篠崎愛&紗綾vs佐藤聖羅&鬼頭桃菜

篠崎愛&紗綾 > (抜群のアピール力を誇示した勝利。翌朝の『日刊グラビアアイドルプロレス』を手にした紗綾と篠崎愛が、厳しい顔つきで一面を睨み付けていたとか。グラドルは肉体的魅力とリングでの実力がすべて。ゆえに敗北を喫したグラドルたちに同情心はないが、SKEにここまで良いようにされるなんて・・・・「逃げるなら今のうち」「踏み台」せぇらとももにゃの繰り出してきた挑発が飛び交い、報道もヒートアップするなか、ついに篠崎愛&紗綾『プラチナ・デュオ』vs佐藤聖羅&鬼頭桃菜『プレシャス・ガールズ』、メインイベント時間無制限一本勝負の当日がやってきたのだった。そして、控え室に入った二人に伝えられたのは、『プラチナ・デュオ』が青コーナー、『プレシャス・ガールズ』が赤コーナーというグラビアアイドルプロレス・コミッションの決定。これを聞いた二人は無表情に視線を合わせてから・・・・ふっと微笑を浮かべて体をほぐし始める。)愛>ん~~~これはちょ~っと本気出しちゃおっかな~ 紗綾>だよね~・・・・ぶっ潰しちゃう~?(そんな剣呑な準備運動が行われるのを面白がって見つめるのは「プラチナ世代」の盟友、佐山彩香。今日はセコンドなのだが、普段ならセコンドなんて面倒なことは嫌がる彩香が、今日は自分から引き受けたとか?)
篠崎愛&紗綾 > (熱気渦巻くグラビアアイドルプロレス会場。青コーナーに先に入場させられた『プラチナ・デュオ』は歌唱力が注目を浴びた愛の曲に乗ってリングイン。続いて赤コーナーに『プレシャス・ガールズ』が入場し、舞台は完全に整った。)リングアナウンサー「それでは~~~これより!本日のメインイベントを執り行います!青ぉ~~コ~~ナァ~~~、150cm、上から85F-61-88・・・・清楚な夏夢・・・さぁ~~!!!や~~~!!!(コールを受けると青コーナーから進み出て、プラチナに輝く揃いのジャケットを脱ぎ捨てる!美少女フェイスに小柄ながらムッチムチのボディにツーピースコスチューム。その色は・・・以外にもブラック。「おおッ!!??」と驚くグラドルファンたち。清楚なイメージに似合わぬ・・・どういう意思表示なのか?さて続いて。)160cm、上から87F - 60 - 88・・・グラドルの騎手、愛のままに・・・篠崎ぃ~~~!!あ~~い~~~!!!!(同じくプラチナ・ジャケットを脱ぎ捨て、揃いのブラックコスチュームが姿を現す!「愛ちゃんのサイズがあの程度のはずがない!!」「数字に惑わされんな!グラビアがすべてなんだよ!」とコスに包みきれずにこぼれんばかりのボディにファンどもが騒ぎ立てる!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (一方の『プレシャスガールズ』控室に入った聖羅と桃菜に告げられたのは、最近の『プレシャス・ガールズ』の活躍ぶりをグラドルプロレス・コミッションが高く評価して、愛や紗綾を差し置いての赤コーナーでの登場。これには2人の気分を良くしたのか)聖羅>グラドルプロレス・コミッションの人たちも私達の実力を評価してくれた結果よ(と言うと)桃菜>そうね。コミッションの人達の期待に応えないとね!!!(と返す桃菜)聖羅>とりあえず、この試合を終えて、次は、そうね・・・。中村静香さんや杉原杏璃さんにアピールするなんてどうかな(と早くも次のターゲットを絞った聖羅。あくまでも『プラチナ・デュオ』は踏み台にしか考えていない様子であった)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (『プラチナ・デュオ』の選手コールが終わると、リングアナ>赤ぁ~~コ~~ナァ~~~、158㎝、上から88G、60、89・・・『水泳は得意。でも陸上競技は苦手。ゴーイングマイウェイなSKEの人魚姫』、佐藤ぉ~~~~、せい~~~ら~~~~~!!!(コールを受けると赤コーナーから進み出る聖羅。この試合で初めて聖羅のスリーサイズとバストのカップが公表されると、「数字に惑わされんな!と言ったけれど、バスト88㎝のGカップって・・・」とグラドルと負けず劣らずのボディに驚愕するグラドルプロレスファン。すると、ブレザーを脱いだ聖羅は何とゴールドのツーピースコスチューム!!!『SKEの人魚姫』と言われているように、通常のコスチュームは水色のワンピースの聖羅がゴールドのツーピースコスチューム!!!ゴージャスボディを纏う金色のコスチューム姿に踏み台と言いながらもこの試合の意気込みを物語っているかのよう。続けて)159 cm スリーサイズは上から83D、59 、88『ぴーちの国のお姫さま』、鬼頭ぉ~~~、もも~~~なぁ~~~~!!!(とコールを受けると聖羅と同じようにして赤コーナーから進み出る桃菜。そして、ブレザーを脱いだ桃菜は通常のピンクのワンピース水着とは異なり、シルバーのツーピースコスチューム!!!『プラチナ・デュオ』も『プレシャス・ガールズ』も普段とは違う様子に、観客からのざわめきが止まらない)
篠崎愛&紗綾 > (肉体だけで客を沸かせてこそグラドル。気合の入りまくった『プレシャス・ガールズ』の姿に、青コーナーの二人が目を細める。これまで、他のAKB系同様、「スリーサイズは非公開」としてきた『プレシャス・ガールズ』。グラドルファン、そして愛なども「サイズ非公表なんてグラドルとして失格」と公言してきた。それがここに来て・・・・そして、両者がリング中央に呼び集められ、型通りのルール説明とボディチェック。至近距離で見つめ合うことになる4人のグラビア姿に、観客たちは生唾ものだ。そして、握手を促されると・・・愛も紗綾も、意外なほどすんなりと右手を差し出す。)篠崎愛>AKB「もどき」の「グラビアごっこ」と思ってたけど・・・なかなかやるじゃないですか? 紗綾>うん、ちょっとは認めてあげてもいいかな。(グラビアンな微笑を浮かべる二人だが・・・・ギュ、と握手を交わすと。)愛>だから、グラビアアイドルとして、叩きのめしてあげる。 紗綾>挑発って、けっこう危険な行為なんだよ?された方も、後に優しくできなくなっちゃうから~。(ふふふ、と微笑む紗綾と、不敵な笑みの愛。ジュニア時代からキャリアを積んでいるこの二人は、グラビアの申し子と言えるだろう。そのプライドが刺激され、むっちりとコスに詰め込まれた肉体が熱くなっている?ブラックのコスチュームは・・・まさか、処刑宣告?)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (ボディチェックを受けた後に愛が『AKB「もどき」の「グラビアごっこ」』と早くも挑発、紗綾も『挑発って、けっこう危険な行為なんだよ?された方も、後に優しくできなくなっちゃうから~。』と不敵な笑みを零すと)佐藤聖羅>グラビアアイドルとして・・・なら、私もSKE48のメンバーとして叩きのめしますね。(と返し)鬼頭桃菜>優しくできなくなっちゃう~??っくす♪私もその言葉返しますね~~~♪(そして、彩香の方に)チラッ!!!(と視線を投げかけた桃菜。)レフェリー>両者、各コーナーへ!!!(と言って4人をそれぞれのコーナーに戻させると)聖羅>ももにゃ、先発は私が行くから(と聖羅が言うと)桃菜>オッケー!!!(と言って桃菜はリングアウト。リング上に聖羅が残ると)聖羅>篠崎愛!!!いろいろ言ってくれたけれど、それだけの実力があるってことよね!?ビッグマウスさん!!??(と言って愛を挑発する聖羅。果たして愛は、聖羅の挑発に乗るのか?)
