川村ゆきえvs原幹恵

(グラビアアイドルプロレスヘビー級タッグチャンピオンといえば、川村ゆきえ&原幹恵組。デザインをそろえたレモンイエローのコスチュームに健康的な肉体を詰め込んだこの二人は、すでに防衛6回を数え、長期政権を維持している。初め、この二人がタッグを組むことについては、所属事務所の違いや、組んで上手くいくのか、シングルでのライバルになるのでは?というような見方もあって、疑問の声も少なくなかった。ひとつ年上でグラドルとして先輩である川村ゆきえと後輩である原幹恵。ともに実力派として知られ、「ゆっき~」として、安定感のある人気と実力でトップグラドルとしての地位を築きつつあったゆきえと、事務所のブランドの上に着実に実力をつけて、「キューティーハニー」としてブレイク。一躍トップ戦線に食い込んだ幹恵のタッグ結成は注目度は高いものの、勢いを二つあわせても・・・・という評価もあった。事実、結成直後の試合では息が合わずに苦戦することもしばしばであったが、闘いを重ねるうちに、ゆきえの絶妙なサポートで幹恵を生かし、活躍させるときは活躍させ、そして時には美味しいところももらいつつも、フィニッシュは幹恵に任せることが多い、という方向にゆきえのプロレス変化し、連勝が始まる。そしてついにタイトルを獲得したのだった。夏の海にもリングの上にもこの二人が並べば存在感は相乗効果。ただ・・・・このところグラドルプロレス・マスコミの間では、ゆきえが声をかけたのを幹恵がガン無視したとか、試合中にタッチを拒否したとか、試合に勝った後の控え室の前で、睨み合っていたとか、そんな噂が駆け巡っていた。)
川村ゆきえ > (常に上を追い落とそうと虎視眈々と狙うグラドルは後を絶たない。今日の挑戦者は、愛衣&手島優組。かたや、童顔とむっちりボディーのコンボで人気白熱状態から、さらに成長を遂げた愛衣と、一方、エロティックなボディーとグラビアでトップクラスの仲間入りを果たした手島というある意味異色タッグ?並んでみると、大人びた愛衣の表情も大人の魅力をかもし始めていて、手島のアダルティな魅力と良い組み合わせである。しかも、両者ともに「無冠の女王」とも呼ばれている上に、S属性も十分。対戦の決まったあとの会見では、愛衣「わたしが後輩扱いって言うのも納得できません。この前の試合、ちょっと勝ったからって・・・・ゆきえ選手には、思い知ってもらうつもりです。デビューも同じ年ですし、第一、リングの上では年齢じゃなくてキャリアと実力でしょう?今度の試合では実力に見合うベルトをいただくつもりですので。」ちなみに、ゆきえにジャーマンスープレックスでリングに静められた経験のある愛衣。一方。手島「どっちかというとゆきえ選手に興味ありますね。チームリーダーから血祭りに上げて、わたしたちの初戴冠の犠牲になってもらいますね。あの笑顔がどう歪むのか・・・ふふふ♪」などと、くしくも二人ともゆきえに言及しつつ、勝つ気満々。一方、チャンピオンチームの間の隙間風がマスコミでクローズアップされ・・・・そしてついに試合となる。)
原幹恵 > (そして始まったタッグマッチ。スタ~トのマッチアップは幹恵と愛衣。 お互いのボディがロックアップしていくと会場が盛り上がっていく。 二人のパワ~が一進一退でぶつかり合う序盤から、二人の汗がリングに飛び散る。 勢いよくぶつかり合いながらも、技術において一日の長のある幹恵が少し優勢に成りながら進めていく。)
原幹恵 > (幹恵と優の対決は、グラウンド系の絞りあいと殴り合いというお互いが一歩も引かない感じで土俵を割らずに戦いあっていく。 優の骨をてこの原理で絞り上げていくようなサブミッションに対し、幹恵の腰の重い捕らえたら逃がさないような捻り上げるサブミッション。  幹恵の重たいロ~キックやロ~リングエルボ~に対して、優のロ~リングソバットやハイキック、延髄蹴りなどという感じできっちりと責め合っていく。 ただ、威力の差が明らかに見て取れるのか、徐々に手数が減っていく優に対し、汗をかきながらも攻めの手数が増えていくのが幹恵であった)
原幹恵 > (愛衣とゆきえの戦いは、会見で挑発されたゆきえが胸を貸すように攻撃を受けて、一定の流れを見てから反撃を仕掛けるといった横綱相撲を見せている。 また、アンクルホ~ルドや脇固めなど、ゆきえの的確な関節技で愛衣の武器である右腕、右足を地味に攻め込んでいくことで、攻撃力を殺いでいっている)
原幹恵 > (ゆきえと優の対決は格の違いが現れていた。 優の攻撃について悲鳴を上げたりきっちり受けたりしてはいるが、ゆきえの攻撃にすぐに優が耐え切れなくなっていく。 それが見えるゆきえが逆にロ~プに磔ながらのロ~プ式ドラゴンスリ~パ~や619など、スタミナを消耗させながらも、少しコメディタッチな言葉攻めなどを交えながら攻め立てる)
原幹恵 > (そんな対決が10分15分と続いていくことによって、徐々にタッグとして優へのフォロ~で愛衣の回復が間に合わなくなり、疲れに差が見えてくる時間帯になる。 ダルマ式ジャ~マンからのドラゴンス~プレックスをゆきえが優にしかけたところでなんとか2.8で返した優をコ~ナ~へ引きずっていき、幹恵にタッチをしていく。 そこから先はもう幹恵のワンマンショ~という感じで、ラリア~トで一回転をさせると、引き起こしてのみちドラⅡでマットに叩き落し、横たわらせてからのム~ンサルトプレスを仕掛けていく)
原幹恵 > (原幹恵)>いくぞ~~~~!!! (そういってニュ~トラルコ~ナ~へと駆け上がると一気に宙へ舞う。そしてそのまま一回転をしたのち、幹恵のムッチリボディが重力という力を存分にいかしたまま優の体へと華麗に着地した)  ドスウウウウウウンンンンン!!!!! (マットが壊れたかと思うような大きな音とともにそのまま優の右足を抱えフォ~ルの体勢を取る)
川村ゆきえ > (幹恵のパワフルなプロレスの前に、リングに叩きつけられる手島優!これは、ゆきえに攻め立てられた後であるがゆえにキツすぎる。みちドラⅡの時点でスリーカウントを十分に狙えたにもかかわらず、幹恵は観客にアピールしながらムーンサルト!ムッチリとした肉体が宙を舞う光景と勢いのある攻勢に観客は興奮!実は、ゆきえが優を引きずり込んでタッチしたところから始まっている幹恵のショーであるが、そのゆきえの役割に気づくのは、少数の苦労とファンと・・・本人たち・・・?)手島優>えげれぇえごおおおお!!!!(ムーンサルトプレスが炸裂!四肢が跳ね上がった優から汗が飛び散り、ビク、ビク、と痙攣するあたり、失神したか・・・?その太ももを抱え込むようにしてフォール!)
川村ゆきえ > (当然、コーナーから愛衣が飛び出してくるが、すうっと幹恵との間に姿を現す川村ゆきえ。冷静なタッグワークといえるが、必死の愛衣はそのムチムチボディーを肉弾と化してゆきえにぶつかってゆき、そのままもんどりうって、ゆきえともども幹恵のフォールに倒れこむことに成功する。ちなみに、以前からのゆきえに対する幹恵の態度・・・敵意すらにじむ態度で目線を合わせぬままに、「余計なことはしないでよね」「ちょっと幹恵。そういうこと言っちゃダメでしょ?」という会話は、誰も聞いていない。そういう意味では、流れを掴んだ上で優を幹恵に引き渡したり、このカットを邪魔しようとしたりしたことは、幹恵の言う「余計なこと」・・・か?)
川村ゆきえ > (そして、ここで観客にとっては意外なことが起きる。フォールの体勢が崩れたところで、幹恵がゆきえに食って掛かったのだ。「余計なことしないでっていったじゃない!大体・・・・」混乱気味というのもあって、何を言っているのかは完全には聞こえてこないが、幹恵はなんと、ほとんど突き飛ばすようにしてタッグパートナーをリングから追い出す。ゆきえは理解できないといった様子で肩をすくめ、一方では優の頬をぱちぱちと叩いていた愛衣が、幹恵をきっと睨んで襲い掛かる!)
原幹恵 > (原幹恵)>よくもやってくれたな!! (そういうと襲い掛かってきた愛衣に対して踏み出してのヤクザキックで動きを止めた後) おまえの!(バシッ!) せいで! (バシッ!) くそっ! (バシッ!!) (動きの止まった愛衣に対し、ロ~・ミドル・ハイと3発のコンビネ~ションキックを入れていくと、すぐに愛衣との間合いを詰めると首を右脇に抱えて顎下できっちり手を組んで固定すると、DDTを仕掛けてマットに叩きつけながらそのまま勢いで一回転して座った状態になったまま、フロントチョ~クで締め落とそうとしていく) 余計なことすんじゃないんだよっ!!! (グギッ!!!)
川村ゆきえ > (胸元へのキックでバストを歪められる愛衣!さらに強烈なコンビネーションキックでダンスを踊らされ、「あぐぅ!!!ぉごおおお!!!っがあ・・・・!!!」と声が上がって崩れ落ちようとする愛衣。しかし、幹恵の怒りは、カットされたことそのものというより・・・?さらに倒れこむことを許さずに、愛衣をがっちり捕まえる幹恵が、がっちり固定した上にえぐい角度のDDT。頭部をマットにめり込まされた愛衣はヒップを突き上げた姿勢で衝撃に貫かれるが、まだ続く!?ぐるんと回転した幹恵はプロレスコンボを見せて・・・・)愛衣>ぃぎい・・・ぅ・・・えぇえ・・・・ぐ・・んおぇええ・・・・っ!!(首が音を立てた痛みに飛ばされかけた意識を引き戻され、その意識を再び、フロントチョークで混濁させられていく。ピンクのコスチュームに包まれたムチムチボディーが汗を滴らせ、「オとされる」という恐怖に・・・)・・パン・・・パンパン・・・・(幹恵の腕をタップアウト。この状況から逃れようとするのだが・・・戸惑いの表情を浮かべつつ、レフェリーはゴングを要請しない、いや、できない。何せ、試合権は愛衣にないのだから。)
原幹恵 > (タップアウトの行動を見て、一瞬緩める) 仕方ない・・・なんていうと思った? (そういうと一度緩めたフロントチョ~クをもう一度締める。それも先ほどのチョ~クは本気ではない・・・というのが解るように首の骨を折り曲げるような程圧力を掛けながらのチョ~クを極める。) そんなことで許す訳ないでしょ? (というと、一瞬落ちたような力が抜けた瞬間に腕を離すと、髪の毛を掴みながら立ち上がるとそのまま愛衣の成長盛りの胸板目掛けてサッカ~ボ~ルキックを放ってマットに倒していく。そして観客に向かってガッツポ~ズを取って幹恵の3種の神器の1つを出すアピ~ルをする。 そして会場を盛り上げながら、ゆきえを見下ろしながら「黙ってみてろ」と口の動きだけをしてみせる。  そして、蹴って意識を回復させて倒れた愛衣に覆いかぶさると右腕を掴みながら愛衣の首に手を回していく。 アナコンダバイズで締め落としていく。) (ギュチイイイイイ!!!!)
川村ゆきえ > 愛衣>っ!!・・・ッ・・・!!!~~~~ッ・・・!!!!(緩められたフロントチョークに、半分オちかけの表情に安堵の色が戻りかけたのも一瞬のこと。首をへし折られるのではという恐怖まで加わった締め上げに声にならない悲鳴を上げ、パンパンパンパン!!!と狂ったようにタップ!しかし認められるはずもなく、恐怖とともに脱力仕掛けたところに解放・・・・してサッカーボールキック!乳肉を大きく歪められた愛衣は濁った悲鳴を上げてぶっ倒され、その一方で、幹恵の容赦のないプロレスとアピールに観客が歓声を上げる!一方、パートナーによって追い出されたゆきえは幹恵の口の動きに眉をしかめ、バストの下で腕を組む姿勢で、リング上を見上げる。その目の前で・・・・)愛衣>っひ・・ひぎ・・・ぃ!!も・・もうや・・・やめ・・・・ひゅぎゅみゅぅ・・・・・んひゅぎゅぅううう~~・・・!!!!(アナコンダバイズ。右腕の自由を奪われた上で首を締め上げられ、顔面には幹恵の豊かな谷間が押し付けられる。グラドルとして屈辱的な姿勢であるが、与えられる苦痛はそれ以上。左腕と下半身がもがき苦しむなか、締め落とされていく愛衣・・・白目を剥き、歪められたその表情・・・・痙攣する肉体に敗北が、そしてギブも許してもらえなかった恐怖が、刻み付けられた。)
原幹恵 > (アナコンダバイスで締め上げ続けていく幹恵。 愛衣の力がまた徐々に抵抗が緩くなり落ちたことがわかったところでお尻をついて体を起こしながら胸に密着させたまま愛衣の上半身を持ち上げる。そして、その体勢から踏ん張りながら腕の力で愛衣を抱きしめながら引き起こしつつ自分も一緒に立ち上がる。 そして聞こえないだろう耳元で) 無視した罰だからね。 エイッ!!! シャッ!!  ドスウウウウウウウウウウウウウウウンンンンンンンンン!!!! (そういうとアナコンダバイスの状態で起き上がった状態から、柔道の大外刈りのように両足を払って体を水平に跳ね上げながら体重を掛けてそのままマットに叩きつけていく。 そして着地と同時に失神している愛衣に対してもう一度アナコンダバイスで絞り上げてから立ち上がる。)
原幹恵 > (そしてまだ起き上がっていなかった優の方へ近寄ると) 待たせてごめんなさいね。 もう終わらせるから。 (そういうと動けない優の体をうつ伏せにすると、さっと優の右足を自分の足でフックしてそのまま覆いかぶさると、顎骨へ腕を回すと、首を捻るように力を入れながら頭蓋骨を砕くような力を込めていく) ゆきえに興味があるみたいだから、最後ぐらいゆきえの好きな技でトドメさしてあげるね。 (そういってSTFをガチで力いっぱい完璧に極めていく)
川村ゆきえ > (もがいていた下半身から力が抜け、うめき声が途絶えれば、顔を見なくてもどうなったかわかるだろう。しかし、Gカップバストの間から愛衣の顔を見れるはずの幹恵は、愛衣を引きずり起こしていく!?会場にそれまでとは違うある種異常な空気が流れ始めるなか・・・・)バチイイ・・・ッドゴオオオオ!!!!(跳ね上げられた愛衣は、キューティーハニーボディーに支配されたままマットに激突させられていく!容赦なくのしかかられ、固められた腕も軋みを上げたか?幹恵の谷間には何か小さなうめき声が吸収されたようだが、さらにひどい失神顔にさせられながら・・・)ッビクン・・・ッビクビク・・・ッビクウ・・・!!(さらに締め上げられ、肉体が本能的な反応で痙攣していく。ゆきえへのリベンジの気持ちで発した試合前の言葉。結果的に幹恵を無視したそのセリフで、こんな容赦なく潰されるなどと、想像すらできなかったかも・・・)
(当然、幹恵の怒涛の責めでまだ立ち上がれていなかった優が次のターゲット。)手島優>っぐぎゅぎぃいいいい~~~~!!!!!(頭蓋骨がミシミシと言うのが直接鼓膜に聞こえる!がっちりと極まったSTFはゆきえの得意技のひとつで、その美しいフォルムに評価も高い。しかし、今、極めているのは原幹恵。ハニーボディーが密着して動きを奪い、「終わらせる」の言葉どおり、ガチで締め上げる!タップすべき腕はビクビクッ!!!となって意思が通らず、舌を突き出した口は悲鳴を上げるばかりで逃れるためのマジックワードが・・・)優>ぎゅぶらっ・・・ぎゅびゅうう!!!!ぎびゅら・・・ひ・・・ひぎゃあああ!!!!(首が捻じ曲げられ、幹恵のボディーラインに沿って反り絞られた背中。優のエロティックな乳房が前に押し出され、悲鳴に揺れながら・・・・)っぐぎゅぶ!!!!(カエルが潰されるような声とともに、黒目が裏返る。完璧に極められた腹幹恵のSTFに、手島優は耐えられなかった。ちなみに、これをリングサイドから見たゆきえは、腕を組んだ姿勢はそのままに、「ふうん」と声を漏らして、瞳をわずかに細めた。)
原幹恵 > (優の体を完璧に締め上げる幹恵。 舌足らずな感じのギブアップ宣言を耳にする。 だが) なに? まだまだっ?! 手ごわいなあ! (少し芝居がかったようにも聞こえる口調で絞り上げ続ける幹恵。だが、その視線はもう優に注がれているのではなくその先にいるゆきえ。睨みつけている。 それとは別に力がなくなった優に対しレフリ~が手を振りゴングが鳴る) (ゴング)>カンカンカンカン!!!  (リングアナウンサ~)>只今の勝負21分15秒STFにて川村ゆきえ・原幹恵組の勝利となりました  (場内に勝利アナウンスが流れるがそれでもまだ絞り続ける幹恵。 レフリ~が必死に引き剥がそうとするがびくともしない。 そこにやってきたゆきえが肩を叩くとようやく離す。 そして勝ち名乗りを受けると一緒に花道を歩く。 そしてそのまま舞台裏の通路を歩きながら二人にしか聞こえない声で一言) 次はゆきえがああなるんだけど覚悟はできた? (そのまま振り向かずに歩いていくと控え室の扉に手を掛ける)
川村ゆきえ > (優の完全失神により、王者組みの防衛・・・・しかし続行されるSTF!その意味は一体どこにあるのか。レフリーの指示にも力づくの介入にもびくともせず、ゆきえとのにらみ合いを続ける。そのゆきえがリングに上がってきて肩を叩き、さらにじっと視線を交わすと、解放。ベルトは再び二人の腰に戻り、リングからひき下ろされ、担架で運ばれていく挑戦者たち。完全勝利、それも、幹恵の活躍・・・というか、容赦のないプロレスが強烈な印象を残したか?歓声はいつもどおりだが、雰囲気はいつもと違う会場。そこから引き上げていくチャンピオン・タッグの二人の間には、すでに触れれば切れるような緊張感が。そして、バックヤードの控え室の入り口で、ついに幹恵がその一言を発する。するとゆきえは、っふ、と笑みを浮かべて、幹恵に続いて控え室に入室すると、扉がバタン、と閉まる。こうなると、この場は完全に二人きりで。目の前で「次はお前をこうしてやる」とばかりに愛衣と手島優を叩き潰して、それを見せ付けた幹恵。きっと、今日の試合は、観客にではなく、ゆきえに見せるためのものだったに違いない。)勝てると思ってるのかなぁ?(問い返すその声音は、喧嘩マッチを売られたときに挑発し返す言葉、というよりも、噛み付いてきた後輩をからかって、いなすような口調。幹恵が振り返って睨みつけてくると、腰に手を当てて向かい合う。先輩としては、カットに入ったパートナーを突き飛ばすという「反抗的な態度」について、たしなめても良いのだが、ゆきえは幹恵の視線をがちっと受け止めて、口元にはうっすら笑みが浮かんでいる。タッグマッチをワンマンショーに変えて、自分に挑戦してきたタッグパートナー。しかも最後は、ゆきえの得意技を使ってみせるという『掟破り』を敢行されたのであるから、いなして、たしなめて終わり・・・という優しい対処というわけに、はたして行くだろうか?)
原 幹恵 > (あれだけ挑発的な行為をしておいて、理解しているか?という部分については腰に手を当てていなそうとする態度を見て、伝わっていると一方的に判断をしておく。 そしてそういう態度でくるのもパ~トナ~として一緒にいた以上予想はできていた。 ただ、ここでからかわれたことに乗らざるを得ない部分に内心のいらだちを隠しながら声を荒げる) そういう上から目線な言葉はもういいっ! この関係をぶっ壊す! 本当に怖いのが誰か・・・教えるわ。  もう、負けるのが怖いの?なんてしょっぱい挑発なんてするつもりないし。  それに今日の結果で・・・勝てるかどうか、判断できたでしょ? (視線を受け止めるゆきえに対して、絶対潰すという意志を持った睨みつける。だが、その瞳の奥には先程の台詞どおり、ゆきえを嬲る自信があるという意思の強さを見せる)
川村ゆきえ > (たしかに、対戦相手を一人で圧倒した幹恵のプロレスは、さすがメキメキと成長してトップに食い込んでいるだけある。体で実力を示した幹恵の「上から目線」拒否に、ゆきえは腰にあてていた腕を組む。)じゃあ明後日。夜、道場貸し切っとくね。(そう言うと、控室の荷物はあとからマネージャーに取りに行かせることにして、同じ控室には入らないゆきえ。ここに、マッチメークが成立したのだった。そして、2日後・・・・グラドルレスラー御用達のトレーニング施設、通称「道場」のリングで、二人きりで向かい合う二人の姿があった。リング中央で向かい合い・・・・)お望みどおり、潰してあげるね。(にっこりとほほ笑む川村ゆきえは、練習用のイエローのワンピースコスチュームだが、実のところ装飾性のないこのコスチュームが、一番動きやすくて「実戦」的。)
原 幹恵 > (リング中央で向かい合う二人。ゆきえの黄色のワンピに対して、幹恵のワンピの色は赤。昔からよく着ていた練習着であり、成長した幹恵の体には密着してはちきれんばかりという感じであり、その密着度合いが逆に幹恵の体の成熟度が伺えるようになっている。)  潰せたら・・・ですけどね。 潰せるかどうか試してもらわないと、一方的に倒してもしょうがないですしね。 (先手どうぞ?と暗に挑発していきながらも幹恵の方もゆきえに対し上から目線で発言する。 戦う寸前になれば、逃げることなど無いということで自信を隠すことなくみせつける。 幹恵の表情からも、負けるつもりがないようだ。)
川村ゆきえ > (ゴングを鳴らすものもないリング上。先手を誘う幹恵は、自分が先に攻めたら一方的になって面白くない、と言っているようだ。これに対して軽く腰を落としてファイティングポーズを取ると・・・踏み込む!)っふ・・・!(ダンン!!!)(力強くマットを鳴らすのは、基本動作の・・・エルボースマッシュ。すでに言葉はいらないと、幹恵の胸元に打ち込んでいく。序盤に相応しい技だが・・・)ッズドォ!!!(幹恵のムッチリボディーに鋭く突き刺さっていく!基本技の威力ほど、実力を示すものはない。そして・・・)パンパン!(自分の胸元を叩いてみせる。当然、プロレス的にはやったらやり返す」でなければならない。)
原 幹恵 > (ッズドォ!!!) (胸元を通り過ぎ、骨、臓器まで伝わってくるゆきえのエルボ~。 一瞬鼻息がブハァ!と大きく出て、少しのけぞるが、両手の拳を握り締め、よろめくことを拒む。そしてゆきえのアピ~ルに返すように胸元をめがけて一撃を放つ。 ただ、ここでは一撃でよろめかすつもりで、一回転してからのロ~リングエルボ~で威力を増して放っていく。 相手を倒すためには威力!という体重を乗せた肘をぶつけていく)
川村ゆきえ > (ガツゥウ!!!)んっぐ・・・!!!(回転をつけたローリングエルボー!体重の乗った一撃にくぐもった声を洩らし、ダダッとたたらをふんで後退するゆきえ。胸元を手で押さえ・・・)・・・・ふふ・・・(意味ありげな笑みと視線。それは、ゆきえは普通のエルボーだったのに、反撃がローリングだった。つまり、普通のエルボーではよろめかせられないと思った、ということ。それを見透かすような笑みを浮かべた後、グンッと体を捻って、ゆきえもローリングエルボー!グラビアボディーに捻りを利かせた回転力に体重をプラスし・・・)ズッドオォ!!!!(叩き込んでいく!もしこれで、ダウンを取られたりしたら・・・)
原 幹恵 > (たたらを踏んで後退したゆきえ。 だが、倒れなかった姿を見て、目を細める。 そして嫌味を感じる笑顔を見ていらっとしたように目で睨む。だが、ゆきえの行動を見るとそんな意識を切り離して、しっかりと踏ん張る。見てわかる衝撃に対して耐えるはず・・・)ガスウウウゥウウウウ!!!(先程とは比べ物にならない威力の肘。 勢いを受けきれないどころか体の「芯」に響く衝撃に踏ん張ろうとするその膝にまで威力が伝わったのか後退しながらそのまま片膝を付いてしまう。) くっ・・・ (跪いた状態で上を見上げる姿に屈辱を感じる。  見下ろされる視線にむかつく) さすが威力はそこそこある・・・・よねっ! (そういいながら膝をついたままの状態から起き上がると今度は一気に近づいてボディをグ~パンチで殴りかかろうとする)
川村ゆきえ > (ダウンはしなかったものの、片膝をついてしまった幹恵を文字通り見下ろし、小首をかしげるゆきえ。「どうかな?わたしのエルボー。」といったところか。まず、かるい屈辱を与えられる幹恵。すると言葉を返しながら拳を握ると、ボディーブロー!)(ッドボ・・・!!!!)ぅぐお・・・!!(その威力に、体がくの字になり、かは、と口から液体をこぼしてしまうゆきえ。グーパンチは、厳密に言えばプロレスでは反則だがボディーはグレーゾーン。セメントマッチに相応しい技でもあって・・・)げっほ・・・ん・・・やってくれるじゃない。(ゆきえの瞳も、楽しげに光る。そして追い打ちに組みついてきた幹恵に。)っら!!!(ッガツゥン!!!)(ゆきえのヘッドバッド!ラフなお返しで幹恵をのけぞらせるゆきえのプロレスは、幹恵のサポート役に回ることも多いタッグマッチでのゆきえとは、明らかに違う!こうして、一気に荒っぽくなっていく道場マッチ。勢いのある幹恵のプロレスに、ゆきえは抜群のレスリングテクニックに力負けしないパワー。それにラフさでも負けないプロレスを返して行く。)
原 幹恵 > (最初こそ一進一退で進んでいっていた攻撃も勢いが殺され始めていけばそこは徐々に劣勢になっていく幹恵。 互角のパワ~での戦いあいで始まり、劣勢になってもひっくり返そうとする攻撃がすべて受けきられたまま流れがつくれずにいる。そして、ゆきえの攻撃に対しては反撃をする機会が徐々になくなり、受けきるのが精一杯といった感じで追い詰められていく。 だが、ゆきえと一緒に戦うということは相手クラスも同等レベルであったこともしばしばである幹恵は、ゆきえの全力攻撃に必死に耐えながら反撃をしていっている。だが、レスリングテクニックで上回るゆきえに、得意のグラウンドでの嬲りへと移れない苛立ちが徐々に苦痛の表情の中にも加わっていく) ガツッ!! ぐぉっ・・・ (ヘッドバッドにまた膝をついて動きをとめてしまう幹恵。 水着の汗が徐々に全体にしみをつくり、密着しているボディラインを強調していく)
川村ゆきえ > (ゆきえの方も、エンジンが吹け上がるまでにそれほど時間はかからなかった。幹恵のプロレスを全身で受け、そして受け切っていくゆきえのプロレス!初めは小さく見えた差は徐々に大きくなり、ついに「ほら、どうした!」とばかりの二発目のヘッドバッドに、汗だくボディーで膝をついてしまう幹恵。舌を向いた幹恵が動きを止めてしまうと・・・次に視線を上げた時、ゆきえがいない。焦って立ち上がったその時。)動き、止まってるよ?(ッガシイ!!!)(背後に現れたゆきえは、耳元で囁きながら腰に腕を回して、ロック!幹恵の背中にゆっき~バストが押し付けられたかと思えば・・・・!)っはぁああ!!!(ッグンン・・・・!!!ズガシャアァ!!!)(ジャーマンスープレックス!へその上に乗せて投げ切っていく「教科書に載せたい」ジャーマンは、ゆきえの得意技のひとつであり、ブリッジの美しさに定評がある。もちろん、見た目だけではなく・・・)フォール!(とつま先立ちにってホールドし、鋭い声を上げる。二人きりで数えるものも目撃者もいないが、グラドルレスラーならスリーカウントは負けを意味する。)
原 幹恵 > (幹恵の勢いが衰えるとともに上がっていくゆきえの円陣。 そして背後に回られた瞬間、レスラ~の本能で一瞬で腰を落として抵抗をしようとする。 だが、ゆきえの腕に力がこもった瞬間に体が持ち上がっていく。)キャアアア! (悲鳴とともに綺麗にマットに描かれる人間橋。 頭に受ける衝撃はなんともいえない破壊力であり、トップレスラ~やレジェンドレスラ~から受けたことのある忘れられない衝撃。 ゆきえのジャ~マンの本気というものにスタミナも奪われていく。 だが、まだ土俵を割るわけにはいかないという、体からのレスラ~の本能がフォ~ルを返していく) ウオオオオ!!!! (そういって跳ね上げてブリッジを崩すが、崩れたままマットにうつ伏せに倒れこみながら大きく呼吸をしている。 額の汗が幹恵の前髪をはりつかせるほどに幹恵の体から汗があふれ出てきている)
川村ゆきえ > ふぅうう・・・・2.5ってトコかな~?(幹恵の気合の声とともに、キックアウト!横に転がったゆきえは体を起こしながらつぶやくが、その表情は生き生きとしていて・・・まるで、まだまだこれからだと?立ち上がって、髪をさっと振ると汗がきらめき、倒れ込んだ幹恵を濡らして行く汗とは、質が違うか?そして、幹恵の髪をガシリと掴むと、グイグイと引き起こして行く。重くなってきた幹恵の耳元に口を寄せると。)立ちなさいよ。(急に命令口調で囁き、引き起こしも容赦ない。そして、何とか立ち上がった幹恵の右足に左足を絡め、左脇に腕を差し込んで体を右に倒させると、ゆきえのムチッと綺麗な右足が、幹恵の首にかけられる!)フォールを返せた・・・・(ッギュイイ・・・ッギチ・・・)ご褒美!(ッギチィ・・・!ッギチチ・・・・!!)(卍固め!鮮やかに極めていくと、左肘をグイッと幹恵の脇腹に押し当てる。絡みついた肉体は・・・早くも軋みを上げ始める。)
原 幹恵 > (なんとか返せたジャ~マン。 必死に堪えたが、その分のスタミナの消費は否めないもので、それは汗にも呼吸にも現れている。 ゆきえと同じ時間を過ごしている筈が、明らかに差は明白になっている。 そして、動きの鈍く倒れこんだ幹恵を引き起こしたところでのゆきえからの「ご褒美」という卍。 がっちりと極まった瞬間、ゆきえの体に伝わるのは、幹恵の体の強靭に耐えようとする、極まった技を抵抗しようとするナチュラルボ~ンパワ~。 卍で捻じ曲げようとする骨を、人の元の姿へと戻そうとする本能。一瞬だけ悲鳴を上げるが・・・)ひ、ひぎく、  ご、ご褒美なんて偉そうな口の聞き方が・・・グオオオオ!!!! むかついてんの!! (そういってどうにかして起き上がろうと足を踏ん張り、上半身を起こそうとしていく)
川村ゆきえ > へえ、そうなんだ。(ムカついてる、という幹恵に興味なさそうな声で返すと、グイリ、と太ももに力を加える。すると幹恵の首が・・・)ッギシギシィ・・・!!(左腕を極めている右腕に力を加えて絞ると。)ッミシ・・・ッギシ・・・ッギュギ・・・ィ!!(抵抗する幹恵の肉体を、さらに捻じ曲げる。くすっと笑うゆっき~は・・・)どうかな?卍固め、これからフェイバリットで使って行こうかな~とか思ってるんだけど、キくかな~?(どう?どうかな?と尋ねるように緩急をつけて絞り始める。はた目にはゆさゆさと揺れているようにも見える「責め」は、少し緩んだかと思うと締め上げられ、また緩むかと思えば絞る、という繰り返し。幹恵の恵まれた肉体をがっちりと極めているゆっき~ボディー。しだいにムチッと肌と肉が食い込み始め、ますます幹恵から逃れるチャンスを奪っていく。そして一言。)ギブアップ?
原 幹恵 > (抵抗するため起こそうとする幹恵のむっちりボディ。今まで幹恵のパワ~を押さえ込むような相手はそうそうおらず、ましてやこの時間帯での大技といえる卍固めをパワ~で押さえ込めるような相手は居なかった。 ある意味ここで卍固めを掛けられる相手もいなかったのは置いておくとして。 そんな今の幹恵の体を、右腕と太腿で緩急をつけて締め付けるゆきえ。) ヒギ・・・ (ぎゅっと絞り上げたときに軽く声を上げる。 だがそれはまだ絶叫とまではいかないことはゆきえにもわかること。) フェイバリットには、ちょうどいいかも。 優なら、喜んでいい声、上げてくれますよ。 (そういいながらも声は途切れ途切れ。 緩急をつけながら徐々に徐々にゆきえのボディが幹恵のむっちりボディへと侵食し始めていく。) ただ、まだ悲鳴をそれほどあげることがないのは食い込むボディに対抗は出来ないが、堪えられないというほどでもない。 卍固めが必殺技というレスラ~の技ですら耐え切ったことのある幹恵からすれば、耐えられるという感じ。 試合じゃないとはいえ10分15分掛け続けても耐え切れる。) フェイバリットホ~ルドならずっと掛け続けてもらってください。 (片手をマットについて耐えながらも、まだ喋れるという口調でギブを拒む)
川村ゆきえ > (このままずっとかけていても耐えられる、そんな口調の幹恵。プロレスでは、技が極まれば終わりではない。場合によっては、かけたほうが負けるということもあるくらいだ。と、幹恵の「ノー」というまでもないという態度に・・・ゆきえの口元が、笑みをつくる。それは、優しそうには見えない笑みで・・・)そっか。幹恵がそういうんだったら、フェイバリットにできるかな~。じゃ、そろそろ、強くしていくね。(冗談めかして言うゆきえであるが。)ギュギィ・・・ッギチ・・・ッギュギィ・・・・!!!!(その締め上げのキツさが、さらに上昇していく。そのペースは、幹恵が「耐えられる」と判断したペースを超える浸食の速度。そうして、1分・・・2分・・・とゆきえはじっくりと絞り上げていく。幹恵相手に、卍をこんなに維持し続けられる・・・ゆきえの実力。タッグパートナーである幹恵は、そんなゆきえの実力に気づいていただろうか?そして、これまではまだ序の口にすぎなかった。次第に・・・)ッミシィイ・・・!!!(ゆきえの太ももが幹恵の横顔に食い込み、首に悲鳴を上げさせる。)ッギュギチミチイイ・・・・・!!!!(雑巾のように絞られる幹恵ボディーは、そのバストを魅力的に揺らされながら、気づけば人体の姿勢の限界あたりまで、捩じり込まれていく!つまり、「えげつない」そう言うしかない、卍固めが完成されていく。ゴリ、と脇腹を肘で抉りながら。)そろそろいい声になってきたかな?ギブアップ?幹恵?
原 幹恵 > (そろそろ強く。 その言葉にギブアップしないという心の鍵を掛ける幹恵。だが・・・) クアッ!! (上がっていく締め付け。 それも締め付ける強さが上がり「続けている」というのを肌で感じた瞬間に悲鳴が声ではなく音として出て行く。) ミシミシミシ!!! クアアアア!! (握りこぶしを作りながらそれでも耐えていく。オブジェのような芸術的な絡み合い。 幹恵の体を侵していくゆきえの卍固め。 声すらも上げないように耐えることで限界を超えていても限界と悟らせないように、拷問卍に耐えていった幹恵。 だが、永劫と続く「強くなり続ける卍固めの骨の軋み」に徐々に音から声を通り過ぎ、悲鳴へと変わっていく) ギュチイイイイイ!!! ゴリイイイイ!! ヒイイイあああああ!!!(首・脇・腰 すべての骨が自分の体でないように、捩れていく感覚に、神経がすり減らされていく。 ただ、それでも必死に耐え続けているのは幹恵の強靭な精神と、タフなボディの賜物であり、それが逆に不幸への始まりにもなっているように、ゆきえの攻撃で壊れないからこその苦痛と戦っている。 悲鳴の声も2分も続ければ声は振るえ、息をついたと思えば更なる激痛で吐き出すしかなくなる。) ギュチイ!!! ノオオオオオオオオ!!! ビクンッ!! (限界を示すかのようにゆきえが絞りこんだ最後のあたりでは、力を入れるたびに体が小刻みに震えていく。 ただ、そんな限界な姿であろうとも、ゆきえに対してギブアップという言葉を言わないという心で、敗北宣言を拒む。 ただ、拒むと同時に更に捻じ込まれていくと) ンァァンァァ(弱弱しい、疲弊した悲鳴に代わっていった)
川村ゆきえ > ふふふ・・・・ギブしないんだ?(言いながらぺろりと唇を舐めるゆきえの舌が、妙に赤く見える。とうとう幹恵から「絞り出させた」悲鳴を聞いて、聴覚で堪能。さらにギチミチといまだ強くなる拷問で、肌と肌を合わせ直接肉体で味わう。ベビーフェイス的なイメージで笑顔も優しげなゆっき~であるが・・・)そ~こないとね。ここで「簡単に」ギブアップなんかされたら楽しくないし。(このえげつない拷問卍で「簡単に」といってのけると、さらに肉体がバラバラになりそうな苦痛を、じっくりと幹恵の肉体の教え込んでいく。そして、さらに拷問の3分は、幹恵には何分に感じられたか?そして・・・)技も単調だと良くないよね。幹恵がずっとかけ続けろなんて言うから~。じゃあそろそろ・・・・(技が解かれる・・・?)次、行くね。(ッグイイイ・・・・バタァアン・・・・!!!)(扉が閉められる音、ではなく、ゆきえがマットに倒れ込んだ音。もちろん、幹恵を拷問卍にとらえたまま・・・つまり、脱出不能のグラウンド卍に、引きずり込んだ!天井に向かって、みちりと異形に捻り上げられたGカップボディーが晒され、そこに絡みつく、ゆきえの滑らかなグラドルボディー。)
原幹恵 > しない・・んだからしつこい。 クゥハアア・・・。 (息も上がった声。 悲鳴を上げながらも抵抗をする。 だが、その間でも拷問のように徐々に捻られていく姿を無意識に抵抗をして、限界が超えるのを堪えていた。 幹恵に掛けられ続けた時間、本当に10分?もしかして・・・と言う永久に近い時間が立つ。力を入れたり緩めたりとはいえ、同じ技をずっと掛け続ける体力というのは簡単な事ではない。それを容易くやっているゆきえへ、それぐらい屁でもないというこっちの体力だってあるんだ!という抵抗を見せる。 だが、バランスを崩されたまま倒れこんだ次の瞬間、幹恵の本能がアラートを出してくる。)た、単調じゃないって言っても、それって・・・ ギャアアアアア(悲鳴が大きくなる。) 同じ卍だ~~!! ギブしないって言ってるじゃないですか! (口調ではギブアップしないといいながらも、ボディの抵抗は全く違う。先程とは明らかに違う「ガチ」なエスケープ。 タコのように絡みついたら絶対に離れない太腿から首を引き剥がそうとする姿が必死そうになる。  苦しそうな表情だった今までよりも唇をかみ締める。) ムググググググ
川村ゆきえ > 同じ~?それが違うんだな~。(「ちっちっちっち」とからかうような口調で言いながら、しかしグラウンド卍はさらに強まる。大きくなった悲鳴とともに、本気で逃れようとする幹恵。表情も、必死に耐える表情になって・・・・)ッギュチチチイィイイ・・・・・ッギシ・・・ギシギシィイイ~~~!!!!(そんな幹恵に、「違い」を教えるゆっき~の絞り!グラウンド卍の別名は「脱出不能」。絡みついたゆっき~ボディーのしっとりとした肌感が幹恵に教え込まれ、全身をバラバラにしかねない威力で締め上げていく!)ほら、わかる?・・・・逃げられない、でしょ?(クールな口調で言いながら、ギュチギチッと太ももで首をそぎ落とそうとしながら、がっちりと固めた幹恵ボディーを歪めていく。)
原幹恵 > 違う? 何が? (そう、声を発するのも徐々に疲労に感じてくる。だが、それでも悲鳴だけではなく言葉を続けて見せる。 その言葉に対し、違いを「体」で教えてくれるゆきえ。 1ミリたりとも動くことの出来ない幹恵の体。 ゆきえのふむっちりとした太腿が首を押さえつける度に体全体がねじれこんでいく。 今まで逃げ出そうとした力ですら、微動だにしないゆきえのグラウンド卍に握り拳を作りながら、耐えるしかない。)逃げられない・・・なら耐え切って・・・ (そういったところで更に強まった締め付けに必死に抵抗すればするほどに押さえつけるゆきえの力にとうとう根負けするように逃げ出そうとする力が緩まっていく。 今まで抵抗をし続けた体が、柔らかい雑巾のように力が抜けると、首を支点とした力が一気に全身を捻じ曲げる力が体全体に伝わると、Gカップバストを突き上げるように震え、首が折れるかと思えるあまりの激痛に声すら出ないように嗚咽を漏らす) ぐあ。。。 たえ・・・ ぁぁっ  ぁぁっ!  (目を大きく開いて意識を保つのに必死になりながら耐えさせられていく。 ゆきえのいうように「逃げられない」ことを味合わされていく)
川村ゆきえ > ふふ・・・・どこまでがんばれる、かな?(小首をかしげるゆっき~であるが、その女のこのような仕草の間も、幹恵のグラビアンボディーを強烈に歪めるグラウンド卍は緩む気配すらない。緩急の緩はあるのだが、その直後にはさらにギュチギチイイイ!!!と絞られるのだから、威力が増しこそすれ、楽な瞬間ですらない。タッグパートナーであり、現在のグラドル会で間違いなくトップクラスのGカップボディーの手応えに、いつもは優しげなゆっき~の表情が、責めを楽しむS属性を垣間見せていく。)ほらほら、抵抗が弱まってきたんじゃない?フルフル震えちゃって・・・・(完全に「極まった」グラウンド卍地獄。もしかしたら初体験かもしれない「逃げられない」という状態の恐怖。)あ、そうそう。簡単に失神させてもらえる~なんて、思ってないよね?(にこ、と笑いながらのセリフなのだが、ギュチリ限界近くまで絞り上げながら。)
原幹恵 > まだま・・・だ(どこまで頑張れる?という問いかけに、レスラ~の本能で答える幹恵。 余裕のない声音だが、グラドルレスラ~としてタッグ王者に君臨する一人としての忍耐力、精神力は鍛えられている。 それが幸か不幸かゆきえの拷問のような攻撃を受け止めれるのである。 また、ゆきえの締め付けが一瞬緩むたびに呼吸をし、息を吸い込んだところで首にかかる100万力のような力。 息を止め、歯を食いしばり、骨が軋む音を聞かされながら耐える。 必死に耐えたところで緩む隙にまた息を吸う。 この繰り返し。 先程の卍よりも更なる拷問に、ゆきえのいう「違い」をはっきりと理解をする。 いや、ここまでくれば誰でもわかる。) 簡単に失神・・・させられない・・・じゃないんですか? (そういいながらも、ゆきえが力を入れるたびにビクンッと体を震わせる機会が増える。 口ではさせられないのでは?というが、今まで幹恵が、激痛で失神させたことは合っても、自分が激痛で失神する経験などなかった。 その不安が、ゆきえの言葉から見え隠れするようになると、汗をかき始め、赤のワンピがワインレッドのように色が濃くなっていく。)
川村ゆきえ > また~幹恵ってば・・・・ナマイキなんだから。(くすっと笑いつつ、しかしここで瞳に危険な光りを灯らせるゆきえ。失神させられないんじゃないんですか?必死に耐えながらセリフを返してくる幹恵を・・・)ッギュグィ・・・・ッギチミチギュチギチイイイイ~~~~!!!!!(ギアを一気に変速させるかのごとく、ここまでじわじわ強めてきた締め上げを、一気に強める!幹恵の返答に体で応えたゆきえ。やはり、幹恵くらいになると、口で言っても無駄で、体で教育するべき、と判断したか。首に密着した太ももが首を軋ませながら曲げてゆき、肉体のほかの部分も、魅惑のグラビアポーズとは質の違う絞り方で、これまでにない悲鳴を上げさせていく!ロックした右肩も、まあ外れても入れればいいわけで。「いつでもオとせる」そのことを教え込もうと・・・)ほおおおおら!!(ッギュギミチギチイイィ~~~~!!!!!)
原幹恵 > 生意気いえる程度の相手じゃないですか?(煽りを入れるように、心の見栄を口にしてみせる。 だがゆきえからの締め付けの回答は・・・)ギャア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!!!!!!!! (いきなりギアの上がった卍固め。 必死に耐え切っていた・・・と思っていた最高のレベルのグラウンド卍と思った激痛が、更に上の激痛があることに体も、そして心も用意ができていなかった。) ダメ!!ダメ!!! コ゛~ワ゛~~~レ゛~~~ル゛~~~~~ (絶叫に似た悲鳴を上げながら、火事場のバカ力を発揮して逃げ出そうとするが、それが余計に、力が抜けたときの激痛が襲う要因となり、体も心も限界を迎えかける) アガガ アガガ・・ (ゆきえの技に全く体の力が入らなくなり、目もうつろになったまま限界に達すると、まず体のほうが限界を超えたのか、もう最後の力を振り絞った感じでマットを弱弱しくタップアウトする。 )
川村ゆきえ > (想定を超えた激痛の「壊される」という恐怖!本能的に暴れる幹恵であるが、その抵抗ですら、ギュッチリと制圧して見せるゆきえのグラウンドテクニックとボディ。絞り歪められて失神寸前に追い込まれたGカップボディーは、ついに最後の力で、唯一自由な片手を使ってマットを叩く。タップアウトを前に、「いつでもオとせる」そして、もしかすると「いつでも壊せる」・・・・寸前でグラウンド卍の責めが停止。密着したグラビアボディーはそれだけでダメージを与え続けるが・・・・)ん。まあ・・・ギブアップも一回くらいは許してあげようかな。(などとつぶやくと、地獄を解除していく。立ち上がり、ふうっと息をついて髪を許すると、きらきらと汗が舞う。魅力のゆっき~ボディー。)
原幹恵 > (体が本能で動いたタップアウト。 それに答えて、それ以上絞り込まれずにすんだ幹恵。貸しを1つ作ってしまったという後悔より、それ以上にようやく終わった生き地獄から生還できた喜びにほっとする。 ゆきえの卍固めの恐怖を身をもって知った。エ~スクラスが練習するかくし芸の1つに嵌められたという「フェイバリットホ~ルドにしよう」というゆきえの言葉が真実だったと自分を納得させる。 ただ、脳内でそう考えている間も、体は開放された姿のまま指1 本すら動かさずにマットに倒れこみ、呼吸をしながら体力を回復しようとする。 ゆきえの「一回ぐらい?」という言葉に一瞬違和感を感じながらもまずは自分の傷ついた体を修繕しようと何もしないで開放感を味わう)
川村ゆきえ > (呼吸で上下するほかはすべてを回復のために使ってダウンしている幹恵。その様子を見下ろしながら、ぐっぐと自分の体をほぐしているゆっき~。回復の時間を与えつつ、もちろん・・・)じゃあ、続行ね~。(二人っきりのリングでゴングもない。幹恵の肉体には卍地獄のダメージが深く刻まれているに違いない。まだ起き上がれない幹恵の腰に腕を回すと、グイイ~~と後ろから引き起こして行く。それは、立てない幹恵に手を貸しているのか・・・と思いきや。)潰すって、言ったよね?(引き起こした幹恵の耳元で囁くと、腰をギチリとロック!そこから、流れるような動作で力強いブリッジをつくっていくと!)っはああああ!!!!!(気の入った掛け声とともに、ゆっき~のフェイバリットのひとつ、ジャーマンスープレックス!投げっ放しで繰り出すあたりはフォールする気はないということか?休ませた分を一瞬で奪い取るかのように投げ抜いて行く!)
原幹恵 > 続行? (ゆきえの声に、一瞬何か理解が出来ないほどに疲労困憊になっていた幹恵。 タップアウトしたというので終わったと思う程に必死になって耐えていた幹恵が、ゆきえによって引き起こされながら言われた「潰す」の言葉に反芻するように言い直す。そして・・・バックに回られて腰をつかまれたところで、自分の現状を思い出す。) そ、それは・・・ (何かに気がついて必死に投げられまいと腰を落とそうとするがそんな抵抗すらなかったかのように、綺麗な人間橋を描かれながらマットに頭部から叩きつけられる。 だが、あれだけ疲労していても、顎を引いておけたのは修練の賜物であり、ゆきえのジャ~マン1発で失神するほどのことはなかった。 ただ、先程の疲労が回復しているわけもなく、投げっぱなしをうけたまま固まっている)
川村ゆきえ > (第二ラウンド(?)の開始を派手に告げるジャーマンスープレックス!ドゴォオ!!!と炸裂するも、幹恵は意識を保っているらしい。受け身を取れたことを確認したゆきえ。もちろん、これくらいはできると思っていたわけだが・・・一人エビ固め状態の幹恵。スリーカウントも奪える状況だが、突き上げられたお尻をグイッと押してうつ伏せにさせると。)まだまだ行くよ~?(まずは幹恵の右足をトゥーホールド。滑らかな動作で再び絡みついて行くのは、さっきとは違って上から組み敷いて、がちりと頬骨を締め上げるフェースロック。つまりSTFである。幹恵が、ゆきえの得意技と知って目の前で見せつけた技。ゆっき~としては・・・・)どう?わたしのと幹恵のと、どっちがキくかな~?(ッギチイイ・・・ッギミチイイィ~~!!!(幹恵の背中にふくよかなバストが押し付けられ、脚の自由を奪っておいて頬骨を砕かんばかりのフェースロック。ビキイイ~~!!と背筋まで極まっていく完成度の高いSTFは、明らかに初めから手加減なし。ある意味「掟破り」を見せつけ「次はお前だ」というメッセージを叩きつけてきた幹恵に対して、本物をたっぷりと味合わせて上げるつもり。)
原 幹恵 > (一人エビぞりになったままの幹恵。そのままうつ伏せになって、足をフックされた瞬間、背筋が「ゾワッ」と本能から危険を感じ取る。 だが、ヤバイと思っても体が言うことを利かないまま。先程の卍地獄のダメ~ジが抜けきれず、ジャ~マンの破壊力を身をもって知った直後ではゆきえの今のこの技から逃げられることもなく・・・がっちりと頬骨を捕らえられゆきえの胸が押し付けられると、反射的に一瞬逃げ出そうとするが、すぐに先程とは違う、首、頬、背中が一気に砕けそうな激痛に、ゆきえの胸の下で体が悲鳴を上げている。その悲鳴が、フリ~と成っている左手が、グ~を握ったりマットを殴ったりと暴れていることで解る。 ただ、悲鳴を上げず必死に耐えている部分は、頬骨が固定されていて声すら出させてもらえない部分も十分にある。それでも必死に言葉だけでも紡ぎだす) どっちがなんて、言わなくても解ってるんでしょ。 ぐおおお・・・・ (半分無意識にエスケ~プしようと左手、左足を使ってじわりじわりとロ~プ際へにじり寄っていく。 マットを擦る水着はもう汗を吸い込み摩擦が悪くなっているようだ)
川村ゆきえ > ふふっ♪(言葉を返してきた幹恵の意地に対して、ギリギリィ・・・・!!!!と頬骨を軋ませてやる。ボディートークでどちらのSTFの方が上かを教え込もうとしながら、エスケープしようという幹恵の動きを潰してしまおうと、締め上げる。汗だくの肉体はグラウンドの拘束とマットの摩擦抵抗で遅々として進まない。そこに、じっくりと絞り上げていくゆきえのSTF。ムッチリとしたグラドルボディーが絡みつく姿は何とも魅力的だが、その責めは一方的。しかも・・・)それじゃあっと・・・!(ッギュィ・・ッグイ・・・ッギュチギチイイ!!!!)(両腕でエスケープしようとする幹恵の左腕を奪い、フェースロックにチキンウィングを複合させていく。支配力を示すような技のスイッチで、ますます動きにくくなった幹恵を・・・グラウンドが責め立てる。)
原 幹恵 > あ、いや・・・(つい、素でヤバイと感じたことが口から出てしまう。そして、チキンウイングフェイスロック式のSTFに切り替えられた瞬間、先程の卍固めの恐怖を思い出し、力ずくで抜け出そうと一瞬だけ力を入れるが、すぐに諦めたように体に力を入れる。唯一できることは、ゆきえが入れる力に対して、自分の体の内部で抵抗するだけ。 ゆきえの本気の締め上げる力に対抗できるように奥歯を食いしばりながら必死に襲ってくる激痛に耐えていく。 だがその食いしばる歯ですら、ゆきえの腕が頬を押さえることで痛みを感じるため力が入らない。)くそっ・・・これが本気・・・てことかよっ(そういって舌打ちをする)
川村ゆきえ > (幹恵の言葉にくすっと微笑むと、その耳元に口を寄せて。)叩きのめしてあ・げ・る。(少しからかうような口調で言うが、その言葉は本物。その証拠に、頬骨への締め上げは幹恵が悪態もつけないほどに強まって行き、ぎっちりと極まったトゥーホールドで、幹恵の動きを完全制圧しにかかる。ギシギシと軋む片腕に自由なのは片腕だけだが、耐えようとする幹恵にその努力が「無駄」だと教え込むかのように、「逃げられない」という恐怖を与えるゆきえの変形STF。)
原 幹恵 > (抵抗することすべてが無駄。そして捕らえられたら「逃げられない」という調教をうけるみきえ。 今まで自分がやってきたことがあるだけに、この行く末がどうなるか・・・見当がつかないわけは無い。 ただ、自分とゆきえに差があるという事実を認めたくない、原幹恵を叩き潰す相手なんて居ない!そのプライドがひび割れ、そして今まさにゆきえの下でもがくことすら「許してもらえない」という現実に、一度タップアウトした以上もう何度しても・・・その誘惑にかられる。 また、ゆきえが力を入れれば入れるほどギブアップすらいえなくなる今の状況に心も体もタップアウトをしたくなる寸前まで追い込まれる。 そして、出た結論は・・・) わかった、悪かった・・・。 (頬骨が固定・・・いや腕が食い込む状況で上手くいえなかった。もごもごと、音が出る程度だった)
川村ゆきえ > ふ~ん??(聞き取りにくい幹恵の言葉に、小首をかしげるゆきえ。そして、責めが緩み・・・かけるが。)ッギュチギチミチイイ!!!!!(さらに強烈に締め上げる!ボディートークで、「その程度で許してもらえると思ってるの?」という意味。組み敷いた幹恵にさらに手も足も出ない状態の恐怖を教え込み、接触した肉体がミチギチと食い込み責める。もちろん、ゆきえの圧倒的優勢=一方的支配のなかで。)
原 幹恵 > (ゆきえの技が一瞬緩んだ、そこで縛られていた肉体に一瞬、活が入った、だが、その快楽が一瞬で終わってしまう。) ヒギアアアアアアア!!!! (言葉にならない悲鳴が二人だけのリングに響き渡る。 一度緩んだ後の強烈な締め上げに体中の力がゆきえの力に逆らえなくなってしまったかのように首はねじ切られ、腕はピクリとも動けないまま固められ、足はゆきえのムッチリな太腿に挟まれ抜け出すどころか動かすことすら許されない。 ゆきえの許さない・・という行為に弁明するように空いている左手でマットをタップを必死にし、チキンウイングの格好に極められた右手の手首で、ゆきえの体のどの部分でもいいからタップしようと手首を動かす。) ギブ!! ギブ!!ィィ (ゆきえのボディ~ト~クに屈服するような言葉を口から言い放つ)
川村ゆきえ > そっか。ギブアップなんだ?(にこ、と優しげな笑みを浮かべるゆきえの表情と、STF地獄のアンバランス。幹恵の悲鳴とギブの二重奏がリングに響くなか、ゆきえはそれでも、すぐには解放しない。ギチギチと頬骨に腕を食い込ませ捩じるその行為は、「まさかこのまま壊される?」という疑念すら呼び起こさせるのに十分か。背骨までビキビキと極め上げてことさらに支配を刻み込んでから・・・・)ッドッサァ!!!!(やっと、ねじり上げられた幹恵の肉体が解放される。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(37)
  • プロレス(ファンタジー)(21)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(8)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント