ドロリッチガールズ親善試合

亜里沙 > (雑誌の表紙で、あるいはプロレスのリングで、と活躍を見せるグラビアアイドルたち。その彼女たちが、観客に煩わされずに闘いたいと思ったときに行われるのがプライベートマッチ。二人きりのリングで行われる闘いは、特に理由も必要ないのだが・・・今日行われているのは「親善試合」。『ドロリッチガールズ』と名づけられたキャンペーンガールの、第二期に選ばれたグラドルが第一期のグラドルをお誘いしたとか?そして今日のカードは、西田麻衣vs亜里沙・・・ちょうど年齢は同じだが、芸暦は自分の方が上、肉体を見せ付ける麻衣と、「よろしくお願いします♪」としっとり微笑んで握手を求めた亜里沙。そして・・・激突するプロレス。最近、あの手島優を敗北に追い込んだとひそかに噂の亜里沙であるが、襲い掛かる西田麻衣のムッチムチの肉弾!しかし亜里沙のしっとりボディはその肉弾プロレスに真っ向から反撃!)
亜里沙 > (ついにパワースラムで麻衣を叩き付けてカウント2.5まで追い込むと、さらにサソリ固め!この技が手島優を葬ったことを麻衣は知らないだろうが、亜里沙は優しげな顔に似合わぬサソリ固めで、麻衣を両足をギチギチに極めながら、折り曲げていく!泣き叫ぶ西田麻衣をしっとりスマイルを浮かべながら拷問。)やっぱり、二期の方がグラビアでもプロレスでも上ですかね~?(ッギチギチギチイイイ~~!!!)
西田麻衣 > いやぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・!ああっ・・・ああっ・・・(も、もうダメ・・でもロープになんとか・・・もう少し、もう少しだけ進めたら・・・)(マットに肘を立てて、反り返る身体の痛みと苦しみを必死に耐えて、あと一息のところでロープに手を伸ばす・・・)
亜里沙 > (必死にロープを求める西田麻衣。それを振り返って見下ろした後、クスッと笑って。)逃がしてあげない~~♪(ッズシ・・・ッギッチギチギチイイイ~~!!!!)(しっかりとヒップを落として、這い進む西田麻衣を押し潰す!両足の激痛と、押し潰される上半身。巨乳が歪み、逃げられないと言う絶望!)
西田麻衣 > あ~~~~~~~っ!!・・・ダメ・・・・・(もう一息でロープに届くところだったのに、亜里沙が私の背中にしっかり腰を落とし、水から反り返りながら強烈にサソリ固めで絞ってきて・・・こんなに強烈に反らされてしまっては、這って逃れるどころか声も押し殺されてしまって。)(ギブアップ!!!もうダメ放して!ギブアップ!ギブアップーーーッ!!!)(思いっきり叫び声をあげてしまうところだけど、胸を押しつぶされるくらいに絞り上げられてしまっては、声も出ない。震える指先だけでマットを叩いてタップしたつもりだけど、亜里沙には伝わらない・・・逃げられず、ギブアップもできない恐怖と絶望感。全身から噴き出した汗が、下半身から噴き出した汗が押しつぶされている上半身を伝ってマットに滴る。)
亜里沙 > ふふふ・・・ど~ですか~?ギブアップ?ギブアップしないなら続行ですよ~~??(何か必死に呻いているような、わずかに手がマットを叩いて何か訴えているような?それがわかっているのかいないのか?涼しげな声でギブアップか尋ねつつ、「ギブアップしていない」と一方的に認定してギュチギチと続行されるサソリ拷問。押し潰してヒップで麻衣の肉が震えるのを楽しんでから・・・汗の水溜りをつくるまいぷりん肉をやっとリリース。そして、うつ伏せに倒れこんだ麻衣の髪を両手で掴んで顔を上げさせ、引きずり起こしていく。)それじゃ、そろそろトドメ、刺して上げるね。(引きずり起こしながら、舞の両腕をリバースフルネルソンに固める。そしてその頭部をムチッとした太ももで挟み込んでいくと・・・!)ドロリッチ親善試合、コレで終わり~お疲れ♪(ッビュ・・・ッグシャアア・・・!!!)(拍子をつけて、ペディグリー!舞を顔面からマットにキスさせていった。)
西田麻衣 > (亜里沙のサディスティックな責めが止まらない。ギブアップすらさせてもらえずに地獄の苦しみの中にいることが分かってないかのように、容赦なく責め続けてくる。いきなりこの強烈なサソリ固めから解放された。そのままうつ伏せに倒れて激しく息をしているところ、無理やり髪を掴まれて起き上がらされ、前かがみの体勢で両腕を極められたと思った瞬間、そのまま引きずり上げられ、勢いよく顔面からマットに叩き付けられてしまう!)うぐぅ!!・・・・・ぅぅ・・・・・(強烈に叩き付けられてしまい、声も出せず、うつ伏せに倒れて動けない。)
亜里沙 > ふふ♪(土下座したかのような姿勢で動けない西田麻衣。それを見下ろす亜里沙のしっとりスマイル。こうして終わったドロリッチ親善試合・・・いや、終わったの・・・か?)

中村静香 > (ドロリッチガールズ親善試合、第2試合は今野杏南vs中村静香。少し気弱そうな顔をした今野杏南は実はラフファイトも辞さないサディスティックな一面があって静香を一方的に責め上げて、その悲鳴を浴びて恍惚とすることを楽しみにしていたが、試合が始まると逆に体格が勝る静香のワンサイド・ゲーム。)
中村静香 > (杏南から取り上げたタオルで首絞めホイップで何度も投げ飛ばしたあげく、リング中央で3回目の首4の字固め。静香の長い脚が杏南の首をギュッと絞めあげ、呼吸を奪う。静香は腰を上げて容赦なく絞めあげる。)さぁ、もう限界でしょ?ギブアップしなさいよっ!ねぇ!ギブアップは!?
今野杏南 > ぇぐうぅ・・・!!!(原幹恵と同じ事務所であり、タッグパートナーも勤める静香。幹恵の光に隠れてやや地味な印象も拭えない静香であるが、プロレスの実力は折り紙つき。そんな相手ということで念を入れて用意したタオルであったが、逆に奪われてしまうとタオル=ホイップ!投げる勢いで首に食い込んで来るのだからたまらない。それも何度もマットに叩きつけられて・・・・)っげほ!!・・っげほ!!・・うぇ・・・げほぉ!!!えぐ・・ぇ・・あ・・はんそ。。く・・・んぎゅぐぅう・・・・ッ!!!!(咳き込みながら、抗議めいたことを口にする杏南だが、そこに首4の字固め!ムチッとした脚の締め上げを、静香は腰を上げてさらに厳しく!)ぅぐぇえええ・・・~~ッ!!!!(ぷるんとしたあんなっぷるの唇から苦悶の悲鳴がこぼれ、すでに汗まみれの前髪が額にかかる。苦しさのあまり眦から涙がこぼれ・・・・)ぅえ・・・ええええ・・・・!(パン・・・パンパン・・・(静香の太ももを叩いてタップアウト。)
中村静香 > 今度は逃がさないわよ・・(静香は杏南がタップする手を抵抗するものとして掴んで引きはがし、技を解かずに責め続ける。杏南が目から涙をあふれさせ、少し涎が口角から流れ始めた時、ようやく首4の字固めを解く。そのまま杏南の首を両手でつかみ、顎にひっかけるようにして無理やり立ち上がらせると、そのまま正面に向き合って一気に杏南を首吊りに持ち上げる!背の高い静香が杏南をネックハンギングツリーに吊し上げると、リングをノシノシとゆっくり歩きまわる。その振動も杏南の首を容赦なく絞めあげて、息の根を止めていく。)さぁ、これでどう!?ねぇ、ギブ?ギブアップ!?
今野杏南 > っひぎゅ・・・!?(タップ仕立てを引き剥がされ、驚いたように目を見開く杏南。タップする相手を締め落とす、など杏南にも経験のある楽しみだったが・・・まさか、自分にそれが降りかかろうとは。そして、さらに失神寸前まで締め上げられるあんなっぷる。びく・・びく・・と四肢が痙攣し始めたとき、首4の字が解かれて・・・)おぇあ・・・ぐ・・・っぎゅえ・・!!??・・・ぉうッ!?・・・っぎゅえぇえ・・・ッ!!!・・・んぎゅぶ・・・ッ!!!!(ネックハンキングツリー。まるで公開処刑のごとくリングを歩き回り、容赦なく締め上げる中村静香!第二期からの「親善試合」の申し出がよほど気に食わなかったのか?吊り下げられた犠牲者は、必死に静香の手首を掴むが、逃れられるわけもない。そして、ギブアップ!?と責めるように尋ねて揺さぶってくる静香に、喉を潰されて答えられるはずもなく・・・いや、そもそもギブアップを許すつもりがあるのか?そしてついに。)っぎゅえ・・・・・!(杏南の黒目がギュルン、とまぶたの下にもぐりこみ、吊るされたグラビアボディが完全に脱力する。)
中村静香 > 早くギブアップしないと・・・あら・・気絶しちゃったの?うそぉ!(糸の切れた操り人形のように脱力した杏南を優しく降ろし、座らせ・・・ニヤリと残酷な笑みを浮かべると、綺麗な顔を蹴って大の字に倒す。そのまま杏南の顔を踏みにじりながら、)もうおしまい?卑怯な手を使おうとしてきたくせに、こんなもんなの?(ドロリッチガールズ第2戦は静香の圧勝に終わる。しかしこれは今野杏南vs中村静香の闘いの第1章、またあの杏南がこれで終わるとは思えない・・・)

星名美津紀 > (続く「ドロリッチ親善試合」・・・・カードは、星名美津紀vs中村静香。ピチムチッとした若手のエースは、童顔にしてはなかなか恵まれた体格。そういえば、静香も童顔巨乳のヘビー級選手なわけだが・・・・今野杏南がどうなったか聞いているはずなのに笑顔で挑戦する美津紀。これをどう思ったか、序盤から静香の猛攻!リングに叩きつけては引き起こされる美津紀は、恵まれたグラドルプロレスボディを汗だくにしていく。ただ、攻める静香にも負担が蓄積するのは美津紀が類まれなるフレッシュボディだからだが・・・)んっぐぅううう!!!(ジャーマンスープレックス炸裂!汗を散らして叩き付けられた美津紀が苦しげな声を上げ、エビ固めでホールドされ・・・)んぁあああ~~!!!(それを、2.5で崩していく!)
中村静香 > なに?まだヤやる気?じゃあ、もう一度見舞ってあげる!(そういうと、フラフラの美津紀を無理やり立ち上がらせ、再びバックを取ろうとし、またジャーマンスープレックスで投げようとする!
星名美津紀 > っはぁ・・・っはぁ・・・っはぁ・・・・んんんッ・・!!!(強引に立ち上がらされ、再び背後から腰に腕を回される美津紀。序盤から「潰す気か?」とすら思える猛攻を受け、フレッシュなホワイトのリングコスチュームを汗で濡らしている美津紀。肌は上気して、呼吸も荒く・・・それでも、さらにジャーマンを見舞ってやろうと言う静香に腰を落として抵抗。ジャーマンを返されただけでも癪に障っているいかもしれない静香を、さらにイラだたせるか?そして。)この!!・・このッ!!・・このぉ!!!(ガツガツと、さらに背後へのエルボーで抵抗。そしてホールドから逃れるとすかさず静香のバックに回りこんで!)まっだ・・まだぁああ!!!(腰をホールドし返して、お返しのジャーマンスープレックス!ムチッとしたグラドルボディで投げっぱなしていく!?)
中村静香 > きゃっ!ああっ!くっ・・・(もう一度ジャーマンスープレックスホールドで仕留めようとしたところ、美津紀の抵抗にあう。しなやかな身体をよじって繰り出されるエルボーに思わず腰のロックを放してしまうと、徹底的に痛めつけていた美津紀が思いのほか素早い動きで私のバックに回り、息つく間もなくウエストに腕を回されて、一気に後ろに投げられてしまう!なんとか受け身はとったけど、美津紀の投げっぱなしジャーマンで後頭部からマットに落下、すぐには動けない。)ぐはぁ!!・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・
星名美津紀 > っはぁ・・っはあ・・っはあ・・・・!!(投げ切っていった美津紀だが、さすがにキツそう。顎から滴る汗を拭いながら、しかし・・・口には笑みを浮かべている。しかもただの笑みではなく、自分の親指をぺろっと舐めるその表情は、ここから本番だと言わんばかり。呼吸を整えると、後頭部を抑えながらうつぶせ状態から立ち上がろうという静香に向かって・・・!)(ダダダダッ!!!)っはぁ!!!(っダン・・・ッドスウ!!)(静香の背中にヒップドロップ!最近の育ちの良い女の子のヒップで再びうつ伏せに潰していくと、静香の腕を一本づつ膝にロックして・・・)たっぷりお返しして・・・あげますね!!(キャメルクラッチ!静香の顎をロックして絞り上げていく。)
中村静香 > がはっ!・・・ぅぅっ・・・(やっとの思いで四つん這いになって立ち上がろうとしたとき、美津紀の肉感的なヒップが背中に全体重をのせて落ちてくる!思わずその場に潰されてしまい、醜い声を上げる。するとそのまま両腕を取られ、美津紀の膝にかけられると、私の顎を両手でロックし、そのまま上に持ち上げられる・・・美津紀のキャメルクラッチに捕えられてしまう!)あーーーっ・・・っく・・・は、放せ・・・あああっ!!
星名美津紀 > (静香の上げる声を聞いて美津紀の豊かな乳房が揺れる。強気に「放せ」と言う静香であるが、美津紀がグイグイと絞ると再び声を上げて。)それじゃ静香先輩、ギブアップします~?(話して欲しければギブアップしろ、というのは正論であるが、美津紀が甘い声で言うと神経を逆なでにする効果が?さらに胸の谷間を深くしてグイグイと絞り上げると、静香に上を向かせるくらい厳しく責め、その表情を覗き込む美津紀。猫科を思わせるその目つきはきらっと光って楽しそうで。)ギブ?・・・ギブアップ?(垂直近くまで反らせて、グイグイと揺さぶりながら問いただす。)
中村静香 > あーーーっ・・・誰がギブアップなんてっ・・・あ・・・あ・・・ああ・・・・・(美津紀のキャメルクラッチはえげつなく、ゆっくりとしかし確実に反らせ続けてくる。「静香先輩、ギブアップします~?」と舐めた口調で効かれると、思わず反抗的な言葉を発するけど、そう言っている間にもどんどん反らされていき、ついに天井を向くまで反り返らされる。ライトがまぶしく視界が奪われた時、残酷な表情をした美津紀の美しい顔が覗き込んんで私の視線を貫いて放さない。あれだけ一方的に責めていたのに、逆に私が既に限界近く悶え苦しんでいるのを見透かされ、さらに責められてしまう。)ぁぁ・・・そんな・・・も、もう・・・・・(美津紀の悪魔の表情が目に焼き付いて、その残酷な視線を放すことができない。)ああ・・もダメ限界っ・・・・・ゆ、許して・・・お願い、放し・・・て・・・・・ぅぁぁぁ・・・
星名美津紀 > くすくすくす・・・・♪(静かの表情が徐々に絶望に犯されていって、最後は懇願するような口調に変わる。その様子を上から覗き込んで堪能した美津紀。静香は美津紀の秘めた悪魔を感じ取ったのか、懇願を口にしてしまい・・・)しょうがないですね~♪(ッグイィ・・・・ッドサアア・・!!!)(えげつない静香を放り出すようにしてリリース。お願いを聞いてあげたフレッシュグラドルだが、すぐに静香の髪を掴んで耳に口を寄せると。)でも、試合は続行ですから。(そう宣告していく。そして静香を引き起こすと、前かがみにさせて腰をロックし・・・!)っはぁあああ!!!!(ッグイィ!!・・・ズガシャアア!!!!)(熱を帯びたグラドルボディが躍動!静香を思いっきりリフトアップしてパワーボム!)は~い、フォールで~す♪(叩き付けた静香をエビ固めで押さえつける。)
中村静香 > ぁ・・・ぁ・・・やめ・・・・・(もうダメ!・・・そう思ったと瞬間に脱出不可能なキャメルクラッチから解放される。私の上半身が大きく弧を描いてマットに突っ伏す。)ぅぅぅ・・・み、美津紀・・・(続いて美津紀のなすがままに前屈の体勢から軽々と持ち上げられてしまい、一気にマットに叩き付けられる!)うぐぅ!!(美津紀が元気よく「フォールで~す♪」なんて叫ぶと、)ダメッ!やーーーっ!(反射的に身体を跳ねさせた私。カウントを逃れてうつ伏せに倒れて動けない。)
星名美津紀 > あ・・・ッ!(甘い声のフォール宣告がグラドルレスラーの本能を刺激したか2.9で肩を上げてくる中村静香。これを若手がさすがと言うのは不遜であるが・・・ちょっと驚いた表情からくすくす笑いを浮かべると。)しぶといですね~?(可愛い表情で小首を傾げつつ、倒れこんだ静香の髪を鷲づかみ。上半身を起こさせると、背後から巨乳を押し付けて密着して、静香のムッチリした腕も利用して締め上げるコブラクラッチ。)そんな時は・・・締め殺すのが一番、ですよね?(ぺろっと舌なめずりしながら、ギュギュギュグゥゥ・・・・!!と締め上げていく。もがく獲物を逃がさず、ねっとりと締め上げる。美津紀のグラドルボディと腕と、そして自分の腕で締め上げられていくドロリッチガールズ第一期のリーダー。)
中村静香 > うぐぁぁぁ・・・あああっ!(グロッキー状態の私の上体を起こし、背後から抱き付く美津紀。私の腕と美津紀の腕がギュっ隙間なく首を絞めてくる。)ぐるじぃ・・・息が・・・ぁぁぁ・・・(自由に動かせる片手ではもはや脱出の糸口さえ見つけられず、既に力が入らない両脚でマットを蹴って、動こうとするけど力なくマットの上を擦るだけ。楽しそうに「絞め殺す」なんて言われ、このまとわりつく絞め技の餌食になると、この美津紀の絞め技に、美津紀の身体に溺れていく。そして・・・)ダメ・・・ギブ・・・・・ぁぁ・・・ギブギブギブ・・・(首はしっとりしかし確実に絞め上げられて動かせないまま、身体をのけぞらせてもがき苦しみながら美津紀の許しを請う。)ィャ・・・・ぁぁ・・・・・く、苦し・・・ゃぁぁ・・・ギ・・ブ・・・アッ・・・プ・・・・・美津・・・紀・・・・・も・・・ダメ・・・・・
星名美津紀 > んっふふふふ~~~♪あれ?ギブ?ね?ね?ギブアップなんですかぁ~~??(もがき苦しむ獲物が、うめき声の間にグラドルレスラーの降伏ワードを混ぜてくる。すると悦んじゃった美津紀ちゃんは締め上げをちょっと緩めたりさらに締め上げたりして「ギブアップ」を繰り返し言わせて楽しんでしまう。)っくすくす♪トップグラドルレスラーの中村静香さんが、わたしにギブアップだって♪ふふふ・・・フレッシュガールにそんな命乞いするみたいにギブして、恥ずかしくないんですかぁ?♪(耳元で囁いて、猫のように獲物を嬲る美津紀。十分楽しんで・・から。)ギブアップなんて、許してあげない・・・♪(ッギュチイ・・・・ッ!!!)(最後はギブも言えないくらいに、締め上げる!ぺろっと舌なめずりして。)ブザマに~~オちちゃえ♪(ッキュチイイ・・・・!!)
中村静香 > んぁぁ・・・や、やめ・・・・・ギブ・・・(美津紀が何度も絞めたり緩めたりを繰り返し、もうギブアップって言ってるのに放してくれずにいたぶり続けてくる。もう絞めつけられてるときはとても声を出すことができず、緩められた時になんとかギブアップって、何度も何度も言う私。)ギブギブギブギブギブ・・・・・ぁぁっ・・・・・・・・・・・・・・はぁはぁギブギブッ・・・・・・・・・・はぁはぁはぁ、ギ、ギブアップ・・・・・許して・・・・・・・・・・・美津紀、許して・・・・・・・(だんだんその声も小さくなっていく。さっきまで身体をのけぞらせ、のたうち回らせていた体力は完全奪われてしまい、だらしなく中途半端に脚を開いて脱力している。)美津紀、ギブ、ギブアップ・・お願い放して、もう許してぇぇぇ・・・・・(必死に美津紀に懇願したのが最後の言葉。サディスティックに微笑んだ美津紀が私を絞め落すって宣言して、声も消し去るくらい強烈に絞め上げてくる。目の前がゆっくり暗くなり、全身の力が抜ける。とろんと半分開いた瞼は光を失って、少し口から涎が垂れる。美津紀のコブラクラッチで気を失う・・・。)
星名美津紀 > あはは♪ギブしすぎ~~♪(ぐたりと脱力し、あとはヒクヒクとするだけの獲物から、やっと締め技を解くフレッシュグラドル。崩れ落ちた静香の瞳は光を失って、むっちりと魅力的な肉体は汗だくで力ない姿を晒している。そんな肉を片足で踏みつけにしながら、二人きりのゴングで片腕を上げる勝利ポーズ。ムッチリと恵まれたグラドルボディが、巨乳を揺らして誇示される。さて、美津紀の次の相手は・・・そして、静香はこのまま終わってしまうのか?)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

注意事項(必読)

R

Author:R
ここの文章は全て妄想の産物ですので現実とは区別をつけて楽しんでいただきたく思います。自分で書きたくなった人は妄想リングへ!なお、18歳未満の方、女性同士の闘いを嫌悪される方の閲覧を禁じます。「このブログについて」もお読みください。リンクフリーです。

全記事一覧表示

全ての記事を表示する

カテゴリ展開メニュー
  • このブログについて(1)
  • 未分類(0)
  • 地下リング(1)
  • 学園ファイト(4)
  • プロレス(34)
  • プロレス(ファンタジー)(20)
  • プロレス(SF)(7)
  • ストリートファイト(2)
  • ストリートファイト(ファンタジー)(1)
  • ボクシング(ファンタジー)(3)
  • ボクシング(7)
  • 学園プロレス(7)
  • 拳闘騎士物語(4)
  • Gプロレス(23)
  • 相撲(5)
  • 総合系(1)
  • SF(1)
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者数
最新コメント