篠崎愛&紗綾 > (がっちり握手を交わした両者。その火花は一瞬、セコンドの佐山彩香にも飛び火したような?「ふふん♪」と笑った彩香は今日は大人しくセコンド役。そして先発はどちらか・・・・赤コーナーから佐藤聖羅が「ビックマウス」呼ばわりで激しく挑発!もちろん、グラビアアイドルならこれに応じない、という選択肢はない。紗綾とアイコンタクトしてから・・・)ご希望通り、相手してあげる!!!佐藤聖羅!!!(紗綾がリングアウトし、先発は篠崎愛!自軍コーナーから飛び出しかねない二人の様子に。)ッカ~~ン!!!!!(高らかにゴングが打ち鳴らされ、試合の幕が切って落とされた!)
(序盤から激しくぶつかり合う篠崎愛と佐藤聖羅!聖羅が逆水平を叩き込んで、すぐさま愛も逆襲!という逆水平合戦。互いのグラビアバストを歪めながら観客を大いに沸かせていく。そして序盤・・・時折、タッグマッチらしいカットが双方から入るが、愛vs聖羅を軸に試合は進んでいく。SKEメンバーであり、しかもグラビア宣言を公言する聖羅は、肉体ごとぶつかるようなプロレスを展開。一方の愛も当然のごとくそれに応じてエルボーにはエルボーショルダータックルにはショルダータックルで強烈にやり返していく。そして・・・・鮮烈のグラビアアイドルプロレスデビューを果たした『プレシャス・ガールズ』が、その勢いを見せつけるようにして猛攻!それを抑え込もうとヘッドロックで締め上げる愛に、聖羅のバックドロップ!ダウンしたところに、ホリプロの有力選手を叩きのめした鯱固めがシングルで炸裂していく。)愛>くぅッあぁああ・・・・んくぅうう・・・・!!!(額に汗を浮かべ耐える篠崎愛!むっちりと乳肉をマットに押し潰されながらも這い進み、ロープに腕を伸ばす!ここで紗綾のカットイン!ロープをくぐって駆け寄るも、横から組み付く桃菜!組み合った二人は転がってサードロープの下から場外へと転げ落ちていく。ただ、その混乱のなか・・・・)愛>(ッグ・・イイ!!)ロープ・・・ッ!!!(耐え切った愛。汗だくボディーから伸ばした右手がロープを掴む。)っはあ・・・っはあ・・んくぅ・・・っはあ・・・グラドルプロレスが・・・ん・・わかってるみたいじゃない!(聖羅を認める発言をしながら、荒い呼吸を繰り返す。ロープを掴み、ダメージを受けた腰を押さえながら膝立ちに立ち上がろうとしていく篠崎愛。)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (試合開始のゴングが鳴ると、戦前の予想通りに聖羅がグラビアボディを活かした肉弾プロレスを展開。SKEメンバーの聖羅がエルボー、ショルダータックルを繰り出すと負けじと愛もエルボー、ショルダータックルを繰り出していく。ゴング開始前に愛を挑発した聖羅は愛のムチムチボディから繰り出す技を)聖羅>うっ!!!(と呻き声を上げるも)まだまだっ!!!(と気迫を見せる聖羅。一進一退の攻防が展開する中、愛がヘッドロックで聖羅を締め上げていくと)ぐ、ぐああっっ!!!(と叫んだ聖羅は愛の腰をロックすると、バックドロップで愛をマットに叩きつける。試合開始から7分が経過した時に繰り出した聖羅の大技に)グラドルプロレスファン>うおおっっっ!!!(と歓声が沸きあがる。このままフォールに行くと思われた聖羅であったが)篠崎愛!!!あなたにも栄名物の鯱固めを味あわせてあげるわ!!!(と高々に宣言した聖羅はホリプログラビアンからギブアップを奪った鯱固めで愛を追い詰める。しかし、ホリプログラビアンとプラチナ・デュオの格の違いを見せつけると言わんばかりにジリジリと這い進み、ロープに腕を伸ばそうとする。さらにそこに紗綾が聖羅の鯱固めを解きに行こうとカットインに行こうとするが)桃菜>甘いわ!!!(と叫んで紗綾のカットインを妨害すると言わんばかりにリングインして紗綾に組み付いて行った桃菜は紗綾と共に場外へ転がり落ちる)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > 聖羅>サンキュー、ももにゃ!!!(と叫んだ聖羅が愛のバストを押しつぶさんと言わんばかりに鯱固めを極めて行くが、愛が何とか右手を伸ばしてロープに掴むと)レフェリー>ブレイク!!!(と聖羅に鯱固めを解かせるよう指示を出すと、素直に鯱固めを解いた聖羅。ここで愛が荒く息をつきながら聖羅の事を認める発言をすると)聖羅>ありがとう。私はグラドルプロレスに参戦するために、バストアップして・・・肉体改造してきたんですよ。(と自らのボディを肉弾戦などの激しい戦いに耐えるためにグラドルプロレス仕様に進化した聖羅は)それに、SKEやAKBでは私が望む肉弾戦ができないからね・・・(と言って腰を抑えながら膝立ちに立ち上がろうとした愛の左腕を掴み、愛をハンマースルーで飛ばすと)いっけえぇぇぇ!!!!(と叫んだ聖羅は戻ってきた愛の喉元目がけてグラドル仕様の聖羅の右腕がラリアートで襲い掛かる!!!)
篠崎愛&紗綾 > (SKE・AKBプロレスに飽き足らず、肉弾ボディをつくり上げてグラドルプロレスに殴り込んだという聖羅。一方、カットインからむっちりボディが絡まり合い、場外に落下という展開もファンを沸かせていく。そして、鯱固めからロープに逃れた愛が立ち上がり切らないうちに、その腕を取った聖羅がハンマースルー!汗を散らしながらリングを走らされた篠崎愛が、豊かな胸元を弾ませながらロープにバウンドする・・・グラドルプロレスの醍醐味といえる後光景。そこに・・・腕を振りかぶって襲い掛かる聖羅!)ふっぐぅうううッ!!!!(ドッカアアアア!!!!!)・・・ッズダダァン!!!(ラリアット炸裂!そのパワフルさは、グラドルプロレスのリングに上がる資格を十分に証明して、喉元を抉られた愛はなぎ倒されるようにしてマットに叩き付けられる!喉元を抑え、左右に身もだえする篠崎愛の苦しそうな姿。)ぁああ・・・っぐ・・っげほ!!!げほげほ!!っくぅうう・・・!!!
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (聖羅が放ったラリアートを受ける覚悟を見せた愛が聖羅のラリアートをまともに受けると、苦しそうな表情を浮かべながら薙ぎ倒される。愛のムチムチボディがマットに倒れる姿を目の当たりにしたグラドルプロレスファンからは)グラドルプロレスファン>うおぉぉぉぉぉ!!!!!!(と歓声が沸きあがる。喉元を抑えて左右に身もだえする愛の姿を腰に手を当てて見下ろす聖羅は『どうだ!!!』と言わんばかりの様子)聖羅>グラドルプロレスラーのプライドがそうさせたかも知れないけれど、私のラリアートを受ける心構え。それは評価してあげるわ!!!(と言った聖羅は)あなたのような肉弾グラドルレスラーがSKEのラリアートでフォールを奪われる屈辱・・・というのも絵になると思うのよね。(と言って聖羅はグラドルレスラー仕様ボディを愛の上に覆いかぶさり、愛の肩を手で押さえつけると)レフェリー、フォールよ!!!(と言ってレフェリーにフォールを迫る)
篠崎愛&紗綾 > (これぞグラドルプロレスの展開、といったところか。愛はかわすそぶりすら見せずに正面から食らい、マットに叩き付けられた。薙ぎ倒した聖羅のアピールに歓声が沸き起こり、愛とのグラドルプロレスを楽しんでいる様子の聖羅は、AKB系グラビアに苦言を呈した愛を相手に、屈辱の図を演出しようと?仰向けにダウンした愛の方を両手で押さえ込み、フォールを宣言!)レフェリー>ワン!!!・・・ツー!!!(すかさずカウントが入り、「返せー!」と「決めろー!」という歓声が交錯するなか・・・)愛>はあ・・はあ・・・んんんッ!!!!(ダウンしていた愛の肉体に力が籠り、カウントツーで右肩を上げていく!)はあ・・ふうう・・・まだ・・まだ!このくらいでフォールを奪おうなんて、甘いわよ!(下から強い視線で聖羅を睨み付け、グラドルプロレスはこんなもんじゃない、と?汗だくながら、もっとガンガン来いと言わんばかり。)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > SKE48ファン>せぇ~~~ら~~~~!!!決めちゃって!!!!グラドルプロレスファン>愛ちゃん!!!返して!!!(それぞれのファンの思惑が歓声という形で交錯する中でカウントを取っている中、愛が下から強い視線で聖羅を睨み付けてカウント2で聖羅のフォールを返す。愛の強いまなざしに思わず)二ヤリ!!!(と笑みを浮かべた聖羅は)そうこなくちゃ!!!私達48のみんなに随分と大きな口を叩いてくれたしね・・・(と言って愛を引き起こした聖羅。)もちろん私だって、このラリアートでフォールを奪えるとは思ってなかったわ。お望み通りにガンガン行かせてもらうから!!!(と言って愛を引き起こした聖羅は愛との距離を取ると)タッ!!タッ!!タッ!!(と助走をつけあと前屈みになりながら体を軽くジャンプさせ、愛の腰を両手で抱え込むように飛びかかって愛の腹部に右肩口から体当たりする。そしてそのまま体重をあずけると)ズドーーン!!!(と愛を豪快に薙ぎ倒し、転倒した愛の後頭部や背中をマットに痛打させる。自らのムチムチボディを繰り出したスピアーで再び愛をマットに薙ぎ倒す)
篠崎愛&紗綾 > (プレシャスガールズの、佐藤聖羅の勢いに対抗し、カウントツーで返した篠崎愛。すると聖羅はこれこそ殴り込んでまで臨んだプロレスだというのか、不敵な笑みを浮かべ、AKB系相手に口火を切った愛に、むしろこの程度では済まさないと?引き起こされた愛は、迫力ある突進を見せる聖羅にっく!口を引き結び、腰を落として・・・!)ふぐぅうぅ!!!!(ズッダァアン!!!)(スピアータックル!肩口が愛のボディに豪快にぶちかまされ、衝撃音とともに薙ぎ倒される!)っくぅうう・・・ん・・・やって・・くれるじゃない・・!!(派手になぎ倒されたダメージに片目をつむり、片目にじわっと涙をにじませながらも、その心の中ではプロレスにヒートアップ。思えば、同世代相手にここまで熱くなれる試合はなかなかなかった?)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (片目にはじわっと涙をにじませている愛の姿を見逃さなかった聖羅)AKBやSKEの事を随分と舐めていた感じだったけれど、私達だってデビュー前から厳しい練習を積み重ねてきてるのよ!!!(と覚悟を示した聖羅。すると、いつの間にかコーナーポストに戻った桃菜の姿を捉えた聖羅は)紗綾ちゃん!!!そろそろ、タッチした方がいいんじゃないの!!!(と紗綾を挑発する聖羅は愛を引き起こすと)バチーーーーンッ!!!バチーーーーンッ!!!(と愛のバスト目がけて逆水平チョップ!!!チョップを放った後には時折)チラッ!!!チラッ!!!(と紗綾に向けて視線を送る聖羅はまるで『紗綾ちゃん、一緒に私と戦いましょ?』と誘っているかのようだ)
篠崎愛&紗綾 > (場外での小競り合いからそれぞれのコーナーに復帰した紗綾と桃菜。カットインを横から阻止した桃菜がワンポイント獲得といったところか。)愛>んっくう!!ぁああッ!!!(叩き込まれる逆水平チョップ!グラドルの命を歪めながら、勢いに乗る聖羅の挑発は紗綾にまで及ぶ!すると紗綾。涼しい顔で戦況を見つめつつ、聖羅にウインクを返して。)紗綾<よそ見してたら危ないんじゃないかな~!?(そんな声を返す。すると直後。)愛>っふ!!(ッズバチイイ!!!)はぁあ!!!(バッチイイ!!!!)(逆水平には逆水平で!胸元を抑えて一度は後退した愛が、闘志漲る逆水平を聖羅の胸元にめり込ませる!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (グラドル自慢のバストを逆水平チョップで叩きこまれた愛が呻き声を上げると、聖羅は紗綾に向けて視線を送ると、紗綾は聖羅の挑発に乗らずに、むしろ涼しい顔で戦況を見つめて、聖羅にウインクを返す。そして、紗綾がよそ見したら危ないんじゃないの、と隙を見せた聖羅に忠告を送った次の瞬間)バチッ!!!(と聖羅のグラマラスバストに愛の逆水平チョップが)聖羅>あうっ!!!(と呻くと)桃菜>せえ~ら!!!敵に隙を作ってどうするの!!!(と檄を飛ばす桃菜は紗綾に向けて視線を送る。愛の反撃に)聖羅>ちょっと、油断を見せただけなの!!!(と言い返す聖羅は)肉弾戦に持ち込むんだったら歓迎よ!!!(と言って)バチーーーーン!!!バチーーーーン!!!(と逆水平チョップ2連発で反撃。意地と意地が交じり合うチョップ合戦。果たして結末は?)
篠崎愛&紗綾 > あっぐぅ!!んくぅうう~!!(肉弾戦も望むところ!と再び、グラドルプロレスに燃える聖羅の逆水平!その迫力に愛の乳肉が大きく弾け、これぞグラビアアイドルプロレスの醍醐味!?)こんのぉお・・・!!やってくれるじゃない!(愛も熱くなった様子でさらに聖羅乳に逆水平を叩き込む!!そして、さらにさらに聖羅がやり返すという大逆水平合戦に発展していき、大きな歓声を浴びる愛と聖羅!その結末は・・・・)(バチイイ!!!)んっくうぅ・・・!!!(強烈な一撃を喰らった愛が思わず後ろによろけて、背中がロープに接触。そこへ!)(ズバチイイ!!!)っくはぁああ!!!(さらに逆水平!むぎゅみゅッ!!と愛乳が歪められ、ロープから上半身がはみ出し仰け反る!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (歓声が沸きあがる中、逆水平チョップ合戦を制したのは何と聖羅!!!愛乳が歪められロープから上半身からはみ出しのけ反るのを見た聖羅は)聖羅>どう、SKEに逆水平チョップ合戦で負けるという屈辱は?(と挑発した聖羅)でも、もっと屈辱を味わあせてあげるから!!!(と聖羅はロープに接触した愛の右腕を掴むと)んんんりゃ!!!!(と雄叫びを上げた聖羅は愛をロープ反対側へハンマースルー。戻ってきた愛に向かって)タッ!!タッ!!タッ!!!(と駆け込んだ聖羅は)SKEだからと言って舐めないでくれる!!!(と叫んだ聖羅はムチムチの右腕を愛の喉元目がけてラリアートを放つ)
篠崎愛&紗綾 > っくぅう・・・!!!(逆水平合戦での勝利をアピールしてくる聖羅に、悔しさたっぷりの視線で睨み返す篠崎愛!同世代ではなかなかライバルと呼べる相手はおらず、それがプラチナ世代による革命宣言の一因でもあったのだが?しかも、もっともっと追い込んでやると力強いハンマースルーを繰り出してくる聖羅に、乳房を上下に揺らしながら走る愛は、「やれるもんならやってみなさいよ」とばかりに避ける素振りなど微塵もなく、プロレスのセオリー通りに返ってくる。そこへ!)はっぐぅううう!!!!(ラリアート炸裂!これまた肉弾戦の醍醐味である技でムチムチの魅力が見せつけられ、グラドル篠崎愛がなぎ倒され、派手な音を立ててマットに叩き付けられる!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (グラドルレスラーの意地か、聖羅のラリアートに敢えて受けて立つと言わんばかりに、逃げずに立ち向かった愛は聖羅のラリアートをまともに受けると、派手な音を立ててマットに叩きつけられる。『プラチナ世代』の愛がSKE相手に派手にマットに叩きつけられたのを見た観客はしばらくの間沈黙が支配。その沈黙を破るかのように聖羅が)聖羅>私のラリアートを逃げずに敢えて受けてくれたあなたに感謝するわ!!!(と言った後)でも、やっぱり、肉弾戦も私達『プレシャス・ガールズ』が上みたいだったね!!!(と格の違いを見せつけた聖羅は)多くのグラドルレスラーをマットにひれ伏したこの技を、あなたにお見舞いして見せるわ!!!(と叫ぶと愛の体をフィッシャーマンズスープレックスのクラッチに捕らえ、愛の体を垂直になるまで持ち上げる。これを見た桃菜は)桃菜>せえ~ら~~~~~!!!思い切ってやっちゃいなさいよ!!!(と叫ぶと)聖羅>いっくよ!!!!(と叫ぶと)バーーーーン!!!(と愛を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で愛の体をマットへ叩きつける。聖羅の必殺技のフィッシャーマンズバスターが炸裂。マットに激しく叩きつけられた愛の上に覆いかぶさると)レフェリー、フォールよ♪(とカウントを要求する聖羅。いくらのグラドルを敗北に追いやった聖羅の必殺技フィッシャーマンズバスター。愛も聖羅のフィッシャーマンズバスターの餌食となるのか)
篠崎愛&紗綾 > (肉弾戦での勝利を高々と宣言する聖羅!ラリアートでなぎ倒された愛はダメージに苦しみながらも、涙のにじんだ瞳で「まだ負けてない!」と聖羅を睨みつける。そこに畳みかけてくる聖羅に、愛は引き起こされて首と片足を抱え込まれていく。むっちり感を強調されながら踏ん張ることもできない体勢で・・・・担ぎ上げられていく篠崎愛!この体勢を、すでに聖羅は何度か披露している。そして、この体勢に捕らえられたグラビアアイドルは、聖羅の足元にひれ伏す結果となっているのだ!もはや『グラドルキラー』と呼べるかもしれない聖羅のフィッシャーマンズバスターが・・・)うぁああ~~ッ!!!!(ズッバァアアア~~~ン!!!)んぐぅいうぅうう!!!!!(炸裂!!声をたなびかせ、真っ逆さまに叩き付けられた篠崎愛のプラチナボディ!そのまま仰向けに倒れこんだところに、SKEグラビアボディで圧し掛かり、むっちりとフォールを決める佐藤聖羅!カウントを要求するその笑顔には、勝利への確信が浮かんでいる!?)レフェリー>ワン!!!!・・・・ツー!!!!!(レフェリーのカウントがリングにこだまし、『プレシャスガールズ』ファンに加えて聖羅に魅了されたグラドルプロレスファンがカウントに唱和。「愛!!」とさけぶ紗綾がロープをくぐるが、すでにその前には桃菜が立ち塞がっている。ツーとスリーの間のプロレス的間合いを表現しながら、レフェリーの腕が三度、マットに振り下ろされていく!)レフェリー>スリ・・・・ッ!!!!???? 篠崎愛>んくッ・・・いやぁああああ!!!!!(レフェリーの手がマットを叩く直前!甲高い声を上げた愛が体を捻って肩を上げた!カウントは・・・2.9!!!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (聖羅のフィッシャーマンズバスターに歓声が沸きあがると、マットに叩きつけられたプラチナボディの上に圧迫するプレシャスボディ。観客の歓声に笑みを浮かべる聖羅。レフェリーがカウントがリングに木霊。愛の最大のピンチに紗綾がロープを潜るが)桃菜>そうはさせないわ!!!(と叫んだ桃菜がリングインしてカット失敗。もはや絶体絶命の中、レフェリーがマットを叩く直前に愛が甲高い声を上げて体を捻って肩を上げた)観客>うぉおおおおおおっっっっっ!!!!!(と大歓声が沸きあがる中、フォールを返された聖羅は一瞬キョトンとする。しかし)聖羅>ちょっと!!!カウント3入ったでしょ!!!(とレフェリーに食って掛かる聖羅を見た桃菜は)桃菜>せえ~ら!!!相手に隙を見せちゃいけないでしょ!!!(と注意を送るが、若い聖羅は桃菜の忠告を無視するかのようにエキサイトする)
篠崎愛&紗綾 > (レフェリーに猛抗議する聖羅は、指を二本立てて首を横に振り、「ツー」を強調され、さらに頭に血を登らせて掴み掛る!何人ものグラドルをリングに沈めた必殺技への自信、それを返されたのがよほど悔しいのか。一方、首筋を押さえながら、体を起こしていく篠崎愛・・・はあはあとグラビアンバストを上下させながら呼吸を整え、レフェリーに掴み掛って背中を見せている聖羅を横目で確認・・・・パートナーの声も目に入らない様子の聖羅に対して・・・)佐藤聖羅ぁ!!!どっち・・・(ッダッダッダッダ!!!!)向いてるのかなッ!!??(名前を叫んで走り込む!ダメージを受けた肉体だが、ここぞ!というとこに最大パワーを発揮するのがグラドルレスラー!名前を叫ばれ、はっと振り向いた聖羅に、ムッチムチの腕を振りかぶってラリアット!「肉弾戦勝利宣言なんてまだまだ早いわよ!」とばかりに、聖羅の胸元に叩き込もうと!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > 聖羅>だから、カウントは3つ入ったでしょ!!!(となおもレフェリーに食って掛かる聖羅だが、レフェリーは認めないと言わんばかりに首を横に振る。エキサイトした聖羅は桃菜の忠告が耳に入っていないのか、聖羅の横を愛が駆けていくのを目にしなかった。やがて『佐藤聖羅ぁ!!!どっち・・・向いてるのかなッ!!??』と自分の名前を叫ぶ声が耳にして、振り向いた聖羅に向けて愛がムチムチの腕を振りかぶり)ズシーーーーーーンッ!!!!!(と聖羅の胸元めがけて強烈なラリアート。『今までのグラドルレスラーと全然違う威力・・・』愛の重みのあるラリアートに)ぐああっっっ!!!!(と悲鳴あげた聖羅。『ダメージを最小限に抑えるためにも・・・』そう思った聖羅は両手を広げて)バターーーーーーンッ!!!!(とマットに叩きつけられる)
篠崎愛&紗綾 > (愛の反撃が派手に決まった!聖羅の猛攻に、「ダメか・・・」と気落ちしかけたプラチナファンが息を吹き返し、大歓声を上げる!一方、汗だくの愛はマットに叩き付けられた聖羅を見下ろす。聖羅のプロレスを全身に浴びた愛は聖羅の実力をはっきり認識。とっさに受け身を取ったことにも舌を巻く。だから、容赦なく追撃!ロープに走って反動で返ってくると、倒れ込んだ聖羅に!)これがグラドルの肉弾戦よ!(と、言い放ちながら、飛び上がってギロチンドロップ!むっちり太ももでラリアットを叩き込んだ胸元を容赦なく押し潰そうと!聖羅をグラドルプロレスのリングに上がる資格ありと認めたうえで、激しく仕掛けていく!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (プラチナファンが大歓声を上げるのに対して)SKEファン>せえ~~~~ら!!!!せえ~~~~ら!!!!(と負けじと聖羅にエールを送る)桃菜>せえ~~~~~ら!!!!!タッチ!!!(と必死に手を伸ばす桃菜だが)聖羅>はあ・・・、はあ・・・・(とバストを揺さぶりながら息を整えている。しかし、聖羅のしっかりとした受け身に実力を認めたのか愛はロープに走って反動で戻ってくると)バサッ!!!(と聖羅の横で飛び上がった愛が)グサッ!!!(と聖羅のバストを押しつぶさんばかりのギロチンドロップ!!!。ムチムチの太ももが襲い掛かると)んあああっっっっ!!!!(と悲鳴あげる聖羅。)
篠崎愛&紗綾 > (必殺技を返された聖羅が劣勢と見て、タッチの手を伸ばす桃菜。そこへ、追い打ちのギロチンドロップが襲い掛かった!疲れとダメージは否めないと紗綾も愛にタッチの手を伸ばすが、愛は首を横に振る。「しょうがないな」と苦笑する紗綾は手をひっこめながら。)紗綾>わたしの分も残しといてよね~!(そんな声を愛の背中にかけていく。)愛>それじゃあお次は・・・こんな技なんて、どう!!??(ギロチンドロップの直撃を受けた胸を抱いて悶える聖羅の両足を捕え、脇に抱え込んでいく愛が・・・力強くステップオーバーを狙う!これには、観客席からはどよめきが起こり、SKEファンからは怒りの声が上がる。愛が繰り出そうとしているのは逆エビ固め…いや、鯱固め!グラドルレスラーとして認めた聖羅の技を「掟破り」で仕掛けていく!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (桃菜と紗綾がお互いに手を伸ばすという状況の中だが、愛は紗綾のタッチ要請に首を横に振りながら拒絶。一方の桃菜は)桃菜>せえ~~~ら~~~~!!!早く!!!(と必死に手を伸ばす。桃菜の表情が厳しくなる辺り、グラドルプロレスの洗礼を受けている聖羅に対して愛が力強くステップオーバーを狙うと、何と栄名物・鯱固めを仕掛けていく。愛の掟破りに)SKEファン>舐めとんのか!!!(と愛に向けて罵声を浴びせていく)ギュウゥゥゥ・・・・(と聖羅のグラドルバストを押しつぶさんと言わんばかりの鯱固めに)ああっ!!!!(と呻き声を上げる聖羅だが)ロ、ロープ・・・(と言って必死に手を伸ばそうとする。聖羅の苦戦ぶりに見かねた桃菜が)桃菜>聖羅!!!!いま、助けに行くから!!!(と言ってセカンドロープとサードロープの間を掻い潜ってリングインし)タッ!!!タッ!!!(と鯱固めを仕掛けている愛に向けて突進しようとするが・・・)
篠崎愛&紗綾 > (マットに押し潰される乳谷間~というグラドルプロレスの醍醐味が聖羅に襲い掛かる!相手を象徴する技を食らわせるという「掟破り」は、対戦相手に屈辱を与え、さらにファンを激怒させて会場を盛り上げるという効果が。必死にロープを求める聖羅を見かねて、桃菜がロープをくぐる!そして愛と聖羅の鯱に向けて突進・・・していくのだが!?)ッダッダッダッダ!!!(まっすぐ駆け込む桃菜の耳に、真横から聞こえるマットを蹴る音!カットインに夢中の桃菜を・・・!)紗綾>させないよ~!?(ガッシイイン!!!ズダダアン!!)(紗綾のタックルが激突!身長は低めの紗綾だが、その肉弾は十分!桃菜のボディに肩をめり込ませ、なぎ倒してしまう!)愛>さっすが紗綾!(満面の笑みを浮かべる愛に紗綾はウインクで応えると、なぎ倒す時に抱え込んだ桃菜の両足を抱え込み・・・・)紗綾>じゃ、わったしも~~!!(一気にステップオーバー!腰を落としていって・・・鯱固め!SKEグラドルタッグは互いの顔と谷間を向かい合わせに、『プラチナ・デュオ』は背中合わせ。グイッと腰を落として聖羅と桃菜を反り返らせ・・・真の『鯱固め』を完成させてしまう!)愛>ほらほらッ!!自分たちの技でギブアップしちゃう!? 紗綾>ごめんね。「掟破り」なんて・・・でも、これもあなたたちをグラビアアイドルレスラーと認めたからこその厳しい攻め・・・だから、手加減しないよ!(ギュチ・・ッギュチギチギチイイ~~!!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (聖羅がもがき苦しむ中で桃菜が絶妙のタイミングでカットインしようとする中、待ってましたと言わんばかりに紗綾もリングインすると)グサッ!!!(と150cmの小柄な体からは想像もつかないタックルが桃菜に襲い掛かる)桃菜>いやあぁぁぁぁぁっっっっ!!!!(と悲鳴あげた桃菜はマットにテイクダウン。)聖羅>も、桃菜・・・(と助けに行った桃菜を気遣う聖羅だったが、紗綾が一気にステップオーバーすると)グラドルプロレスファン>おおっっっっっ!!!!!(と言う歓声が。何と、聖羅と桃菜はお互いの苦悶する表情を見るという掟破りのW鯱固めを敢行した愛&紗綾。プレシャス・ガールズの屈辱な姿を見たSKEファンが)SKEファン>調子に乗るんじゃねえぞ!!!(と言うと)ブ~~~~~~~~~ッ!!!(とブーイングが会場を支配)聖羅>ああっ!!!!桃菜>きゃあっっっ!!!(と悲鳴あげる中、レフェリーが)レフェリー>聖羅、ギブアップ???(と迫るが)聖羅>ノ、ノ~~~!!!(と拒絶する聖羅)
篠崎愛&紗綾 > 愛>ふふふふ♪これがグラドルプロレスの厳しさですよ~~!?(こういう時はブーイングも気持ち良いもの。ぐっと腰を落として聖羅を攻め立てていく愛のセリフは、観客にも向けられている。)紗綾>あ、桃菜ちゃんはギブしても試合は終わらないからね!(だから、ギブアップしてもいい、ということなのか、ギブアップしても責めたてるということなのか。ベビーフェイスな紗綾の笑みが、危険なものに見えてくる。この技でギブアップを取るつもりはないが、ここまでのお返しとばかりに、厳しく腰を落として『プレシャスガールズ』を追い込んでいくプラチナ版W鯱固め!散々腰にダメージを与え、乳肉をマットで変形させてから・・・やっと、技を解いていく。そして・・・)紗綾>ほらッ!!ここは二人の邪魔になっちゃうから、場外に出ようか?(などといいながら、桃菜を場外へと引きずり降ろしていく。そして、鯱のダメージが抜けきらない桃菜を立ち上がらせて・・・なんと!)紗綾>ほらほらほらッ!!(ブンン!!・・ガッシャアアン!!!)(場外マットを囲む鉄柵に、桃菜をハンマースルー!叩き付けていった!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (SKEファンからのブーイングに委縮するどころか、SKEファンにグラドルプロレスの厳しさを教え込んでいる愛に向けて)グラドルプロレスファン>そうだ~~~~~!!!いいぞ~~~~~愛ちゃーーーーーん!!!!!(と歓声が沸きあがる。W鯱固めを仕掛けている紗綾が桃菜に向けて、『桃菜ちゃんはギブしても試合は終わらないからね!』と挑発すると)桃菜>こ、このくらい・・・(と返すも、腰にビリリッ!!!と電気が走ると)ああっ!!!(と悲鳴あげる桃菜。聖羅も)聖羅>ぐ!!!(と呻き声を上げ、額から汗が噴き出していく。グラドルプロレスで初めて見せる聖羅の苦悶に満ちた表情。時折白い歯を剥き出しにして耐えている中)バタッ!!!(とようやくW鯱固めから解放された『プレシャス・ガールズ』)聖羅&桃菜>はあ、はあ、はあ・・・・(と呼吸を整えた次の瞬間)桃菜>な、何をするの!!!(と悲鳴あげる桃菜だが、紗綾によって場外に連れ出されていく)聖羅>ももにゃ!!!(と悲鳴あげた次の瞬間、鈍い金属音の後に)桃菜>きゃあぁぁぁぁ!!!!(という悲鳴が。U-19ではタブー視されている場外の鉄柵攻撃を紗綾が自ら仕掛けてきた。鉄柵に手を添えて)桃菜>う!!!(と呻く桃菜は顎を前に突き出して痛みに耐える)
篠崎愛&紗綾 > 愛>パートナーの心配なんてしてる暇ないよ!(一方、聖羅の背中に厳しいセリフを叩き付けた愛は、すぐに立ち上がれなかった聖羅の背中にズシンッとヒップを落としていく。それから、聖羅の腕を一本づつ、跨って立てた自分の膝へとロックしていく。そして、聖羅の顎の下で手を組み合わせて・・・)愛>こんどはこれ!強制グラビアポーズこと、キャメルクラッチ!(グイグイと聖羅をのけ反らせていけば、マットに押し潰されていたバストを突き出させ、谷間を強調する姿勢を強制!そして、鯱固めで痛めつけた腰をさらに責め立てるダメージ!)
(さて、場外では・・・・U19時代から、ヒール志向の選手に目をつけられていた紗綾。さらに本戦に進出してからは、ジュニア時代からの知名度の高さ、童顔ベビーフェイスであることを理由に格上ヒールたちの厳しい場外戦にもさらされてきた紗綾。その経験が、こんな形で現れるとは!)紗綾>ほ~ら、こっちのお客さんにも・・(グイイ・・・!)みてもらおう・・ね!(ガッシャアアン!!)(ベビーフェイスとのギャップを見せつけながら、鉄柵にもたれかかった桃菜を引き起こし、さらに別方向の鉄柵へと叩き付けていく!)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (聖羅と桃菜を分断させることに成功した愛と紗綾。うつ伏せになって息を整えていた聖羅の背中にズシンッ!!と愛のグラドルヒップがのしかかる)聖羅>うっ!!!(と呻いた聖羅に向けて愛がグラドルプロレスの見せ場の1つであるキャメルクラッチ!!!。鯱固めで散々腰を痛めつけられていた聖羅の腰を再び軋ませようとグイグイッと聖羅の腰を曲げていく愛)ぅあぁあああッ!!!(と悲鳴あげる聖羅は白いグラドルバストを観客に見せつけている)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (場外に連行された桃菜を見て)SKEファン>ももにゃ!!!ももにゃ!!!(とももにゃコールが巻き起こるが、U-19をはじめとして幾多の修羅場を乗り越えた紗綾がベビーフェイスとのギャップを見せつけると、反対側の鉄柵に桃菜を叩きつける)(ガシャアアアアン!!!!という鈍い音が響くと)桃菜>ぅぐ・・ぁあああ・・・・!!(ともがき苦しむ桃菜の視線はうつろになっていく)
篠崎愛&紗綾 > 紗綾>ももにゃ~?これくらいでグロッキーになってちゃ、グラドルプロレスで生き残っていけないよ。(教えながら、ギャップに言葉を失っている観客たちにもウインクのサービス。鉄柵にもたれかかったままの桃菜に手をかけ、その首を右脇に抱え込んでいく。観客たちも「まさか…」と見つめるなか。)紗綾>行くよ!(桃菜の背中をパン!!と叩いてリズムをつけてから、後ろに倒れ込む!場外DDTを敢行!リング上と比べれば固い場外マットに、桃菜の頭部を突き立てていく!さすがに、場外マットを引き剥がして・・などという凶悪行為ではないが、十分以上に厳しい場外技!)
愛>せぇ~~~ら!!!ギブアップ!?腰、キツいでしょ?ギブアップしたら~!?(腰を容赦なく攻めていく愛のキャメルクラッチ!悲鳴を上げる聖羅のSKEナンバーワンバストを魅力的に揺らさせながら、白い喉を露わにするほど絞り上げていく!天井からのカクテルライトが聖羅の目に飛び込んでくる、いわゆる「エグい」角度!その聖羅の顔を、強い視線で覗き込む篠崎愛。もう一度・・・)ギブアップ!?(厳しく問い詰めていく。)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (観客達にウインクサービスを放つ紗綾が桃菜にグラドルプロレスの厳しさを教え込む)桃菜>そ、それくらい、分かっているのよ!!!(と強がる桃菜だが、鉄柵にもたれかかったままの桃菜に手を掛けて、その首を右脇に抱え込むと、桃菜の背中をパンと叩いてリズムを付けてから後ろに倒れこむ。場外DDTを敢行した)桃菜>ぎゃぁぁぁぁ・・・!!!(と悲鳴あげた桃菜は大の字になったままで目をパチパチさせている)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (リング上では愛が聖羅にギブを迫るが)聖羅>ああああ~~!!!(と悲鳴あげるが)ノー・・・ノ~~~!効かないんだからぁ~!!(と強がる聖羅だが)ユッサ!!!ユッサ!!!(と聖羅のバストが上下に揺さぶると、先ほどまで愛にブーイングを送っていた観客が)おおっ!!!(と歓声が沸きあがる。そして天井からのカクテルライトが聖羅の目に飛び込むいわゆる『エグい』角度でのキャメルクラッチ)聖羅>ああっっっ!!!!!(と悲鳴あげるが)レフェリー>聖羅、ギブアップ?(と迫ると)聖羅>ノー…ノ~~~~!!!(と拒絶する)
篠崎愛&紗綾 > 紗綾>これがグラドルプロレスの場外戦だよ?ももにゃちゃん? 佐山彩香>あっれ~?なんか小悪魔ぶってたのに、この程度なの~?(二つのグラドルフェイスが大の字ダウンの桃菜を見下ろす。いつの間にか顔を出したプラチナ側のセコンド、佐山彩香だ。桃菜の顔を覗き込み、にんまり笑う。当然、手は出さないが・・・その笑みは桃菜に屈辱を与えるか。)
愛>ん・・・きっと耐えてくると思ったよ、聖羅。(やるじゃない、と聖羅の実力を認めた口調の篠崎愛。AKBがグラドルプロレスのリングに上がるなんて!と考えていた愛が、聖羅をグラドルレスラーと認めて叩きのめそうとしている。ここで、キャメルクラッチを解いていくと・・・)ッガス!!ッガスウ!!(さらに容赦なく、聖羅の腰にストンピング!続けて蹴りつけて行く姿に、試合と愛白熱具合が観客に伝わっていく。)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (これまでの試合で場外戦の経験がない桃菜にとって初めて受ける事となったが、想像していた以上に自分の体にダメージが刻まれていている。仰向けになった桃菜をにんまりと笑みを浮かべながら彩香が上から見下ろすという屈辱。彩香のグラドルプロレスでの活躍ぶりを耳にしている桃菜。実際に彩香にジロジロと見つめられていると、恐怖感から来たものか桃菜の額から噴き出す汗が尋常になく滴りだす)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (紗綾によって聖羅と桃菜を分断させることに成功した愛は聖羅の実力を認めるかのような口調を吐いたのちにキャメルクラッチを解くと、聖羅の腰目がけてむっちりボディからストンピングの嵐。聖羅の腰の上に愛のストンピングが襲い掛かる度に)ああっ!!!いやあぁぁああっっっ!!!(と悲鳴を上げる聖羅)
篠崎愛&紗綾 > (観客席もリング上もリングサイドまでも白熱するグラビアアイドルプロレスアリーナ!まずは・・・場外リングサイド。)紗綾>それじゃあももにゃには・・・私が経験したなかでいっちばん辛かった場外戦を味わってもらうね!(そう宣告すると、汗だくの桃菜の足を取り、自分の足を差し入れながら交差させる。こうなれば、次に来る技は明らか。嫌がるそぶりを見せるももにゃであるが、紗綾は一気に・・・!)っはああ!!(ッグイイイ~~!!・・ッギチィイイ!!!)(サソリ固め!猛毒の拷問技を、ルール無用、ロープブレイクすらない場外で!紗綾に「一番つらかった」と言わしめるシチュエーションで、グラドルプロレスの恐ろしさを表現!?)彩香>うっわ♪紗綾ってけっこうえげつないな~♪ほ~らももにゃ!ギブ?ギブアップ!?(試合件はリング上の二人。ここでギブアップしてなんになるのか・・・そんなことは知りつつも、桃菜を見下ろす小悪魔がはやし立てていく。)
篠崎愛&紗綾 > 愛>ほらッ!!立ちなさいよ!!(ロリータフェイスの篠崎愛が厳しプロレスを繰り出す。聖羅をグラドルレスラーと認めたうえで、リングに沈めてやろうという気迫がみなぎっている。腰のダメージに立ち上がれない聖羅を無理やりにでも引き起こしていくと・・・)キっめるよ~~~!!!(拳を突き上げてアピール!そこから聖羅を、肩の上に担ぎ上げていく!聖羅の腹が下に来るように、いわゆるファイヤーマンズキャリーの体勢。首とフトモモに手をかければ、愛のボリューミーなグラビアバストが強調され、動きに合わせて揺れる。その谷間を見せつけながら、対戦相手を死の谷へ落とす・・・デスバレーボム!)これで!オわりぃいい~~!!!(グンンッ!!!・・・・ズガシャアアアア!!!!)(聖羅を叩き付けた瞬間にるるるんッ!!と弾けるグラビアバスト…まさに『グラビアンバレー・ボム』!倒れ込んだ聖羅の上にのしかかると、せぇ~ら乳の上に豊かな愛乳のみゅっちりと押し付けて、宣言。)フォール!
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (それぞれのファンがリング、そして場外に視線を送るが、SKEファンは場外マット上で倒れこむ桃菜に向けて)SKEファン>も~も~~にゃ!!!も~も~~にゃ!!!(と桃菜コールが湧き上がる。そんな中、紗綾が長年のグラドルプロレスの中で最も苦しんだ場外戦を味あわせてあげると宣言すると、桃菜の足を取り、自分の足を差し入れながら交差させると、ムチムチの紗綾ボディをももにゃボディの腰の上におろすと)ギッシィィィィ!!!!(とサソリ固め!!!)桃菜>いやあぁぁぁぁぁっっっっ!!!!!(と悲鳴あげる桃菜。桃菜の悲鳴が会場に響き渡ると、いつの間にか紗綾×桃菜戦のレフェリーになったつもりの彩香が桃菜にギブを迫る)だ、誰が・・・(とギブを拒むが、徐々にももにゃボディに紗綾の毒が体に回り込むと)うああっっっっっ!!!!!(と悲鳴あげる桃菜の目からは涙が溢れだすと)・・・・ギ・・・・ギ・・・ギブッ!!!(とギブを宣言)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (一方のリング上。愛の形勢逆転に)グラドルプロレスファン>あ~~~~いっ!!!!あ~~~~いっ!!!(とももにゃコールに負けじと愛コールが巻き起こる。気迫が漲った顔を浮かべた愛が聖羅を引き起こすと、拳を突き上げてフィニッシュ宣言)グラドルプロレスファン>うぉおおぉぉぉぉぉっっっっっっっ!!!!!!!(と愛の宣言に応えるかのような歓声が湧き上がると聖羅を肩の上に担ぎ上げて行った愛がファイヤーマンズキャリーの体勢に持ち込むと、自分の胸の谷間を見せつけながら聖羅をデスバレーボムでマットに叩きつける。愛のグラビアンバレー・ボムが炸裂すると)グワ~~~~~ンッ!!!!!(とその威力が示すかのように一瞬上下にマットが揺れると)聖羅>きゃぁあああ~~!!!!(と悲鳴あげる聖羅。倒れこんだ聖羅の上にのしかかった愛は)グニュウゥゥ!!!(とせぇ~ら乳の上にムチムチの愛乳が押し付けると、レフェリーにフォールを迫ると)レフェリー&グラドルプロレスファン>ワ~~~~~~~ンッ!!!!ツ~~~~~~~!!!(とレフェリーとグラドルプロレスファンが一斉にカウントコール。『こ、これが篠崎愛の本当の実力なの・・・』と涙腺から屈辱の涙が溢れだす聖羅。そして)レフェリー&グラドルプロレスファン>スリ~~~~~~~~~~ッッッッ!!!!!(とスリーカウント)
篠崎愛&紗綾 > ッカンカンカンカンカンカ~~~ン!!!!(グラドルプロレスのリングで破竹の進撃を続けた『プレシャスガールズ』についに黒星!打ち鳴らされるゴングと「うおおおお~~!!!」というグラドルプロレスファンの歓声が木霊する。試合を決めたのは、篠崎愛が繰り出した必殺技『グラビアンバレー・ボム』。しかも場外では、小悪魔ももにゃが場外サソリ地獄に涙のギブアップ!ヒールレスラーなら「ここは場外だからギブなんて関係ない」と言っていたぶる展開すらあり得るが、紗綾は笑みを浮かべたまま技を解いていく。)紗綾>これがグラドルプロレスの場外戦だよ?ももにゃちゃん! 彩香>あっはははは♪泣いちゃってカワイイ~♪(腰と両足にダメージを受けた桃菜がうつ伏せのところに彩香がかがみ込み、試合中は出さなかった手を出して、桃菜の髪を掴んで顔を上げさせる。泣き顔を見てやろう、観客に泣き顔を見せてやろうという小悪魔パフォーマンス。しかも、上げさせた桃菜の頬をぶにっぶにっと指でつついていく。)
篠崎愛&紗綾 > (グラドルの象徴であるバストでバストを組み敷くという肉感的なフォール。聖羅乳には篠崎愛の実力がしっかり刻まれたか?がっちりスリーカウントを奪った篠崎愛はゆっくりと立ち上がり、涙をあふれさせる聖羅を見下ろしていく。すると、愛にマイクが手渡され、一瞬、キーンというハウリングを起こしてから・・・・)愛>佐藤聖羅!SKEとかって勢いだけかと思ったけど、なかなかやるじゃない!でも・・・・これがグラドルプロレスの実力よ!桃菜も場外でギブしちゃったみたいだし・・・・これで思い知ったでしょう?これ以上痛い目に合う前に、グラビアから引退することね!(童顔をきりっとさせながら厳しい口調!マイクでセリフを叩き付け、やっと体を起こし始めた聖羅の足元あたりに、マイクを叩き付ける!「言い返せるものなら言い返してみろ」といったところか。)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (試合終了のゴングが鳴ると、歓声を上げるグラドルプロレスファンに対して)SKEファン>チクショ~~~~~ッ!!!(と悔しがるSKEファン。しかし、これまでのグラドルプロレスで見せなかった紗綾の冷酷な部分が引き出されると、それまで歓声を上げていたグラドルプロレスファンが突然、声を詰まらせる。彩香が泣きじゃくる桃菜の髪の毛を掴んで観客に桃菜の泣き顔を見せつけ、しかも、桃菜の頬を指でつついていくという愚行に。これには先程まで落胆していたSKEファンの怒りに火が付いたのか)SKEファン>どこのグラドルか知らないが、ももにゃに屈辱的な事をするな~~~~~!!!(と怒りを彩香にぶちまけると)もも~~~にゃ!!!もも~~~にゃ!!!(とももにゃコールが湧き上がる。『そうよ。ここで私がこんな姿を見せたら、みんなに迷惑を掛けてしまう・・・』SKE最強タッグの意地を見せつけるのか)桃菜>今日まで私は正直言ってグラドルプロレスを舐めていたけれど、このままでは引き下がるつもりはないから!!!(と返した桃菜)
佐藤聖羅&鬼頭桃菜 > (リング上で絵は勝ち名乗りを受けた愛が聖羅を見下ろす。マイクを手にした愛が聖羅の事を一瞬認めるかのような発言をするも、これ以上グラドルプロレスの深みに嵌ったら痛い目に合うから、グラビアから手を引けとグラビア引退勧告を突きつける。先程は彩香に対して怒りをぶつけてきたSKEファンが今度は)SKEファン>せぇ~~~らはそんな事では引退なんかをしないゾ!!!(と声を上げる。『私はグラビアでトップになりたいために体を作ってきた。そのためにはグラドルプロレスでトップにならなくては・・・』)聖羅>私はトップグラドルになるためにSKEのメンバーになったの!!!トップグラドルになるためにはこのリングで頂上に立たなければならないのよ!!!今日の試合で引退???冗談じゃないわ!!!!このリングでボロボロになるまで闘って見せるから!!!(と決意を見せると)SKEファン>せ~~~~ら!!!!せぇ~~~~ら!!!(と聖羅コールが湧き上がる)
篠崎愛&紗綾 > 佐山彩香>へぇえ~~??(ベビーフェイス紗綾が繰り出した厳しい場外戦。その洗礼を浴びて涙を浮かべていた桃菜に追い打ちを仕掛けていたいたずらっ子彩香は、桃菜が掴まれた手を振り払って睨み返してきたのを見て、面白そうな顔をする。一方、リング上でもグラビア引退勧告を突きつけられた聖羅が、完全と撥ねつけてあくまで闘ってやると宣言。これにはAKB系アイドルのグラドルプロレス参戦に批判的だった篠崎愛も、逆に満足そうな笑み。デスバレーボムまで繰り出していった甲斐があった、といったところか。こうして、両者のファンの怒号が鳴りやまないなか、試合の幕は閉じた。次にこのリングで繰り広げられる闘いとは…?)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(37)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(8)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント