スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不知火舞vsレイチェル

レイチェル > (頑丈な金網に囲われたリングを取り囲む観客。それだけならば格闘大会では珍しくも無い光景だが、客が女性ばかりというのはなかなか見れないものだ。そんな試合会場に強いスポットライトが灯り最初に現れたのはレイチェルだった。180cm近い長身はただ背が高いだけでなく女性らしいメリハリを備えており、ハッピのような青い上着は黒いエナメル質のハイレグコスチュームを内側から大きく押し上げ揺れる胸元を大きくさらしている。
観客に大げさにアピールしてみせながら歩みを進める両脚は、かの格闘女王たる春麗すら凌ぐ逞しさであり、また引き締まりつつも雄大なヒップラインを見せ付けるよう。足先から太腿の半ばまでハイソックスのように覆われているが、鍛え上げられた筋肉の陰影が逆に強調されるように艶かしい。にこやかに両手を振りながらリングインしたレイチェルは両手の指ぬきグローブのフィッティングを確認しつつ全身をほぐしていく。彼女は元政府のエージェントでありながら今はフリーで仕事をしている「くのいち」とそれを見守る女性観客達・・・そう、ここは「くノ一プロレス日米交流戦」の会場であり、見守るのも日米のくの一達なのである。)
不知火舞 > (いにしえより歴史の裏方を務めてきたくノ一は現代にまで受け継がれ、新たな技術を日々吸収しつつ、活躍の場は世界中へと広がっている。となれば、本家、あるいは元祖ともいえる日ノ本だけでなく、くノ一の出身地も全世界へと広がっていて・・・そして、「くノ一プロレス」。くノ一同士の修練、技比べ、力比べに最適とされるプロレスは女忍者たちの間でも盛ん。四角い戦場であるリングに上がり、対戦相手に、そして観戦者に、美しくも鍛え上げられた肉体と実力を魅せつけるのだ。さて、日米交流戦の「日」代表は・・・)ッゴオウウ!!!!(リング上の赤コーナーに炎が上がる!龍炎舞の炎とともに姿を現したのは、本家の特権とばかりに後から入場=赤コーナーの不知火舞!口元を隠していた扇をパン!!と鳴らして閉じると、その口元には自信満々の笑みが。派手な演出はコスチュームに及んでいて、豪華な着物を上に羽織ったくノ一装束。)ふふっ♪アメリカンくノ一は思ったより地味ねぇ~♪(軽口を飛ばしつつ羽織っていた着物をバッ!!と脱ぎ捨てると、不知火コスチュームを模したワンピース・プロレスコスチュームへ早変わり!胸元と背中が大きく開いたデザインに色は真紅。足袋のようなデザインだが実は現代的な編み上げブーツに美しい脚が伸び、キュッと上向きのヒップに括れた腰つき。そしてとこから一昔前の日本人とはわけが違う豊満な乳房へとグラマラスなラインを描いていく・・・ミチッムチッと音が聞こえてきそうな張りと弾力。舞が動きに合わせて魅力的に揺れ、ヒノモトくノ一ボディを魅せつけている。)
レイチェル > (派手なリングインをみせる舞を薄く笑みを浮かべたまま見守るレイチェル。こちらも上着の紐を解くとするりと脱ぎ捨て)さすがは本家くの一、といったところかしら?…でも、衣装だけがくの一の本領ではないでしょう?でもね、炎を操れるのは・・・はぁあああ、ファイヤァー!!!(レイチェルが両脚を開きグッと両手を握り気合をこめれば、ゴゥッ!とその全身に炎が吹き上がる。その光量はレイチェル自身が焼かれるのではないかと言うほどだったが炎が不意に消えが目を閉じ呼吸を落ち着けたレイチェルは何事もなかったかのようにたたずんでいる)……あなただけでは、ないわよ?(ダイナミックな肢体を包む黒いコスチュームは背中側は大きくむき出しで、前面は首から股間までを覆うワンピース状のもの。リング中央に二人が歩み寄ればその身長差から舞は見下ろされ舞を上回る豊かな乳房は日本人との差を見せ付けんばかり威圧感をはなつ)今日は交流戦と言う事だけど……忍術無しのバトルで本家くの一の力、いかほどのモノかしら(自らの力に自信を持つが故の余裕の笑みを浮かべるレイチェル)
不知火舞 > っはん♪何よその雑な忍術ぅ~♪良かったわね~?今日は体術比べのプロレスで♪(身長差で見下ろされることに軽い苛立ちを感じつつも、それを表に出さずに鼻で笑う不知火舞。くノ一プロレスでは武器使用禁止に体術以外の忍術も禁止されている。違反者は観戦者たちから集団制裁を受けても文句は言えない。まあ、ばれなければ・・・という裏ルールもあるのだが。ともあれ、これまで日ノ本のリングでもプロレスで君臨してきた舞は迫力のレイチェルボディを前にしても不敵な笑み。)メリケン製のコピー品に「ホンモノ」を教えてあげるわ♪あ、もちろんホンキなんて野暮はなしで、壊れないように手加減してあげるから安心しなさいね。(挑発も技量のうちだが、その傲慢ともいえるビックマウスを実力で裏付けてきた不知火舞。その乳房はレイチェル乳に接触するかしないかのギリギリのところまで接近して、アメリカンくノ一と視殺戦。濃密な闘う女の匂いがリングに満ちていく中・・・やっとそれぞれのコーナーにはなれる両者。そして・・・)カーン!!!!(打ち鳴らされるゴング!)
レイチェル > その大口、試合後も叩けるといいわね…(笑みを浮かべつつも強い視線を交し合うくの一達。二人の放つ圧迫感に会場の観客すら静まりかえり、ようやくコーナーにわかれると、静寂の中ゴングの音が響き渡ればドッと会場が沸き返る)まずは小手調べって所かしら……いくわよ!(グラマーな大柄の肢体に見合わぬ瞬発力を見せるレイチェル。それはいうまでもなくレイチェルのアピールポイントでもある強靭な下半身の生み出す力で、その突進力は大柄な者の多いアメリカ国内でも随一と言われる。見る間に距離を詰めるレイチェルは姿勢を低くすると相手の初撃を捌きつつ勢いを活かした投げを狙いにいく)
不知火舞 > このわたしを見下ろしてくれちゃって・・・ちょっと手荒く潰しちゃおっかな~♪(赤コーナーに向き合いながら剣呑なことを口にする。ちょっとフィジカルとパワーはあるみたいだけど・・・しかし、自分が敗北することなど微塵も考えていない不知火舞。レイチェルと至近距離で呼吸した自分の肉体が、直接目の前にしたダイナミックボディのオーラに反応して興奮=熱くなっているのに気づいていない。打ち鳴らされたゴングに振り返ると、前に出つつまずはスピードで翻弄してやろうか、それともテクニックを見せつけてやろうか、いやいや、パワーでもどっちが上か教えてやろうか・・・などと妄想しているところへ。)ぁ?(ゴウッ!!と舞の黒髪ポニテがレイチェルからの「圧力」に揺れる!あっという間に間合いを詰めてくるレイチェルボディの迫力!)コイツ・・!!(一瞬とはいえ迫力に「当てられ」たことに屈辱を感じた舞は、鋭いエルボースマッシュでレイチェルを迎撃!しかし、わずかにタイミングがずれてしまい・・・)ふぐぅッ!!(懐に飛び込まれる!がっちり捕まえられて・・・!)っくぁああ!!!(ッズッダダアアン!!)(フロントスープレックス!叩き付けられた不知火肉に、想像以上に「重い」衝撃が叩き込まれる!)っかは・・!!・・・んッ・・・このわたしから初手を取るなんて・・・やってくれるじゃない!(肉に衝撃を感じながらも飛び起きるジャパニーズくノ一)
レイチェル > ハイ、どうしたの?この程度?(油断した隙をつき舞の叩きつけつつもその手に抱いた肉体は想像以上にみっちりと鍛えげらた感触。軽く見ていた考えを多少修正しつつも観客に片手を上げてアピールし、続いて起き上がろうとする舞の背後に回りこむとすばやくそのくびれた腰に両手を回し、張りのある大きなバストをむきだしの背中に押し付けてそのサイズを思い知らせつつ、膂力を見せ付けるようにグイッとリングから引っこ抜けば華麗なアーチを描いたバックドロップで叩き落す!会場にリングの受けた衝撃が大きく響き渡る)
不知火舞 > ッチぃ・・・!!(「この程度?」などと挑発され、つい熱くなってしまう。このあたり、最強の名を恣にしつつも春麗との試合では戦績五分五分、その強さに「ムラ」があると評される所以である。しかもレイチェルは、「所詮まがい物」と完全に甘く見た舞の予想を超える素早さで回り込んでくる!)んぁ・・・ッ!!(背中に押し付けられるダイナミック巨乳。その巨大な存在感に不覚にも声を零してしまったジャパニーズくノ一。がっちりと腰をホールドしてくるアメリカンパワー!耐えようと腰を落とす舞だが、後手に回ったこのタイミングでは、レイチェルのパワーを押し留めることができない!浮遊感…の直後!)(ドゴオオォ!!!!!)んっぐぅうう!!!!(バックドロップ!フロントスープレックスを数倍する衝撃!レイチェルのプロレスの実力を思い知らせてくる「重い」一撃。)
レイチェル > (轟音を立てて叩きつけられた舞から手を離すとスルリと立ち上がり)まだまだ、こんなもんじゃ物足りないわよ?(舞に背を向けて駆け出すと自慢の脚力を活かして金網に飛び上がり、さらに三角とびの要領で金網を蹴りつけるとリングの天井近くまで浮かぶ。くの一らしい軽快な動きだが大柄な肢体が宙を舞う様は文字通り豹のような印象を与え、そこから身をひねり舞に襲いかからんとボディプレスを敢行する)
不知火舞 > っくぅうう・・・(尻を突き上げたエビ固め状態から脚線美を投げ出して大の字。バックドロップの衝撃に揺れる頭に片手をやりながら、悔しげに表情を歪める不知火舞。一方のレイチェルは止まらない。その魅力的な体格はますますキレを増した動きを見せ、「日米交流戦」に「デスマッチ」とルビがふられそうな雰囲気を醸し出している金網を利用し、コーナーポストを大きく超える高さを叩き出す!投下される・・・ボディプレス!自分の上にかかる陰に気付いた舞だが、「避けられない」と直感。)(ズガシャアァア!!!!)ぅごおぉおおおッ!!!(襲い掛かってくる白ムチボディ!真正面から受けた舞肉にミチミチと音を立てて食い込んでくる肉弾!高空からの重爆撃に舞の口からは飛沫が上がり・・・・「食らう」と覚悟して体に力を込めなければ、この一撃で潰されていたかも・・・アメリカンくノ一の猛攻にアメリカサイドの観客くノ一たち+舞に恨みを持つ一部の日ノ本くノ一たちが歓声を上げ、炸裂したボディプレスにワン!!!ツー!!!とカウントを叫んでいく!このカウントは、逆に舞肉に油を注ぎ・・・)くぅッおおぉ~~~!!!!(ムチィイ・・・・!と上から押し潰してくるレイチェル肉に反発して、力強いブリッジで肩と肉体を持ち上げる不知火舞!)
レイチェル > (この一撃で沈んでも不思議の無い高高度ボディプレス……いや、並みのくの一ならバックドロップで沈んでもおかしくなかったのだが……)お、……やるわね(舞を押しつぶさんとした量感溢れる長身をカウントを聞いた舞は、力強いブリッジで押し上げて持ち上げていく。レイチェルは不意の反撃を警戒して身を離して立ち上がるのを見守り)本家のくの一はすばやさと技巧が自慢だと思っていけれど……なら、今度はこれで勝負しましょうか!(レイチェルは腰をやや落として両手を前に構えて待ち構え、力比べの構えをみせる)ナンバーワンのくの一なら、受けて見せるわよね?
不知火舞 > くっふぅううう・・・!!!(舞の肩がマットから持ち上がると、感心したような言葉を残して立ち上がっていくレイチェル。一度、重い音を立てて大の字に転がる不知火舞は、)「やるわね」ぇ??誰に・・んぐ・・向かって言ってるのぉお??ちょっと受けて「あげた」からって・・・っはあ・・・っはぁ・・・調子に乗ってるんじゃ・・ないわよ・・・!(立ち上がっていきながら攻め込まれたことを「受けてあげた」と言い張る不知火舞。一方、ボディプレスで肌を合わせたレイチェルは、力比べを要求してくる。挑発と解釈して、観戦のアメリカンくノ一達がどっと笑うが、レイチェルは舞との肉弾戦に興味を示している様子。立ち上がり、呼吸を整えた舞は・・・)なぁに~?パワーで潰してほしいわけぇ??(顎に滴る汗を拭いながら、その瞳にはレイチェルのプロレスで点火された炎が燃える。そして躊躇することもなく、まずは右手と左手・・・次に左手と右手・・・としっかりと握り合わせてゆくと・・・)ッミュチイイイ・・・・・ッ!!!(さらに乳肉も接触。猛攻を受けた後とは思えない張りと弾力をレイチェル乳に伝えながら・・・)んふうう・・・・・!!!(ジワジワとパワーを増大させていく不知火舞!)
レイチェル > いいわねえ、それでこそ本家よ(組み合った両手はダメージを受けた後とは思えないほどにしっかりと握り締めてくる。さらに互いの体が近寄れば二人の豊かな乳肉はコスチューム越しにぶつかりたわんでいく)……じゃあ、いくわよ……(言葉と共に体格で上回るレイチェルがその肉体に力を込め始める。趣味のロッククライミングではその体を指一本で支えることもあり、握り締めた両手は握力が高まりミシミシとフィンガーグローブが軋みを上げる。、絞られたウェストから広がる逆三角形の背中に背筋がググググッと浮かび上がり、しなやかな両腕も筋肉の陰影を濃くしてパワフルさを発揮していく。身長差ゆえにはじめから圧し掛かるような姿勢は有利であり、その上膂力においては米国くの一では並ぶものの無いレイチェルは、瞳に怒りの光を浮かべる舞の体を文字通り押しつぶさんと圧をかけていく)米国くの一のパワー、どこまで耐えられるかしら?
不知火舞 > (「本家」気取りの日ノ本くノ一を潰してやろう、と言ったところだろうか?がっちり組み合うと身長で有利な体勢を遠慮なく活かしてくるレイチェルは、まずは強力な握力、さらに美しくも鍛え上げられた肉体をバンプアップさせて膂力で襲い掛かってくる!)っくぅふぅううう・・・・~~!!!!(ミシリミシリと自分の肉体が軋みを上げるのが聞こえる。熱い吐息を口から吐き出しながら、握力で、筋力で、真っ向から対抗していく不知火舞。しかしこれは戦術ミスでは・・・アメリカンくノ一に、しかもその中でもナンバーワンパワーファイターに、得意のスピードやテクニックで対抗すべきところを真正面からパワーでやり合ってどうするのか?レイチェルも耐える舞の抵抗を楽しんでから潰す気満々の様子・・・しかし、舞はにいっと笑みすら浮かべ・・・)ッギチイ・・・ギチギチギチィ・・・・(舞の握力。幼少のころからいにしえより伝わる非常識な鍛錬を施されてきた舞は指腕立てなど生ぬるい片腕指逆立ちでの腕立てを日課にしている。気に食わないくノ一を『鉄の爪』(アイアンクロー)だけで泣き叫ばせたこともあったが、それもご愛嬌。レイチェルの手のひらをグイグイと握り返しながら・・・)ッミュチィ・・・ッギチギチ・・・ミチチ・・ミチイイ・・・!!!(体勢と同様、やや下から上へ押し付ける形になっている密着乳肉。ボディプレスのダメージから回復しつつある不知火乳は、接触してわかるその高密度。「ニッポンイチィ!!」の決めポーズでダイナミックに揺れる乳球が食い込み、レイチェル乳を喰ってやろうと言わんばかり。舞はレイチェルの圧に一ミリも譲らず、そのプレッシャーに耐えきっていきながら、汗を流す魅惑の肉体はいったいどこまで耐久力を持っているというのか。そして舞の方から深く組んで行けば、レイチェルの肩肉にあごをグイッと食い込ませ、さらに密着度を高めていく積極さ。)んふぅうう~~♪ナカナカいいパワーだけど…これなら、いつまででも耐えられそぉ~~♪(熱い吐息で、レイチェルに囁きかけるジャパニーズくノ一。)
レイチェル > んん……?!(自らのパワーを舞に、そして満場の観客に見せつけるためにゆっくり押し潰していこうとするレイチェルだったが、タダでさえダメージを負っているはずの舞は力がまったく押し負けず、高まる圧力に拮抗している。さらに握り締める握力も並みの相手ならギブアップしかねない力だというのに対抗しこちらの手を握り潰さんばかりの力で対抗してくる。体が密着度を増していくと僧房筋に顎をかけた舞は妙に余裕を感じさせてくる声を耳元にささやきかけてきて)ふふん、これで本気だと思わないでよね。遊びはやめましょうか・・・ねっ!(膂力にかけては誰にも譲るところの無い自信とあったため、これだけ力を入れても押し込めないことにイラつきを感じ始めるレイチェル。全身に汗がにじませつつあるのを感じ、決めてやろうと全身の力を一気に解放する。パンプアップした大柄な肢体が更にパンプし、めったに出さない力が舞の両腕に襲い掛かり、緊張する大胸筋に押し上げられた乳肉がどちらが上か教えようとでも言うかのように舞へと押し付けられていく。盛り上がる僧房筋は乗せられた顎を押し上げつつ、こちらも舞の肩に顎を乗せて)多少拮抗したくらいで……その自信押し潰してあげるわ!
不知火舞 > あはっ♪(レイチェルの声音に「苛立ち」を聞き取った舞は、楽しげに喉を鳴らす。舞の肉体はすでに汗だく。真紅のコスチュームも水分を吸って色を濃くしているのだが、序盤の猛攻で火をつけられた舞の肉体は、疲労とダメージをものともせずに恐るべき耐久力を示していく。そこに、一気にパワーを解放するレイチェルの攻勢!「本気」のアメリカンパワーが襲い掛かってきた!舞の肉体にどっと汗が噴き、ギチギチと軋みを上げながら、腰が、背が、反らされてしまう。それまで一ミリも下がらなかった舞のシューズがッズ・・・ズズ・・・ッ・・・!と擦過音を立てると摩擦熱で煙が?)はぐッ・・ん・・・んくぅうううんんッ・・・~~!!!!(僧帽筋が盛り上がると舞の顎が持ち上げられて、同時に鼻にかかった声が漏れる。こうなれば、完全に上から押し潰す優位の姿勢となって、レイチェルの必勝パターン?肩に顎を乗せ返されれば、「良い気になるな」と圧殺予告。)ッは・・・ッは・・・ぅぐふぅうぁああ・・・~~ッ!!!!(ほとんど喘ぎ声の不知火舞・・・反らされた辛い姿勢で・・・ただ、ここまで押し込めば、レイチェルの握力ならとっくに五指が反り返るほどに握力ドミネートに持ち込んでいてよいはず。しかし舞の握力は相変わらず拮抗を示していて?それに、フルパワーのレイチェルが・・・押し・・・切れない!マットをがっちりつかんだ下半身が、反りながらも耐え切る括れ腰が、美しい筋肉を浮かせた太ももから尻、背筋へのラインが、押し寄せるレイチェルのパワーに耐えに耐えきって・・・!)んぐぅううふぅうううう・・・ッ!!!!・・・ん・・ふふ・・・ふふふ・・・・♪(フルパワーというものは長時間出し続けられるものではない。パワー出力の曲線が頂点を通過すると、舞は楽しげに喉を鳴らし始め・・・)んん~?もう・・終わり~??もっと耐えてあげるから・・・押し込んで・・来なさい・・よぉおお~~??(ッギリ・・・ギリリ・・ギチギチィ・・・・!!!)(まずは握力。レイチェルにしてみれば生意気にも拮抗、というところだったのが、守勢から攻勢に転じ始めた舞の握力が、レイチェルの握力を握り潰しにかかる!それに、下からがっちりとレイチェル乳を支え切った不知火乳は、ググググゥウゥ・・・・と白ムチ乳肉に下から喰らいつき、押し込まれた分を利子をつけて奪い返していく。)
レイチェル > (2m以上ある男性格闘家ですら力のみで屈服させた事もあるレイチェルのフルパワーは、さしもの舞と言えどその体をのけぞらされていく。が……)くうぅぅ……さっさと……潰れな、さい!(全力を出すがゆえにパワーはそのピークがある。凄まじいレイチェルの押しをその無尽蔵とも思える耐久力で受けきった舞の身体は、お返しとばかりに疲れを見せ力の緩み始めたレイチェルの体を押し返しはじめる。まずはともあれば握りそうとしていたレイチェルの手を逆に握りつぶしにかかり、歯を食いしばりスタミナを振り絞るレイチェルをあざ笑うように体格差と姿勢の不利を跳ね返して体勢を戻してくる。押しつぶそうとしていたバストすら内部から食い破らんとでもするかのように高密度の舞肉はレイチェル肉をおしのけて)こん……な…はず……!!(自らもダラダラと汗を流すレイチェルは、うかつに力を抜こうものなら手は握りつぶされかねず離して間合を取ることもできない。姿勢はやがて垂直になり、ついに舞の体がレイチェルに圧し掛かり始める。倍加したようにも感じる舞の強力にレイチェルはのけぞり、腕力では負けたことの無い逞しい両腕が舞の腕に圧倒され始め、車をスクラップにしてみせる剛脚すら膝が震えながら落ちていく)
不知火舞 > んっふふふ~♪んん?「こんなはず」?どんなはずだったのかなぁ~~?(レイチェルの僧帽筋に改めて顎を食い込ませた舞は、まるで肩肉を苛めるかのようにぐりぐりと動かしながらレイチェルに囁く。押し返され、のけ反っていくレイチェルの姿に観客たちは呆気にとられた様子。そんなリングの外の空気も楽しみながら、舞はじっくりとレイチェルを押し潰そうと・・・)ッミュチ・・ギチギチィ・・・ッメリ・・ミシイッ・・・!!!(ピークを過ぎて下降線をたどるパワーを再び上向かせようというレイチェルの掌を、揉み潰すようにして握っていく。これもまた、力比べの駆け引き。さらに身長差にもかかわらず圧し掛かる体勢を奪い取った舞乳はレイチェル乳にさらに密着。舞が上下の運動で擦り付ければ圧倒的な肉質で苛めにかかる。レイチェルの反り返り傾斜度が増していけば、もはや泥沼。舞は一気に押し倒したりしない。無敵を誇ってきたレイチェルの豪腕に比べると太さでは劣る舞の腕だが・・・その性能を教え込むように、じわじわと背中の方に押しやっていく。その上腕筋の美しさときたら、三頭筋も二頭筋も、つまり裏も表もみっちり鍛えられている。)どうしたの~?もっと楽しませなさいよ、んん~~??(クスクス笑うと舞乳が揺れて、密着したレイチェル乳を苛める。圧し掛かった背筋の美しさ演出すべく、剥き出しのコスチュームはデザインされているのか?広背筋・・・それに大臀筋もむっちりとヒップの魅力を引き立てて・・・)不用意に力比べなんて挑んだのが間違いだったわねぇ~~??(パワーファイターのプライドをへし折ろうと、耳朶をくすぐる舞のセリフ。)
レイチェル > 。く……こ……こん、な……(むき出しの背中はレイチェルも同様。広い背中に浮かんだヒッティングマッスルはレイチェルのパワーの象徴であるが、いまや震えるそれは舞の力にのけぞらされ悲鳴を上げるかのようでもある。パンプした僧房筋は圧し掛かる舞の顎にぐりぐりとえぐられ、擦り付けられるバストがその高密度な肉質をいやらしくひしゃげたレイチェルの乳房にいやがおうにも伝えてくる。片膝付かされたレイチェルの身体はそれでもなお上回る舞の底知れぬ怪力にじわりじわりと傾き、逞しい筋肉を震わせる大柄な肉体のあちこちでギシギシと軋みを上げている)その、体で…なんて力……なの……(もはや握り返す両手は舞の万力のような握力に握りつぶされないだけのためのみで、苦痛に顔をゆがめるレイチェルは一気に攻めきらなかった事を後悔したがもはや遅い。仮に組み合った瞬間から全力で潰しにかかればまた違った展開だったかもしれないが……現実には最強のパワーファイターと自負していた自分が舞の美しくも桁外れの訓練をつんだ肢体に押しつぶされようとしている
不知火舞 > (一気に潰さず苛めているとはいえ、片膝立ちにまで追い込んでまだギリギリ掌を握り潰されずに耐えるレイチェル。スタミナと耐久力を搾り取りながらも、なかなかお目にかかれないほどの「極上の獲物」に舞の興奮は高まるばかり。)ニッポンイチのくノ一ボディ、甘く見たのが運のツキねぇえ~!?(ッグイイイ・・・ッズッダダダアアアン!!!!)(ついに一歩踏み込んだ舞が、レイチェルの肉体をマットに押し倒す!一緒に倒れ込んで肉体を圧し掛からせば、超高密度の舞の肉体が白ムチレイチェル肉に食い込んで腹筋と腹筋まで接触して上下関係を教え込もうと?ただし・・・)んふうう~~~♪温まってきたし~ガンガン行くわよぉ~~!!(ジックリ押し潰した力比べの後にしては、意外とあっさりと立ち上がった不知火舞。まだまだ・・・これからだと?確かに、力比べは通常、序盤の展開ではあるが・・・倒れ込んだレイチェルを見下ろす舞は、ふとある部分に気付いた。この・・・脚・・・ナマイキ!)ガシイイ!!!(健康的な汗を散らしながらレイチェルの足首を掴むと、太く鍛え上げられた豪脚を持ち上げて・・・!)そおおらああ!!!!(グイイイイ!!!!ズダン!!)(一気にひっくり返してステップオーバー!躍動する肉体美でレイチェルを逆片エビ固めへと持ち込んでいく!豪脚の感触にゾクッとしながら・・・・)ッギュチ・・ッギュチギチギチイイイイ~~!!!!(抱え込んで絞り上げていく!)
レイチェル > ……っは!(ついに押し切られリングに倒れこんだ二人。上に圧し掛かる舞の腹筋までもが密着すれば見た目以上の高密度な感触が伝わってくる。あれだけの力を押し返した舞の艶かしい肉体はどれだけの力が秘められているのか……と、そんなことを考えてしまいつつも、グラウンド技に備えようととっさに身構えるレイチェルだが、あっさり体を離した舞にすかされてしまう。そこへ足首を捕らえた舞が思い切り持ち上げたかと思うとすばやく身体を返され片海老固めへ移行してしまう)ぐっ……あぁぁぁああ…ああ!(くびれたウェストよりも太いレイチェルの片足を脇に抱え込み絞り上げる舞!苦痛に思わず声を漏らすレイチェルは力比べの余韻が残りまだ全身にしっかりと力が込められないが、それでもなんとか両手をリングにつき、強靭な大腿筋を浮かべる脚を抱えた舞を跳ね飛ばそうと試みる。)
不知火舞 > いい声ぇ~♪(絞り上げた瞬間にレイチェルが上げた叫び声を堪能する。しかしレイチェルはすぐに抵抗を始め、両肘をマットにつくと強靭な太もも肉にも力を込めて舞の逆片エビ固めを跳ね飛ばそうと。パワーファイターらしい返し技に・・・)させないわよっ!!!(ガチイイ・・・!!!)(舞のカモシカのような両脚がマットに踏ん張り、さらに両腕で抱え込んだレイチェルの豪脚をがっちり捉えて逃がさない!暴れる猛獣を組み敷くような荒事であるが、舞はむしろ舌なめずりして、レイチェルの反抗を楽しみながら制圧しようと。それから、尻肉を深く定めてレイチェルの背中を押し潰しにかかり・・・・ググググゥッと背筋を盛り上げて)あはっナマイキな脚ね!このまま・・・引き千切ってやろうかしらっ!!!(再び、逆片エビで絞り上げる!極上の大腿筋を抱え込むとみっちりと乳肉が押し付けられ、さらに全身で反り絞り上げ、レイチェルの太ももが悲鳴を上げるのを堪能。さらには後頭部あたりにまで尻を進出させれば、「えげつない」の一言の逆片エビ地獄。)
レイチェル > (力がある程度戻れば舞程度の体格なら力任せに跳ね飛ばせる、そう考えていたレイチェルだったが……)…んあ……あぁあああ……?!(脇に抱え込む舞の腕は力比べでレイチェルを押し切った事を証明するかのようにガッチリとくわえ込んで離さない。その美脚でしっかりとマットを踏みしめた舞は、腕立てのように身体を起こそうとするレイチェルの背中にどっしりとその尻を落としこみ、滑らかな背中に背筋を浮かび上がらせ、並外れた脚力を取り戻そうとする太腿をあざ笑うように強力で更に絞り上げる)くぅ……このおぉおお……!(幾度か舞が持ち上がりかけるが足が絞られそのつど潰されてしまう)
不知火舞 > (真っ向からの肉弾プロレスはここでも。レイチェルの肉体が舞を持ち上げれば、舞はさらに力を込めて絞り上げるシーソー運動。しかしその結果はと言えば、持ち上がりかけては潰されるレイチェルにダメージが蓄積しスタミナが搾り取られていく。一方の舞は、抱え込んだ大腿筋の感触になんて壊し甲斐のある・・・♪と大満足。何度目かの抵抗をがっちり押し潰し、レイチェルの後頭部まで尻で押さえつけてCの字に絞り上げる!)ほ~ら抵抗なんて無駄ぁ~ってのがそろそろわかった~!?ギブアップするなら許してあげても、いいわよぉ~!?(ッギュチギチギチギチイイイ~~!!!!)
レイチェル > ギブアップなんて……く……する、わけ……(やり込められてるとはいえレイチェルもそこらのパワーファイターではない。舞の強力な絞り上げに何とか耐えつつタイミングを掴もうとしていた。Cの字になるほどの絞り上げで体力を奪われていくが、その力の緩み一瞬を捕らえ)ないで、しょう!(舞が尻にしいたレイチェルの全身が一気に気迫を放ち筋肉が引き締まる。リングについた両腕がズン、とばかりに伸ばされ舞の体ごと持ち上がり、抱え込んだ足の筋肉が体積を増したように感じられるほどに力が入るとひねりを加えながら強引に振りほどいて舞の体をはねのけリングに転がる。仰向けになったレイチェルは荒い呼吸をしつつも痛みから解放されたことにほっとするが、強引な振りほどきは関節へのダメージが大きく、仮に立ち上がれても普段のような動きは期待できないだろう
不知火舞 > (舞が果たしてギブアップしたぐらいで許すかどうか…はともかくとして)んん?(何かくる・・・・舞が気付いた直後。)ぉおおおおっ!!??(尻の下で火山が爆発したかのごとく、気迫と筋肉を一気に介抱するレイチェル!舞の肉体が強引に振りほどかれて投げ出され、マットに叩き付けられる!)っくぅ・・・まだこんな力が・・・・・・ん・・ふふ・・・楽しませてくれるわね~♪(ゆっくり立ち上がると、肉弾の攻防の疲労とダメージを深い呼吸で整えていく不知火舞。荒い呼吸を繰り返して仰向けダウンのレイチェルを見下ろす目線は、獲物を前にした肉食獣。ちろちろと赤い舌で唇を舐めながら・・・)ほらぁ、起きてきなさいよ。(クイクイと手招き挑発。)
レイチェル > ……いわれる……までも、ないわ(無防備ともいえるレイチェルに追撃をせず、挑発してくる舞に、そっと脚の調子を確認していたレイチェルは痛みに顔をしかめつつも立ち上がる。股関節を執拗に痛めつけられたため脚力を活かした豊富な運動力をベースとした普段の戦法は取りにくいと判断し、呼吸を落ち着けながらゆっくり立ち上がるレイチェルは完全に立ち上がる前に低い姿勢からダッシュをかけ身体をひねり長い脚のリ-チを活かした浴びせ蹴りを見舞い一気に逆転しようとする。倒れこんだ舞に更に体格を活かしたグランドを仕掛けその体力を搾り取ってしまおうと考えたのだ)
不知火舞 > (舞の手招きに立ち上がっていくレイチェル。余裕を見せた格好で精神的なダメージと優位をアピールする効果は大きいが・・・立ち上がる動きから奇襲で間合いを詰めてくるレイチェル!低い姿勢から踏切り、ムッチムチの豪脚を振り下ろす浴びせ蹴りだ!肉弾と化した打撃が舞に襲い掛かり・・・!)ッダンン!!!(空中で前転し、蹴り足を振り下ろすレイチェルの・・・上空に現れる真紅のくノ一!挑発する舞に、慢心はなかった。闘いのアドレナリンに研ぎ澄まされた感覚はレイチェルの飛び込みをしっかりと捉えていた。それに、レイチェルの下半身はダメージが蓄積しており、逆片エビの攻防でスタミナを多く消費したのはレイチェルで・・・そんな、いくつもの要因が重なって、不知火舞のその場飛びドロップキックが!)ドゴオオ!!!!(カウンターで、レイチェルのバストに突き刺さる!一瞬にしてレイチェルの上を取り、降ってくるような角度でドロップキック!その跳躍力は不知火流の真骨頂。しかも、空中でレイチェルの肉を蹴り込んだ反動でさらに跳躍!レイチェルが金網を蹴って得た高さを超える高さを得ながら・・・・)『ムササビの舞』!!!!(美しくも鍛えられた肉体を舞わせながら、宙返りした舞が急降下!もちろん狙いは、カウンタードロップキックで撃墜したレイチェル!両膝を立てたダブルニードロップが・・・)ッドッボオオオオオ!!!!(レイチェルの腹筋を急襲!)
レイチェル > (レイチェルの攻めを冷静に対処し一瞬で宙を舞った舞のドロップキックがレイチェルのバストに突き刺さる)っ……!(浴びせ蹴りの勢いをカウンターで威力が高まったドロップキックに貫かれたレイチェルは一瞬呼吸が止められ、宙を舞う踏み台にされてリングに仰向けに叩き付けられる。さらにその腹筋に鷹のように舞い降りてきた舞の鋭い両膝が突き刺さる)…ぐあっ!!!(反射的に固めた腹筋は見事なシックスパックで普段ならヘビーブロウを笑って耐えてみせる強固な鎧だが、舞の両膝はそれを貫き体の芯に届くダメージを見舞う。一瞬呼吸が出来ないほどの衝撃に悶絶するレイチェルは唾液交じりの咳をする)
不知火舞 > んっふぅう~~♪(両ひざが抉った腹筋の感触に、ゾクゾクッと背筋を震わせる不知火舞。『ムササビの舞』ダブルニードロップは防御力を貫き、腹筋と内部に深いダメージを刻みこむ。そして、悶絶状態で左右に転がるレイチェルの髪を両手で掴み、グイリと上半身を引き起こすと・・・)奇襲なんて甘い甘い~倒して、組み付こうとでも思ってたんでしょ~??(「お見通しだ」などと言葉で責めながら、背後に回り込んでスリーパーホールド。レイチェルの豪腕と拮抗してさらに押し込んだ舞の両腕が、ぎっちりとレイチェルを締め上げる!さらに、背中に押し付けられるくノ一巨乳がレイチェルの背中を反らせながら密度を伝え・・・さらに念入りに。)ッグイイ・・ッギュグウウゥ・・・!!!!(胴締め!ニードロップで抉った腹部を今度は背後からのボディシザース=左右から絞り上げて痛めつける!レイチェルの消耗したスタミナをさらに絞り取ろうという容赦のなさ。)
レイチェル > (無理やり引き起こされたレイチェルの喉元を、背後からスルリとまわされた舞の腕がギリギリと締め上げてくる。ウェイトを腹に乗せた首ブリッジを長時間こなす鍛え抜かれたレイチェルの首の筋肉だが、フルパワーの攻めを受けきり押しつぶして見せた舞の腕力はお構い無しに頚動脈を圧迫し気道を潰してくる)ぐぐっ……あ…ぁ……(レイチェルは舞の腕を引き剥がそうと両手をかけるも、普段ならスリーパーホールドを力任せに解いてしまう豪腕は、ニードロップのダメージを受けた直後でろくな力が出せない。それでも指を食い込ませて緩めようとした所に舞のシザースが腹部を食いちぎらんばかりに圧迫してくる。春麗と張り合うほどの美脚は柔らかなラインで筋肉を浮かべ絞り上げをきつくして行きスタミナを奪う)
不知火舞 > どうしたのよぉ~~んふ♪ほら・・ほらぁ・・・!!(後ろに倒れ込むとレイチェルの肉体を体の上に乗せ、緩急をつけて絞り上げはじめる不知火舞。仰向けに寝転んでも形を変えない舞乳の弾力と張りはレイチェルの背中を突き上げて反らせ、呼吸をさらに阻害する。腕を掴んでくるレイチェルの握力の「弱さ」が獲物の弱り具合を如実に伝えてくる。そんなレイチェルを嬲るようにして胴体を絞り上げる舞のカモシカ美脚。むっちりと女性らしい柔肉に包まれた筋肉が、めり込んで、少し緩んで、さらにめり込むという絞り上げ。ボディの筋肉を苛めると同時に、横隔膜の動きを阻害するというグラウンドテク。)そぉらそらぁ、動かないとオちるわよ~~???(ッギュチギチイイイイ・・・!!!!)(まるで格下の相手にするように、煽り言葉を耳元で叩き付けながら、舞の上腕がグググッと盛り上がってレイチェルの喉肉に食い込む!)
レイチェル > (レイチェルの大柄な、みっしりと鍛え上げられたグラマーボディをものともせずに体の上に載せた舞の乳肉が背中に押し付けられ、引き剥がそうとする抵抗を無視し、力をこめるたび盛り上がる力瘤が掴んだ指を弾いてしまう。緩急をつけた舞のムッチリとしつつも高密度な本家くの一肉の両脚の絞込みと首の圧迫のあわせ技はレイチェルの抵抗もむなしく)…か、は………(口端から涎を垂らしつつも攻めに耐えていたレイチェルだが、ふっと全身から力が失われグタリとし舞の上に無防備に横たわる。米国No.1の声も高いパワーファイターくの一が体格で劣る舞に力比べでせり負け、そのまま締め落とされる様に序盤歓声を上げていた米国陣営は声もない)
不知火舞 > あはっ♪この程度の「拷問」でオちちゃうなんて、だらしない「くノ一」ねぇ~~♪(レイチェルの太い腕が横に落ち、「獲物」が脱力したのを確認する不知火舞。「死んだふり」ではない完全な「失神」であることを、くノ一不知火舞はちゃんと判断している。凶器であることを証明した舞の腕と脚がやっと開かれて、力ないレイチェルの肉体を横に転がし、立ち上がっていく。)んっふぅううう~~~♪(ヒノモトのくノ一達からドオッ!!!と歓声が上がるのを気持ちよさそうに聞く。ノーレフェリーが基本の過酷なくノ一プロレス。ここで勝ち名乗りを上げれば不知火舞の勝利を告げるゴングが鳴り響くはずだが・・・髪を振ってきらめく汗を散らし、呼吸を整えながら首や腕を回した舞は・・・)ほぉら・・・いつまで寝てるのよ~~!!!(ヒュ・・・ッドゴオオ!!!!)(いきなり、レイチェルの脇腹を蹴り上げた!筋肉が薄く痛覚の集まる脇腹につま先が食い込み、失神ダウン状態のレイチェルの肉体が蹴り転がされる!激しい気付けだ。)
レイチェル > ……がぁ!……はぁ、はぁ、…(舞の強烈な「気付け」にリングをゴロゴロと転がされるレイチェル。脇腹を鋭く突かれ激痛に意識を取り戻し、咳き込みながら脇腹をおさえつつも立ち上がっていく。スタミナを奪われつつもそこは仮にも米国代表の身であり鍛え方は生半可ではない、舞の見下ろす先で転がったままなど武闘派くの一の頂点と自負する彼女としてプライドが許さず、その肢体を立ち上がらせてみせる)やって、くれるわね……でも、これが私のすべてだなんて、思わないで欲しいわ(試合前の笑みとは異なった気迫の篭った表情で舞を睨み付けると指先を突きつけて)今度はあなたに沈んでもらうわよ…・・・!
不知火舞 > なにそれ、負け惜しみ~??(余裕を見せつける笑みで立ち上がったレイチェルを見つめる舞だが、その瞳にはチロチロと炎が燃えている。プライドの高い舞は、序盤に大きく攻め込まれたことの屈辱を忘れていない。失神を奪っ手も満足できず、心も体も、圧倒的な勝利を求めているのだ。)それじゃ・・・試合続行~~!!(ッダン!!ッズッダッダッダ!!!!)(試合開始時より迫力を増したくノ一ボディがレイチェルに迫る!一気にトップスピードに乗せていくと、レイチェル目掛けて!(ズダンッ!!!ドガアアア!!!!)(フライングニールキック!飛び上がると空中で一回転。レイチェルの肩口に踵を叩き込む!ムッチムチの美脚から繰り出された踵は、まるで鉞のような重さ。)
レイチェル > (レイチェルの宣言にエンジンがかかり、一回り迫力を増した肢体で走りこむ舞。その機動力はくノ一のなかでもずば抜けており、アッという間にトップスピードに乗って飛び上がりつつひねりこめば、巨大な鎌と化した踵がレイチェルの肩口を断ち切らんばかりに振り下ろされる。その重さに片膝を付くレイチェル)ぐっ……甘いわ!(が、膝をついたのは威力を削ぐため。激突にあわせ自ら行ったものであった。それでも殺しきれぬ力にミシミシを肩が軋むが、レイチェルはその足首をすばやく掴み、スクワットのように腰を上げつつ落とされた脚をグイィイイと大きく持ち上げてしまう)そうそうやられっぱなしになんて……ならないのよ!(大股を開かされバランスを崩した舞に体制の立て直しを計る暇を与えずパワーファイターらしい膂力に任せて持ち上げほうり捨てる)
不知火舞 > ッチ・・・!!!(威力を殺されたことを蹴りの感触で理解する不知火舞。すかさず足を取ってくるレイチェルに延髄切りで・・・!と反射的に動くのだが、回復したレイチェルのパワーに豪快に振り回され!)っくぅぁああ~~!!!!(ッバアアン!!!)ふぐぅうう!!!(マットに叩き付けられる!)
レイチェル > まだまだ序の口よっ!(叩きつけられた舞に休む間も与えず駆け寄り、飛び上がるレイチェル。大柄なボディに見合わぬ軽快なジャンプとみせたかと思うとギュルン!とその身を回転させてのフライングエルボードロップをお返しとばかりに舞の腹部へと叩き落す。ミッシリとしたアメリカンくの一の体重の乗った鋭い肘がコスチューム越しにも鍛えられているのがうかがえる舞の腹筋へと突き刺さる!)
不知火舞 > んっぐう・・この・・馬鹿力・・・ッ!!(顔面から叩き付けられた舞が痛そうに顔を押さえながら仰向けに転がる。そこにすかさず駆け寄ってきたレイチェルが、宙に飛び上がって肘爆弾投下!レイチェルボディが作る陰が舞を覆い・・・)(ッドボォオ!!!)んぅぐぶぅ~~!!!(汗で肌に張り付いたコスチュームは、美しい舞の腹筋のフォルムを露わにしている。そこにめり込んだレイチェルのエルボードロップ!大きく瞳を見開き、続いて口から濁った呻き声と唾液を噴き出す日ノ本くノ一!)
レイチェル > 馬鹿力はお互い様じゃなかったかしら?あははは(美しい曲線を見せる腹筋の厚みを感じつつそれを貫いたレイチェルの肘。レイチェルの筋肉で重い体重の乗ったそれはそこらの格闘家なら一撃で悶絶して失神するような威力でさしもの舞も目を見開き唾液交じりの息を吐かされる)さっきのお返し・・・喜んで貰えたかしら?でもね、私はまだまだ足りないわね……(拳を振り上げ観客にアピールしてから寝転がる舞の首を両脚で挟むようにして背後に寝転がり、左右の手はそれぞれ舞の両手首を掴んで十字に広げる。レイチェルの筋肉質なグラマラスボディでも一番のアピールポイントである両脚でのヘッドシザーズの体勢にはいったのだ)さっきは随分と入念に痛めつけてくれた私の太腿……存分に味わってもらうわよ……うふふふ(ぎゅっと括れをみせるウエストを上回る太さの脚線美に力が篭り、挟み込んだ舞の首をそして頭にも圧力がかかり始める)
不知火舞 > っげほ!!!ん・・・ぐふう・・・んっげほ!!げほ!!(ボディのダメージは回復しにくいダメージのひとつだ。咳き込む舞に・・・レイチェルが仕掛ける。)んっく・・・ぁ・・・んぎゅぅッ!!!(ギュチイイイッと締め付けてきたレイチェルの豪脚に、あわてて首と太ももの間に手を入れようとする舞。しかしレイチェルはすかさず舞の手首を掴んで抵抗を封じてしまうと、強烈なヘッドシザースを完成させた!首の周りを圧倒的な肉感が支配し、筋肉のわずかな動きも直接肌で感じさせられてしまう・・・その「ヤバさ」をすぐさま理解した舞は下半身を暴れさせるが・・・)ぅぎゅ・・・ぉ・・っごおお・・・!!!んぐぶッ・・・!!!
レイチェル > (舞はフリーな両脚を使い逃れようと暴れるがどっしりと圧し掛かるレイチェルの脚がボディを押さえ込み、今度は油断しないとばかりに両腕は舞の腕を抑え込こもうとギリギリと手首を締め上げながらリングに押し付ける。そして……)どう?私の自慢の太腿の感触は……(艶然とした表情のレイチェルが嬲るように力を込めていくと、くの一らしく滑らかでムッチリとした肌の感触が急速に硬さを増して大腿筋の太い筋肉がグググッと太さを増して盛り上がり、舞の首を押しつぶさんばかりにその顎を閉じようと圧が増す。180cmの長身を雌豹の如く縦横無尽に駆け巡らせる脚力は挟まれた舞には恐怖かもしれない)
不知火舞 > ぉごおおぉお・・・ッ!!!!(レイチェルの問いかけに呻き声で応えさせられてしまう!さらに強烈さを増した締め上げに首を、顔面を両側から押し潰される!顎の動きまで阻害されれば、空気の巨給料は急激に減少し、脳への血流もストップ。大きく暴れて逃れようとする下半身の動きも、次第に緩慢に・・・レイチェルに掴まれた手も同様、自由を得ようともがいていたのが、指がビク・・ッピク・・と痙攣を示し始める。)
レイチェル > (レイチェルのボリューム感溢れる太腿肉に首はおろか頭までがじわじわと潰され飲み込まれるような感覚に陥る舞。もはや顎の動きすらレイチェルの強靭な太腿の筋肉に阻害されてしまい、呼吸量を急減させられてしまえば意識が遠のくのも長くはかからないだろう。必死に抵抗していた下半身も動きを鈍らせる。ガッチリと押さえつけられた両手も指が痙攣し始め)ふふん、御本家もそろそろおねんねかしら?それじゃお手伝いして差し上げるわね……っと!(妖しく笑みを浮かべたレイチェルはここぞとばかりにギュウウウウウウウと力を籠めて締め上げる。程なくして舞の下半身がグタリとして、全身から抵抗の力が抜け切ったのを感じ取ってようやく拘束を解いた。すっかり脱力した舞の脇に立って観客にひとしきり大きくアピールすると倒れた舞の髪を握り上半身を持ち上げると)あれー、日本のくの一は朝に弱いんでちゅねー早く起きなさーい(強烈な往復ビンタをかましてから投げ出すと間合を取るレイチェル)
不知火舞 > ぉごおぅえぇえええ~~~・・・ッ!!!!!(呻き声すらミッチミチも太もも肉に飲み込まれるかのよう!力を失いかけていた下半身がビクンン!!と硬直したのは、抵抗のためではなく・・・同時に、手首を掴まれ無力化された両腕も硬直して・・・ドサ・・・ッ!!!と思い音を立ててマットに落ちる。)ぉ・・・ぅえ・・・ぁ・・・ぶ・・ぅえ・・・・ッ・・・!!(ビクン・・ビクン・・と痙攣する舞の瞳は・・・白目・・・・・?レイチェルの「お手伝い」によって、オちてしまったのだ。強烈な意趣返しを受けた日ノ本くノ一は、立ち上がってアピールするアメリカンくノ一の足元で失神姿を晒す羽目に。それから、舞の髪を握ったレイチェルがあやすような口調でからかいながら・・・)(バッチイイ!!!)はぶぅッ!!!(バチイン!!!!!)ぅびゅるッ!!!!(強烈な往復ビンタで気付け!投げ出されたマットで背中を打ち、るるんっと揺れる不知火乳。汗だくの肉体でダウンしてしまい・・・)んはぁ・・・っはあ・・っはあ・・っはぁ!!!!(空気を貪りながら、「なにがおきたの・・・え・・・これって・・・」と混濁する意識が晴れてくると、代わりに強い屈辱が襲ってくる。口元を拭いながら立ち上がっていく舞は、レイチェル荷凄まじい視線を送って・・・)
レイチェル > ふふん、やっと何が起きたか分かったかしら?そう、あなたもオチたのよ……さて、決着といきましょうか(舞をいたぶるうちにレイチェルはある程度以上スタミナを取り戻しているのか、余裕を持った対応。しかし、意識を取り戻した舞の強烈な視線は何か今までに感じた事のない怖気が背筋を走る。それはレイチェルの危機を感じる鋭い感性の証明でもあるのだが…倒れた舞に激しい追い討ちで完全に仕留めずに立ち上がるまで待ってみせるのは舞と同じレベルの強者であると会場全体に知らしめる意味もあるのか。バシバシと己の拳同士を打ちつけて鍛えぬいた肢体に気を漲らせていけば黒いコスチュームをミチミチと音を立てるほどのパンプアップ。握る拳からギシリと軋みをあげてつつ構えてみせる)
不知火舞 > くふぅ~~ふぅ~~くふぅ~~・・・!!!(立ち上がった舞は肩を上下させて盛んに呼吸を繰り返し、凄まじい視線をレイチェルから外さない。ダメージはもちろんだが・・・呼吸が必要なのは、くノ一の肉体が大量の熱を発してそれを冷ますため。ゆえに吐息の温度は高く、また舞の肉体からは汗が蒸発してまるで陽炎のように揺らめいている。)わたしを・・・ホンキにさせちゃったみたいねぇ~~・・・交流戦とか、もう関係ないし・・・(ぶっ潰す・・・口で言わなくても目で言っているが・・)ッズ・・ッドオオォ!!!!(リング上に小爆発を残して、レイチェルに迫る真紅の肉弾!構えたレイチェルの胸元に電光石火!)ヒュゴ・・・!!!(唸りを上げる舞の上腕はミッチミチにバンプアップした肉体凶器!それを!)ドゴォオオッ!!!!(レイチェルの胸元に叩き込む!さらにガシイ!!とレイチェルの手首を掴むと!)そおおっらああ!!!!(ハンマースルー!強靭な下半身が生むパワーで、レイチェルをロープへと走らせる!アメリカナンバーワンパワーのレイチェル。対戦相手をよいように走らせた経験はあっても、走らされるのは生まれて初めてか?)
レイチェル > 何……?……がはぁっ!(ボソボソとつぶやきつつゆらりと立ち上がる舞の周りに陽炎のようなものが見え、レイチェルは構えたまま目を細める。すると舞の体が揺らいだように見えた次の瞬間、目の前に現れる肉弾!鋼の筋肉を盛り上げた上腕が砲弾のごとく激突、構えなど関係なく叩きつけられたそれはレイチェルのバストを潰しながら胸板を強打する!反応の間に合わないレイチェルはの身体をぐらりと揺らめかせるがそこを力任せにロープに発射されるハンマースルー!)……くぅ、まだこんな力が……!(そのダイナミックボディとパワフルさゆえに自らが走らされる事など片手で足りるほどしか経験がないレイチェルはあっという間にロープに接触、大きく引き伸ばしたかと思うと反動でロケットの如く発射される)……そう簡単には…いか、せ……(強烈な反動に制御しきれない姿勢から、何とか腕を伸ばしてカウンター攻撃しようとするが完全に突進姿勢になる前に戻ってきてしまう!)
不知火舞 > (ッギシギシギシギシイイ~~~!!)(ロープに激突させられたようなもののレイチェル。その反対側ではハンマースルー直後に走った舞が、その背中にロープが食い込むほどに体を預け、肉弾に反動力を溜め込んでいた。そして・・・発射!)もたもたしてるんじゃないわよ~~~ッ!!!!(ッズッダッダッダッダ!!!!)(バランスを崩されながら何とか反撃に移ろうとするレイチェル目掛け、あっという間に間合いを詰める!そして空中に飛び上がると勢いが捻りを加えながら!)ビュゴウッズガッシャアア!!!!(レイチェルの首を目掛けてレッグラリアート!!!腕のラリアートでも生ぬるいというのか、不知火舞のパワーと跳躍力が融合した強烈な技で、ミッチミチの太ももがレイチェルの視界いっぱいに広がり、炸裂!)
レイチェル > (舞はただ待ち構えていただけでなく自らもロープをギッチギチに反動力溜め込み、その力に加えて更に跳躍からのレッグラリアートで首を狩ろうとでもいうかのように高密度のくの一肉がはち切そうな美脚を叩き込んでくる!レイチェルはわずかでも急所を逸らそうとするも一瞬で視界を埋めたそれがバシィイイイ!という激しい音を立てて炸裂する。上半身がけり払われるが勢いの収まらぬ下半身は自然前に泳ぎ、レイチェルの大柄な体がダミー人形の如く宙に浮かぶ。意識はギリギリ保ったレイチェルだが衝撃の強さにろくに姿勢制御も出来ずマットに叩きつけられる)
不知火舞 > ズッダダダダダァアアンンン!!!!!(レッグラリアート直撃!そして二つの肉体がマットを叩く衝撃音!観戦のくノ一達が呆気にとられる迫力。舞のレッグラリアートは叩き込んでさらに華麗に着地するのが身上だが、受け身を取りながら背中から着地というのは、すべての物理力を破壊力に変換したため。レイチェルが「首狩り」される姿はアメリカンくノ一達の網膜に焼き付いたことだろう。しかし、舞はそんなことは知ったことではない。ググウウと下半身を持ち上げると、ヘッドスプリング!)ッズッダアアン!!!(大きな音を立てて一気に跳ね上がり足で着地!すぐさま、ダウンしたレイチェルの髪を鷲掴みにすると。)起きなさいよほらぁ~~!!!(興奮そのままにグイグイと引きずり起こす!腕にかかるレイチェルの重量を感じつつも、立ち上がらせて正面から組み付いていく。そして片腕を自分の首にかけさせ、片手でレイチェルの腰のあたりのコスを掴み・・・ミチミチィッと舞の下半身が再びバンプアップすれば、がっちり腰の入ったリフトアップの体勢・・・これは・・・ブレーンバスター!?)
レイチェル > ア……くぅ……(強烈な衝撃に視点が定まらないのか起き上がろうとするレイチェルの動きはふらふらとしていて、そこをすばやくヘッドスプリングで起き上がった舞が乱れた金髪をガシッと掴むと豪腕で力任せに起き上がらせ、力の入らないレイチェルの身体をリフトしようとする。首を振って意識をはっきりさせようとするレイチェルだが舞から感じるオーラはまるで別人のように攻撃的なもので、とっさに首にかけられた腕に力を入れて逆に締め上げようとするが舞の首は力強く張り詰めてびくともしない。ジャパニーズくの一の艶かしい下半身があの春麗もかくやというパンプアップしてみせればレイチェルは自らの肢体がふわりと宙に浮くのを感じ)
不知火舞 > んくっふぅぅうう~~~!!!(グイイイ~~!!とレイチェルの迫力ボディを垂直に持ち上げていく不知火舞!腰の入った下半身はもちろん、ミチミチと音を立てる背筋に割れる腹筋!燃え上がる闘争心が舞の肉体の性能をフルに引き出し、放出するオーラと相まって、春麗すらかくやという迫力に!しかし、一度オとされてからホンキというのはスロースターターというかムラっ気があるというか?さて、ついにレイチェルをまっさかさまに担ぎ上げ、肉体美を存分に見せつけながら垂直で停止!レイチェルの頭部に血を登らせ、観客のくノ一達にその姿を見せつけてから・・・!!)るぁあぁあああ~~~ッ!!!!!(叫びながら背後に投げ落とす!二人分の体重で・・・・!!!)ッズガシャアァアア!!!!(リングが激震!レイチェルの肉体を背中から、マットにぶち込んだ!)
レイチェル > (ゆっくりとレイチェルを持ち上げていく舞。それは反動などではなく純粋に筋力のレベルの高さをレイチェルのみならず観客すべてに見せ付けるもの。大柄な肢体を抵抗をものともせずに大きく持ち上げればざっくりと開いた背中の逞しくも艶かしい曲線美、さらに絞り込まれたウェストから量感溢れる腰つきからパンプした美脚へとダイナミックなボディラインを悩ましく見せる)そんな、簡単に……!!(舞のパワフルなリフトにその力をあらためて見せ付けられたレイチェルは頭に血が上ってしまって上手い脱出方法を見出せず、一瞬の浮遊落下感を覚えた直後に強烈にリングに叩きつけられ息がつまる!)
不知火舞 > (高速ブレーンバスターならともかく、ここまで完璧なリフトアップからの正統派ブレーンバスターは、「首狩り」に続いてレイチェルにはほとんど経験がないか?畳み掛ける舞の猛攻は・・・)なぁ~に驚いてるのよ~ニッポンイチのこのわたしがホンキだって言ってるんだから、これくらいのプロレス、当然でしょうが~~!!!(肺から空気を叩き出され、肉体へダメージを叩き込まれたレイチェルを、今度は両手でブロンドを掴み上げ、引きずり起こしていく!ブレーンバスターの直後で足腰が定まらないレイチェルだが、それでも引き起こして頭を下げさせ、その頭部を・・・)ッギュチイイ・・・!!!(太ももで挟み込みながら・・・・)ガチイイ・・!!!(腰をロック!これはまさか・・・)そらそらそらぁ~~!(ッギチギチギチイイ~~!!)(耐えようとするレイチェルの胴体を絞り上げるのは、舞の豪腕。筋肉が浮かび上がってレイチェルボディにめり込んで、さらに迫力の大臀筋・・・もとい、くノ一ヒップ。そしてついに、パワー技の代名詞である・・・!)うッらぁあああああ!!!!!(グッイィイイイ!!!!!ッゴウウウ・・・グワシャアアアア!!!!)(パワーボム!!!レイチェルの巨体を思い切り振り上げ、急速落下でマットに抉り込ませた!?叩き付けた反動も押さえ込むため、舞の肉体もギチギチと軋むなか、エビ固め状態で大股を開いたレイチェルを上から押さえつけ、ミッチミチの乳肉を押し付けながら・・・)フォールぅ!!!!(宣言する不知火舞!)
レイチェル > (ブレーンバスターを真っ向から食らい肺の空気を吐き出させられたレイチェル。ダメージを回復する余裕など与えない舞は再び引き起こしたかと思うとその頭を両脚で挟み込む。先ほどの返礼とでもいうのがっちりと締め付ける太腿だが、それは本命でなく前かがみの上半身に覆いかぶさってくる舞はその高密度の胸を知らしめるように密着させて、逞しくパンプアップしたアメリカンボディを抱きかかえる。怒りのパワーを充満させた舞の腕がギチギチと筋肉を膨れ上がらせると、強固なはずのレイチェルの胴にグィィイイイとめり込んでいく。)か、はぁっ……!(コスチューム越しに割れ目が分かるほど厚みのあるシックスパックを組んだ腕が侵しながら、尻肉に潜んでいた強大な大臀筋を露にしつつ、雄叫びと共に強烈なパワーボムを見舞った!)……っ!!(たたきつけた大柄なレイチェルの肢体の反動を活かして脱出しようとする試みすら力で抑え込んだ舞は大股を開かせたところに圧し掛かりつつフォールを宣言する!)くっ……そおっ……(朦朧とするレイチェルは最後の意地とばかりに舞の身体を持ち上げようとするが……度重なる強力な攻撃の蓄積したダメージ、そしてと怒りに燃えた舞の恐るべき力はそれを許すはずもなく……)
不知火舞 > んっふふふ~~♪(朦朧としたレイチェルの目に悔しげな色が浮かぶと、舞の顔にご満悦の笑みが浮かぶ。同じくビュクッと、喜ぶように脈動する舞の筋肉。レイチェルの太もも肉をことさらに大きく開かせながら押さえ込み・・・)くノ一たち「ワン!!!・・・ツゥウゥ~~!!!・・・・」(金網リングの外からカウントの大合唱!「スリー」のス・・・がくノ一達の口から発せられ、スリーカウントが入ったと誰もが思ったその瞬間。)おおっとぉお~~!!(舞が自ら体を起こし、両腕を上げる。ばんざいの姿勢で両腕を掲げたそのポーズは、「スリー直前で外してやった」というアピール。にいっと剣呑な笑みを浮かべると・・・)コレで、パワーでもどっちが上かわかったかしらぁ~~!!??(ッバァチイイン!!!!)(レイチェルの尻肉に張り手!強烈に掌がめり込み小気味の良い音を立てると、レイチェルの巨体が横向けに倒れ込む!それを見下ろす舞はぺろりと艶めかしい舌舐めずり・・・)
レイチェル > ちく、しょ……!!(観客の面前に大股を開かせられたままフォールという屈辱に薄く涙すら浮かべたレイチェル。更にその上スリーカウント直前に意図的にフォールをとかれるという更なる侮辱はアメリカンくの一のプライドをズタズタにしてしまう。自慢のヒップをバシンと強烈に叩かれればレイチェルの肢体は再びマットに倒れ伏して、よろよろと手をついて起き上がろうとしながら顔を上げれば獲物をどうしようか舌なめずりする舞が見下ろしてきて……確かに今のレイチェルでは誇りであった膂力ですらリミッターを外した舞が上回るようで、悔しさに顔を歪める)
不知火舞 > 大サービスしてア・ゲ・ル・わよッ!!(立ち上がろうとするレイチェルの前から、舞が掻き消える!それほどの動きのキレで背後に回り込むと、起き上がりかけたレイチェルを押し潰しながらあっという間に片足を絡め取る!そして、みっちりと密度の高い舞乳をレイチェルの背中に押し付け、その背筋の感触も楽しみながらレイチェルの頬骨を極めるフェイスロック!スタンディングトゥーホールドwithフェイスロック=STF、にさらにスペシャルにレイチェルの豪腕、左腕をチキンウイングで極め上げると、フェイスロックと複合してチキンウイングフェイスロック!多重複合したその拷問技は、不知火流プロレス奥義・・・)どうかしらぁ?『忍蜂』のお味はッ!!??(ッギュチミチギチギチギチイイ~~~!!!!!)(レイチェルを完全に組み伏せ、頬骨を絞り上げる激痛。レイチェルの筋肉・・・とりわけ逞しくも美しい左腕と右脚が折り畳まれることによってボリューム感を強調され、それを圧倒的な不知火舞の肉体が極め、捩じり、軋ませる!)
レイチェル > (見上げるレイチェルの前から舞の姿が消えたかと思うと背後からパンプて隆起の激しい背筋を埋めるように押し付けられる高密度な舞乳の感触。あげた顔は舞のしなやかな腕が力強おさえこむSTFからさらに左腕をひねり上げるチキンウイング。ボリュームのあるくの一筋肉をパンプさせたレイチェルの手足が折りたたまれてその量感は更にアップしていて、パワフルさを強調しつつもそれをさらに支配する舞)あ、ああぁああぁああああ……(一回りは大きな体格など問題にせず、鍛えようもない関節をねじられ力を封じられ、見た目を上回る怪力をこちらの体に教え込むようにグイグイと痛めつけ、舞が動くたびに全身から軋みを上げさせられる。レイチェルも耐え抜こうと必死になるがそれで状況が好転するわけでもなくだた苦痛が伸びていくだけだった。そして、これ以上極められ続けば致命的にいためてしまうと感じたレイチェルは)ギブ・・・アップ・・・・
不知火舞 > カンカンカンカンカ~~ン!!!!!(ついに絞り出された降参のセリフに、決着のゴングが鳴り響く!)んぁああ~~?もう終わりぃ~案外ヤワなのねぇ~~♪(レイチェル肉を征服する楽しみを堪能した舞は、物足りなさを口にしつつも、拷問を解いていく。ゴングとくノ一達の歓声を浴びた肉体を気持ち良さに浸しつつ、動物が優位を示すマウンティングのように、ギブアップしたレイチェルの巨体の上に跨ったまま。)ニッポンイチィ~~~♪(深い乳肉谷間から奥義を取り出すと、バッと広げてお決まりの勝利ポーズ!惜しげもなく入級を揺らしつつ、真紅のコスチュームからみっちりはみ出るほどの鍛えられた肉体美。それを、組み敷いたレイチェルと金網の外のアメリカンくノ一達に、たっぷりと見せつけるのだった。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(36)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(7)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。