笑う愛莉々。そして。)ッズッドオ!!!(椿のボディにミドルキック!くの字に・・・降り曲がりかけたところに!)っふ!!!!(ッズドムゥウ!!!)(乳肉にサッカーボールキック!蹴りの衝撃に、スリーパーで締め上げる希海ごとサンドバッグのように揺れ・・・)希海>も~愛莉々ってば激しいんやからぁ♪(その揺れのたびに、尻肉が悠理愛の顔面を責めるグラインドとなって、苛め抜いてしまう。)愛莉々>あんたもよ!悠理愛!(ッドボオ!!!)(椿の股の間にのぞく、悠理愛のボディをストンピング!愛莉々の責め打撃と・・・)希海>わかったかなぁ??これがチャンピオンの実力なんよ?ねえ、わかった?(背中に乳肉を密着させて、ぎゅっちりとスリーパー締め上げつつ、お尻を軽く弾ませる。)
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > 椿>・・・っ・・ひッ!!(悠里愛を肉拷問から救いたい一心で希海にのしかかったボディプレス。ふらふらの助走で勢いこそなかったが、覆い被さるだけで相手の肉を抉っていくのが瑞々しくも凶悪なニュージェネボディ・・・なのだが。希海肉は歪むことなく、椿肉を押し返さんほどの存在感。)椿>ッはぐぅぅぁあああ!!・・・ひッぁぐうぅううぶぅうッ!! 悠里愛>・・ぉ、ぁぁ・・・ッ・・・むぎゅッ・・ふご、ぉぉ・・・っ・・!!(すっかり捕らわれてしまった椿の首に、希海の腕肉が巻き付けられる!むっちりとした腕肉が、タッグリング最強のパワーファイターの力を以て椿の首を締め上げる!・・・・一方の悠里愛は、『ウロボロス=ホールド』の地獄から解放されたものの、オちるかどうかの瀬戸際。そんな危険な状態なのだが・・・希海は容赦なくフェイスシッティング!!顔はこれまた強烈な希海の尻肉で圧迫!さらにボディは、希海に捕まったままの椿の肉体が圧迫!・・・パワーファイター二人の重圧と極上肉に押し潰されれば、身動きなど取れるはずもない。・・・既に決着したと言っていい状況だが、ゴングが鳴らない限り終わることはない。希海が新人二人を「可愛がる」一方で、愛莉々は手持ち無沙汰に。)椿>・・ッふぎゅ・・・!!・・っいぎ、ぃ・・・ご・・ッが・・ぁあっ! 悠里愛>・・・っはぁ・・・ふ、んむぶッ!!?・・むぶぉぉ・・・ッ、お・・ぁ、ぇぇ・・・!(愛莉々の含みのある笑みを椿が視界に捉えたかはともかく。身動きのとれない椿ボディに、強烈な蹴りの一撃!・・・希海への負荷を気にも留めない乳肉蹴り!・・・蹴りによって希海乳との密着も強まり、チャンピオン肉の存在感が椿を苛んでいく。)悠里愛>・・ッぅぶ・・・!ご、ぶぉッ・・・ぉ、むぎ・・・ッぶぉぇぇ・・ッ!!・・・っぶご・・ぉ、ぉぉ・・・っ・・・・!(希海の尻肉グラインドで半分以上失神している悠里愛にも、愛莉々の蹴りが襲い掛かる。まともに力の入っていないボディを踏み抜かれ、ニュージェネボディがくっきりと歪んでいく。断末魔にも似た悲鳴すらむっちりとした希海肉に受け止められ、痙攣する肉体を押さえ込むような希海のグラインドで肉を擦り付けられると、白目をむいたまま完全に失神・・・希海には感触で分かるだろうが、無敗で突き進んできたニュージェネ肉のプライドが、徹底的に磨り潰されて・・・。)椿>・・・ぁ、ユリア・・・ッひぐ!・・へふっ・・・ぎふッ・・・・ぎ、ギブぅ・・・ッぐひゅ・・・・ぐ・・ぎ、ィ・・・。(そんなパートナーの状態を感じとり、全ての空気を吐き出してオとされる前に、必死に言葉を紡ごうとする椿・・・希海の乳肉に圧されて弓なりに悲鳴をあげる肉体・・・隙間なく締め上げるスリーパー・・・希海がその気になればいつでもオとせるであろうが、椿の肉体はとっくに限界。悠里愛を楽にしてあげたい・・という気持ちと、ダブル失神KOの恥辱を避けようとする一心で、悠里愛の失神をアピールしながらギブアップ・・・降参宣言。)
シルフィーヌ愛莉々&ミスティック希海 > 愛莉々>あれだけナマ言ったんだからもうちょっと頑張ってよね。(ふふん、と鼻を鳴らしながら、完全に力の入らなくなった悠里愛の腹筋肉をグリグリと踏みにじる。一方、そんな悠里愛の顔面を尻肉で敷き潰したまま、椿の豊かな肉体を背後から自分好みに歪めるのぞみん肉。後輩レスラーを飲み込むようなスリーパーホールドのなか、濁った声で絞り出されるギブアップ。過激な魅力のこの時代のプロレスはゴングも容易には鳴らないのだが、むしろ息をのむドミネートがゴングを忘れさせているのか。そんななか。)希海>んふふふ~~♪ギブアップって言ってるんかなぁ~~?聞き間違いじゃなくて?ギブなん??ギブ?(締め落とすぎりぎり直前をキープしながら、椿の耳元でささやく先輩レスラー。その声音はあくまで優しいが、重ねて尋ねるたびにみゅっちりと押し付けた乳肉を椿の背中肉に擦り付ける。それからやっと。)椿ちゃんがもう限界でギブアップなんやって♪(ウインクとともにみんなにお知らせしてから、スリーパーを解く。これで、リング上を支配していた緊張感が緩んで。)カンカンカンカンカンカ~~ン!!!!!(打ち鳴らされるゴング!勝者、『トゥインクル=ハート』!!が宣言され、立ち上がった希海と愛莉々が手を振って歓声に応える。急速に勃興したニュージェネレーションがリングに沈み、真の時代像が示されたか。と・・・)愛莉々>おーい、いつまで寝てるの~?(悠里愛を跨いでしゃがみ込み、その頬をぺちぺち。意識を取り戻さないとみると・・・片方の足首を掴んで、ズルズルと引きずっていく愛莉々。他方、意識のある椿がそれに気づいた次の瞬間。椿の肩がポン、と叩かれる。もちろん・・・)希海>立てるかなぁ?意識は残してあげたよね?(にっこりと微笑みかけるのぞみん先輩。)じゃ、可愛い後輩を控室まで連れて行ってあげる~♪控室でちょっと「お話」しよっか?(椿の耳元で甘く囁いてから、有無を言わさず、椿を肩の上に抱え上げていく。愛莉々も、悠里愛をリングから引きずり降ろして連れていく様子。先輩チャンピオンタッグは防衛したベルトと後輩肉の二つを持って退場。優しい先輩が足腰の立たない後輩を優しく運んでやる姿に拍手が起こるが…そういうことなのかどうか。)
フローラ椿&アンジュリク悠里愛 > 悠里愛>・・ぉ、ビュ・・・ッぶびゅ・・!! 椿>・・・っぎ・・ふむぶぅッ!・・・ぁっふ・・ッ・・・・ぎ、びゅむ・・・!!(悠里愛の腹筋に乗せられた愛莉々の美脚が、音を立てて沈んでいく・・・すっかり嬲り尽くされ、抗う力も残っていないということか。そして一方、必死にギブアップを紡ごうとする椿だが・・・密着状態の希海肉に飲まれていく度、その声は弱々しいものになっていく・・・・ギブアップを確かめるための希海の行動が、反って椿を蝕んでいく結果に。)(ッドッサァァァアア!!!)椿>・・・ぅッ・・ぐ、っふぅうう!!(そして、漸く希海が椿を解放・・・降参もまともに出来なくなった後輩の代わりに、「決着」をお知らせ。遂に、ニュージェネレーションボディが陥落!一気呵成に勝ち上がった『グロリア=ブロッサム』がチャンピオンの前に散ったわけだが・・・・。)椿>・・・ぇぶ・・ッ??・・・・ぅ、ぁ・・ッ。(大量のフラッシュと歓声の中心で、先輩に介抱される後輩タッグ。試合が終わり、先輩の優しさが・・・そう周囲には見えただろう。だが、抱え上げられ、直にその肉に触れた椿は感じ取ってしまう・・・・希海肉の熱気が、試合中と何一つ変わらない・・むしろ熱く滾っていることに。・・・・そんなことも知らない取材陣を押し退けながら、楽しそうにリングを降りていく先輩二人と、連れられていく後輩二人・・・・圧倒的に見えたリング上の試合は、先輩タッグの「教育」・・・その序章でしかないのだった。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(37)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(8)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント