スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぶきvsマコト

マコト > 「あんときと同じぃ思っちゃおらんね。こん地下で、うちはみっちり技も体も鍛え上げた……思い知らす!」敗北の屈辱を思い出し、表情に赤みが増すマコト。ゆるく構えるいぶきとは対照的に、ギラギラと闘志を滾らせている。その肉体は、みっちりと鍛え上げた筋肉が盛り上がり、底知れぬパワーを想起させる
いぶき > ふぅ~んん・・・(校内の格闘技イベントで、水泳授業の後のシャワールームで、卒業式後の体育館裏で、と手合わせした来た二人の戦績は、いぶきっちの全勝。それでも強くなって食らいついてくるマコトを、改めて観察。「パワーはけっこう上がってるな・・・鈍重な鍛え方じゃないからスピードもなかなか・・・・でも・・・・」)けっこう強くなったみたいじゃん。ま、オシゴトだからわたしも頑張っちゃうけどねー♪(マコトの闘志を、ラフな態度で受け流していくくノ一。そして・・・)カーン!!(無情な地下リングで試合開始!途端に、唸りを上げるマコトの打撃!その風圧に「ひゅう♪」と口笛を吹く息吹のフットワークと・・・)ッキュ・・パアン!!(鋭いジャブが、いきなりヒット!バックステップしたいぶきが「に」と笑い、ちょいちょい、と手招き挑発。)
マコト > 「せえぇえええええええ!」ゴングと同時に、嵐のような蹴り! かするだけでもダメージを与えるような思い打撃の嵐を、きっちり見切るいぶき。しかも……「んぶ!」からかうようなジャブ! ぎりっ、と歯を食いしばると……「なめんなあ!!」一歩で距離を詰め、鋭い正拳! その飛び込みは、観客すらもあまりの速さに見逃すほど。その最高スピードで放たれる拳は、地下リングのいかなる闘士も、分かっていても躱せなかった必殺の拳!
いぶき > (恐るべきスピード・・いや、スピードとパワーを兼ね備えた「勢い」で迫ってくる空手家の正拳突き!!これが放たれた次の瞬間には、観客は何も理解できぬうちに、対戦相手は胸元を抉り抜かれて吹き飛び、金網にめり込む、という必勝パターン。いきなり繰り出される必殺に、いぶきはマコトの足運び、体重移動、そして呼吸すらも見て取っていた。)ッドゴオオオオ!!!!!!(ッメリリ…ッ!!!!)(二つの人影が交錯!マコトの拳・・・は、何もない空間を貫き、いぶきは・・・マコトの懐!ジャストタイミングの猿臂・・・肘はマコトの左乳にめり込んで音を立てる。見事なカウンターはマコトの踏込の威力を破壊力に変えてお返しし・・・)やっぱマコちん、わかりやす過ぎ~♪(タイミングを、見切っているのだ。さらに、耐えようとするマコトに、突きいれた方の腕の拳に、反対の手のひらを当てて。パン!という音とともに、ゼロ距離で、震脚。)ッメリィ・・・!!!(一段深く、食い込む!)マコちん、ここ弱いっしょ?(にい)
マコト > 「お、ご……!!」リング中央、動きが止まる2人。胸に深々と肘をつきこまれ顔を歪めるマコトだが、鍛え上げた胸筋の厚みをいぶきに伝え踏みとどまるマコト。ダメージを殺しきれるわけではないが、精神力で痛みを押し殺し懐のいぶきへ膝蹴りを見舞おうと……「ごぶほお!」するよりはやく、金網が暴れてきしむ! いぶきの踏み込みはマコトの肉体にさらに衝撃を叩き込み、マコトの体は仰け反ってマットへ叩きつけられる。踏ん張った分、衝撃を全て受け止めてしまう空手家の肉体。「が、は! ぐぉほ……あぁあ!」胸を押さえ、のた打ち回る
いぶき > えっへへ・・・(学生時代なら、カウンターの肘だけで貫いてKOできたはず。追撃の踏込でマコト乳のコリっとした芯を抉っていったいぶきは、のた打ち回るクラスメートをいたずらっぽい笑みで見下ろす。さて、オクタゴンでダウンした相手の料理は・・・)ッドスウ!!!!(転がるマコトがうつ伏せになったタイミングでマウント!腰のあたりに尻を落としたかと思えば。)コレで・・・(しゅるるっと滑らかな摩擦音とともに背後から巻きつくと、マコトの空手着の襟をつかんで…背後からの襟締め!)オワリ・・・(腹部の両側から、カモシカのようなくノ一の脚が締め付ける。速駆けの瞬発力に長距離の持久力もある脚力を秘めていて、両側から腹を絞りながら・・・・マコトを仰向けにひっくり返しつつ体の上に乗せて、抵抗のとっかかりを奪い去る。マコトの背中に密着する乳房が背筋を反らせて。)かな!?(ギュギチイイ・・・・!!!)(胴締め・送り襟締め!)
マコト > 「ふお!? ……ご……っ!」のたうちまわりながら距離をとろうとしていたマコトだったが、きっちりと捕らえられてしまう。直後、脳裏に蘇る卒業式の日の屈辱。このまま襟締めで、失禁するまで締め上げられたのだ。「んぐっく……」身をゆすって解こうとするが……「おごッ! んほおおお!!」いぶきの逞しい両足が、マコトの胴体をシゴキ上げるかのように絞る。腰に吸い付くようないぶきの下半身を感じながら、みるみる顔が真っ赤に、そして紫へと染まっていくマコト。舌が伸びて、その先からボタボタとよだれがこぼれる。「おげ、へえぇえ゛……」黒目が裏返りそうな、無様なアヘ顔を晒される……
いぶき > (体育館裏での襟締めは、マコトを壁に押し付け背中に膝を押し当てて制圧・締め上げる形だった。なにせ、地面で転がったら汚れるし。今日はそういう心配もないので、カラダの上に載せて接地面を奪い、胴締めで絞り上げる制圧法。空手着の布地といぶきの腕が頸動脈に食い込んで、見る見るうちに追い込んでいき・・・)ん・・・・(さっさと終わらせた体育館裏ファイト。しかし、今回の依頼には折檻も含まれる。あっさり締め落とすのも芸がないとちょっとゆるめて血流を許してやり。)ほ~らほら、逃げれないっしょ?懐かしいよね、卒業式。(などと囁きかけながら、グギュキュ、ゴリュリュ、と強靭な下半身がシゴく胴締め。軽く嬲ってから・・・・)そおら・・・!(キュチイットと襟締めを一気に締め上げる!)
マコト > 「んお……あふ……おごお! あっ……んんあっ……おん!」緩められ、また締め上げられる地獄の波。そのたびに、まるで犯されているかのような喘ぎ声を上げてしまう空手娘。そしてついに……「ごげ、ぼっ」舌を垂らし、白目をむいてぶくぶくと泡を吹いてしまう。マコトの精神力がどれほど強靭でも、肉はいぶきの恐ろしさを覚えてしまっていた。いぶきに思い起こされるがままに反応してしまった体は、あの日の卒業式のとき同様、無様に失禁して果てる。暴虐を振るった最強の地下闘士だったマコトが、まさかの秒殺!
いぶき > (「お。タフネスもかなり・・・こりゃ相当鍛えたんだろーなー♪」などと楽しみながら締め上げ、締め落としたいぶき。意識が飛んだ空手娘を転がして立ち上がると、勝利を示すために拳を掲げようとする・・・が、ふと視界の端に移ったクライアントが首を横に振る。)ええー、めんどっちいなぁ。(などと言ういぶきであるが、その瞳には、ちょっと楽しそうな色も浮かんでいて。)ドゴ!!!!(マコトを、無造作に蹴り上げる!無造作だが、狙いは正確に、痛覚の集中した脇腹。ゴロゴロと転がったマコトに歩み寄ると、その空手着に手をかけて。)そーんな掴みやすいの着てちゃ、勝負にならないって~!ハンデもらって勝ったんじゃ悪いし!ほら、脱ぎなって・・・ちょ・・抵抗すんなって!(ゴスウ!!!)脱げってば!(暴れるマコトの股間を蹴りつけ、空手着を引き剥がしていく!最後にはズルリと剥がしてマコトの目の前で。)邪魔邪魔!(ッビ・・ッビリビリビリイイ!!!)(引き千切ってしまう!)
マコト > 「ぶぎいいいいいー!」脇腹を蹴り抜かれ、拷問の訓練などしていないマコトはブタのような悲鳴を上げて跳ね起きる。空手着に手をかけられると、いぶきの意図を察して抵抗するが……「おげお!!」失禁で濡れた股間を蹴り抜かれ、べちゃりとマットに転がってしまう。そのまま引き剥がされると……「あ、やめ……やめ、ろ……あぁああ!」上半身はTシャツ一枚に剥がれ、濡れた股間を押さえて蹲ったマコトの目の前で、ビリビリに引き裂かれてしまう。丈夫な空手着を易々と引きちぎる、いぶきの握力と腕力も凄まじく、会場は声を失う。「ん、ぐ……」芋虫のように金網へ這って行くと、寄りかかりながら立ち上がっていくマコト。「く、そぉぉ……もお、絶対泣かす!」言いながらも、両目からはボロボロ涙がこぼれている有様
いぶき > (マコトのバンプアップした肉体のパワーは、地下リングでも猛威を振るってきた。その肉体に比べれば細く見えたいぶきの引き千切りパフォーマンスに、観客たちは息を飲む。当のいぶきは、「こーいうのはコツがあるんだよね」と内心、舌を出す。涙を流して吼えるクラスメートに。)無理無理。マコちんには無理だって♪(さらにからかう。金網を掴んで立ち上がったマコトを誘い出し、打撃の体勢に入ったところで。)ッパァアアン!!!!(小気味の良いローキック!足元をガタつかせたかと思えば。)がら空き―。(ッゴ!!!)(フシュッ!と司会から掻き消えるほどのスピードで低く踏み込み、ショートアッパー!マコトの顎を跳ね上げて脳を揺らしてやれば、前のめりに崩れかけたところを。)ッガシイイ!!!!(首相撲。がっちり首を捕まえるのはもとより、その豊かな谷間にマコトの顔面を強く押し付けてしまう!そういえば、学内ムエタイ大会での対戦では…)
マコト > 「ひぎ! ふうぐ!」この地下リングでは、マコト相手に打撃戦を挑むものすらいなくなったというのに、その得意分野で圧倒されてしまうマコト。「そ、そんな……うち、強くなったのに……ッ」必死に繰り出す打撃はやすやすとさばされて……「ふむぐ!」むっちりと、いぶきの谷間に囚われた瞬間……「ヒッ……」過去のトラウマが蘇り、マコトの精神より先に、肉体が反応してしまう。キュッ、と腹筋が引き締まり、汗でべったり張り付いたTシャツに、みっちりと鍛えぬいた腹筋が浮き上がる……
いぶき > さあって、鍛えた腹筋はどんなもんか・・な!(食う気満々のいぶきっちは、まずは崩しを入れずに膝!ドゴオオ!!!と浮き上がった腹筋に正面から叩きこむと。)おほ・・・♪(そのミッチミチに詰まった感触がたまらない。それに、めりりっと一度めり込んだのを押し返しすらするのだ。これは・・・潰しがいがある。そして、いぶきの首相撲・膝地獄の恐ろしさはここから。むっちり柔らかそうに見えるいぶき乳も、その密度は非常に高い。マコトの顔面をがっちり捉えて離さず、下半身の膂力でマコトの姿勢を振り回すように崩していくと、首がギシギシ軋む。これもまた、マコトの体重移動と呼吸を見切っているゆえ、恐ろしいほど易々と。そして。)っふ・・・ん!!!(ッドッボオオ!!!!!)ほおっら!!!(ッドゴオオ!!!)しゃらぁ!!(ッドボォオオ!!!)(学生時代、ムエタイ大会での膝地獄フィニッシュ。それを数倍激しくしたものがここに再現。しまいにはガシャ案!!とマコトの背中を金網に叩き付けて。)ッドッボオオ!!!!ッゴスウゥ!!!ドボォオオ!!!(膝、膝、膝ぁ!!!)
マコト > 「ふむ! ぐむうぅううう!」腹筋を『味見』されていることを、肌で感じるマコト。涙目で必死にいぶきの脇腹を叩くが、その筋肉の鎧を通らない。(コイツ……! 卒業前より、ずっと……!)絶望感がマコトを包み込んでくる。そのTシャツがぴったり張り付いた背中に、むっちりと筋肉が浮き上がってくる。マコトが全精力でいぶきの膝に抵抗していく証。しかし、金網に押し付けられ……「ぐぶ! ふぐぶ! おほおう!」次第に削られていく腹筋。それでも、学生時代とは桁外れに鍛え抜かれている。あのときよりも、倍以上の膝を叩き込んでも、未だ抵抗を続ける空手腹。「ぐふぅ~……む……うぐうおぅ~っ」苦痛に呻きながらも、愚直にいぶきの脇腹を叩き続ける。「は、はなせえぇ~っ」
いぶき > あっはぁ・・・しぶっといなぁ♪(学生時代ならとっくにぶち破っているはずの腹筋は、段違いに鍛え上げられて硬い膝に飛び切りの感触を返してくる。乳谷間に固定したマコトの口から呻き声と抵抗の声がでて・・・あきらめずに何度もたたかれる脇腹が・・・くすぐったい。マコトのような明らかな増量はないが、いぶきの肉体もまた、厳しい忍務によって学生時代とは比べ物にならない密度で鍛え抜かれている。マコト肉の頑強な抵抗に刺激されたくノ一ボディは・・・)ムクク・・・(ッメリ・・メリギシイ・・・!!)(腕に背中に、隠れていた筋肉が浮かぶ。マコトの首を折り曲げんばかりに、もう一段深く、乳谷間に咥えこんでいく。マコトの鼻腔に充満するいぶきの匂いが、さらに濃厚に。)んじゃ、もうちょっと本気でぇ!!!(ッドボォ!!!!ッゴズゥ!!!!ッドッボオオ!!!)(正確無比に同じ場所を蹴り抜いていく、膝!)
マコト > 「ふぐ……うぶぶ……ふぐぶうぅうう~……!」ミシミシと首が軋みを上げながら、いぶきの谷間に囚われてしまうマコトの頭。苦しさで裏返りそうになる目が、上目遣いに胸の谷間からいぶきを見上げる。そして……「ぐむおおおお! ふも! おごもおぉおおお!」ついに腹筋が決壊! いぶきの脇腹を叩いていた両腕が脱力し、ぶらん、と垂れ下がる。一撃、腹に叩き込まれるたびに、尻が、背中が、バストが、ぶるん!と波打って衝撃を知らせ、ビクビクっ、と絶頂を示すかのように指が痙攣する。ムエタイレイプされた経験を思い出した子宮が、腹筋の奥で物欲しげに震える手応えすら、いぶきの膝に伝わってしまう。(ダメ……感じちゃってる……体が、膝に犯されたがってる……!)失禁で濡れた空手着の股間が、新たな別の汁でシミを広げていく。「んぼおぉお……ぶもおぉおおお!」そして、ついに股間が潮を噴き、痙攣で跳ねた背筋が、いぶきの谷間に囚われていた頭を突き上げ、バストの上に開放されるマコト。「あが、お……イ、イッたぁ……もお、イッたから……やめ、ろおぉ……」
いぶき > (激しい上下動で乳谷間から飛び出してくるマコトの顔面。ダメージと性感に彩られたその表情は、割と淡白ないぶきもぞくっとさせる色気がある。降伏を匂わせるような言葉・・・しかし語尾には命令調が残っていて、その背後にはマコトのプライド。)んうぅう~~~同級生としては、やめてあげたいんだケド・・・♪(ッドッボオオ!!!!ッグリュ・・グリュリュウ・・!!!)(思い切り腹筋を抉り上げて、さらに捻じ込む!そうしながらマコトの耳元に口を寄せて。)残念だけどコレ、オシゴトなんだぁ・・・・だから、許してあげられないんだ・・・・ほんっと、ゴメンね♪(言いながら、子宮にたっぷりと、ムエタイ大会の時以上の膝レイプを覚え込ます。これで白目をひん剥いても、まだ終わりではない。依頼主が首を横に振って勝利宣言を拒むたびにマコトの意識を強制再起動。くノ一の拷問術には、意識を戻させる技術などいくらでもあるのだ。立ち上がらせ、タックルに来たのをがぶり潰して顔面に膝。ズタボロになったTシャツも引きちぎって乳首をつねり上げてから、押し倒してマウントパンチ。最後にはグチュグチュの下ばきも引きちぎって、生の股間を膝に叩き付けるアトミックドロップで気付け。シャワールームでマコトをコンクリ床にパイルドライバー。水着をひん剥いて放置した時もここまでひどい状態ではなかった。ロメロスペシャルで吊り上げてじっくり股間を晒させてから、カベルナリアに下してくると、腰を膝で突き上げながら、背後から生乳を握りつける。獣のように叫ぶマコトの鳴き声を楽しみつつも・・・)うるさいなぁ~♪(一度放り出してから、這いずろうとするマコトを抱き起こし、ベアハッグ。腹筋も乳肉も密着。いぶきっちの高性能高密度の腹筋、そしてサイズでも上回る乳肉がめり込むベアハッグレイプ。さらにジックリ瞳を覗き込み、唇で唇を塞ぎ、舌を突っ込んで凌辱する。)あむ・・んじゅぶ・・・んっふふ♪オシゴトだからぁ・・・悪く思わないでよねぇ?マコちん♪(ッメキャ・・・ッグチュウ・・・ッメリメリメリィ・・・ッゴキュ・・・ッグチャ・・メリメキイ!!!!)
マコト > 「うぶう……!!」頬を真ん丸に膨らませ、必死に嘔吐をこらえるマコト。子宮と胃袋が、交互に潰され、ついには鼻から胃液を噴き、泡を吹いて白目をむいて失神する。それが、マコトが辛うじて格闘家と呼べた最後だった。そこからは……「ふぉおおおおおん! おぉん! おほおぉおおおおおお!!」マコトの悲鳴は、完全に雌獣と化す。そこに闘志は欠片も感じられない。ひたすらに、快感にむせび泣くレイプ負け肉がそこにあるばかりだった。全裸に剥かれ、アトミックドロップで潮吹きしただらしのない股間をロメロで高々とさらし者にされても、びくびくと腰を振ってしまう恥知らずぶり。カベルナリアで生乳を搾られると、いぶきの忍術でプロレス妊娠したマコト乳は無様に母乳を吹き散らす。そしてトドメは……「んぐ! ふむうぅうう~! じゅぶる! じゅぶぶぶぶ……!」悲鳴すらも吸い上げられてしまうベアハッグ。細胞の一つ一つまで負けを認めさせられ、負け汁を絞りきられて、それでもびゅくびゅくと鍛え上げた肉体が破壊を求めてしまうマコト肉。「んひいぃいいい~! あむ……いぶ、き……うんごおぉおおおおお!!」だらりと垂れ下がった逞しい両腕がだらしなく揺れる。接する肉と肉の隙間からボタボタと負け汁を搾り出されながら、失神と覚醒を繰り返され、泡を、潮を、母乳を絞り上げられ続ける、地下リングの覇者……
スポンサーサイト

tag : ゲームキャラ いぶまこ

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(36)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(7)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。