スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代の王女メナスvs武器屋カトレア

クイブレパロ。クイーンズプロレス統一チャンピオンとしてリングに君臨する絶対女王メナス。彼女の前に立ちふさがるのは、かつてのエース・カトレア。ロートル相手と侮る現役王者に、熟練のテクニックと超重量級ボディによるドミネーションが襲いかかる。
武器屋カトレア > (武器屋カトレア。巨乳を超える爆乳をトレードマークに、巨大な剣も自在に扱うパワー。かつてクイーンズプロレスで戴冠したこともある名のある美闘士だ。しかし、結婚、出産を期に引退。武器屋は続けながら家事と子育てに忙しい毎日を送っていたが・・・・)「おい・・・あれ・・・」「すっご・・・」(カトレアのカムバックを聞きつけた昔からのファンも詰めかけ、満員となった試合会場。それにしても「往年の名選手」であるカトレアに、対戦相手はまさかの「古代の王女メナス」。戸惑いすら感じさせるマッチメイクであるが、熟女となったカトレアが悶える姿・・・を妄想して足を運んだ観客が多数。しかし、サファイアコーナーに姿を現したカトレアを見て、観客たちは驚愕。その肉体は大きくメリハリが付きながらも、引退前を大きく上回る豊満さ。ところどころ「緩い」のが目につくが、かえって迫力・・・と妖艶さを醸し出している。そう、フェロモンが、引退前と段違いなのだ。それも、観客に向かって手を振るしっとりとした笑顔からあふれ出す母性の混じったフェロモン・・・・黒一色の、質素と言ってよいコスチュームはキツそうで・・・)ぁん・・・仕立て直したのに・・・ちょっと小さかったかしら。(悩ましげに小首を傾げる「挑戦者」)
古代の王女メナス > (ざわめきの続く会場に入場して来る、チャンピオン・古代の王女メナス。アマラ王国の王女がクイーンズプロレス参戦とあって、入団当初から次期エース候補として迎えられるVIP待遇。その団体方針を気に入らずに向かって来た荒野の義賊リスティとのデビュー戦では、格の差を見せつける圧勝。そこからスター街道を一直線に駆け抜け、最年少での戴冠を果たした、天才レスラーである。しかしながら、挫折を知らずに頂点に立ち、リングに敵無しの圧倒的な実力を持ったメナスは、元々が王族であった事もあり、その傲慢さを次第に増していった。かつてはプロレスとして、相手を立てて「魅せ」ながら勝つ、華のある試合を見せていたメナスだが、次第に圧倒的強者として相手を蹂躙しねじ伏せるプロレスをするようになっていったのである。つい先日も、ベテランレスラーである歴戦の傭兵エキドナを、力でねじ伏せるようなプロレスで圧倒。ネックハンギングツリーからのチョークスラムで、ギブアップも言わせずに病院送りにしている。その圧倒的な強さに魅せられたファン、対戦相手が蹂躙される姿を見たいと言うファンも多く、人気の上でも絶対女王として君臨しているメナスではあるが、団体としてはメナス一人に人気が集中する事は好ましくなく、またこのままでは遠からず相手がいなくなるのではないかと言う危惧もあった――)それでわざわざ、ロートルを引きずり出して来るなんて、フロントも随分と必死ですのね……まあ、現役に、わたくしの相手になるようなレスラーがいないのはわかりますけれど、ブランクたっぷりの年増レスラーに負ける筈がありませんわ(肉感的で、それでいて引き締まった肉体。むき出しの腹筋は力強く、乳房と尻は豊満に揺れている。女王の肉体を惜しげもなく見せつけながら、ルビーコーナーからリングに上がるメナス)
武器屋カトレア > (現役のころのファイトマネーを大きく上回る大金を携えて、復帰の誘いが来たのは一か月前。鍛冶仕事もあるし、「ちょっと太ったかしら・・・」と運動もしていたカトレアが復帰を承諾すると、妙な耳打ちをされた。プロは、リクエストにもこたえなければならないものだが・・・)リングアナウンス「本日の試合!ルールは『アイアンウーマンデスマッチ』とさせていただきます!!!それでは両者・・・リング中央へ!!」(発表される過酷なルール。それは「ロートル相手の試合なんて冗談じゃありませんわ」と拒否したメナスが、どうしてもというなら、と出した条件。試合前の儀式を進めるアナウンスとレフェリーに、あらかじめ聞かされていたカトレアもちょっと緊張の色を浮かべる。しかし、直ぐに穏やかな笑みを浮かべると、ゆっくりとリング中央に進み・・・)よろしくお願いしますね。(チャンピオンに向かって握手を求める。)
古代の王女メナス > ええ、こちらこそ。よろしくお願い致します(一応、握手に応じはするものの、カトレアを明らかに見下した顔を隠そうともしないメナス。丁寧な口調ではあるものの、慇懃無礼と言う言葉が似合う、嘲笑含みの視線。勝って当然、負ける筈など有り得ない、むしろこのロートルをどう料理するのか。そんな風に値踏みして視線を向ける。無駄な肉の無い、鍛えあげられた女王の肉体を誇示すると、カトレアの、少し弛んだ肉厚のボディを見ると優越感たっぷりに微笑んで見せる。そんな、ともすれば嫌味に見える態度が絵になるのは、王族として生まれつき、君臨する事が自然であるように育てられたからこその気品のためだろうか? そうは言っても、あまりに傲慢が過ぎるのは、メナスにとっても本当ならば好ましくない。良き女王として育つ才能を持ちながら、暴君として君臨しているメナスを『教育』して欲しいと言うのがフロントからカトレアに密かに出された要望である。本来ならば先日のエキドナの試合もその筈であったのだが、それが失敗したのは周知の通り)リングアナ「さあ、これより時が満ちるまでリングから逃げる事は許されません。かつての女王と現在の女王が激突するデスマッチ! 勝利するのは、リングを暴虐で支配するアマラの天才姫か、それとも鍛えた武器にも優るウルトラヘビー級の肉体を手にした母親美闘士か! 注目のゴングは間もなくです!」(リングアナが会場を煽り、観客もヒートアップ。割れんばかりの歓声と声援がメナスとカトレアに注がれる。リング外には、全国中継を行うための記録水晶と、その映像を会場に見せるための巨大モノリス(オーロラビジョン)。さらにアイアンウーマンマッチ用として、試合時間を示す魔法の時計と、決着するごとに時間と決着理由が表示される魔導石版が設置され、準備は万端)
武器屋カトレア > カーン!!!!(ついに打ち鳴らされたゴング!自軍コーナーに退いていた両者に、試合開始が告げられた!握手した時のメナスの態度に依頼された「教育」の意味を理解する熟女美闘士。メナスのカラダをよく鍛えられた美しい肉体・・・と目を細めて評価しながら、ゆっくりとコーナーを出て行った・・・ゆっくりとした立ち上がり・・・かと思われたが?)行きます・・・!(ッズ・・ッダ・・ッダ・・ッダ・・ッドッドッドッドォ!!!)(カトレアが、駆け出していく。スタートはスローだが次第に勢いに乗っていくその姿は・・まさに肉弾!乳肉と尻肉がたっぷりと揺れるさまがパワフルな迫力をさらに増大させて!マットを蹴る音も重々しく・・・3本のロープが、リングが揺れる!そして繰り出される、カトレアの重肉弾ショルダータックル!)っはぁああああ~~~!!!!
古代の王女メナス > あらあら、そのような鈍重な動きに、見苦しく揺れる肉……やはりロートルは、ロート……ッ!(見下しながらも、突っ込んでくるカトレアのタックルを受け止めようと腰を落とすが、その瞬間、背筋に冷たい震えが走る。リングに君臨する天才の本能が、自らの選択の過ちを知らせて来た。しかし、ロートルレスラーを相手にちょこまかと逃げまわるような行為はメナスのプライドが許さない。嫌な予感をねじ伏せて、あくまで真っ向から受け止めようと……ドッゴォォォォォォォォォォッ!!)か…………はっ…………(重肉弾の激突。まるで大型馬車に撥ね飛ばされたような衝撃を味わい、身体が圧迫されて息が詰まる。衝撃の一度目は身体の前面から、直後に背面から)リングアナ>メナス、吹き飛んだぁっ! 試合開始早々、カトレアの重肉タックルが炸裂! 鍛えぬかれた女王の身体もカトレアの肉弾の前では抵抗を許されないと言うのか!?(リングアナの煽りを遠くに聞きながらそのままズルズルと崩れ落ちそうになる。が、流石にそこは意地で踏み留まった。それでも、両手でロープを握る事が出来ていなければ、座り込んでいたかもしれない)
武器屋カトレア > (弾け飛ばされてコーナーに激突した褐色の肉体!かろうじてロープを掴んで尻をつけるのを拒んだメナスだが・・・いきなりのコーナーダウン状態?興奮にいきなり叫ぶリングアナであるが、目の前の迫力に息を飲んだ観客が、弾かれたように歓声を上げる!)ふぅううう・・・・(久しぶりのプロレス。ゴングが肉体に響いてくる心地よさに、歓声の響きが加わる。それに、肩に残るメナス肉の感触も…なかなか良い。)対戦相手を見下す態度はほどほどにした方が・・・・(ッグイイ・・・!)(メナスの腕を取ってコーナーから引っ張り出すと。)良いですよ?(ッギュチリ・・・!!!)(サイドヘッドロック。たわわなカトレア乳の、コスから溢れ出る淫靡な肉の側面がメナスの横顔に密着して・・・)ッギュチチミュギチイイイ・・・!!!(つなぎの技とは思えないプレッシャーで締めつける。先輩美闘士としてさっそくアドバイスを与えながら、リング中央へと連れていく。その道すがらも。)チャンピオンは誰からも尊敬を受けなければ。(ギュチギチギチイイ・・・)そのためには泰然自若として。挑戦を受けたら相手の良さも引き出して受け切って勝つ。これが王道です。(ミュチチ・・・ッメリ・・)確かに、時には圧倒的な力を見せつけることも必要です。挑発が過ぎたり、外敵やすぐに対戦相手を壊してしまうようなレスラーを「制裁」するのも王者の役目ですが・・それはあくまで例外。(ギュギチィイ・・・・!)・・・・聞いていますか?(母親として教育モードに切り替わっていたらしいカトレアは、別にメナスを揶揄しているのではなく、正論を説いただけ。その間にメナスの頭部は柔肉にめり込んで、その奥の強靭な肉とカトレアの腕力に絞り上げられている。)
古代の王女メナス > こ、このっ……舐めないでくださっ……(ロープをしっかりと掴んだまま、カトレアを睨み付けようとすると、そこにカトレアが迫ってくる。腕を取られると、当然抵抗して踏ん張ろうと、するのだが)あっ……んああああああーーっ!!(ガクンと身体がつんのめって、あっという間にサイドヘッドロックに持ち込まれるパワーの差。メナスも、あの雷雲の将クローデットと真っ向から力比べするほどのパワーを持っているのだが、まるで大人と子供。パワーの差だけではなく、諭すような口調も母娘を想起させる)んぁっ……ぁっ……ああっ……んぐっ、離しなさい!(メナスの倍ほども太い腕に頭を絞り上げられる激痛に耐え、漏れそうになる悲鳴を、歯をくいしばって押し殺す)あなたなんかに、教育される謂れはありません!(がっちりと極まったヘッドロックに耐え、カトレアの腰に腕を回そうとしていく。しかし、こちらもメナスより太い腰、腕を回すだけで一苦労。そこから反撃につなぐのは難しい)
武器屋カトレア > そうですか。口で言ってわからないようなら・・・・カラダに教えるしかありませんね。(にっこりしながら言うカトレアさん。腰をロックしてバックドロップ、というのが定番の切り返しだが、チャンピオンたるメナスがなかなかロックするまで至らない。やっと腕が回すも、その腕にかかる重量感ときたら。)っふ!!!(ッグイイイ!!!)(ギチギチッと音を立ててヘッドロックが強まったかと思えば、カトレアが腰を入れて首投げ!メナスを振り回すようにして投げ落としながら・・・)ダムッ!!!(踏み切って、投げ落とすと同時にメナスに上半身を浴びせかけていく。となれば。)ッドゴオオオオ!!!!(ごく基本の、小技と言っても良い投げ技・・・とは思えない音がリングに響く。)
古代の王女メナス > がはっ!(反撃のバックドロップに持ち込む事が出来ず、逆に首投げでマットに叩きつけられるメナス。地響きのような衝撃が伝わり、爆音と共にマットが揺れる)リングアナ>これが……これがリングを一度は退いたレスラーの力なのでしょうか! あの女王メナスがまるで歯が立たない、カトレアの剛力無双! 意外な展開に会場は騒然としているぞっ!!(リングアナの煽りが熱を増し、会場のどよめきと歓声が止まらない。圧倒的な強さで今まで人気もほしいままにして来たメナスにとっては、カトレアに歓声を奪われると言うだけでも屈辱的な事)だ……誰がっ、歯が立たないですって……これからですわ!(女王の健在をアピールすべく、跳ね起きるメナス。タックル、ヘッドロック、首投げ、全て基本技とは思えない威力ではあったが……最初のタックルはともかく、ヘッドロックはきちんとポイントをずらし、首投げも受け身を取った。重いダメージとはいえまだまだ余裕はある)リングアナ>さあ、再び立ちあがったメナス! 果たしてアマラのプロレスはカトレアに通用するのか!
武器屋カトレア > ふぅう~~・・・うん、リングに上がるのも久しぶりだし、どれくらいやれるか不安だったけれど・・・わたしもまだまだ捨てたものじゃないみたいね♪(首投げから立ち上がったカトレアは腕や首を回して感覚を確かめながら、復帰戦に手ごたえを感じている様子。ふふふ♪と無邪気な笑みも浮かべて喜んでいる。というか、復帰戦から絶対女王メナス相手という普通なら自殺行為のマッチメイクなのだが・・・しかし、予想を完全に覆す序盤にアナウンスも観客も大興奮。ここでカトレアは大歓声が自分に向けられているのに気づいた。屈辱に飛び起きたメナスを尻目に、柔らかな笑みを浮かべながら観客に手を振ると、それだけでゆさりゆさりと乳肉が揺れて、歓声をさらに高めてしまうのだが・・・・しかしこれでは、隙だらけでは。)
古代の王女メナス > どこを見ていますのっ!(もちろんその隙を見て攻めこまないメナスではない。誘いであったとしても、目の前でそんな舐めた真似をされて無視出来るほど女王のプライドは安くない)その弛んだお腹ッ……抉ってあげますわ!(力いっぱい踏み込んで、ズダンッ……思い切りマットを蹴りながら跳躍する)リングアナ>おおっと、ここで女王メナス、意地の反撃! カトレアの腹を抉るクイーンズ・ニーリフト炸裂ぅっ! 女王の威光によって腹筋を抉られた対戦相手は皆、頭を垂れるように跪く! 女王得意の一撃が試合の流れを変え……か、え……っ!?(リングアナの叫びが中途で止まってしまう。しかし、それで彼女を攻めるのはあまりに酷と言うもの。美闘士達の腹筋を抉って来たメナス必殺のニーリフトが一見して弛んだだらしない腹肉に突き刺さったにも関わらず、カトレアは跪くどころか身体を折り曲げる事さえ無く、肉厚な贅肉の下に隠された腹筋が逆に膝を跳ね返していく。渾身の飛び膝蹴りを放ったメナスも、驚愕に目を剥いて……)
武器屋カトレア > ぁ・・・・(襲い掛かってくる褐色の肉弾!「誘った」というよりもともとゆったりしたペースのカトレアのプロレスが、復帰第一戦ということでなおおっとりしているというところ。とはいえ、メナスを前にしてナチュラルにこの余裕は・・・振り向いたカトレアを直撃する膝蹴り!)ぅぐぶ・・・ッ!!!(くぐもった声を上げるカトレア・・・まではメナスとリングアナの想像通りか。しかし、前のめりに体を折り、反吐を吐き散らす・・・などということは起こらず。豊かなボディにめり込んだメナスの膝はその奥の強靭な腹筋に阻まれ、次第に押し返して・・・!)緩んだとか~(驚愕を禁じ得ないメナスの目の前で、グワッと右腕を振りかぶる。そして!)失礼ですよッ!(母とはいえ女。ちょっとばかり気を悪くした感情も込めて叩き込んでいくショートレンジラリアット!ぶるうんっと揺れる乳肉が「これがショートレンジ?」という迫力たっぷり。)
古代の王女メナス > 嘘、わたくしの膝蹴りが……ごばっ!?(驚愕に動きが止まった所に迫ってくるカトレアの豪腕。ショートレンジラリアットと言うには、あまりに強烈、あまりに豪快。揺れる胸と二の腕が目を引くド迫力の一撃を回避する事が出来ず、強い衝撃と共にメナスの視界がぐるりと回転。二度目の衝撃と共に暗転する)リングアナ>き…………決まった~~~~~っ!! カトレアのショートレンジラリアットに、女王の身体が一回転してマットに叩きつけられたッ!! 一児の息子を背負うその豪腕は、大剣・巨人殺しの如くっ! 巨大武器にも優るとも劣らぬ破壊力をまともに喰らってマットに倒れた女王は、果たして立ちあがる事が出来るのかぁっ!!?(あまりに強烈なラリアットの威力に会場がフリーズしていたが、リングアナがようやく我に帰って実況を再開。彼女の叫びに合わせて、会場からはカトレアへの大歓声が響き渡る。一方のメナスは、リングに横たわったまま動く事が出来ない。ラリアットの炸裂とマットへの激突の二度の衝撃から、息もできずにもだえ苦しむ)
武器屋カトレア > も~~こういうふくよかで余裕のある風情も魅力のひとつなんですからね。(とか言いながら軽く頬を赤らめたカトレアが、自分の腹部を隠すように抱き締める。いや、問題はそこではなく、チャンピオンの首が丸太のごとき豪腕に刈られ、大きく一回転してからマットに激突したことだろう。「もう」と可愛く唇を尖らせながらメナスの髪を鷲掴みにして引き起こしにかかると、片腕で引きずり起こしていく。鍛え抜かれたメナスの肉体は見た目も豊かなら密度も高くて、つまりは重い。しかしカトレアのパワーは実に軽々と引きずり起こし、股の間に腕を差し入れ、もう片方の腕を肩に回して。)ッグウンン・・・ッドゴォオオ!!!(ボディスラム!まだ呼吸を十分にできないメナスを強烈に叩き付ける厳しい教育方針で、口に気をつけないといけないことを教える。もちろん、これは強烈でもつなぎの技。カトレアは豊満ヒップを揺らしながらコーナーポストに向かい、ミシミシとロープとコーナーを軋ませながら登っていく。)リングアナ>これは・・・まさか~~!!??(コーナーに立つウルトラヘビー級ボディは前代未聞の迫力。観客にも息を飲ませながら・・・)行きますよ~~!!(一声叫んで、コーナーから踏み切る!高さがあるとは言えないが、押しのけられる空気がビュゴオオ!!!と唸りを上げて!)リングアナ>これはッ!!!超重肉弾ボディプレ~~~ス!!!???(ビュッゴォオオ・・・・ズドゴォオオオァオオ!!!!!)(アナの叫びと衝撃音が重なり合い、リングが激震!震源地では、メナス肉をみゅっちり押し潰したカトレアが・・・・)フォール、です。(レフェリーに微笑みかける。)
古代の王女メナス > は、ぐ……ぐぅ…………がはっ!(意識が遠のきかけていた所に、強烈なボディスラムが炸裂。マットをリバウンドすると苦痛はさらに増すが、それによって朦朧としていた意識が覚醒を強いられる。息が詰まって苦しいのも、身体が満足に動かないのも変わらないのに、コーナーへと上がっていくカトレアの姿を鮮明に見る事が出来てしまう)ぁ……か、ふ……ま……さ、か……(掠れた声で目を見開く。対戦相手を置いてコーナーに昇るレスラーがやる事など一つしかないが、その超重量ボディを見せつけられながらロープを軋ませコーナーの上に立つカトレアを見てしまうと、信じたくないと言う思いが強く溢れ出す。メートルを超えるのではないかと言うヒップを揺らし、リングが壊れるのではないかと言う音を立てて頂点に達したカトレアを、見ている事しか出来ない)ま……ち、な……ッ!!(制止の言葉は、落下して来るカトレアの迫力と、続いて起こる爆音によって遮られる。悲鳴など、カトレアの肉の下に埋もれたメナスに上げる事が出来る筈もないし、上げた所で肉牢の中から声が漏れる事もない。外からでは、メナスの両手両足がかろうじて見える程度で、身体と顔は完全にウルトラヘビー級ボディの下)レフリー>……はっ。ワン……ツー……!(あまりの衝撃と迫力に思考停止していたレフリーが、慌ててカウントを始める。その時間も含めれば、3カウントどころの話ではないほど長い間抑えこんでいただろう。そもそも、カトレアの超重量ではフォール自体が攻撃に等しい圧力で)……スリー!!(そんなカトレアを持ち上げる事など出来ず、スリーカウント)
武器屋カトレア > んんん~~~♪(久しぶりのクイーンズプロレスのリング。高い位置から落下した衝撃はカトレア肉も大きく揺らして、プレスした褐色肉の「潰し心地」もなかなか良い。カトレアの豊満すぎる乳肉はメナス乳はもちろん顔面まで敷き潰して、密着感がカトレアを楽しませる。とはいえ、カトレアとしては、きっとチャンピオンが2.5で返して来て、激闘の中盤へと移っていく・・・というつもりだったのだが?)あれ・・スリー?・・・スリー?(指を3本立てて、通常よりずっと長いスリーカウントを得たレフェリーに確認。普通だと2.9で返された方が「スリーカウント入っただろ!」とレフェリーに詰め寄る、というのがプロレスのお約束だが。そんなことより早くどいてあげた方が・・・・)「カンカンカンカ~ン!!」 リングアナ>超重肉弾ボディプレスからのスリーカウント!一本目を奪取したのは武器屋カトレアぁあああ~~~!!なんという迫力!!チャンピオン、古代の女王、絶対女王メナス!リングに!!肉弾の海に深く沈んだぁあああ!!!しかぁし!!これで終わりではありません!!本試合は『アイアンウーマンデスマッチ』!一度コーナーに下がって、時間いっぱいまで続行です!!!(魔導石版に「●古代の女王メナス[1分23秒 超重肉弾プレス→体固め]○武器屋カトレア」と表示が浮かび上がり、巨大モノリスにはフィニッシュシーンが再生されていく。)
古代の王女メナス > はぁ、はぁ、はぁ……こんな……こんな、バカな事が……このわたくしが、アマラの女王たるわたくしが……(1分23秒……秒殺でこそ無いものの決着にはあまりに早い時間。しかも文句無しのスリーカウント決着。顔が赤く染まり屈辱に歪む。リングアナの絶叫、観客の視線や歓声、その全てが屈辱。レフリーが、試合続行出来るかどうか様子を伺いに来ると、その身体を押しのけて立ち上がっていく。続行出来ないとみなされた場合、神官の回復魔法による体力回復措置が図られる事になっているが、言うまでもなくその措置を取られるのは負けに等しい恥辱であり、そんな事はプライドが許さない)今のは、見せ場を作って上げただけ。ここからが本番ですわ!!(立ち上がり、カトレアを睨みつける女王の顔には抑えきれない憤怒が宿っている)
武器屋カトレア > ふふふふ♪良い闘志ですね。(怒りをたぎらせ睨み付けてくるメナスを、好ましげに見つめる。その視線には母性が宿って・・・いやいや、絶対とすら言われた女王のメナスに、引退から復帰した人妻美闘士レスラーが挑む!というアングルだったはずなのだが。インターバルを挟んで・・・)カーン!!!(再びゴング!サファイアコーナーを出るカトレアが豊饒な肉体を揺すりながら前に出ると、今度は右腕を掲げて・・・メナスに「力比べ」を挑む体勢。プロレスでは定石の出だしであるが・・・)
古代の王女メナス > ふんっ!!(カトレアの力は見せつけられたばかりだが、チャンピオンとしてこの誘いから逃げる事は許されない。もし逃げてしまえば、完全に負けを認める事になってしまう。流石にパワーで押し切るのは難しいだろう、と言う現実的な判断も有るので、ある程度圧迫に耐えて踏ん張ってから、切り返しを……そんな算段を付けて右手をあわせていく。しかし、こうして目の前で向かい合い、右手を重ねて感じる迫力。決してプロレスでは負けないと言う自信とはまた別のところで、思わず息を飲んでしまうのも避けられない)
武器屋カトレア > (褐色の肌を汗が流れていくのを見て取りながら、力比べに応じてきたメナスを「見下ろす」カトレア。身長差以上の何かがメナスに息を飲ませて・・・そんなメナスの心情を知ってか知らずか、カトレアは優しげな目つきのまま、まずは右手と左手を、続いて左手と右手を重ねて行って、指と指を絡ませるようにして組み合わせていく。両者腰を落とした十分な体勢。観客もリングアナウンスも妙に静まり返って・・・・)ッギシイ・・・ミチミチィイ・・・・(肉体が立てる小さな軋み・・・メナスの褐色巨乳とカトレアの白ムチ爆乳が接触・・・柔肉をたっぷりまとった白ムチ爆乳は軽く歪んで、「んッ・・・」とカトレアが声を漏らすが、褐色巨乳にはずっちりと重量感が伝わっていくことだろう。一本目でさわやかな汗を纏ったカトレアの肌はしっとりとして、温かい匂いを放つ。そしてそれ以上に・・・至近距離の巨大な存在感。腰を落とした下半身は大木の根本のようにも感じられて・・・・こんな・・・こんな爆乳と肉体と真正面から組み合って・・・逃げ場など、あるのか?カトレアが丸太のような腕に力を籠めていくと・・・・!)っふう・・・んんんッ!!!(ググゥウウ・・・ッ!!!!!)(巨大なパワーが、メナスに襲い掛かる!ある程度圧迫に耐えて踏ん張ってから、切り返し・・・できる、か?)
古代の王女メナス > ふんぐっ……ぐっ……(腰を落としてマットを踏みしめると、褐色乳を突き出し、両手にもしっかりと力を入れる。どんな圧力も耐えて跳ね返す姿勢で、カトレアの白ムチ肉を前に踏ん張ろうとする。しかし)んぐっ……ぁっ……か、はっ……ぐぅっ……飲み……込まれっ……!?(白ムチの爆肉が柔らかくメナスの身体を包みこんで来る。白ムチ肉に褐色肉が埋もれていく。これでは、切り返すどころの話ではない。身体の動きを封じられ、カトレアとの力比べを続けるしかないが、巨大なパワーを前には女王と言えど……)リングアナ>カトレアのパワーがっ! ボディがっ! 女王の意地とプライドを飲み込んでいくっ! リングに君臨せし女王メナスが、今、カトレアの圧倒的な力の前に屈辱的な跪居を強いられるぅぅぅぅぅっ!(膝がマットについて、カトレアを見上げる形。とてもやさしい母親の微笑が、逆に癇に障る)ぐっ……ぐぐっ……ぐ、がっ……(しかし、押し返せない)
武器屋カトレア > ほらほらぁ、どうしたのかしら~~??(メナスのパワーと褐色肉を「飲み込んで」いく白ムチ爆乳肉!互角の体勢で耐えられたのは僅かな時間。強制的に片膝をつかせると、さらに上から圧し掛かる体勢となって。)ッズゥウウウシィイ・・・・!!!!(ッメリ・・・メリメリ・・・!!!)(メナスの片膝ともう片方の足裏が、リングにめり込む!?さらにメナスの上半身を反り返らせながら、上から奮起を促す言葉。その柔らかい瞳は、メナスがここから意地で押し返して熱い力比べ合戦を演じるものと本気で信じているかのよう。ギチギチと音を立ててメナスの両腕も押し込んで行きながら、密着させた白ムチ爆乳を軽く揺すって・・・褐色乳を「軽く」蹂躙。)このままだと~押し潰しちゃうわよ?(くすっと笑って見せるのは、カトレアとしては茶目っ気か。)
古代の王女メナス > こ……のっ……舐め……ないっ……で……(跪いた状態で圧迫が強まると、胸がさらに圧迫される。これ以上押し込まれては倒れるしかないので踏ん張るしかないが、踏ん張ると圧力を身体で受け止めるしかないと言う、地獄の二者択一。乳房どころか肺が圧迫され、声が掠れる。両腕まで押し込まれ、完全に力比べで制圧された状態。女王の意地で必死に堪えて押し返す事を夢想する、が……)はぐっ……(カトレアにとっては軽い白ムチ爆乳の蹂躙が、圧倒的な負荷となってメナスを襲う。肺の空気を全て吐き出し、目を見開く)
武器屋カトレア > (メナスが掠れた声で言い返してくるのも楽しげに聞きいていたカトレア。しかし、メナスの瞳が見開かれ、力を入れるのには不可欠な酸素が・・・肺の空気が絞り出される。そうなれば当然。)あ・・・れ?(ギチギチィ・・・・グラアァ・・・・・)(ゆっくりと褐色肉が後ろへと倒れ込んで=カトレア肉が前のめりになって・・・・!)ッグシャアァアアア!!!!!(意外そうな表情とともに、つい体重を預けてしまった。力比べで相手を反り返らせ・・・という段階をすっ飛ばして、わわ群れの言葉通り「押し潰して」しまったのだった。叩き付ける技でもないのに肉音が響き、リングが揺れる。)
古代の王女メナス > あがっ……!(二度目の圧殺。今度は、ボディプレスと言う技ですらない、ただの力比べの結果。しかし、カトレアからの圧力を耐える事に体力を消耗していたメナスにとって、この超重量ボディを跳ね除けるのは困難)ふぁ、ぐっ……退き……んむっ……(上乳で口元を覆われて言葉も封じられる。カトレアの、人妻の香りを間近に感じながら、胸と腹によって身体を飲み込まれた女王は足だけをばたつかせてもがく事しか許されない。カウントを取られれば……返せない)
武器屋カトレア > レフェリー>・・・・・ッ!!・・わ・・・ワンッ!!!・・・・ツゥウ~~!!!!(判断が二、三瞬遅れるレフェリー。まだ戸惑っている様子のカトレアだがその肉体はすでにメナスを飲み込んでしまっていて、もがく足だけが見えてしかも逃れられないというチャンピオン・・・そんな様子を唖然と見下ろしていたレフェリーがやっとカウントに入り、二本目は完全に秒殺・・・・!?)レフェリー>スリ・・・ッ!!??(三つ目を叩きかけて手が止まる。カトレアが、体を起こしたからだ。)む~~・・・・(何やら、難しい表情。厚みのある唇に人差し指をつけ、深い肉谷間の間からメナスを見下ろす。)チャンピオンなのに、だらしないですね・・・・・(普通なら挑発の言葉。しかし、カトレアは娘か教え子を咎めるかのような口調。)チャンピオンとは、リングに君臨する至高の存在。どんな挑戦も必ず受けて勝つことを要求されます。(言いながら、さっきまでバタついていたメナスの足をむんずと掴むと、両脚とも脇に抱え込んでいく。)スリップだとしても、軽率ですよ!(ッグイイイイイ~~~!!!!)(そこから力強くステップオーバー!メナスをひっくり返しながら跨いでいくと・・・ボストンクラブ!豊饒尻をメナスの背中に下していけば、褐色肉がCの字に折り曲げられていく!)お仕置きです・・・・!
古代の王女メナス > っ……くっ……このっ、舐めた……ことを……(明らかにスリーカウント入っていたタイミング。ポイントを取らず、フォールを解除するカトレアの行為はメナスのプライドを手酷く傷つける。しかし、圧迫でスタミナを奪われ全身に汗を浮かせた状態では、カトレアに両足を抱えられるのを阻む事が出来ない。太い腕に抱え込まれて脇でがっちりと固定されると、足枷を嵌められたも同然で……その状態でステップオーバーされると身体が一気に反り返っていく)おごっ……(ズシィィンッ、と豊満な尻肉で背中にのしかかられ、ガッチリと固定される。身体が曲がらない方向に極端に曲がっていくと、苦しさに舌がはみ出して、唾液がそこから滴り落ちる)おごっ……がっ……ぐ、ぇ、ぇぇ……!(さらに、逆エビとはまた別に、尻が身体の上に乗っているだけでもその重量が凶器としてメナスを苛む。目を見開いて苦悶し、ロープに手を伸ばすが、1ミリたりとも近づく事が出来ない)リングアナ>さあ、カトレアのボストンクラブッ!! 女王メナス、まるで拷問の錘に押しつぶされたかのように、重量感溢れる肉の蹂躙から逃げられないぃっ! このままギブアップか、リングの上で屈辱の言葉を絞り出されるのかぁっ!!(屈服の言葉を口にするものかと言う女王の意地と、逃げられない技を受け続ける事への恐怖、腰にかかる痛みと重量が生み出す苦しさ……葛藤しながら口が開いていく)
武器屋カトレア > (強烈な「お仕置き」ボストンクラブ!メナスの太ももにみっちりと食い込んだカトレアの腕が両足を固定し、背中の上の尻肉がメナスの上半身を、褐色巨乳をマットに押し潰していく!メナスに呻き声をこぼさせる責めを少し緩めてから・・・)(ッギュチミチギチギュギギチィイイ・・・・・ッ!!!!)どうしたのッ!?ほら、ロープに向かって這って!!(叱咤しながらさらに絞り上げる!さらに強く絞るために片足を放し、ハーフボストン=片逆エビ固めに移行するのが定石。しかしカトレアのパワーはそれを必要とせず、えげつない角度にメナス肉を折り曲げていく!しかも安定感抜群の超安産尻の重量が余すところなく圧し掛かる!)
古代の王女メナス > ふぐぉっ……ぉっ……ごっ……(さらなる圧迫。えげつない超重量が背中にかかり、基本技を殺人技に変えるパワーがメナスの身体を逆方向に折りたたむ。腰が悲鳴を上げるのはもちろんとして、超安産尻による圧迫はメナスの胸を潰し、その奥の肺をも押し潰すほど。息ができず、苦しげに口を開閉……このままでは、逆エビ固めで落とされかねない。苦痛にマットをタップして降伏しようとするが、そこを女王の意地で耐え……手を持ち上げては拳を握り、の葛藤を何度も繰り返す。ロープへは、1mmたりとも進めない)がっ……ぁ、あ……ぎっ……(苦しさに、全身へ滲む汗。喘ぎ、歯を食い縛る)
武器屋カトレア > だらしないですね~。(尻の下で必死にギブアップを拒むメナスだが、がんばってエスケープしなさいというカトレアの指導は実行することができない。そんなメナスを嘲る・・・というより出来の悪い弟子にため息をつくような口調のカトレア。そしてその教育方針はなかなか苛烈で・・・)ズシィイイイ・・・・ッメリ・・・メリメリィ・・・!!!(さらに尻の位置がメナスの後頭部に達すると、喘ぎ声を零しながら必死に歯を食いしばるメナスの顔面を・・・後頭部への重圧でマットに押し潰してしまう!その重量は乳房と顔面を一緒に押し潰して・・・鍛え上げられた褐色肉は当然、えげつないエビ反り状態。ここに、超安産尻圧殺ボストンクラブが完成してしまった。)ほら、エスケープしないから~・・・極まっちゃったじゃない?
古代の王女メナス > んぶぉぉぉぉっっ……!(顔面がマットに埋まるほどの圧殺。後頭部は……それどころか頭部全体が、尻の割れ目に埋まっているような状態。顔がマットでふさがり、肺が圧迫される、二重の呼吸困難と、腰がへし折れそうなほどの負荷。逆エビと言う無理な格好をしているのに、その格好のまま身体が固定されて、カトレアが離れてもこの格好のままなのではないか、と錯覚するほど)リングアナ>さあ、完全に極まってしまった、超安産尻圧殺ボストンクラブッ!! かつての女王のパワーが、そしてウェイトが、現女王を襲う! 脱出不能の肉体監獄に囚われた哀れな褐色海老は果たして……おっと、レフリーが意識を確認しているッ!!(しばらく抵抗していたメナスの腕がマットに落ちたのを見て、慌ててレフリーがメナスの顔を覗きこむ。顔は完全にマットに埋もれているが……)リングアナ>……ここでレフリーがゴングを要求~~! 女王メナス、超安産尻の前にあえなく屈服ぅっ!!
武器屋カトレア > あ・・・・(顔面はマットに、後頭部は尻肉に埋め潰されていく褐色女王!そのむっちりと鍛えられた両脚が脱力した感触が、カトレアの腕に伝わってきた。久しぶりのリングに温まってきたカトレア肉は、その「征服」の味を口にして、乳肉をぶるりと震わせる。魔法石板に「●古代の女王メナス[2分38秒 超安産尻圧殺ボストンクラブ→失神KO]○武器屋カトレア」と浮かび上がり、巨大モノリスにはフィニッシュシーンが再生されるお約束。打ち鳴らされるゴングとレフェリーのブレイクの指示に、すぐに力を抜いて腰を上げるカトレアは・・・・)ふふ・・・ギブアップしなかったことは褒めてあげますね♪(アイアンウーマンデスマッチを楽しみ始めている?「一度は身を引いた元女王vs絶対の強さを誇る現女王」という構図が、二ラウンドで逆転して・・・)
武器屋カトレア > (腰を上げたカトレアは、褐色肉を圧殺したヒップを揺すりながら自軍コーナーへ。そんな後姿すら迫力を感じさせる。一方、トんでしまっていたメナスはアマラの従者によってルビーコーナーへと運び込まれ、やっと意識を取り戻す。全身のダメージのなか回復処置を断固拒否すると、屈辱と憤怒の表情でカトレアを睨み付ける。そして、ゴングが打ち鳴らされて第三ラウンド。心折れずに襲い掛かるメナスのメナスのショルダータックル胸でがっちり受け止めると、ボディスラム。マットに激しい衝撃音をさく裂させると、ロープへと迫力の疾走。ミチミチとロープを鳴らしてから戻ってくると、ジャンプ。両足を開いたカトレアの影がメナスを覆い・・・・!)っはぁあああ~~!!!(ビュゴォウゥッ!!!・・グワシャアアア!!!!)(「むちむち」とか「ふとましい」という表現はやや控えめか?肉感たっぷりのカトレアふととも肉が、ギロチンドロップとなってメナスに投下された!驚異の重太腿肉断頭台!)
古代の王女メナス > おごっ……(悲鳴さえ押し潰される肉弾断頭台。メナスの首が押し潰され、身体が反動で勢い良く跳ね上がってからマットに落ちる。身体にダメージが残っている事もあるとはいえ、強烈なボディスラムとギロチンドロップ、たったその二撃だけで身体から力が抜けてしまうメナス。ぴく、ぴく、と身体を痙攣させて、半分白目を剥いた顔)リングアナ>まさに圧殺処刑! カトレアの重肉ギロチンドロップがメナスの首を叩き潰すっ! もはや女王の魂は風前の灯火!! 果たしてメナスに抗う力は残っていないのかぁっ!!(屈辱的なアナウンスも、耳を通りぬけるようなグロッキー)
武器屋カトレア > ほらほら、しっかり~?(肉ギロチンに半失神状態のメナスを引き起こし、頬をぺちぺちと叩くカトレア。フォールに行かなかった真意はと言えば、引き起こしたメナスに・・・)容赦は、しませんよ?(ガバア!!!・・・ッグギュグウ・・・~~~!!!!)(三角締め!太もも肉フルコースである。ぶっとくも魅力的なカトレアの両脚が龍のアギトのごとくメナスに喰らい付き、片腕を巻き込みながら顔面を締め付ける!ゆとりのある肉がメチメチと音を立てて、メナスの横っ面が埋まっていく・・・肉感的なグラウンドに引きずり込んでいったカトレアは、メナスを見上げながら。さあ、失神するまで頑張るのかな?それとも・・・)ギブアップ?(にっこりと問いかける。)
古代の王女メナス > リングアナ>肉感的な人妻太腿のフルコースが女王の首を処刑するっ! 三角絞めと言うにはあまりに暴力的! あまりに破壊的! メナスの顔は肉に溺れ、まるで嵐の大海に飲み込まれた小船のように、沈むのを待つばかりぃっ!(締め付けがミチミチと肉の音を立て、がっちりと極められた三角絞めを受け、上体をピクリとも動かせないメナス。かろうじて意識を保って抵抗しようとするが、下半身が動き、尻が僅かに揺れるのみ。縞のパンツと言う魅惑のコスチュームに包まれた美尻も、カトレアの肉の前では見劣りするばかり)む、ぐ……ぁ……んぇ……(自由な左手が宙を掻く。ロープを探していたのか、それともカトレアをタップするつもりだったのか……分からぬまま、ばたりとマットに落ちた)
武器屋カトレア > カンカンカンカ~~ン!!!!「1分23秒!!人妻太腿肉フルコースで失神KO!勝者、武器屋カトレアぁああ~~!!!!」(かろうじて秒殺ではなかったようだが・・・興奮したリングアナの叫びが会場に響き、観客たちの目にカトレア肉とメナス肉の優劣が刻み込まれていく。マットに落ちたメナスの片腕を見下ろし、「ふうう」と息を吐き出したカトレアが技を解いて立ち上がると、メナスを抱き起してルビーコーナーまで運んでやる。汗だくの褐色肉は意識を失って重くなっているが、カトレアは悠々と抱き上げ、慈愛すら感じさせ表情で・・・)レスラーは耐えて魅せるもの。ギブしない意地は良いけど、「アイアンウーマンデスマッチ」はまだまだ続くから、そろそろ回復しなさいね?(聞こえているかどうかはわからないが、そっと耳元で囁くのは他には聞こえないようにという配慮。アマラの従者たちに主人の肉体を渡すとサファイアコーナーへと引き上げていく。これで3ポイント先取だ。)
古代の王女メナス > (太腿にオトされ、短時間で2度の失神を味わったメナス。意識はないが、囁かれると屈辱にピクリと震える。従者達がメナスの汗を吹き、気付けするが、かなり深く落ちてしまったようで……)リングアナ>おっと……ルビーコーナーのアマラ従者達が回復を要請するようです! どうやら、メナスの意識が戻らない様子……これは女王、屈辱的! アイアンウーマンデスマッチで、自力で覚醒出来ないほどに落とされるとは……しかしこれは、カトレアのパワーを恐るるべきか! 女王をも深き暗闇へ落とすまさに地獄の重肉体ッ!!(神官がメナスを治癒し、体力を回復させる。当然、公平性を保つため、カトレアの方にも同じ量の回復が与えられる……これほど重い身体ならばスタミナの消耗は激しいだろうが、それもこれで振り出し)
武器屋カトレア > ぁふ・・・んんん~♪(与えられる回復の心地よさ。声を漏らすカトレアの肉体は、闘いによって火照って魅力を、人妻フェロモンを増している。消耗したスタミナが回復して試合勘も戻ってきた。肉体の充実を感じて「久しぶりだし、ちゃんとプロレスできるかしら?」という自らの懸念が払しょくされていく。ただ。)地獄の・・・って、それに「重」って・・・もぅ~。(アナウンスの賛辞には微妙な女心の様子。頬を赤らめながら対角線上に視線を送り、次のゴングを待つ。)
古代の王女メナス > っ……はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ……(回復を受け、意識を取り戻すと屈辱にメナスの頬は真っ赤に染まる。呼吸を整え、カトレアを睨み付けて……3ポイントを連取された上に回復まで使わされるなど、女王には有ってはならぬ恥辱)今度は……このような屈辱、受ける訳にはいきませんわ!(試合再開。女王としてはこれも十分な屈辱とはいえ、カトレアとの真っ向勝負は避けて周囲を回る。この身体ならばスピードは鈍重な筈。間合いを図りながらぐるぐるとリングを回り、隙を探る)
武器屋カトレア > (回復で仕切りなおされて第4ラウンド。サークリングという定番の動きで間合いと隙を探るメナス。ゆっくりとコーナーを出てメナスの動きに付き合うカトレア・・という構図では、メナスがすっかり挑戦者のよう。)ふふふ・・・・・(闘志が衰えないメナスの様子に好ましそうに微笑むカトレア。そのどっしりとした存在感はますます大きくなっていて・・・・)ぐるぐる回ってるだけじゃ勝てないですよ~?(などと言いながら自分の胸元をバチンッと叩くと乳肉が「ドブルンッ!!!!」女王メナスに「かかってこい」と。)
古代の王女メナス > 舐めた……ことを……わたくしを誰だとお思い!(怒りに震えながら、カトレアめがけて駆け寄るメナス。正面からでは受け止められる。脇を駆け抜け、背後を取って……そして、ロープへ。リバウンドして、カトレアが振り向くのに合わせて……踏ん張れない所へのドロップキック!)その弛んだ腹、貫いてあげますわ!
武器屋カトレア > 「おおっと!!!古代の王女メナス、スピードで攪乱!!振り向いたカトレア、間に合わないか!?低いドロップキックがボディに突き刺さる~~!!!???」(ハイレベルな試合を実況してきたリングアナ。猛スピードのメナスの動きを実況し・・・一方のカトレア。乳肉と尻肉を揺すりながら振り返れば、目の前に褐色の肉弾が迫る!)ぅぶ・・ッ!!!(ッドボォオオオ!!!!)(肉々しい打撃音が響き渡り、両足揃えたメナスのドロップキックが、レスリングシューズがカトレアのボディーにめり込む!くの字になってくぐもった声を零したカトレアの姿に、ついに肉の巨城が崩れて・・・?)ミチチチ・・・・(ただし。「貫いた」はずがメナスの蹴り足には、柔らかい豊饒たる肉の奥に強靭なる存在が隠れていることが伝わってきて…次の瞬間。)ガシイイイ!!!!(カトレアが、メナスの両脚を掴んで。)緩んだとか~~~・・・(ッグ・・ッグイイイ!!!!)年長者に失礼でしょ~~!!??(やはりちょっと気にしているのか。凄まじいパワーで掴んだメナスを振り回し、大回転ジャイアントスイング!)ビュッゴオオ~~!!!ギュルゥウゥ~~!!!(回転力と回転数が見る見るうちに増大して、メナスをぶん回す!唸りを上げてメナスの平衡感覚を破壊してゆき、遠心力が肉を軋ませ・・・!!!)っふぅ・・ッんん!!!(なんと30回転!させてからダイナミックに放り投げる!)
古代の王女メナス > なぁっ……!!(見た目にはダルダルの贅肉腹。しかし、その奥に隠された腹筋は、壁のような頑強さ。跳ね返され、マットに落下する……そして逃げる間もなく両足が掴まれた)っ……あっ、あっ……あっ、あっ、あああああ~~~~っ!?  リングアナ>回る、回る、回るぅぅぅぅっっ! カトレアの重肉竜巻に、メナスの肉体が巻き上げられるぅっ!!(回転、回転、さらに回転。頭を両手で庇っていられたのは最初の10回転ほど、30回転も回されれば三半規管も狂い……遠心力をつけて豪快にぶん投げられると、マットをバウンド。受け身も取れずに転がり、そしてコーナーにズシン、と激突)ぁ、ぅ……く……(落下の衝撃、遠心力で引き伸ばされた肉、回る視界……頭を抑えて、立ちあがる事も出来ない)
武器屋カトレア > やっぱり~いろいろ教育が必要みたい。年長者に対する態度とか~チャンピオンとしての気品とか。(せっかく回復したというのに早くもコーナーでグロッキー状態のメナスに、接近していくカトレア。立ち上がれないメナスには、妙に重い足音、振動となって接近が知らされる。そして、むんずと髪を掴んで、片手でメナスを引き起こしていくと・・・「ちょっとばかり」スパルタなカトレアの「教育」が始まっていく。視界がぐるぐると回ったままのメナスを豪快なジャーマンスープレックス。回る視界が一気に天地逆転していく異次元空間を体験させて叩き付ければ、メナスがフォールを返すことはできなかった。「●古代の女王メナス[1分23秒 ジャーマンスープレックスホールド]○武器屋カトレア」そして当然のように続行の「アイアンウーマンデスマッチ」。ゴングが鳴れば、闘志を見せて連続エルボーを叩き込みに行ったメナスが褒められるべきかもしれない。対する絶対の肉防壁乳は揺らがず、カトレアのお返しエルボーの一撃がメナスの乳肉を抉り込む。膝を屈したメナスの頭を下げさせ、肉太ももに挟み込むカトレア。三角締めの恐怖をメナスに思い出させながら腰をホールドし、脳天肉杭打ち!「●古代の女王メナス[56秒 パイルドライバー→体固め]○武器屋カトレア」。ついに秒殺が成立してしまう。)
古代の王女メナス > かはぁっ!(ジャーマンスープレックス! 美尻を突き上げた状態で、綺麗にホールドされる……マットに押し付けられたままビクンッ、ビクンッ、と痙攣した状態でスリーカウント、4ポイント目……) あっ……くっ、お、お離しなさい、この……んぁっ!(がっちりとカトレアの太腿に挟み込まれ、頭が固定。何度もメナスを捕らえて拘束した重肉の冠から逃れる事は出来ず、逆さに、豪快に持ち上げられて)ふぐぅぅぅっっ……(カトレアの超重量がかかったパイルドライバーに半失神。その上、超重量がのしかかってくる凶悪な体固めフォールを返せず5ポイント目……)
武器屋カトレア > 追い込まれてフォールを返すのがチャンピオンでしょう!(非常に高い教育目標を強要しながら、メナスの腰をぎっちりとホールドして担ぎ上げる!6ラウンド目。再びパイルドライバーかという体勢から一気に担ぎ上げ、逆肩車状態。メナスの詰まった肉体を下からがっちりと支えきり、フランケンシュタイナーで返そうとメナスが反り返るが・・・)甘い!!(ッギシイイ!!)(動きに急制動をかけて再び振り上げると!(ビュッゴウウズガシャアアァア!!!!)(パワーボム!「続けて同じ技は使わない」「パワーボムにフランケンシュタイナーというお約束・・をさらに切り返してのハイパーパワーボム。」とプロレスの醍醐味を盛り込みながら、叩き付けたメナスに大股開かせ、その間から身を乗り出して押さえつけ・・・)フォール!!(カトレアの凛とした声がリングに響く!その重乳肉がメナスの顔面を埋める。「●古代の女王メナス[53秒 ハイパーパワーボム→エビ固め]○武器屋カトレア」ついに連続秒殺でワンポイントごとに回復が必要・・・加速していく『アイアンウーマンデスマッチ』。それを要求したのは、チャンピオンであるメナスなのだが・・・)
古代の王女メナス > い、いや……ああああああっ……(悲鳴が爆音にかき消されるほどの衝撃がマットに響く。重圧感たっぷりの一撃でマットに押し付けられると身体が上下に圧縮されるほど)リングアナ>決まったあああああっ、ハイパーパワーボム、炸・裂ッ!! リングの上で炸裂する重肉爆弾ッ! カトレアの肉に埋もれたメナス、動けないっ! だらしなくその足を広げ……カウント、ワンッ……ツー…………スリーッ!!(ピクリとも動かず、フォールを取られてしまうメナス。まさに肉に埋もれたとしか言いようのない状況で、6ポイント目のゴングを聞く。コーナーに連れ戻され……従者と神官がメナスを取り囲む。その間、会場の巨大モノリスに流されるフィニッシュシーン……回復措置が取られるが、こうして回復が続く限り、カトレアの唯一の弱点であるスタミナ切れは永遠にやって来ない)
武器屋カトレア > 「絶対王者メナスッ!!!復帰戦の人妻カトレアに手も足も出ない~~!!!もはやリング上は肉弾地獄!!!カトレアのフェロモン重肉弾がリングを支配~~!!メナス、ワンポイントくらいは取り返せるかッ!!??」(ますますヒートアップする会場にあって、カトレアは復帰戦の目的を忠実に果たしていく。メナスにとっては、絶対女王として君臨していたリングが急転直下の肉弾地獄・・・・更生させるには、きっちり叩き折らないと。それに「堕ちたチャンピオン」には・・・・)シャイニング~~~!!!(ッズッダッダッダッダ!!!!)ピラミッドぉおお~!!!!(ガツンッ・・・グワシャアアアア!!!!)(ボディを抉る拳の一撃で膝をつかせたメナスに、距離を取ってから走り込んだカトレアがメナスの膝を踏み台に膝・・・というか肉の束である太ももをさく裂させる!「シャイニングピラミッド」。言わずと知れたメナスの技であるが、カトレアが放つと重量感が全く違う・・・・「堕ちたチャンピオン」には「掟破り」。「●古代の女王メナス[1分13秒 シャイニングピラミッド→失神KO]○武器屋カトレア」・・・さらに次のラウンドでは。)
武器屋カトレア > オベリスク・バックブリーカー!!!ですよッ!!!!(肩の上に担ぎ上げたメナスの肉体を、真っ二つにへし折ろうと!?アルゼンチンバックブリーカーの形で対戦相手を折り曲げ、その強烈さに加えて口元をがっちり握ってギブアップを封殺。上下に揺さぶって嬲り抜くというメナスの『オベリスク・バックブリーカー』をえげつないまでに再現して「掟破り」!揺さぶるたびにどぷんたぷんっと音まで立てるカトレア爆乳に圧倒的な存在感と力強さが、肩の上で自らの必殺技に捕えられた褐色肉との違いを際立たせていく。)
古代の王女メナス > なっ……(重く迫るシャイニングピラミッド。自らの得意技を返される屈辱に赤く染まった視界の一面に、白ムチ肉が広がっていく)リングアナ>掟破りの、シャイニング・ピラミッドォォォォッッ!! アマラの鉄の掟は人妻の太腿によって打ち砕かれたぁッ!!(ぶるんと揺れる肉の束が側頭部を打つと、メナスの脳がグラングランと揺さぶられる。何歩かよろめいた後、瞳がぐるり、と裏返り、ガクンと膝をついて美尻からマットに落ちるメナス。座り込んだまま、口の端から唾液を垂らして……レフリーが慌てて駆け寄り意識を確認するが、一撃でオチている。要請されるゴング、セコンドによってコーナーに戻されるメナス。そして次のラウンド……)お、ごっ……ぉぉぉぉっっ……ごはっ、ぁっ……ぐっ、おぉぉぉっっ……!(メナスのくぐもった呻きがリングの上に響く。その呻きさえかき消しそうなほどの、ド迫力の人妻重ムチ肉の音)リングアナ>リングに聳える女王の尖塔、オベリスク・バックブリーカーッ! 数多くの美闘士がこの技によって、身も心もへし折られて来た、絶対処刑の巨塔! しかし、今リングに聳えし塔の色は白! 塔を彩るべき褐色は、頂点に吊るされし供物としてその屈従を待つばかりっ! もはや女王の運命は風前の灯火! 人妻武器屋の叛乱を前に、玉座に必死にしがみつくのみだぁっ!
武器屋カトレア > (子育てと家事と鍛冶仕事という大忙しの人妻生活の合間に、中継水晶でクイーンズプロレス観戦を欠かさなかった様子のカトレア。アマラ王朝の、そしてメナスの誇る二大必殺技を完全コピー、の上にお株をド迫力で奪い取る。「アマラの威光の前に、二度と逆らえないようへし折る」それがオベリスク・バックブリーカーの醍醐味。ゆえにギブアップを許すなどという慈悲はなく、口元を握るところも完全再現して。)ほらッ!!ほら~~自分の必殺技でオちちゃうの、かな!?(ッギュギチギチ~~~!!!・・・ギチミュギチィィイイ~~~!!!!!)(ゆっくりと緩急をつけて絞り上げながら、ますます急角度に折り曲げていく!反り返らされる褐色肉とそびえ立つ白き肉尖塔のあまりのコントラスト・・・・ちなみに言葉責めも、チャンピオンのスタイルをコピーした掟破りの一環。とはいえ、カトレアもやっているうちに気持ち良くなって頬を染めて?ドン!!ドン!!と足踏みするアレンジを加えれば、突き上げる衝撃がメナスこの腰を責め抜いていく!)
古代の王女メナス > んぅっ……んぐっ、んむっ……ん~~~っ!(目を見開き、急角度の拷問尖塔に身体を折り曲げられていく。両腕、両足はだらりと垂れ下がって力を失い、危険なほどの角度で曲がらない方向に曲がる褐色肉。ミチミチと言う肉の悲鳴が聞こえて来そうな程で、さらに足踏みまで加えると両腕、両足がビクン、ビクン、と跳ね上がる)ふぐっ……おっ……おぉっ……おぉぉっ……(半ば白目を剥いたその瞳から溢れる涙。ゆさゆさと揺れる白ムチ肉はド迫力で自信満々に揺れ、対照的に褐色肉はゆさゆさと揺ら「され」て辱められる。あまりに危険な角度に、レフリーがメナスの意識を確認にいく……)
武器屋カトレア > (ここで確認される前にマットに叩き落とす、大きく揺さぶる、といった手管で残虐拷問を続けることも可能。しかしそこはカトレア。「はい、どうぞ♪」とレフェリーに優しげに微笑み、角度を変えて・・・屈辱と涎と涙にまみれたメナスの顔面をレフェリーの方に向けてやる。リングの支配者「であった」メナスの表情が至近距離でレフェリーは「っひ」と声を上げてしまい、定番の腕を上げて落ちないか確認、という手順をすっ飛ばして、ゴングを要請してしまう。)カンカンカンカンカ~~ン!!!(「●古代の女王メナス[2分34秒 オベリスク・バックブリーカー→レフェリーストップ]○武器屋カトレア」通常想定される本数に合わせたサイズの魔法石板。余白は既にわずかだが・・・・・)
武器屋カトレア > 力を誇示するのはチャンピオンの務めのひとつですけど、やりすぎるのはやはり王者の品格を傷つけるんですよ~?(ッギリギリギリギリィイイイイ・・・・!!!)(すでに次のラウンド。いきなりカトレアの片手がメナスの喉を掴んだかと思えば、片腕で吊り上げていくネックハンギングツリー!メナスが必死にカトレアのボディを蹴り上げるが、柔らかい感触と強靭な防御力に阻まれ、「無駄にあがいている」姿がかえって強調されてしまう。そう、これはメナスがエキドナに行った処刑はチャンピオンにふさわしくないという・・・)わかりました・・・かぁあ~~!!??(ビュゴウ・・・ッドガシャァアアア!!!(ワンハンド・チョークスラム!体に=体で教えるカトレアのムッチムチミュチの太腿が圧し掛かる片膝フォールで、「●古代の女王メナス[38秒 ワンハンドチョークスラム→片膝フォール]○武器屋カトレア」容赦なく続行されるアイアンウーマンマッチ。回復と破壊が繰り返される地獄のタイトルマッチは、「●古代の女王メナス[59秒 スイングスリーパー→失神KO]○武器屋カトレア」「●古代の女王メナス[35秒 ジャイアントアックスボンバー→体固め]○武器屋カトレア」etcetcetc・・・気づけば、魔法石板はメナスの黒星とカトレアの白星に埋め尽くされて溢れ出し、回復役の神官が二人三人と使い潰されていく。)
古代の王女メナス > はぁ……は……ぁ……ぁ、く……くふぅっ……(回復魔法によって尽きる事なき体力。そして何度も何度も苛まれ続ける心。コーナーを背にして、全身を汗に濡らしながらロープを掴んで身体を支えるメナス。すでに身に纏うコスチュームも何着か着替えている。もはや瞳に力がない。落とされ、潰され、絞め上げられ、ねじ伏せられた肉体は、その傷が癒えても、心に刻みつけられている。首はカトレアにずっと掴まれたままのように思えるし、カトレアの豪腕にぶっとばされた衝撃がまざまざと思い出せる。それでもゴングが鳴れば構えを取れる、それだけが女王の意地)
武器屋カトレア > ふぅうう~~~♪(カムバックのリングを堪能し、これだけ叩きのめされても逃げ出さずに向かってくるメナスの姿が、なかなか好ましい。これは、ベルトを失っても次のステップに進めるように…きっちりへし折ってあげないと。そんな慈愛に満ちた考えを持つカトレアが次にメナスに与えたのは・・・・)さあ!!そろそろ、わたしの必殺技も食らってもらいますからね!(強引なまでにメナスの腰に腕を回して抱き寄せる、ベアハッグ!乳肉と乳肉が密着し、背骨と腰を責める・・・のが普通のベアハッグだが。)っふう・・・んんんッ♪(ギュチギチミチミュチギチイイイイ・・・~~!!!!)(ムクウッと力が入れられて太くなるカトレアの両腕。メナスの腰を抱き寄せて腹部が、太ももが、股間が押し付けられていく。改めて凄まじい物量の乳肉がメナスに押し寄せれば・・・)巨人殺しベアハッグ!
古代の王女メナス > ぐぇ……ぇっ……あ、んぐぉぉぉっ……(カトレアの肉圧に飲まれていく、そうとしか言いようのないベアハッグ。締め付け自体も十分に激しいのだが、やはり肉が圧倒的過ぎて、メナスの褐色肉が人妻爆肉に飲まれているようにしか見えない)リングアナ>これがっ……これが巨人殺しの進化した必殺技かッ! 現役時代よりも遥かに強く、そして重い肉体が、女王の身体を飲み込んでいく……いやっ、これはっ! 心を飲み込むベアハッグだっ!! アイアンウーマンマッチの砂時計は残り1分ッ! 女王は最後の意地を通せるのかっ! それとも最後の一本までへし折られてしまうのかぁっ!(アナが告げる通り、試合時間は終了間際。そこまで耐えきれれば、圧倒的敗北の中でも意地は残せる。しかし、その1分を耐え切る事が出来なければ、メナスにとっては完敗と言わざるを得ない結果となるだろう)んぉぉぉぉぉぉぉ……(それをわかっているから、必死に堪えて首を振る)
武器屋カトレア > (重圧にメキメキと音を立てる褐色肉が、次第に持ち上げられていく。両足がマットから浮く、という感覚は恐怖も煽って・・・・耐え切ろうというメナスの意思を肌で感じて頬を緩めるカトレアであるが、きっちり折るには、やはりここで・・・ギブアップさせるのが肝要。脇の下に腕を通す=密着度が高まるというエグイ形の『巨人殺しベアハッグ』。ゆえに両腕はタップが可能。カトレアが深く息を吸い込めば、メナスの褐色肉を飲み込む人妻爆乳が。)ミュチミュチムチイ・・・・!!!(メナスの顔面まで飲み込んで行き)ふう・・んんん!!!(力を籠めれば、その爆乳を支えるパワーが、メナスの顔面を磨り潰すかのよう。1分、たった1分だ。プライドをかけて耐えるには長い時間ではない、と誰もが考えるに違いない。しかし・・・・)ギブア~~~ップ?(ギチギチギチィイイ・・・!!!!)(視界まで奪って、顔面ごと締め上げ、ボディと股間まで押し付け太ももまで密着させて!絶望的に圧倒的な肉の差をメナスに教え込んでいく超白ムチ人妻ボディ。カトレアの声は耳からではなく、肉の振動がメナスの鼓膜を直接揺すって伝わる!それほどの密着状態!飲み込んだ獲物を咀嚼するかのように揺さぶりをかけ、えげつなく反り返らせ、両腕以外身動きの余地すら奪い取りながら。)(ミュチイイイ・・・ッメリメリッメリリィ!!!ッギュッチイイイイッグギュウゥ・・・・!!!!)ギブアップ!?(鋭く問いただす。)
古代の王女メナス > むぐ、むぉっ……むぉぉぉぉぉぉぉ……ごぉ……ふむっ、ふぅっ……ふぐぅっ……!(顔面まで飲み込まれ、すり潰されると、上がる悲鳴と呻きの全てがカトレアの白ムチ超乳に飲み込まれる。超乳の重みはメナスの首の骨にゴリゴリと強い負担をかけ、呼吸を封じ込める。頭蓋骨までも締めあげられ、ミチミチと軋む音。その音に混じって、ギブアップを問いかけるカトレアの鋭い声が。響く度に、圧倒的強者の生み出す恐怖がメナスを支配する)ふんぐっ……ふぉっ、ごっ……ふむっ……むぅ、むぅ、むぉぉぉ、ぉぉぉぉ……!(豪腕が腰にめり込むと、身体が反り返っていき、背骨が逆方向にひん曲がっていく。メリメリと悲鳴を上げる肉体は、カトレアの腹へと飲み込まれ、少し弛んだ肉と、その奥に秘められた硬い腹筋の感触を教えこまれてしまう。股間まで触れ合った状態で身体が揺すられると、縞ぱんのコスチュームに包まれた股間をカトレアの熟した股間に喰われてしまうような、エグいほどの密着。人妻肉が一つ揺すられるごとに、メナスの褐色肉はカトレアの白ムチ肉で噛み砕かれていく、そんな感覚すら。視覚は塞がれて何も見えず、聴覚は骨と肉の軋む音、その中に響くカトレアの声で絶え間なく責め立てられる。嗅覚は人妻の濃厚な匂いによって支配され、はみ出した舌が白ムチ肉を味覚でも感じる。触覚は言うまでもなく全身に襲いかかってきて……五感全てをカトレアで埋め尽くされる。到底耐えられるものではない、正気で居られる筈もない、巨人殺しベアハッグ。巨人を殺すと言うよりは、巨人に殺されるような、そんな感覚を味わう羽目になれば、女王の最後の意地も砕け落ちる)ふんむぉっ……む、ふぅっ……んむぐっ、んっ……ん~~~、ん~~~~~……んむ……むっん……んむむっ、ん~~~!(肉の震えを通してカトレアのみが独占する、女王の断末魔。メナスの主観では数時間とも錯覚するほどの長い時間、実際には30秒と経たない短い時間の後、カトレアの背中をタップする。1秒でも、0.1秒でも速く解放されたいと言う必死さから、背中を叩く手は忙しない。強く打ち鳴らされるゴング)リングアナ>ギブアップ~~ッ! ついに女王の意地が人妻の肉に完全屈服ッ!! 玉座から引きずり降ろされ……いや、玉座ごと抱き砕かれたかのごとくっ! 圧倒的な力の前に、身も心も粉砕されてしまったぁぁっ!(絶叫のようなリングアナの声も、カトレアの乳房の中のメナスには聞こえない)
武器屋カトレア > ふふふ~~♪もう、くすぐったい・・・♪(気持ちよさそうな汗をかいた人妻肉弾女闘士が、あまりに強烈な殺人拷問技と裏腹に、無邪気に喉を鳴らす。くすぐったいのは、埋め込まれた呻き声で爆乳を振動させメナスの舌が這う肉谷間か、あるいは背中を叩く必死のタップか。えげつなく反り返らされながら食い潰されていくチャンピオンの褐色肉の様子に、片腕が必死に示す屈従の印に、リングアナの絶叫とゴングが入り乱れ鳴り響く!)ッカンカンカンカンカンカンカ~~~~ンンン!!!!!(金属音が乱打されるなか、技はすぐには解かれない。カムバックとともに依頼された教育。良い気で玉座に君臨した褐色の女王を・・・「可愛がり」。すっかりカトレア肉に「喰われ」てめり込んだ褐色肉を揺すり、圧倒的な肉体を・・・太もも肉と、股間を、腹部を、乳肉を!擦り付ける。その「可愛がり」は正味3秒ほどであったろうか・・・・)リングアナ>そしてここで!!!アイアンウーマンデスマッチ終了~~~!!!!!最後は巨人殺しベアハッグへのギブアップ!!!フォール、KO、スリーカウントのグランドスラム!60分フルタイム!挑戦者、武器屋カトレアの勝利数32!!チャンピオン、古代の王女メナスの勝利数ゼロ!!圧勝!!!武器屋カトレアの圧勝ぅうう~~~!!!!(カトレアの白星で埋め尽くされた魔法石板に「●古代の女王メナス[60秒 巨人殺しベアハッグ→ギブアップ]○武器屋カトレア」という最後の表示が浮かび上がる。ここでやっと、両腕を開いていくカトレア。)うふふ・・・やっぱりプロレスって良いわね♪あの子もだいぶ大きくなったし・・・私も自分の時間を楽しんでも許されるわよね。(にっこりとほほ笑むカトレア。子どももだいぶ大きくなったし、これからは自分の時間を使ってプロレス?腕を開いてもメナス肉を「喰」わえ込んだしっとりとしてゆとりのある人妻肉。何とか顔を上げるメナスの顔面は、白ムチ爆乳にまだ顎を挟まれた状態で・・・新女王の肉体にぶら下がった状態のメナスを、慈愛の笑みで見下ろす。)
古代の王女メナス > は……ぅ……く、は……(ぐったりと両腕、両足を投げ出して、巨大な乳房に顔を喰わえられたまま、脱力しているメナス。全身は苦痛に耐えた汗で濡れており。リング近くの客席にいる目の良い観客は、汗とは別の液体が、股間から唾液を垂らしているのに気づいただろう。女王としての尊厳を完全に『教育』されてしまったメナスは、その顔を恐怖によって歪め、涙を浮かべて、自らを蹂躙し尽くした人妻の顔を見上げる)ひ、ぅ……ひ……ああ……(強がりはもちろん、悔しがる事さえ出来ないほどの完敗。完全に鼻っ柱をへし折られた状態。今後はもう、女王だからと放埒に暴虐を振るう事は二度と無いだろう。慈愛に満ちたカトレアの顔を見上げる瞳には、恐怖しか宿っていない)
武器屋カトレア > ちゃんと鍛えなおして来たら、今度はチャンピオンとして挑戦を受けてあげるわね。(放心した様子でぶら下がる褐色肉と圧倒的な白ムチ人妻肉のコントラスト。これで「またかかってらっしゃい」とはどういうスパルタ。燦然と輝く王者のベルトがカトレアに授与されるべくリング上に持ち込まれていく。)リングアナ>ここに新チャンピオン誕生ぅうう~~!!!カムバックの人妻美闘士チャンピオンッ武器屋カトレア!さあ・・・・誰か!!誰かこの圧倒的すぎる肉体を揺るがせる挑戦者はッ!?挑戦者はいるのかぁああ~~!!??(興奮したリングアナの声で興奮を増していくベルト授与式。こうして、クイーンズプロレスに突如として現れた「新」チャンピオン。コロッセオは、ますます興奮のるつぼと化していくのだった。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(36)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(7)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。